L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「河野談話」のずさんさが明るみに出て、今こそ膿を出すチャンスだ!どんな場合にも先人、英霊、御先祖を汚す韓国のウソ、デタラメを許せば、日本は世界中から尊敬されないぞ!
「河野談話」がいかにずさんで、いい加減なものだったか産経、読売新聞などが取り上げた。だが、まだ朝日、毎日新聞などは強制連行を肯定する従来のスタンスを崩していない。

一部の保守系言論人やネットではすでに知れ渡っているのだが、大手メディアの一部が大々的に踏み込んだ報道をしたのは一歩前進である。これで多くの日本人に知れ渡り、日本に駐在する世界各国のジャーナリストが世界中に発信してくれることだろう。

韓国のウソやデタラメが世界中に発信されることは嬉しいのだが、同時に今までこの問題を先送りしていた日本政府の不甲斐無さと弱腰外交が、世界中から「おかしな国」という目で見られるのは悔しい。

「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書は証言の事実関係があいまいで、別の機会での発言との食い違いも目立っていた。そして、氏名や生年すら不正確な例も多く、歴史資料としては本来、取り上げられない程度の内容だった。

軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっておらず、決め手の元慰安婦への聞き取り調査もずさんだったと判明した。これによって、河野談話の正当性は根底から崩れたといえる。 産経新聞は河野氏に取材を申し入れたらしいが、応じてくれなかったらしい。しかし、表沙汰になった以上、いずれ取材や国会招致を受け入れるのが、政治家としての責任だと思うのは当然だ。

河野洋平の「河野談話」のおかげで、日本は国益を大きく失った。日本人の信用、尊厳も大きく損なわれた。今でも日中友好協会の名誉会長として中国に度々出向き、テレビ出演して、懲りずに「河野談話」を肯定するような発言を続ける河野洋平。オーイ、そんなに元気なのだから、体調が悪いからとか言って都合が悪くなると入院するようなことはしないでもらいたい。彼の影響下にある国会議員は、そろそろ河野洋平を選んで国賊の汚名をきせられることを覚悟するか、国会招致に協力するか、ハッキリする時だ。
この問題にケリをつけない限り、韓国に未来永劫強請られ続けるのだ。      

河野洋平は国会で「河野談話」を発表した経緯を説明する義務がある。そして、「河野談話」がいかにずさんでいい加減なものだったかハッキリさせる必要がある。それこそ日本人としての最後の「潔さ」だと思う。

河野洋平は過去、何十年の議員生活で、国益にならないことに多額な血税を国民からむしり盗って来た事になる。国民があっての議員生活。そろそろ国民にその借りを返さねばならない。
その上、韓国に対して日本の血税を強請られる原因をつくった責任は果たしてもらいたい。政治家の基本的な仕事は日本の国益を守り、国民の生命、財産、尊厳、名誉、信用を守ることだ。今日があるのは、先人、英霊、御先祖様の御苦労があってのこと。
韓国大統領の発言を含めた、韓国勢の言動に対して、問題を先送りしても何も解決しないどころか、余計に事態を複雑にするだけだ。
我々は桃太郎の様に桃から生まれたわけではない。先人の積み重ねの素晴らしい歴史と伝統をDNAに持って生まれたのだ。韓国人の狂ったDNAとは訳が違う。感謝、感謝することだ。

最近、藤井厳喜氏のL.A講演会「慰安婦問題を斬る!」の記事が地元日系新聞「羅府新報」の紙面を飾った。紙面の3分の2をこの記事が埋めた。
この記事を見て、多くの人から連絡があった。特に御年配の方々の怒りは相当のものだった。
何人かに「河野談話を白紙撤回しろ!」の署名用紙を手渡した。戦争の時代を知っている多くの御年配に話を聞くと、いかに韓国人が「慰安婦問題」を捏造したかがわかる。残念なのは、まだアメリカに住む若い日本人の関心度がまだまだ低いことだ。


岸田外務大臣が慰安婦問題を「政治問題化、外交問題化させるべきではない」と述べた?
これでは自民党が過去の過ちを認めないことではないか?
「当時、日本政府として聞き取り調査、政府文書の包括的な調査などが行われた」と指摘。「安倍晋三首相も筆舌に尽くしがたいつらい思いをされた方々に心を痛めており、この思いは歴代内閣、首相と変わらない」と語り、慰安婦問題をめぐる政府の基本的方針に変わりがないことを強調しただと?

日本の外務官僚にしろ、政治家の発言にしろ、余計に問題を複雑化する。先ほども述べたが、先送りには断固として反対するが、こういったくだらない発言をするなら、ノーコメントを通していただきたい。

安倍さん、経済問題も重要で大いに結構だが、慰安婦問題、靖国参拝、憲法改正はあなたの公約で、いつまでも延期する課題ではない。敵の歴史カードの効力を認めれば、敵は常に歴史カードを使って強請ってくる。
首相が堂々と靖国神社参拝をしてしまえば、歴史カードは効力を失うのだ。どうせ、日本が何をやろうがやるまいが、イチャモンをつけ続ける韓国と中国なのだ。あなたでなくては出来ないと、多くの日本人が支持したことを忘れないでいただきたい。

本来の日本らしい姿を取り戻すのがあなたの使命なのだ。


さて、産經新聞や読売新聞が「河野談話」がずさんでいい加減な、河野洋平の個人的な談話だったことが記事になってから、「慰安婦決議」を通した全国の地方自治体は今後も、売国奴決議を肯定し続けるのだろうか?

私の故郷・山陰(鳥取、島根県)も最近、ちょっとおかしい。鳥取県は自民党幹事長の石破茂のお膝元ではないか?
以前は保守大国だった島根県もどうなってしまったの?何が「慰安婦決議」だ?自民党を含めたほとんどの議員が県議会で賛成票を投じるとは。これが未来永劫、韓国の強請材料になって、日本にダメージを与え続けると知っているのか?
これでは韓国勢に、アメリカでの慰安婦像設置に向けて利用されるだけだ。我々、在留邦人の苦労を知っての決議なのか?少しは勉強したのか?これでは韓国の捏造を金で受け入れたグレンデールの市議と何ら変わらないではないか?無責任に日本、日本人の足を引っ張ってくれるな!

こんな恥知らずの県議を選んだ島根県民よ、恥ずかしいと思ったら、このイカサマ決議を撤回させろ!
中国や韓国に媚を売って観光誘致に精を出す。そんなに国賊行為をくり返してまで中国、韓国の定期便が欲しいのか?もっと足元を見て知恵を出せ!台湾人には松江観光が人気がある。マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイなど経済発展が期待される国々がいっぱいある。ネットを活用し、もっと先の戦略的展望を考えろ!中国や韓国との関係は近づき過ぎるとろくなことがない。まだ気づかないのか?

「慰安婦決議」に投じた県会議員たちは島根県の未来を考えているのか?オイ、こらっ!戦前に在米の県人会からの仕送りや寄付によってどれだけ鳥取も島根も貧困から助けられたか忘れたのか?先人の功績を否定し、目先の金儲けに走り、お世話になったことも忘れ、恩を仇で返す行為を恥ずかしいと思わないのか?


最近注目している福岡在住のヨーコちゃん。彼女の自作の曲が大ヒット中。タイトルは「韓国人慰安婦の歌(Comfort Women Song)。彼女は清和天皇後裔で尊敬している人が「近衛師団将校で剣道日本一だった父の叔父」、もう一人は、「たかじんのそこまで言って委員会」のレギュラーでJOC(日本オリンピック委員会)会長竹田恒和の長男、明治天皇の女系の玄孫に当たる竹田恒泰氏。

彼女は積極的にYoutube上で言論活動をする若手注目株。彼女のような若者?(彼女は20代後半)が増えれば、日本が変わるような気がしてきた。今後も彼女を見守っていきたい。
彼女がこの曲をアップした3日後にこの動画を観賞した。その時、すでに1万8000人がこの動画を見ていたことに驚いた。そして、アップして8日後の今はワァーウ!何なに?約14万5000人だとー?たまげてしまったぞ!
このまま、世界中に発信してもらいたい。おじさんは彼女のファンになってしまった!
ヨーコちゃん、つぶされるな!ヨーコちゃん、踏んばれ!










在米韓国系の反日行動を斬る!中韓、世界の嫌われ者同士、仲良くしたらいい!日本には「一切、関係ない事でござんす」
最近は海外旅行に出かけてもいないのに、時差ボケ状態のような睡魔が、時間に関係なく訪れる。それともここ2、3日、急に冷え始めたせいで風邪でもひいたか?4ヶ月前にひいたばかりだが、今、また流行し始めた。周囲の人たちが咳き込むのでしっかり予防しないといけない。
コンピューターに向かうとやたらと眠くなるのだ。加齢と共に体力低下、そしてネット症候群になってから、不規則になり、生活習慣病へと発展して、抵抗力がなくなり風邪をひきやすくなったのか?改善しなくてはと思いつつ、困ったものだ。特に季節の移り変わりの時期が要注意だ。


ここL.Aの日本人社会に慰安婦問題が韓国の捏造であることに多くの人たちが気づき始めた。アメリカに住む多くの日本人は大なり小なり韓国人のウソやデタラメを聞き飽きるほど体験してきたからだ。だが、ヤクザと同じメンタリティーで聞く耳を持たない彼らとの争いを避けてきたツケは大きい。彼らは何の根拠も証拠もない「河野談話」を強請り材料にし、汚いやり方に拍車がかかっているのだ。

国連事務総長・潘基文(パン・ギムン)もフェアーであるべき国連精神を忘れ、韓国勢に加担した発言をくり返す。国連人権委員会に報告された「女性への暴力特別報告」に関する報告書、「クマラスワミ報告」は今でも吉田清治本人が創作と認めている書「私の戦争犯罪」が証拠として用いられている。スリランカ人の特別報告官のクワナスワミはほとんど何の調査もせず、国連人権委員会にこの捏造を報告し、拡散させてしまったのだ。

今年も韓国が3年連続、国連人権委員会に慰安婦問題を提訴した。名指しは避けたが、日本を貶める陰謀行為である。ふざけた国だ、韓国は。最近は彼らの顔を見ただけでも私の機嫌が悪くなる。そのせいか、誰も近づいてこない。

この慰安婦問題の原因をつくった吉田清治は週刊新潮のインタビューで「まあ、本に真実を書いても何の利益もない。関係者に迷惑をかけてはまずいから、カモフラージュした部分がある。事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやることじゃありませんか?チグハグな部分があってもしょうがない」と自らの証言を創作だと語っている。吉田はこの本が小説ともフィクションとも認めたが、「私だってプライドがある。85歳になって、今さら人権屋に利用されたとは言えない。このままにしておきましょう」と言ったのだ。
もう亡くなった男を国賊と言ってもしょうがないが、日本政府も見ざる言わざる聞かざるを決めつけ、反論もせず、こんなウソが一人歩きしてきたとは驚きだ。日本政府はそれ以上の真の情報を持っていたのだから、反論し、吉田清治を国会に召集するのが筋だった。

これを受けて日本政府は「アジア女性基金」を設置し、元慰安婦個人への補償を行う方針を決めたりするから事が複雑化したのだ。今日の慰安婦問題を複雑にした責任は日本政府や外務省にある。有能?と言われた外務官僚の程度がこれで分かった筈である。

その上、元アメリカ大使の加藤良三が米国下院の決議案に書かれた「20世紀最大の人身売買」「集団強姦」「身体切断」などといった文面に対する反論がなかった事は残念でしかない。
彼は、「日韓基本条約ですでに補償は済んでいる」といかにも金を払ったのだから文句はないだろう的表現で、逆に韓国人に攻撃材料を与え、アメリカ人には「醜い日本人」のイメージを植え付けさせた。

日本野球機構が根來 泰周(この人も何も出来ない人だった)の後任にこの加藤良三をコミショナーに選んだ時はどうかしていると思ったものだ。東大を出て、アメリカ大使だったから優秀であり適任だと勝手に思い込む日本人はおかしくないか?適材適所に合った実力者は学歴より、信念、覚悟、やる気、体力、闘争心、判断力、分析力が優れているかが重要である。今まで日本がこういったお飾り人事をしたことで、どんなに損害を被り、時代に合った改革がおろそかになったかを自覚してもらいたい。

最近、やっとコミショナー職を退任したが、この男も菅直人同様、なかなか粘り強く地位にしがみついていた。非難されたくなかったら最初から引き受けなければ良かったのだ。

話は戻るが、このスリランカ人のクワナスワミ女史は現在、事務総長の潘基文(パン・ギムン)にこのイカサマな実績を評価され、国際連合総務という要職を与えられている。

アメリカの韓国系は議論すると必ず「河野談話」「アメリカ合衆国下院121号決議」「クマラスワミ報告」を引き合いに出す。しかし、これらはすべて吉田清治の創作本がベースになっている事を我々は訴え続けなくてはいけない。まあ、韓国系と議論しても彼らは聞く耳を持ち合わせていない。彼らには真実はどうでもいいのだ。「日本を陥れないと気が済まない病」の狂った人たちにつける薬はもはや存在しない。

そんな国連に日本政府は国連の分担金をアメリカに次いで2番目に多い10%以上も出している。これは韓国の5倍以上なのに、なぜこういう事態を許してきたのだ?今までなぜ韓国政府に制裁を与えなかったのだ。先人、英霊、先祖の名誉、実績、信用、尊厳を汚されて平気だったのか?

私がブログ、ツイター、フェースブックで韓国人批判をすれば、ネット上で私がヘイト・スピーチでもしているかの如く非難する。私は今まで韓国人が更生するチャンスをじっと待っていたのだが、それも虚しく、その期待を大きく裏切ってくれた。ここまで制限も加減もなく日本人が罵られる理由がどこにあるというのだ?
こんな彼らの理不尽な言動や行動に、我慢の限界を感じたのは私だけではあるまい。

私が渡米したのは今から半世紀前である。私が韓国人と接したのもこの頃からだ。
その前の鳥取県境港市時代の小学校の同期には朝鮮系がいなかった事を同窓会で確認をとった。中学や高校では朝鮮系がいたらしいが、私は小学5年で日本を離れたので、記憶の中ではアメリカの小学5年生時代に出会った韓国人の小生意気な女の子が最初と思う。

最近、あいつもこいつも朝鮮人と情報が流れてくるが、私は半分も信用していない。ほとんどの場合、証拠が曖昧すぎるのだ。いかにも日本が今日あるのは朝鮮人のおかげだとでも言いたいのか?不愉快になる。芸能人やスポーツ選手以外にそんなに朝鮮人が日本にいるわけがない。20年前には聞いた事がないのに、ネットの時代になったら朝鮮人が急に増えるのか?

L.Aの在留邦人は、グレンデールに慰安婦像が設置されて、堪忍袋の緒が切れ始めてきた。最近、その話題がよく耳に入る。
ただ一人反対票を投じたグレンデール市長は親日で、除幕式にも出席しなかった。チャンネル桜の市長インタビューを見て、グレンデールの地元紙も少しずつだが韓国人のウソとデタラメを感じ始めてきた。この慰安婦像が撤去されるかどうかの鍵は姉妹都市の東大阪市が握っているような気がしている。今後の東大阪市の動きを注視しよう!

韓国人は日本人に対して想像出来ないほどコンプレックスを持ち、その反動が日本文化を我が物にしようと、横取りを画策してきた。彼らは日本人がいかに劣等民族で、酷い事を過去にやってきたかをアメリカ、いや世界中で訴え続ける。彼らの狙いは日本人を貶めて、日本や日本人のイメージを汚す事にあるのだ。その結果、多くの日本人子弟が韓国系や彼らに感化された現地人に虐められ始める結果となったのだ。
彼らは何の根拠も裏付けもないのに、まるで精神が病んでいるような言論や行動をくり返す。今やその病魔は末期症状かのようだ。一日も早く、韓国の捏造やウソやデタラメが暴かれ、世界中にその事実が広まってくれるとありがたい。

恩を仇で返す韓国の大統領・朴槿恵(パク・クネ)が中国とベッタリの行動をとる。この大統領は中国の景気が韓国同様、減速している事に気づいているのだろうか?まあ、親の過去の名声を利用してのし上がった朴槿恵大統領さんよ、中韓、世界の嫌われ者同士、仲良くしたらいい!日本がこの2カ国プラス北朝鮮と関わっていい事はない。逆にストレス、犯罪、病気、ばい菌、公害、キチガイが増えるだけだ。今後、彼らが仲良くなろうが私は嫉妬どころか、喜ばしい事だと思っている。韓国さんよ、困った事があったら、中国に支援してもらいな。日本は「一切、関係ない事でござんす」


藤井厳喜氏がL.A滞在中に台湾系スタジオで収録したビデオです。藤井厳喜の「L.Aから慰安婦問題を斬る!」です。ゲストは何と・・私、Chris Ryouan三宅です。疲れがピークのようで頭の回転がイマイチですが、さすが、藤井氏がうまくフォローしてくれています。楽しんで下さいね。

藤井厳喜の「L Aから慰安婦問題を斬る!」(ゲスト・Chris Ryouan三宅)


藤井厳喜の「慰安婦を斬る!」今回のゲストは「マッカーサーの呪いから醒めよ日本人!」(Amazon.co.jp )の作者である元南カリフォルニア大学教授、南カリフォルニア日本再生研究会理事長・目良浩一氏です。 (パート1&2)








「藤井厳喜L.A講演」2日連続満席大成功!日本政府はいつになったら「河野談話」を白紙撤回するのだ?
藤井厳喜L.A講演「尖閣諸島、慰安婦を斬る!」が9月14(土)、9月15日(日)両日とも満席で盛り上がった結果となってホッとしている。両日とも観客と関係者の熱気で、冷房が効いていないんじゃないか?という苦情までいただいたくらいだ。
忙しい中、L.Aまで来て講演してくれた藤井厳喜氏には心から御礼を申し上げます。

あーー、何と言うことだ、今回もまた「泣き虫」を演じてしまった。挨拶中に感極まって胸が締め付けられてしまったのだ。まだまだ言いたい事があったのだが、挨拶の途中で言葉を発することが困難になったので藤井厳喜氏にマイクをバトンタッチして講演がスタートとなった。あーー、情けない。私は御挨拶する資格がないのか?

最近は疲れのせいか、歳なのか、涙もろくなってきた。突然、キーワードがヒットするとこみ上げて来る。例えば「先人」「英霊」などだ。これは私が最近、御年配の日系人や日本人をインタビューして、彼らの苦労話を聞いているせいなのだろうか?それとも韓国人の捏造で、我々の先祖の名誉が汚された悔しさからか?あーー、自分でも原因がわからない。

今回、出席者の半数以上が慰安婦問題を真剣に受け止め、身近な人たちに韓国人の理不尽な行為、実態を拡散していただけたら大きな力となると信じている。これで私の役目はちゃんと果たしたぞ!と思った瞬間、緊張感が解けてドッと疲れがでてきた。

ここ3週間は場所を探したり、日系新聞への広告、告知、そして電話、メールでの連絡、ツイターやフェースブックで拡散したりでバタバタと忙しくしていた。こんなに大勢の皆さんに出席頂いたのも多くのみなさんの御協力があってのこと、心から御礼申し上げます。今回の講演準備では、多くの事を学習させていただきました。失敗も無駄も数多くあった。次回また機会があれば、もっとスムーズに準備できるだろう。

今回の講演で知り得た多くのL.A近郊在住の日本人と連携をとって、日本を貶めようとする韓国系と闘っていく決意を新たにした。それにしても韓国人は今や病的で狂っている。中にはこんなことをして韓国のためにもならないと思っている韓国人もいるが、彼らは勇気を持って声を上げる事はしない。いや、出来ないのだ。悲しい事だが韓国社会はそれだけ、病んで客観的に物事を見て判断する能力を失ってしまったのだ。

日本人が正義を持って闘う事は、先人たちが血と汗と涙を流して築いた日本人の信用、名誉、尊厳を守る事につながる。今日、私たちが大手を振って歩けるのは先人たちのおかげなのだ。
韓国人は歴史を捏造し、何でもかんでも日本人の地位を貶めようとしている。これを許せば、日本人、日系人に対する誤解と偏見がはびこり、想像しただけでいいことは一つもない。

我々の祖先の功績を、捏造によって汚す韓国人を許すわけにはいかない。誰も好き好んで韓国人に物申したくはない。しかし、現状は情けないほど危機的状況だ。多くの日系企業は韓国系を意識して彼らに媚を売るし、事なかれ主義を継続している。まだまだ多くの日本人は韓国人、シナ人に非難されても知らん顔。それだけ名誉、信用、尊厳を汚されようが気にしない日本人が多いのが現状だ。いつから骨抜きになってしまったのだろうか?

こんな状況で、誰かが行動に移さない限り、捏造をひっくり返すチャンスを永久に失ってしまう。謂れのない事を押し付けられて黙っていることは今や罪だとも思う。ここ1、2年が勝負だ。それには勢いが必要である。その勢いに神風も我々に味方をしてくれるだろう。日本が日本らしく、日本人が日本人らしくよみがえり、捏造がまかり通る世の中を一掃しなくてはいけない。

慰安婦問題をめぐり全世界で日本はぬぐいがたい深刻な汚名を着せられている。ここアメリカでは慰安婦碑や慰安婦像が建立された。まだ数は少ないが、今後何十カ所に計画されているという。我々は今後も阻止するためにやれることはやっていく。

しかし、すでに何人かの日本人や日系人の子供たちに対するイジメが報告されている。
日本政府、朝日新聞、一部の日本人がこの捏造を広めたことに対し、日本人に謝罪し、責任をとってもらいたいものだ。日本政府は、捏造された慰安婦問題が世界中に広まったことに対するオトシマエをつけろ!
特に外務省は国民の財産、生命、名誉、信用、尊厳を守る義務がある筈だ。日本人、日系人の子供たちが韓国の捏造によってイジメにあってもなぜ動かないのだ?

我々は日本が大好きで、日本人の名誉、信用、尊厳を守る為に起ちあがっているのだ!日本政府も外務省ももっと真剣にこの問題に立ち向かえ!

日本では、日本国に多大な迷惑と損害を与えた「河野談話」の撤廃を求める署名が3万人分以上集まった。今後、河野洋平個人を提訴する動きも出てきている。この男は中国、韓国には甘い。この男は反省どころか、今でも捏造を信じ込んで日本国に多大な損害を与え、国民にはストレスを与え続けている。

河野洋平、太郎親子が進めているのが「特別永住者の国籍取得特例法案」を民主党原口一博と組んで成立させようとしている。この法案は、在日朝鮮人が一切の審査なしで、日本国籍を取得出来るだけではなく、二重国籍も視野にあるという。

韓国政府は、在日に対して新国籍法と改正軍法により簡単に日本に帰化できなくしてしまった。韓国の兵役を終わらせないと日本に絶対帰化出来ないようにしたのだ。そのせいで多くの在日は兵役を逃れる為にアメリカに来るのだ。この「特別永住者の国籍取得特例法案」とはそういう在日朝鮮人を救済する法案なのだ。

在日朝鮮系の通名使用も廃止せず、パチンコ、在日特権を継続させ、韓国民団や朝鮮総連を支援している現状の中、何が「特別永住者の国籍取得特例法案」だ?必要以上に在日支援をする前、日本人に対してやることが山積みだろ?

日本で反日行為を繰り返してきた在日は、併合と植民地の意味の違いもわからず勝手に叫び、被害者面して日本政府を強請り、多額な日本人の血税を引き出してきた。在日特権で保護され、ヤリタイ放題の悪業三昧をくりかえしてきたのだ。こんなヤクザ以上の外国人にこれ以上日本政府が救済する必要があるのか?
現在、日本にいる在日朝鮮人のほとんどが、朝鮮戦争の戦火や、朝鮮半島内の差別や貧しさから逃れて、日本国へ「密入国」してきたきたのだ。

この河野洋平、太郎親子は、墓参りして先祖に対して申し訳ないと思わないのか?先祖の怒りを察知できないのか?一日も早く国会で、根拠もなく彼が信じ込んでいる慰安婦の強制連行の証拠を提出して証明してもらいたいものだ。それができないなら「河野談話」を白紙撤回し、国民に対して謝罪し、おとなしく隠居生活してもらいたい。

困った事に、この河野親子は以前から頻繁に渡米し、アメリカ議会と交流している。先週も河野太郎衆院議員は木原誠二衆院議員を伴い、米連邦議会議員10数人との交流に臨んでいる。両衆院議員は首都ワシントンへの往路でロサンゼルスに立ち寄り、日米文化会館で講演をし、地元日系人と親睦を深めた。今でも河野親子の言葉に耳を傾ける日本人、日系人が多いのが気にかかる。

韓国がしつこいほど日本に対して謝罪を求めるが、謝罪をするべきは捏造を世界に広めて日本人を貶めようとしている韓国の方ではないか?日本の政治家もこの事実を真剣に受け止め、彼らに何らかの制裁を発令してもいい時期ではないか?ヤクザのシノギに一度でも応じたら、あとは素っ裸になるまでたかられることを肝に銘じないといけない。こんな腐ったアブノーマルな国と関係を続けても、日本にとって何の得にもならない。それを歴史が語っているではないか?


東京電力福島第1原発を視察した際、東電が準備した防護服の名札に「安倍」ではなく「安部」と印字されるミスがあったというニュースを見た。その時、私は「あれっ?」と思い、過去のブログ記事を見て驚いた。実は私も長年、「安部」と書き綴っていたのだ。あー、情けない。
だが、言い訳するわけではないが、ツイターでもブログでも間違えている人が想像以上に多い。何でも海外に発信されているので笑い事ではないと言うが、目くじら立てるほどのことではない。海外では台湾と中国くらいだろ?違いがわかるのは。韓国は漢字を理解する人は一部の年寄りか学者くらいだろう?

以前も菅直人元首相を気づかず「管」と書き、某作家さんから注意を受けた事がある。嫌いな菅直人はともかく、期待している大好きな安倍首相を間違えたとは大失態だ。今後は漢字変換する時気をつけます。今までの不注意をお詫びいたします。


藤井厳喜氏が素晴らしい英語動画をアップしました。これを拡散していただきたい。特に海外の在外邦人の方々には家族、親戚、友人、知人、職場の同僚、日系人、現地人にお知らせしてください。一人でも多くの人たちに「慰安婦問題」が捏造だと言う事を拡散してもらいたい!




「慰安婦像」設置に対してアメリカ人の論調が少しずつ日本側に近づいてきた。彼らを崩すのはあと少しの辛抱だ!
潘国連総長が中立守らず日本批判をした。国連憲章違反の疑いがあるぞ!それにしても真正保守議員のトーンが低い。韓国人は安部政権が強く発言すると「右翼政権が国連を敵に回した!」とコソコソ、オバマに注進するつもりなのか?

こんな国連を私物化しようとする潘国連総長を追放しろ!国連の重要ポストには彼の息がかかった韓国人で固めている。そんな国連に日本はあれだけ分担金を出して、影響力も発言力もないのか?どうせ日本が常任理事国になることはロシアや中国が常任理事国であるうちはありえない。そして核兵器を持たない国の日本が、米国のポチでいる限り、抑止力も影響力もその資格さえない。

それなら「日本批判するペナルティーとして分担金を見直すぞ!」と圧力ぐらいかけろよ。今後、何の役にも立たない反日組織の国連に対抗して、新たに親日国を集めて国連予備組織でも設立する気概はないのか?それとも誰か凄みを効かせた落ち着きで「景気が悪いし、差別とイジメをくり返すなら分担金を引き揚げる!」と国連幹部を震え上がらせる迫力ある日本人はいないのか?

それにしても国連の分担金の85%を滞納している韓国から、「世界大統領」と持ち上げられていい気になっている潘国連事務総長。こんな無能で中国には何も言わない反日男を日本は追放する力もないのか?国連分担金をちゃんと完納しているのは日本ぐらいだ。だが、特典どころか、非難されてばかりじゃないか?

無能な潘基文事務総長の下、国連は体を成していない。こんな機能しない国連に、日本の未来を委ねようとしていた民主党。この潘基文事務総長という男は何もしない男だ。彼の関心は世界中から名誉学位を収集し、反日発言以外は、何も残らない声明を発表しただけだ。オフィスの壁にサムスンの薄型テレビを並べ、上級顧問に韓国人の仲間を登用し、国連を私物化している。
「クジラ」「慰安婦問題」「竹島問題」「南京大虐殺」など、国連が検証どころか、捏造が一人歩きして日本イジメをしているに過ぎない。国連職員に反日韓国人が大幅に増えたが、その給料は日本が負担している様なものだ。あー、何という情けない皮肉な現象か?

最近、よくマスコミが「隣国」や「アジア諸国」という表現を用いるが、靖国参拝に対して騒ぐのは過去から現在まで中国と韓国の2カ国だけだ。それ以外の国々は、日本をとても評価しているし、アジア諸国の多くの首脳陣が靖国神社を参拝してきた。

韓国では、政府要人が国立墓地に出向くではないか?ここに眠る軍人がベトナムでどんな酷い事をしたか我々が声を上げてきたか?ベトナムでは何の罪もない子供、年寄りを数万人も殺し、数えきれないほどの女性たちを強姦し、何人の戦争孤児を産ませてきたのだ?
その事に関して熟した民主主義国家の日本は内政干渉せず、何も言ってこなかった。しかし、ここまで捏造を世界に広め、日本人をコケにし、英霊や先人の名誉を汚し、日本の国柄まで否定し、天皇陛下を蔑み、国際法を無視し、内政干渉をいつまでも続ける韓国を許すわけにはいかない。今後、我々は今まで以上、積極的に彼らの捏造を暴き、朝鮮民族の正体を世界中に知らせていくぞ!

私は今年も8月15日に私は父親の墓参りをした。勿論、月に一度は行くが、終戦記念日でお盆の最終日のこの日は、私にとって恒例の行事だ。
父はアメリカ生まれで、6歳の時日本に渡った。その後、帝国陸軍から召集令状が来て、フィリッピン戦線で終戦を迎えた。彼の母親を含めた姉2人、妹、弟は日本で、そして彼の父親、兄、弟はアメリカにいた。戦時中はマンザナー強制収容所で過したのだ。家族が戦争中は日米に分けられ、さぞや複雑な心境だった事だろう。この日は墓前を前にして、悲惨な終戦当時をイメージし、そして父との歴史を振り返り、いかに今日の我々が恵まれた環境にいるか感謝する事にしている。

8月15日の日本では早朝から靖国神社は多くの参拝者であふれていたという。この日は若者や女性だけのグループが大声を上げて、署名の御願いをしていたと聞く。多くの日本人はその姿を見て「驚きと喜びがこみ上げてきた」と、報告のメールを頂いた。

「なでしこアクション」や「そよ風」などが女性が中心となって、ブエナパークへの「慰安婦設置」反対署名運動が展開されていた。多くが母親である彼女たちは必死だ。韓国のこんな捏造によって、将来的に子供たちが世界中から非難を受ける可能性があるからだ。ヘイトクライムが助長される恐れもある。こんな事は許せないと頑張ってくれている。正義感の強い母親は逞しくて強い。有り難い事だ。

その中でも大活躍したのが、ブエナパークへの「慰安婦設置」反対署名運動用の英語と日本語のチラシを作成したチームだ。正式なチーム名は知らないが、英語ブログ「JAPAN Revisited」http://japanrevisited.blogspot.jp/の管理人が率いるグループだ。以前から私のブログやツイターをフォローしてくれていたらしい。
この女性チームが、何と8月15日の靖国神社だけで驚異的な950名の署名を集めたと言うから驚きだ。その後も署名数を重ね、1300名ぐらいは集めたと伝え聞いた。これがどれだけの数字か、署名活動を体験した人にはわかるだろう?

私も15年前の「拉致被害者の会」の署名活動で1ヶ月かけて600名、10年前の「台湾正名運動」でも1ヶ月かけて650名集めた。当時を振り返ると、キツかったことしか思い浮かばない。当時は一人、車で何千キロも動き回った。大口が日系の引退者ホーム、リトル東京タワー、シニアセンターだった。関心もない、面白くもない講演会や集まりにも無理して出向いた。当時は「なぜここまでやるのだ?」「もうこんなもんでいいだろ?」「今日は疲れたから署名を集めない」と自問自答しながら、結果的にイケイケで署名活動した記憶がある。あの時のエネルギーは今はない。

しかし、これで終わりではない。ブエナパークも先送りにされたに過ぎない。韓国系の副市長が順送りで市長になり、市議が変わることで今後の展開は読めない。署名活動もブエナパークに限らず、各方面に飛び火する可能性もある長期戦に入る。
そんな時、彼女たちの行動力はとてつもなく強力で心強い。なるべくペース配分して長続きしてもらいたい。メダルも記念品も差し上げられないが、彼女たちに最高のエールと拍手を送りたい!

アーバイン市も現役市長が韓国系だ。韓国人は取り巻きのスタッフに韓国人を置く傾向にある。そして影響力を広げていく。自分たちの利益と、プライドを奮い立たせる行為には手段を選ばない。全米各地で韓国系市議や市長が誕生している。カリフォルニアの下院議員も韓国系が増えると予想される。彼らは日本を貶めることで一つにまとまるのだ。

それに来年の8月に「慰安婦像」設置を目標に北カリフォルニアの方も騒々しくなってきた。だが、女性を中心とした在外邦人のネットワークが動き始めている。日本の同志たちもバックアップしてくれるだろう。だが、地元の日本人は今から少しずつ攻めの体制に入ってもらいたい。彼らに届く様に、メールや署名を少しずつ送りつける事が重要だ。公聴会も出来レースになる前に実施するよう圧力をかけるべきだ。我々は少しは経験上、学習してきたので彼女たちをバックアップするつもりでいる。必要な時は、北カリフォルニアまで出向く覚悟でいる。

あとは韓国系の資金源である韓国政府が経済破綻でもしてくれたら、ロビー組織も弱体化するのだが。そのためにも日本政府は韓国に自ら近づき、支援することがあってはならない。彼らが泣きついてくるまで無視し続け、彼らの態度次第で何度か突き放す事が重要だ。今の日本の政治家にこんな当たり前の事が出来るかが問題だが。

グレンデールに「慰安婦像」が設置されてあれから1ヶ月が経つ。公聴会前後はあれだけマスコミは韓国側に立った報道をしていたが、最近、少しずつ論調の変化が感じられる。彼ら自身が学習し始めたのではないかと思う。それにまだほんの一部だが、日本人の必死な訴えが伝わり始めてきた。韓国系の捏造や「慰安婦像」設置がアメリカにとって不利益になると感じ始めてきたのだ。もう少しの辛抱だ。韓国系の主張が崩れ始めるのも時間の問題だ。神はちゃんと見ている筈だ。そうなれば、自然と彼らの組織もあっと言う間に崩れ始める。

日中関係、日韓関係の悪化を招いたのは、事なかれ主義と、中韓に対する遠慮と妥協をくり返してきた日本政府に責任がある。特に外務省が事態を悪化させた。今まで日本政府は補償金やら支援金やらを無条件で韓国に渡してきたが、しかし感謝どころか、横柄な態度の強請がエスカレートしている。こんな恩を仇で返す国民を、日本政府は甘やかしてしまったのだ。日本政府、外務省は今になっても中国や韓国の国民性を理解しきれていない。何の価値も得もない韓国に媚を売る政治家や財界人がいる事が不思議でしょうがない。長期的に見たら、こんな国と関わって、日本国民が幸せになれるどころか、ストレスがたまってしょうがない。

彼らは日本側がどんな適切な対応をしようが、関係ないのだ。彼らは彼らの国内事情で動いているので、日本の事情や真実なんか気にすることもない。特に最近はその行為が病的になってきている。

シナ人や韓国人は日本人には到底理解されない国民性だ。まるで日本のヤクザ以上だ。そんな彼らに妥協して、お金を渡せば、ますます彼らの思うツボになるのだ。それを日本政府は長年やってきた。今や靖国神社参拝と慰安婦問題が彼らの政治カードとなり、強請材料になってしまった。
河野談話が白紙撤回しない限りは、我々の主張に説得力が付かない。日本政府よ、恥を知れ!

そろそろ、日本側は妥協せず、とことん日本の事情、国柄、国民性を考慮して、やるべきことをやってもらいたい。日本が強く出ると、韓国は手の平を返すようにおとなしくなる事に気づく筈だ。そのかわり、下手に出ると、上から目線で相手を威嚇するどこかの野良犬以上に凶暴になる。今までこんな中韓のお国事情の押し付けや、内政干渉に振り回されるとは、日本政府や外務省は何とお粗末な事か。


お知らせです!!
友人の、日本を代表する国際問題アナリストの藤井厳喜氏がL.Aで講演する事になった。L.A近郊の方には是非、足を運んでいただきたい。日本の皆さんもL.A近郊にお住まいの友人、知人に拡散してください!本当は慰安婦問題を全面に出したかったが、なるべく韓国人に妨害されないようなタイトルにした。

タイトルは「戦後68年、ニッポンの今を考える!
       尖閣諸島、慰安婦問題を斬る!!」

日時:
9月14日(土)午後2時開場、2時半開演      ニュー・ガーデナ・ホテル
9月15日(日)午後2時開場、2時半開演 JACCC日米文化会館504号室
主催:L.A・日本をよみがえらせる会
連絡先は yumemakuraclub@yahoo.co.jp (電話番号はネットでは紹介出来ません}


* 私のもう一つのブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
(今でも日本ではありえない、1960年代のアメリカの高校特殊クラスと身障者教育!)

http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/


ブエナパークが当面、「慰安婦像」設置に反対してもまだまだ油断は禁物。アメリカでの「日韓仁義なき闘い」はまだまだ続く!
グレンデールの慰安婦像設置は結果的に、我々の敗北に終わった。公聴会は日本人に反対意見を発言させたと言う、グレンデール市民向けのアリバイ作りでしかなかった。市議たちは韓国側とすでに設置に向けて確約していたから、当日は不気味なほど韓国人たちは静かだった。
「慰安婦像」が公聴会の数ヶ月前には韓国から届いていて、設置場所も数ヶ月前には決められていた。我々は完全にグレンデールの市議たち、韓国人たちに「ハメラレタ」のだ。

今後、全米数十カ所で「慰安婦像」設置を展開しようとする韓国人に対して、我々はこの教訓を生かし、事前に情報をキャッチして、出来レースの準備を韓国人に与えないことが重要だ。

いずれグレンデールの公園からこの「慰安婦像」は撤去されるだろうが、設置前に阻止するより、設置後に撤去するのでは、市長、市議会のメンバーが変わったりで手続き上大変だろう。

今度のブエナパークは同じ過ちは絶対にしないぞとばかりに、多くのL.A近郊に住む日本人が立ち上がった。特に日本に住む女性たちを含めた女性たちが底力を見せてくれた。ブエナパーク側が悲鳴を上げるほどのメール攻勢で、日本人の怒りが伝わったと思う。その上、各地で集めた署名の数もブエナパークには届いた。これには韓国人が入り込む隙を与えなかったと自負している。
男性だと、私は特例だが、絶対に一人で署名運動はしないが、女性は強し、一人でも堂々と署名を集めたと報告を受けた。
何でも、韓国人の夫婦が近づいて来た時は「ヤバイ」と思ったそうだ。しかし、「署名させてください。こんなことをしても韓国の為にならないから」と二人が署名したのには驚いたと言う。いろんな出会いがあったり、協力させてくれと名乗りだす女性もいたそうだ。

ブエナパークは当初予定していた9月10日の公聴会が中止になったようだ。日本でも「なでしこアクション」や「そよ風」などが中心となって、署名活動やブエナパークへの「慰安婦設置」反対運動が展開されていた。
それだけではない。私のネットワークの同志たちも5人規模のグループが全国、日本で署名活動をしていたと聞き、そのパワーにも驚いた。時には数名のグループの方がすぐ動け、機能性がある。そういったグループが目的を一つに絞って、独自の自主性で動くと、いつのまにかとてつもない力となる。まだまだ日本は捨てたものじゃない。

そのおかげもあってか、ブエナパークではこの議案での公聴会は当分やらないとのこと。だが、信用出来ない韓国系の動きに安心はない。今回は絶対ではなく、当面、この議案で公聴会はやる予定がないというだけのことだ。

私は9月10日に公聴会が実施されると読んでいたので、前もってこの日は仕事を休むと届けを出していた。だが、公聴会がないのなら、この日は仕事をする事にした。今回は副市長の韓国系を除いて、市長を含めた市議たちが、面倒に巻き込まれたくないと言う意思表示を示し、「慰安婦像」設置に反対を表明したようだ。
そりゃあ、将来的に確実にヘイトクライムが助長され、日韓の仁義なき闘いが始まるのだ。勿論、ブエナパークのイメージは落ち、日本との間接的な関係も低下し、税収も大幅に落ちる。

しかし安心はできない。次期市長は現在の韓国系副市長。仮にこのミラー・オーが12月に市長に就任しても、現市議達がいる限りは、設置案は浮上しないかもしれない。まあ、それもつかの間、2014年11月には市議選があるので油断は禁物だ!

さらにカリフォルニア州下院65区(ブエナパーク、サイプレス、フラトンなど)の選挙区の立候補者の一人は、ヤング・キムという韓国系の女性だ。この女性はまあ、美人の部類に入る女性で、対抗馬の白人より優勢とみられている。
この女性はブエナパークの前回の公聴会でスピーチした女性の一人である。それも、敵ながらアッパレと言う、素晴らしいスピーチをしたそうだ。ということは、彼女が当選すれば、当然、ブエナパークに限らず、サイプレス、フラトンなどで慰安婦像の設置を推進する可能性はある。特にサイプレスは韓国系が多く住む。フラトンにも韓国系の富裕層が住み、韓国系の献金の宝庫と言われる地域なので注視する必要がある。

このヤング・キムは下院議員 Ed Royceのスタッフを16年間勤め、フラトンの事務所の代表として地元でも顔を売っていた。どこかで見た顔だなと思ったら、チャンネル18の「LA Seoul」というトーク番組の司会をやっていた女性だ。韓国政府とも近い存在である。韓国系の団体の会長や役員もしている。Director Of Asian Community Relationsという団体の理事をやっているので、アジア系にも影響力を持っている。韓国の捏造をアジア系、日系に押し付ける可能性が大いにある。
彼女がカリフォルニア州の下院議員になれば、日本人にとって厄介な存在になる事だろう。彼女の夫は、全米韓国系アメリカ人連合の会長・Charles J. Kimである。この女性、何しろ人脈が豊富で、資金集めにも定評があるらしい。ここで日韓のロビー活動、資金力の格差を見せつけられてしまう。
その上、彼女には、Ed Royce下院議員という強い味方がついている。彼女が当選しないようにするには、何か不正スキャンダルや彼女が推進している「慰安婦像」設置のイカサマを対抗馬に訴える事か?

ブエナパーク市が「慰安婦像」設置に反対の声を上げ、日本側が安心してしまう事さえ彼ら韓国人の手の内に含まれているのかもしれない。今までの韓国人はこの程度のことは考えているかもしれない。裏を読むのは勘ぐり過ぎすぎると思われても、相手が相手だけに油断は禁物だ!まだまだひと悶着が続くのかな?

8月15日は終戦から68年を迎えた日である。日本全国では追悼式典などの催しが行われ、参加者らが犠牲者の冥福と平和を祈ったと報道された。
多くの英霊が眠る靖国神社でも昨年を上回る17万5000人が参拝した。最終的に102人の国会議員も参拝したが、安部首相は中国や韓国との摩擦を避ける為に参拝を見送った。ちょっと残念でならない。

中国や韓国は安部総理が靖国を参拝しようがしまいが、騒ぐのだ。どうせ騒ぐのであれば、日本としての意思表示をハッキリさせてもらいたかった。日本のために戦い、犠牲となった人たちに手を合わせるのは、日本人として当然の事だ。それが日本の国柄ということを忘れ、非難する輩が日本に大勢いる事は残念でならない。

そういった日本人であって反日の人たちは、中国や韓国のように墓を掘り起こして唾や小便をするような野蛮な国を価値観が同じだから、仲良くしなくてはいけないと言う。

福田康夫元首相は22日、ソウル市内で講演し、「日韓の首脳が対話できない状態に大きな懸念を持っている」と日韓の国会議員や有識者が集まる「日韓フォーラム」で語った。共通点の多い日韓が「謙虚に相手の気持ちや考え方を忖度し、理解しようと努力することが重要だ」と強調した。おいおい、日本と韓国のどこに共通点があるというのだ?

福田元首相がこのままだと未来に垣根を残すと言うが、では、グレンデールの「慰安婦像設置」に対して、在米の日本人が声を上げているのは韓国同様、ナショナリズムを煽っているとでも言うのか?韓国の捏造を許し、彼らの病的な反日行為に対して、謙虚になれと?ヤクザと同類の国民に対して、すべてを許して、謙虚に歩み寄れば、明るい未来がやって来るとでも思っているのか?何でこんなお目出度い議員が日本の政界に多いのだ?

多くの日本の政治家は他人事のように語るが、在米の日本人の悔しさをどこまで理解しようとしているのか?事なかれ主義で問題を解決しようともせず、日本国としての怒りをぶつけず、何でもかんでも先送りして、問題を大きくしたのは誰なのだ?政治家のあなたたちではないか?

こんな政治家に今さら腹を立ててもしょうがないか?私はブレず、今やるべき事を継続するしかない!!


私のもうひとつのブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」もよろしく!

http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/


ブエナパークの「慰安婦像」設置に対する公聴会に向けての準備に追われる毎日。だが、最後の最後まで油断は出来ない!
グレンデールの「慰安婦像建立」に対する公聴会が出来レースで終わり、除幕式も執り行なわれた。グレンデールに関しては、行かない、買わない(ここを本拠としている企業の商品)ことにしている。

グレンデール市民と話す機会があると、状況を説明し、いかに市民からの声が上がらなかったかを残念に思うと伝える。

韓国の商品は買わない。もう不買運動は長く続けている。韓国系スーパー・マーケットに行く事があるが、日系の商品や日系の青果物しか買わない。キムチは過去何度か食べた事はあるが、自分で買った事がない。あの匂いで目眩がするのだ。

友人からのメールで、河野洋平がTBSの「サンデー・モーニング」という番組に時々出演していると知らせてくれた。この国賊のアホは今でも意地になって「河野談話は絶対に撤回しない」とコメントしていると言う。マスコミもこの男も朝鮮に、完璧に籠絡されている。今後、日本の中を大掃除とリセットを同時進行でやる必要がある。

いつになったら河野洋平、朝日新聞、吉田清治など韓国の捏造に加担した人やメディア関係者を国会に召集するのだ?

中韓派の国会議員たちは国民の血税を無駄に使うだけではなく、間違いなく「女と金」でやられているようだ。一日も早く、憲法改正とスパイ防止法が急がれる。
河野洋平、鳩山由紀夫、菅直人など国益に反する事を平気で出来ないようにする必要がある。彼らは逮捕されたくなかったら、歓待してくれる韓国や中国にでも引っ越し、永住すればいい。

今後は、一人でも多くの無知な議員や反日議員を少なくし、彼らの影響力を削ぎ落とす事が重要だ。

またもや麻生さんのナチス発言が朝日新聞によって真逆に報道された。慰安婦問題と同じく、朝日新聞は捏造を謝罪しなくてはならない。

麻生さんのナチス発言は、オリジナルの発言を聞く限り、間違った事は言っていない。しかし、どうも慎重さにかけていたようだ。私は麻生さんは好きだが、この人、たまに強ぶったり、悪ぶったりするクセが抜けきれず、慎重さに欠け、失言することがある。今のマスコミは、国益関係なく、政治家の粗探しや捏造で部数を増やそうと躍起になっている。

麻生氏は福岡県飯塚市でヤクザや炭坑夫に囲まれて「お坊ちゃん」と呼ばれて大きくなった人だ。そういった荒くれ者の真似をしたがるボンボン育ちの人である。

しかし、議員一人に、歳費が1億円以上使われているのに、麻生さんの講演原稿をチェックするスタッフはいないのか?秘書は選挙対策しかしないのか?いくら正しい事を発言していても、報道機関に足をすくわれるような複雑な説明は誤解を呼ぶ。国会議員は日本のメディアの性質をもっと研究し、分析し、対策を練らなくてはまたまた、彼らに足を引っ張られて、世界中から誤解されるのだ。

あーー、NHKもいろいろ問題を抱えているが、朝日新聞は日本の未来のために解体する必要がある。甲子園の高校野球だって、朝日新聞ではなく、各社が持ち回りでやればいい。

朝日新聞が「従軍慰安婦」記事を捏造し、日本国に多大な損害を与え、国民にストレスとフラストレーションを与え、自虐史観を押し付けた責任は重い。こんなに証拠が挙がっているのに、いつになったら非を認め謝罪文を掲載するのだ?

河野洋平を国会で招集し、なぜ「河野談話を撤回しないのか?」「捏造によって日本がいかに国益と信用を失ったか理解しているのか?」と追求し、彼が河野談話にこだわるその根拠を質問してもらいたい。一体、彼からどんな証拠や言葉が発せられるか聞きたいものだ。

それにしても日本のマスコミは捏造で新聞の売り上げを上げて、国を売り、国民の尊厳を平気で汚して、恥ずかしくないのだろうか?

韓国人のウソを信じる多くのアメリカ人を見ると、日本に対する陰謀が垣間見える。
東京裁判史観があって、南京問題や慰安婦問題もアメリカの陰謀なのか疑いたくなる。

だからと言って、シナや韓国が日本を超える経済大国に今後なることは考えられない。彼らは「自滅の道」まっしぐらだからだ。日本を不愉快にさせるとどうなるか、思い知るがいい!日本は「神の国」だ。イザとなったら神が手を差し伸べてくれると信じている。

今、日本が急務とする事は憲法改正を実現させ、整備を急ぐ事だ。伝統を守って新たな時代をリードする、新体制の日本が急がれる。今の日本はあまりにもハードもソフトも耐震疲労が進んでいる。
省庁も国会も省益、党利党略、保身、という毒素が充満し、「国益や国民を守る」という本来の姿をすっかり忘れている。いつか彼らも気づいてくれるだろうと思いつつ、長い歳月が過ぎていった。しかし、希望を捨てたら日本は永遠にポチ国家から脱皮出来ず、真の独立を勝ち得ない。

日本は世界最古の奇跡の国である。シナや韓国、そしてアメリカも日本を陥れようとすれば
必ず天罰が下るぞ!おりしも今年は伊勢神宮と出雲大社で式年遷宮。歴史の事実として式年遷宮の後は飛躍的に経済が回復していくそうだ。この感覚は「日本人じゃないと判らん!」


この動画はちょっと編集されたグレンデールの「慰安婦像」設置に対する公聴会での発言風景。結果は出来レースで7月30日に予定通り除幕式があり、「慰安婦像」が設置された。

私はパート1の一番最初に発言しています。改めて見ると、緊張していますね。なるべく、誰も発言しなかったことを言おうと、直前までに原稿を何度も書き直したので、読みづらい原稿になっていた。
今思うと、時間と睨めっこしながら、途中、発言スピードが上がったりして、「次は何を言うべきか?」と葛藤の連続だった。それにしてもスピーチ原稿が決定稿ではなかったので、文字が小さく、ゴチャゴチャだったなあ。
自分では言うべき事を言ったつもりだが、やっぱり2分間では言い尽くせなかった。

私だけではなく、みなさんが初めての経験だったので、反省点も多いと思う。だが、この闘いは当分続く。次のブエナパークやアーバインに向けてこの公聴会はいいリハーサルになったと思う。

グレンデール「慰安婦像」公聴会(パート1)


グレンデール「慰安婦像」公聴会(パート2)


チャンネル桜でも「慰安婦像」設置に関する特集が組まれた。

討論」中国の属国化した韓国と慰安婦問題(パート1)

「討論」中国の属国化した韓国と慰安婦問題(パート2)

パート3
___________________________

*私の同志の女性が在L.A日本総領事館に送ったメールを御紹介します。総領事館がグレンデールの「慰安婦像」設置に対してどういうスタンスだったか理解出来ると思います。



新美総領事、いつもご苦労様です。

さて、とうとう加州のGlendale市に慰安婦像が建ちました。次はBuena ParkとIrvineと言われています。私は今までに何回かもう少し仕事をしてくださいとお願いのメールを送りましたが、僭越ながら、今回もまた「もっと仕事してください」というお願いです。がまんして読んでいただければありがたいです。

(1)
総領事がLAタイムズに送られた手紙では日本は戦後補償を行ったという主旨でしたが、
慰安婦問題もそれと同じところで語られたのは間違いだったと思います。
日本は韓国と戦っておらず、したがって戦勝国と戦場になったアジア各国に払われた戦後補償とは無関係です。
慰安婦問題は、補償問題ではなく、日韓基本条約が締結されたあとに湧き出した捏造神話であることが問題なのであって、
そこを指摘しなければならないのです。だから、あるブロガーは、新美は国賊だとまで書いています。
問題を整理せず、相手の論法に引きずり込まれてしまったからです。
ブロガーの批判に耳を傾けてください。厳しいですが、なるほどと思えるところがあると思います。

http://dogma.at.webry.info/201307/article_13.html

韓国の「女子挺身隊何とか団体」は何でもありの団体なので、彼らが何をやろうとしているのかを研究しなければ論破できません。


(2)
このメールの一番下に「なでしこアクション」という女性団体から届いた<Buena Parkへ抗議メールを送る要請のお願いメール>をコピーしました。
なでしこアクション賛同者に送られたものです。見ていただければわかりますが、抗議文の英語に、明らかな文法の間違いがありますが、
それでも、バージョンの違う抗議文をいくつも作っていっしょに抗議しようとしているのです。とはいえ、このような民間の抗議には限りがあります。
結局、「できレース」と言われたGlendaleの件でも、市議らは、LA公館から強い抗議が来ていないと述べ、慰安婦像建立を正当化しています。
領事館見解が、政府見解や政府外務省の政策等を鑑みずに勝手にできないのはわかりますが、
外務省、そして現地の公館である領事館に、もう少し力を入れていただかなければ
韓国外では韓人の人口が一番多いLA郊外は慰安婦像だらけになってしまいます。
外務省、特にロサンゼルスは何をしているんだと怒っている人は多いです。

http://hannitikennkenkyu.seesaa.net/article/370899277.html


(3)
何年か前にFareed Zakariaにインタビューを受けた産経の古森さんが慰安婦問題について書いているものです。参考までに。

http://www.ianfu.net/opinion/komori-yoshihisa.html

(4)
とにかく、彼らはGlendaleで成功させ、これからも彼らの執拗な慰安婦建立活動は続きます。
どうか、領事館からの働きかけをお願いします。
私がBuena Parkの市議とメディアに送ったメールをコピーします。
なでしこアクションの抗議文は、どこにも河野談話についてふれているところがないので、私の抗議文はそこをカバーすることにしました。
慰安婦問題の討論は、結局、「日本政府は河野談話で強制したと認めたじゃないか」と言われて終わるのです。
河野談話の出された状況とそれ以来研究がなされてきて明るみににでた事実があることを説明しなけばどうにもならないと思います。

イラクにWMDがなかったにもかかわらず、それを理由にイラクへの攻撃が続きましたが、
ブッシュ大統領とブレア首相が主張したWMDの主張は間違いだったと米国人も知っています。
人だって国だって間違いを犯します。
慰安婦問題だって、河野談話は、実はよく知らなかった時に出されたを認めてもいいのではないですか。
つまるところ、たった16人の元慰安婦の証言だけで出された談話なのでしょう?それを言ってはどうですか。

______________________


尚、英語で次のターゲットのブエナパーク市に送る英語文の参考メールをいくつか用意しています。「なでしこアクション」などでもいくつか紹介していますが、今後、長期戦に入ると思いますので、いくつか好きなフレーズなどをピックアップして、みなさんが独自にオリジナルメールを作成してください。宜しくお願いします。

今、署名用紙も用意しているが、ブログにどうリンクするかわからない。英語文の参考材料を含めて、私にメールをいただければ、署名用紙を転送し、送り先をお知らせします。今後のブエナパークの公聴会までに間に合わせるには8月末の消印までに郵送しないといけません。


*拡散して下さい!みなさんにネットで「慰安婦」に関する捏造を、訴えるべく嘆願署名をお願いします。

http://petitions.moveon.org/sign/comfort-women-fabrication.fb28?source=s.icn.fb&r_by=8546588


私のもうひとつのブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」を久々に更新した。いつになったら以前のようなペースで更新出来るだろうか?

アメリカの変化と世界のロール・モデルとしての日本を考える!




7月30日にグレンデール市で「慰安婦像」の除幕式があった。恥じらいもなくウソを堂々と宣伝材料にする韓国人に対する怒りを書き綴る!
とうとうグレンデールに「慰安婦像」が建立されてしまった。
7月30日、予定通り除幕式が実施された。参加者約、500名の盛大なイベントになってしまった。

グレンデールの「慰安婦像」除幕式の様子は午後5時の4チャンネル、5チャンネル、7チャンネルのニュースで紹介された。アメリカの主要チャンネルで紹介されたが、この問題がセンセーショナルな問題だと、韓国人主導で紹介されていることが気になる。

某チャンネルでは日系人がインタビューで「これは実際あった事なんだから、日本は謝罪すべき!」だと??こいつ、本当に日系人か?ブン殴ってやりたいこういう恥知らずを韓国人は味方に付けている!本当に日系人なのか成りすましなのか、日本とまったく同じ構図になってきた。まあ、日系人でもマイク・ホンダのように日本人の血筋を誇らない、情けないアメリカ人もいる。

我々、日本人約、80名が参加し、その内の27名が反対意見を公聴会で発言したのは一体何だったのだ?結果ありきで、出来レースだったことに怒りを感じたが、それ以上に、グレンデール市関係者と、時間をかけて結託して準備を謀った韓国人には怒りを通り越して、憎しみを感じざるを得ない。
公聴会の結果は4人の市議が賛成票、市長が反対票で結果4対1で「慰安婦少女像」建立が決定したのだ。今回の公聴会で反対に回った市長が、韓国人の言い分に疑問を持ち始めたのか、除幕式には欠席した。市長だけが人間的な正義感を持っていたとはグレンデール市は情けない市に成り下がった。

売春婦の像を建立して喜ぶグレンデール市を笑ってやろう。何と不名誉なことか。グレンデール市民よ、実情を知って怒れ!

元慰安婦?のおばあさんも慰安婦少女像の隣に座り写真撮影。この嘘つきバアさんがこの日の主役とは、何とコメディー的報道か?メディアも韓国人の捏造シナリオに沿って番組作り。
韓国人は新たなキャッチとして「日本軍が14歳の少女たちを強制連行しヒドイ扱いをした」と訴える。

公募すれば列を作るほど人が集まったと言われる高収入の「慰安婦」たち。そんな中、なぜ、韓国で20万人の14歳の少女たちを強制連行する必然性があるのだ?

何のために誰の為にこの像が必要なのだ?韓国人は日本人の信用をガタ落ちにさせ、いかに日本がヒドイ国だったか宣伝する事で、日本人に対するコンプレックスを払拭させたいのだろう。彼らはどんな汚い方法であろうが日本人を貶めるのが朝鮮民族の悲願であるかのようだ。この民族にはもうつける薬はない。こんな国に神様が未来を与えてくれる筈がない。今後、韓国が経済的に困っても、日本が支援する義務はない。それは自業自得だと思い知るがいい!

それにしてもなぜアメリカ人、メディア、地方自治体まで、韓国人に同調しなければいけないのだ?どんなに証拠があっても、米国陸軍が1944年8月に「彼女たちは高給取りで、自由が許された売春婦でしかない。日本軍の移動についていって商売するプロの追っかけなのだ」と公文書でも見解が発表されているのに、市議たちは聞く耳を持っていなかったようだ。グレンデールに関しては韓国人に完全に取り込まれてしまった後だったのだ。

どうも今の世の中、真実はどうでも良く、宣伝力で勝負が決まる。こんな大嘘つきが大手を振って歩く世の中に、未来はない。正直者が報われる世の中を実現するには、日本人がロール・モデルとなって、時代を築いていかなくてはいけない。

アメリカ人、韓国人、メディアなどがウソを信じ、日本人を差別したらきっと、彼らが後悔する時が必ずやって来る。我々はそう信じて活動を続けなければ、こんな矛盾したことを受け入れる事は出来ない。
それにしても我々は無力すぎると痛感した。日本政府、領事館のサポートもなく、逆に市議たちに皮肉まで言われ、悔しい思いをしたのだ。

それに対して韓国人は、恥じらいもなくウソを堂々と宣伝材料にし、日本人の信用をがた落ちさせる事を喜び、国を上げて恩を仇で返す仕打ちを展開する。

韓国は日韓基本条約のルールも守らない。先日のサッカー東アジア杯では国際サッカーのルールも無視し、日本批判の巨大横断幕を揚げた。韓国は国を上げて平気でルールを破る狂人国家だ。そんな韓国を長年、信用し、至れり尽くせり支援してきた日本の政治家や財界人たちが韓国を甘やかしてきたのだ。そのツケは国民に多大なストレスと自虐的歴史を受け入れさせたのだ。

最近は少しずつ著名人も声を上げるようになった。私は元力士の舞の海秀平が「(韓国が)歴史を歪曲するからこういう事態が起きるんじゃないか。そういう教えをしてるから、そういう認識をして、こういう人たちが出てくるんじゃないか」と番組内で怒った事に拍手を送りたい。

河野洋平は「河野談話の精神を忘れてはいけない」と今でも名誉職につき中国や韓国で日本解体発言を続ける。我々在外邦人は、河野談話で見事に日本人としての尊厳を傷つけられた。
そんな先人、英霊に対する屈辱的な発言を今でも続け、韓国や中国に強請られる材料を提供し、彼らの捏造に手を貸し、それを認知した河野洋平は、他国であれば危険分子として縛り首ものである。いや、その程度では日本の経済的損失や世界中から失った信用は戻ってこない。

鳩山由紀夫元首相同様、なぜこんな人材が長年、日本の政界でノウノウと生き残って来れたのか?日本人の見識を疑いたくなる。

石破幹事長が参院選前に某テレビ番組で「河野談話の見直しはしない」と発言したが、今でも自民党は、この事案ではまとまっていない。河野洋平の息子、太郎がまだ自民党で風を切って歩いているようじゃ、大変だろう。

以前、河野太郎にツイターで「日本の国益のため、真実のため、河野談話を白紙撤回するよう、父親を説得出来ない男が、日本国を代表する国会議員と言えるか?父親を説得出来ない男が、どうして国民を説得出来るのだ?」とつぶやいたら、どうもブロックされてしまったようだ。あー、情けないぜ。こんな親子に日本国がどれだけ血税を貢いできたか。結果、コイツらの発言で日本が世界中から白い目で見られ、どれだけの損害を被ったか。
日本人の尊厳に傷を付け、先人、英霊に対してどれだけ迷惑をかけたか気づいていない。こいつら墓参りに言ってどんな祈りを捧げるのだろうか?

それにしても外務省や宮内庁が彼に日本国民として最高クラスの勲章を与えた事は日本の恥である。国賊が桐花大綬章をもらえるとは・・。授与するのであれば、その前に「河野談話」なるものの白紙撤回をしてもらいたかった。いつもこのことを考えるとため息と怒りが込み上げてくる。

河野談話の河野洋平も村山談話の村山富一も「慰安婦の存在を忘れてはならない」などと今でも懲りずに発言している。

安部首相は公約で戦後レジームの見直しと河野談話の白紙撤回を掲げていた。最近、ちょっとトーンダウンしているが大丈夫だろうか?たとえ自民党がひとつにまとまらなくても、政権と命をかけて、強いリーダーシップを持って、韓国の捏造を暴いてもらいたい。

日本政府が今後も何もしないのであれば、手弁当で、人生を犠牲にしてまで日本人としての尊厳を守ろうとする我々同志の頑張りが無意味になる。

菅義偉官房長官が「慰安婦問題については、政治問題、外交問題にさせるべきではない。そういう基本的考え方の中で、今回の記念碑の設置は我々の考え方とは相いれないものであると。極めて残念であります」と述べたが、まだまだ政府発言として弱い。

この問題こそ、韓国が政治や外交問題に発展させたのだから、日本政府もそのレベルで渡り合ってもらいたいものだ。

そして菅義偉官房長官は「グレンデール市長や市の関係者に適切な対応を求めてきた。極めて残念だ」としたうえで、「今後も米国関係者に説明し、理解を求める努力をしていく」と強調した?

本当に市長や市の関係者に適切な対応を求めてきたのだろうか?これはウソっぽい。今まで何をしたのだ?何もしないのに、今後も米国関係者に説明し、理解を求める努力をしていくとは笑わせてくれるぜ。お願いだからそういった言葉の遊びは止めて、我々の目にもハッキリ見える対応をしてもらいたい。


公聴会でグレンデール市会議員が「日本政府も領事館も何も言ってこないじゃないか?それは日本政府が皆さんの考えを支持していないという事だ」とまで言われたのだぞ。この悔しさが日本政府及び在外公館に伝わっているとは思えない。
一体、日本政府関係者の誰が適切な対応を求めてきたと言うのだ?

グレンデール市のホームページに姉妹都市の大阪府東大阪市が慰安婦像設置に賛同したかのような虚偽の記述があった。東大阪市はグレンデール市に7月29日に抗議文を送達した。しかしまだ回答はなく、ホームページも修正されていない。
東大阪市の野田義和市長は、グレンデール市が適切な対応を取らない場合は姉妹都市提携の解消も視野に検討する考えを示した。
やっとの思いで姉妹都市提携を破棄する可能性を示唆したが、対応が遅い。せめて7月30日の「慰安婦像建立」の除幕式前にハッキリと声明を出してもらいたかった。

今回の公聴会は多くの日本人に問題意識を持たせるきっかけになったと思う。今回、米国及び日本から多くの励ましのメールを頂いた。嬉しい限りである。

皆さんのひとり一人の声が、関係機関に少しずつ伝わっていくと信じている。ツイター、ブログ、フェースブック、口コミ、何でもいい。拡散し、伝えていく事が重要である。

今後、サンフランシスコ、シアトル、ポートランドなどにも広がる可能性がある。それらの街に住む、日本人や日本人を支持するグループは、今からそういう事態を想定して、各方面に働きかけ、準備をした方がいい。私たちも何らかの協力を惜しまない。

日本政府は対外広報戦略企画チームを8月1日に立ち上げたが、内閣府、外務省、経産省、国交省の官僚中心か?特に役立たずの外務官僚が参加して何をするのか?という心境だ。それだけ日本の外務省は一度解体してリセットするべきだと思う。

この対外広報戦略企画チームが足の引っ張り合いしない事を祈る。省益ではなく、国益の為に信念、覚悟、愛国心を持って事に当たって欲しい。どの程度の予算を付けるか知らないが、予算は多いほどいい。頭デッカチの官僚では何も進まないので、民間から人を集めて彼らに官僚以上の権限を与えてもらいたい!

今回のブログでは慰安婦像建立計画を阻止するべき戦略を書こうと思ったが、見送った。それは、日本にもアメリカにも日本解体を狙う危険分子が数多くいる事だ。韓国人や在日韓国人の成りすましも多く、戦略や予定が悪用される可能性がある。そして、彼らが得意とする情報操作にも気をつける事にした。

個人攻撃だが、最近は私の勤務先にも私を中傷するメールが何通か送信されてきたようだ。彼ら韓国人の攻撃は汚い。私はその程度のことではめげないので御心配無用。神がどこかで歯止めをかけてくれるものだ。人生はケセラセラと笑っていこうぜ!


チャンネル桜で紹介された我々の動画を御覧あれ!私は5人目に発言しています。20分過ぎです。

グレンデールの公聴会で発言した同志5人が日本の皆さんに吠える!


グレンデールの「慰安婦像」除幕式の翌日レポート(L.Aの「ジャパラ・マガジン」から)

グレンデール「慰安婦像」レポート!


○ 友人の藤井厳喜氏の「慰安婦」関連動画を参考に慰安婦問題を考えよう!

「従軍慰安婦」問題について1

藤井厳喜の「慰安婦問題の本質1」


グレンデール市の慰安婦像建立計画は市議4人の賛成で可決。完全な出来レースだったが、日本の皆さんの起爆剤になった今後に期待しよう!
7月9日午後3時からグレンデール市の議事ホールで公聴会があった。これは「慰安婦少女」像をグレンデール図書館近くの姉妹都市ゾーンに建立することに対する公聴会である。

この7月9日の公聴会は7月5日頃に発表になった。何しろグレンデール市と韓国人は我々に時間的猶予を与えなかった。私も7月6日に同志たちと在外選挙に行った時、そういう話題になった。私はその日は仕事が入っていたので断った。しかし、次の日、公聴会に出席する方向に気持ちが傾いた。それから公聴会の日まで、バタバタと慌ただしい日々が続いた。

我々同志はグレンデール市の某有名ホテルのロビーで午後1時に集合した。レストランとロビーにコーヒー組と食事組に分かれた。25名ほど集まっていた。私はロビーでコーヒーを飲みながら何人かと打ち合わせた。そして午後2時に、ちょっと早かったが、落ち着かなかったので何人かと市役所の議事ホールに車を向けた。
噂では400人ぐらいの韓国人グループが日本人の行動に抗議をしようとやってくると言われていたので、現場に早く入りたかったのだ。それに今回の公聴会で、発言希望者は2時半までに名前を記載しないといけなかった。
もし、大勢の韓国人たちが駐車場で待ち構えていたら、混乱が生じ、日本人女性たちが不安がるのではないかと懸念していた。

しかし、市役所の駐車場前は思っていたよりずっと静かで、韓国人の姿さえ見えなかった。この光景を私は逆に不気味に感じた。

時間前に集まったのは日本人が圧倒的に多かった。午後2時半に登録し、そのあと、何人かの女性のスピーチ原稿の作成を急いで手伝った。基本的に複雑な事は書かない事にし、彼女たちが言いたい事を中心にまとめた。「ゆっくり、ハッキリとリズムを大切に」とアドバイスした。発言者数の関係で一人の持ち時間が2分と決まった。私は1分用、2分用、3分用の原稿を作成していたので、2分は予想通りだった。

議事ホールには日本人が約70名、韓国人が30名ほど来場していた。ただ、プレス関係者は日系以外で20名ぐらいか?日系メディアの参加者がなかった事は、日本政府の出先機関である領事館関係者が顔を出さなかったことと同様、情けない気持ちになった。ツイターで誰かがどう見ても韓国人が多く目立ったと書き込んでいたが、たまたま目立つ場所に韓国人たちが座っていたのだろう。

今回の公聴会で反対意見の日本人が25名、アメリカ人が3名ほど、推進派の韓国人7名ほどが公聴会で2分間のタイムリミット内で発言した。
私は6番目ぐらいだったと思う。正面に座る市長と4人の市議に向かってゆっくり、わかりやすいように話したつもりだ。

まず、「こういった発言の機会を与えて頂きありがとう。私は慰安婦像を建立に反対である。こんなこと、グレンデール市民に幸も平和も繁栄も名誉からも縁遠くなる。誰が得をするのだ?特に日本人にとっては不愉快以外のなにものでもない。韓国側の一方的な話を信じ込んで、今の今まで日本人の意見を聞かなかった皆さんにはガッカリだ。それも議論も調査すらしっかりしていない段階で、何を急いでいるのだ?何が姉妹都市広場に建立だ?こんなことは姉妹都市のスピリットに反するぞ!あなたたちはグレンデール市が売春婦の記念像を建立した不名誉な市に成り下がっても恥ずかしいと思わないのか?
日本人は昔から静かな国民と言われてきた。争いごとは嫌いで、常に前向きに将来を見据えてきた。私は韓国人を批判するわけじゃないが、彼らの最近の行動は目に余るものがある。確実にやり過ぎなのだ。彼らはもうウソやデタラメは止めて、真実を見つめ、受け入れる時期に来ている。
この慰安婦たちを米軍は「彼女たちは軍の移動について行く、プロの売春婦以外表現のしようがない」と1944年8月の米国陸軍の公式調査記録にも書かれている。
あなたたちはアメリカ陸軍の言葉より、韓国人の言葉を信じたわけか?彼女たちは仕事を強制はされていないし、やりたくなければやらなくてもいい自由があった。平均的軍人の50倍以上の稼ぎがあった彼女たちがセックス奴隷なのか?」
とちょうど2分間で私の発言が終わった。その瞬間、大きな拍手が日本人側から、小さなヤジが韓国人側から飛んできた。市長から「拍手やヤジはやめてください!」と注意された。

今回、7、8人が素晴らしいスピーチをした。
私は終わった後、アメリカの新聞社2社と韓国系から取材を受けた。今回は予想以上に韓国人の数が少なかったと思いながら2階の議事ホールから1階のロービーに移ると、入りきれなかった韓国人が50人ほどいた。

後日、どこから私のメルアドを知ったのか、電話番号を知ったのか、ラジオ局や新聞社から取材依頼が来た。

今回、日本人の多くは慣れていないので緊張していたようだ。ただ、次回、また同じようなことがあった場合の教訓として、発言時間を守ってもらいたい。「はい、そこまで」と言われてから「まだ言っていない事が」やら、「まだ終わってない」はミットモナイ。
いかに与えられた時間内で何を優先的に言うかである。まあ、今回は結果的に出来レースだったので、そう言った部分は勝敗には影響なかったが、ルールとマナーはちゃんと守って行こう。

今回の公聴会は事なかれ主義を平和主義と勘違いしている多くの日本人の起爆剤になったと思う。何人かの仲間が、新聞記事内の写真を見た人から「そんなことをやっているの?」と言われ困ったという話を聞き、多くが日本とのいろいろな繋がり、しがらみを気にしている事を知った。

私は15年間、腹が立つ事はあっても困った事はなかった。私は自分の行動に自信を持っていたし、親戚、友人たちから指をさされ、非難されたこともなかった。逆に親戚や友人たちに自信を持ってレクチャーしてきた。今まで私の言葉に耳を貸さなかった周辺の人たちも最近はよく聞いてくれるようになった。やっと彼らは気づき始めてきたのだと実感している。同志や支援者が確実に増えてきたのだが、その反面、私の言論活動で、多くの中国寄りや韓国寄りの親友たちが去って行った。段々と話題が合わなくなってきたからだ。

公聴会の後、今後について話したいと言うので、コーヒーショップに約20人が集まった。時間が5時頃でフリーウエイは渋滞の時間だったので、落ち着くまで私も参加した。
何でも新しい組織を立ち上げると言う事だった。私も役員として推されたが、「私は個人で活動する方が効率がいいので、メンバーにはなりません。だが、何か協力するべき事があればいつでも協力する」と発言した。

私が15年間の言論活動で生き残って来れたのは、一人で行動していたからだ。常に一匹狼でそれなりの成果を残してきた。私は経験上、団体行動での不備も見て、体験してきた。
私はコツコツと各方面の有力者や一生懸命、日本の再生を願っている仲間に恵まれている。そのネットワークは強力だ。
今後、日本政府の出方次第だが、慰安婦問題は全米各地を襲う事だろう。ロサンゼルス近郊だけでも、数カ所が騒ぎ始めた。やっと日本人が立ち上がったが、今後は日系人、アメリカ人にも理解を広げ、韓国人のウソを打倒していかなくてはいけない!

韓国政府は経済危機が叫ばれている中国と接近し、日本を仲間外れにしようとしている。自分勝手で捏造を見直そうともしない国民に迎合する韓国政府には未来はない。韓国経済もヤバイ。中国経済もヤバイ。何れこの中、韓は共倒れになるだろう。日本政府は彼らが支援を求めてきても、当面、知らん顔してもらいたい。彼らは恩を仇で返してきた国民だ。彼らがウソやデタラメを叫ぶ事を止めない限り、日本はあまり近づかないほうがいい。これ以上の火傷もストレスも日本人には不要なのだ。

次回は今後の戦略を書き綴って行く。


公聴会前から、引いた風邪がなかなか治らない。仕事場で気分が悪くなり早退し、何時間寝ても良くならない。風邪から右の頬骨が痛み、咳、クシャミ、頭痛、吐き気、何でも有りだ。
昨年ぐらいからどうも風邪を引きやすくなり、そして長引く傾向にある。

私は運動、武道、スタントなどで何度も怪我をしてきた。怪我には免疫力があり、以外と強いのだ。しかし、その反面、熱には弱い。体温がちょっとでも上がると、オーバーなくらい元気を無くす。
風邪がなかなか治らないので仕事を1週間休む事にした。仕事場ではオーナーを含めて私に文句を言うヤツは一人もいない。私は韓国人や中国人に対してもそうだが、何かを失うと言う恐れがまったくない。人生はケセラセラだ。風邪で体重が約8キロも落ちていた。来週、フレッシュな肉体と精神で仕事に戻りたいものだ。


日曜日に仕事の帰りに右折(日本では左折)しようと思って右側に寄せていたら左折しようとしているのか方向指示していない車が道路の中央から急に私の車に接触してきた。普通、サイドミラーで車がいるか確認するだろ?そして気がついてブレーキを踏むのだが、この女性はスマホでもいじっていたのか、考え事をしていたのか、気づかず、私の車の左ヘッドライト周辺をブーンブーンと擦り、その結果、バンパーが持ち上がって、そして地面に崩れ落ちてきた。100%彼女に非があるのだが、後日、彼女はウソ八百を並べ、それを彼女の保険会社が信じ込み、すべては私に非があると結論を出した。おかしいだろ?私の車を見にも来ないで、調査さえしないで、彼女の話を100%信じるとは・・。
まだ風邪が治っていないのに、保険会社に電話して、抗議している。咳をしながら訴えるのも辛いものがある。結果はどうなるか、イヤだねえ。
最近、アメリカの醜い姿が目に入る。あー、イヤだ。韓国人やシナ人も嘘つきだが、アメリカには信じられないウソを平気でつく、不届き者が多い。


グレンデール公聴会の模様ビデオ

グレンデールの慰安婦像論争のDaily Newsの記事。(私の記事もある)

グレンデールの公聴会の様子。

まだまだ写真があるのだが、ブログに写真をどう貼付けるか。方法をすっかり忘れてしまった。
Twitterのryouansenseiも御参考に!

多くの皆さんからメールを頂きました。いろいろと参考にさせて頂きます。皆さんは私の同志です。今後とも祖国・日本を共に支えて行きましょう!


号外!!

拡散!グレンデール市の「慰安婦像建立」に対する公聴会は結果的に出来レースで残念だった。7月30日の除幕式を阻止する事は出来なかった。この度、公聴会で発言した私を含めたL.A在住同志5人が「チャンネル桜」から無念さを訴えました。韓国人の捏造をこれ以上許してはならないと、私も5人目に訴えています!

グレンデール市の公聴会で「慰安婦像建立」計画に反対意見を述べた同志5人が再び訴える! 




日本は病的に狂った韓国とキチガイ中国に遠慮した事で、世界中に嘘とデタラメが広まる結果となり、大きなツケを背負う事になった!

今回もブログ更新が大幅に遅れてしまった事をお詫びします。

いつもたまには明るい話題をと思うのだが、ついついいつもの怒り節になってしまう。
2日連続で真っ赤な血尿が続いたが、ここ4、5日は大丈夫のようだ。歳を忘れて頑張り過ぎるのだろうか?
まあ、今後とも賞味期限が切れるまでお付き合いをお願いします!

今や韓国は狂っているの一語だ。いや、中国も狂っている。それに影響されてアメリカ、世界中が狂い始めた。
何と生きづらい世の中になったものか。頑張るものが報われる世の中から遠ざかり、嘘がまかり通り、正直者が評価されない時代に突入した。
何でも安ければいいと、中国産や韓国産を食べて病気になり、病気になったらなったで、政府を責める。何と悪循環で自分勝手な人間社会か?

いつになったら心がこもったサービスやおもてなしを世界中が日本から学んでくれるのだろうか?と思いきや、世界中に住むシナ人や韓国人の嘘やデタラメによって想像以上に、捏造が広まっている。本来、世界を救えるのは日本しかいないというのが私の持論だったのだが。
そんな日本が、慰安婦問題を含めて、叩かれようとしている。

先人や英霊を敬う事を忘れ、彼らをスケープゴートにし、罪人扱いにする反日勢力。こういう連中が日本の評判を落としている事に気づいているのだろうか?

あーー、次から次と難題が押し寄せてくる。
現在、計画されているグレンデール市の慰安婦像建立を阻止しようと各地にメールを送ったり、資料の整理やらでバタバタしている。私なりに経験値を活かして、戦略を立てながら進めている。
私はつい最近まで猪突猛進型だったが、最近は感情を抑えて考えながら進めるようにしている。

韓国系には感情的に抗議しても意味がないのだ。彼らと同じ次元で騒ぐと、逆に彼らのモチベーションを高め、彼らの罠にハマってしまうのだ。日本人の常識では計り知れないほど、彼らは病的で狂っている。
今は、この現状を知らない日系の有力者、グレンデールの35%の人口のアルメニア人団体などにメールを送っているところだ。私の同志の女性たちがグレンデールの市会議員や各新聞に投稿したりで頑張っているが、今のところ男性陣はあまり役に立たない。女性たちには感謝している。

今まで、何も知らないグレンデールの関係者は、韓国系の一方的な言い分を押し付けられ、計画はスムーズに進むと思われていたようだ。しかし、ここに来て、想像以上の波紋が広がり、事の重大さに気づき始めた。最近は少しずつ異議を申し立てる関係者が増え、意見が二分していると聞く。最終的には韓国系の金の力に押し切られるかと懸念しながら見守っている。

これからは状況を見て段階的に政治家、教育委員会、新聞のコラムニスト、ベトナム、ユダヤ、台湾などの団体にも連絡して行こうと思う。

そんな時、大阪市長の橋下徹の発言が大きくクローズアップされた。私は今まで10年以上も日本政府のハッキリしない対応の尻拭いをやってきた。日本人の名誉を守ろうと活動し、いい方向に向かう感触を得ていた矢先の彼の発言だ。

橋下氏の「世界中の国に慰安婦制度はある。韓国は世界を直視するべき。日本だけ差別するな」は決して間違っていないのだが、思いつき発言がミスリードを広げる。この発言に反日勢力もマスコミも、野次馬根性丸出しで煽る。

民主党も参議院選を視野に、いかにこの件で「日本維新の会」を弱体化しようとする。みんなの党も離れて行った。私が敬愛する政治家の一人、西村真悟氏も「日本維新の会」を離党した。友人の国際政治学者の藤井厳喜氏も今年の参院選には出馬しない。西村氏の弟分で、大阪でお世話になった三宅博氏はどうするのだろう?

もし、衆参同時選挙になったら中山御夫妻はどうなるのだろう?今は参院選挙の予想を考える余裕がない。

しかし、橋下氏の発言で、各新聞社が売り上げを競い、視聴率を上げようと話を歪曲して報道する。そのために話がどんどん複雑化してしまう。そして、何も事情も歴史も知らない世界中のマスコミが騒ぎだす悪循環。

橋下氏は石原代表のようにアメリカさんと喧嘩慣れしていないし、歴史にも詳しくない。この思いつき発言は中途半端でタイミング、方法、順番を大きく間違えていることに気づいているのだろうか?

思いつき発言は今までは彼らしさがアピールされたが、今の責任ある立場では、個人的意見をツイターで安易に発言するのも如何なものかと思う。
だからといって参院選に向けて多くの議員や候補者がツイターやフェースブックを始めて、ほとんど一言も語らず「応援して下さい」は虫が良すぎるのではないか?

彼は順番として、軍によって「強制連行」がなかった事や、過酷に扱われたとの嘘とデタラメを正す発言をするべきだった。「慰安婦問題は吉田と朝日がでっちあげた」と強調するべきだった。まずこのことで議論の突破口を開いて、アメリカや韓国の「慰安婦」絡みの日本叩きを批判するべきだった。

どうも彼は近代歴史の勉強不足で、歴史認識のブレが目立つ。沖縄に行ったら行ったで、沖縄の反米勢力の影響を受け、つい思いつきで反米発言をする。

橋下はなぜ、嘘つき慰安婦ババアたちに会う必要があるのだ?日本がどんどんドツボにはまっていく。もうため息しか出ない!
被害者気取りの朝鮮人慰安婦バアさんの多くは、日本軍ではなく中共軍相手に売春していた。橋下氏が嘘つきバアさんに会っても何のプラス材料にはならない。それでも会うというなら、最高の演技で誘導尋問し、嘘を暴くぐらいの決意で臨むべき。いくら稼いだ?どこの慰安所?部隊名は?など、彼女らのボロを引き出してもらいたい。

何でも大阪の姉妹都市のサンフランシスコがこの問題で騒いでいるらしい。そりゃあそうだろう。ここは韓国人やチャイニーズが多い街なのだ。日本叩きを利用して韓国系やチャイニーズの票と金を狙っている市会議員も多い。

橋下徹大阪市長は姉妹都市のサンフランシスコ市を6月に訪問する方向で調整中。数日前にロサンゼルスの日系新聞「羅府新報」の英字版でサンフランシスコ市の日系、エミリー・ムラセ女性地位局長による「性奴隷は決して必要ではない」と題する寄稿文が掲載された。この日系人は他の日系人同様、日本人の心も知識も歴史認識もない。寄稿文では「日本と世界の女性団体と連帯し、橋下市長に発言の撤回と、戦時性奴隷制度による人権侵害を認めるよう求める」と主張した。

こんな何も知らない、知ろうとしないアメリカ人や、洗脳された韓国人やシナ人たちに何を言おうが、マイナスイメージになるだけだ。
橋下君よ、もし、論戦に挑むのであれば、通訳は時間をかけて選んだ方がいい。間違って伝えられたりする可能性もあるぞ。

それに、サンフランシスコは革新的街で70年代はゲイとヒッピーにとって住み良い街と言われていた。1977年、自らゲイだと公表して市会議員(スーパーバイザー)になったハーベイ・ミルク氏を誕生させたところだ。残念な事に翌年、当時のジョージ・マスコーニ市長共々、市議の同僚に射殺された。
今では考えられない事だが、この市議は2人を射殺していながら無罪になったのだ。

近郊にはカリフォルニア大学バークレー校があり、1970年前後、ヒッピー文化が定着し、約2万人の学生が「ベトナム戦争反対運動」を展開し、暴動にも発展した。ちょっと関係なかったね。

ということで、橋下君よ、何が正しいかではなく、ミスリードされない、効果的発言かどうかが重要である!こんなところにノコノコ出かけても、日本にとって何の国益にもならない。銃社会で気が短いアメリカ人には気をつけて。常に危機管理を怠らずにね。彼がアメリカでアメリカ人を説得出来れば、参院選の追い風になる可能性もある。まあ、謝罪だけはしないでもらいたいものだ。

安部政権は今の日本を復興させようと頑張っている。国力アップに結びつけば、戦後レジームからの脱却にも近づけると思う。しかし、自民党安部政権が「村山談話」を継続するのは頂けない。まさか「河野談話」も継続とは言わせないぞ。

私としては、すべて参院選後にハッキリしてくれると信じているのだが。もうこれ以上、アメリカに於いて、世界に於いて、韓国人やシナ人の嘘やデタラメが広げられるのは勘弁してもらいたい。

自民党が棚上げした問題が雪だるまのように積もり積もってしまった。今後、旧自民党と決別し、新生自民党を掲げて、安部政権で使命感を持ってオトシマエつけるのが筋だ!



グレンデール市の慰安婦像建立問題を考える。計画を阻止出来るか?
やっとブログ記事を更新出来そうだ。いつもコンピューターに向かったのはいいが、次から次と野暮用に追われてしまう。いつになったらノンビリ過せるのかと、時間に追われる毎日だ。

仕事だけならともかく、食事の支度、庭仕事、洗濯、掃除などの雑用、母が入所している日系介護ホーム訪問、週に4日はスポーツクラブ通い、毎日、DVDで好きな映画を1本、読書、言論活動など自分に課したやるべきノルマが多すぎるのだ。

特に最近は言論活動も腹が立つ事が多く、ストレスがたまる。そんな時、運動で汗を流し、映画や小説の世界に入り込む事でバランスを保っている。

ちょっと油断しているうちに、またもや韓国人が新たに慰安婦記念像を建立する計画を立てた。それも私のお膝元、L.A近郊のグレンデール市(人口20万人)。私が住むパサデナ市の隣の街だ。何でも、リクレーションセンター内の姉妹都市記念碑ゾーンに慰安婦像を建立する計画が進んでいる。

現在、このグレンデール市と姉妹都市提携を結んでいる都市は4カ国、7都市である。日本からは東大阪市、広島市、韓国からはGoseong市、金浦市。グレンデール市と日本との関係は古いのだが、韓国は2市とも最近、姉妹都市になった新参者だ!
なぜグレンデール市は急に韓国系と接近したのか?グレンデールの5名の市議たちと韓国系団体、姉妹都市と何らかの思惑が見え隠れする。
また、グレンデール市の5名の芸術、文化委員会に韓国人系の委員が一人まぎれ込んでいるのが気になる。

このゾーンは姉妹都市それぞれが自由に友好や歴史的記念碑を建立出来るらしい。韓国側はそれに目を付けて姉妹都市に名乗りを上げたのか?それとも姉妹都市が決まってから、韓国系の団体の主導で慰安婦像建立が推し進められたのだろうか?
どちらにしても根拠がない嘘やデタラメで日本を貶めようとする韓国人の行為は決して褒められたものではない。

私も以前は在日や韓国系の仲間もいた。しかし、ここまで一方的にヤリタイ放題されると、良い人と思っていた一部の韓国系まで情けない人たちに思えてくる。こんな同胞たちの言動に対して、恥ずかしいという声が韓国系から聞こえてこない。その結果、私は数年前から韓国人のほとんどが同類で、軽蔑に値する国民だと思うようになった。

それにしてもグレンデール市は何を建立するかを姉妹都市任せにするとは、無責任ではないか?それがいかに政治的な問題を引き起こし、ヘイトクライムを助長するか、研究したら分かりそうなものだが。
はたしてグレンデール市民はこの事を知っているのか?答えはノーである。今後、日韓問題が何の関わりもないグレンデール市民を巻き込む事を知らされていないとは・・。それなら、姉妹都市の広島市が「原爆投下記念碑」、東大阪市が「米軍B29による空襲で亡くなった人たちを悼む碑」でも建立出来るものなのか?

グレンデール市の人口の34%の6万5千人はアルメニア人。
全米には日系とほぼ同数の150万人のアルメニア系がいる。政財界で活躍しているアルメニア系も数多い。彼らの祖国、アルメニア以外で最大のアルメニア人コミュニティーがここグレンデール市だ。彼らの人口は急速に増える一方だ。では、アルメニア人にとって、この「慰安婦碑」がどんな意味があり、メリットがあると言うのだ?

韓国系は嘘とデタラメでユダヤ人やアルメニア人に近づき、「同じ強制移住、虐殺を経験した民族同士、協力し合おう」とでも言ったのだろうか?

そりゃあ、近代史でユダヤ人と言えば「迫害」「ホロコースト」が頭に浮かび、アルメニア人と言えば第一次世界大戦前後に大虐殺された「アルメニア人ジェノサイド」事件を思い浮かべる。だが、それと韓国人の歴史と一体どんな共通性があるというのだ?

この街には映画関係会社も多い。スティーブン・スピルバーグ監督の映画会社ドリーム・ワークスのアニメ部門のドリーム・ワークス・アニメーションやディズニー映画のスタジオやディズニー所有のKABCテレビ局もここグレンデール市にある。

ここにはL.Aを代表する大型ショッピングモールGlendale Galleriaもあり、ファーマースマーケット内の大型モールのThe Groveをデザイン、建設したデベロッパーもここにオフィスを構える。パサデナと同じく商業都市として発展し続ける街なのだ。

ハンバーガー・レストランの「Bob's Big Boy」、アイスクリーム・チェーン「baskin-Robbins」、世界的有名なスイスの多国籍食品会社ネスレが米国本部を置く。そんな街にとって、「慰安婦碑」を建立して、プラス材料は見当たらない。

この姉妹都市ゾーンに「慰安婦像」を建立する計画があったことを日本の東大阪市、広島市は知っていたのだろうか?報告が行き、日本側は了解したのだろうか?もしそうならこりゃ、大問題だぞ!

今、私の同志の女性が一生懸命、必死になってグレンデール市とかけあっているが、マイク・ホンダ下院議員が提出した決議を韓国系が推しているのが原因のようだ。今後はこの決議が何の効力もないこと、決議に立ち会ったのはほんの数名の議員で、上院が認めなかったことを説得するしかない。

これは日韓の問題であって、全米各地で繰り広げる韓国系の反日プロパガンダに、地方であれアメリカ市民を巻き込むのは得策ではない。アメリカ人にとって韓国人に協力すると言う事は、いかにアメリカ人が愚かだと証明する事になる。

慰安婦問題は日本の共産党員の吉田清治という詐欺師が創作したものだ。彼自身が出版した本の内容が嘘だった事を認めている。このデタラメの宣伝に一役買った共犯者が朝日新聞だったのだ。だが、残念ながら日本のマスコミも政治家もそのことを世界に知らせる義務を怠った。その結果多くの日本人も世界中の人々も捏造を信じている。そして河野洋平の無責任な河野談話が一人歩きしてきたのだ。捏造を創作したのも、広めたのも日本人とは情けない気持ちになる。その上、日本政府の事なかれ主義を韓国人が利用したと言う構図だ。

日本人による強制連行は、済州島に住む韓国人さえ否定していたのに、韓国人がここまで醜い精神の持ち主ということを証明してしまった。それも韓国人の罪を日本人に被せる手法は、道徳教育、信仰心とも無縁の民族のようだ。

彼女たちは韓国人のブローカーにさらわれ、日本軍からちゃんと軍人の数十倍の報酬を得ていたのだ。韓国系は今でも世界中で売春行為で生計を立てている女性が多い。これが韓国人の実態である。
生き証人と称する数人の嘘つきばあさんの芝居がかった、プロの「泣き屋」顔負けのパフォーマンスに騙される河野洋平。こういったボンボン議員は経験値が低いから、世の中をまともに見る目が養われない。そして、国益に反し、日本人のイメージを悪化させたくせに、今でも自分の正当性を信じている大馬鹿者だ!

今や韓国は大統領までもが訪米して、この問題を訴え、日本を貶めようとしている。法の番人である裁判所も、警察官も弁護士も国際法を無視して狂った方向に向かっている。今や韓国人にはまともな人間はいない。これが民主主義国家と言えるのか?彼らには歴史の真実はどうでもいいのだ。日本を貶め、金さえ巻き上げられればいいのだから。これが世話になった日本に対する仕打ちか?恩を仇で返す国とは未来は切り開けない。

韓国はあれだけ日本に支援されながら、今でも77%が「日本に悪印象」を持っていると言う。
もう、どんなに努力しようが、彼らの嘘を認めようが、関係が良い方向に向かう要素などない。経済援助を凍結し、言うべき事を発言し、極力無視していけば、彼らの方から泣きついてくる。その時は土下座させて、ちゃんと録画と録音を記録し、後世に残してもらいたいものだ。

アメリカは韓国には甘い。朝鮮戦争時やベトナム戦争で米国に協力した名残か?それとも北朝鮮問題が絡んでいるせいか?日本は朝鮮戦争特需で復興し、高度成長にばかり気を取られ、日中、日韓問題を長期的展望に立って議論をしてこなかったツケが大きく響いている。
日本は今までのように曖昧表現の外交は止めて主権国家らしく正々堂々と声を上げなければいけない。相手を思いやるほど相手は気に掛けてはくれない。現実を見つめ、相手の民度を意識して外交を展開してもらいたいものだ。

最近、多くの人が目覚めたてくれたことを嬉しいと思う反面、今まで日本政府、メディア、日本の有識者がこの問題に蓋をして、先送りしていたツケは罪深い。まあ、私が無力なのだが、10年以上もこの問題を訴え続けてきたのに、日本政府はまだ腰が重い。このツケを払拭するには余程の覚悟と決意がないと何も変わりません。期待する安部政権がどこまで踏み込めるかにかかっている。

今まで遠慮していた韓国や中国に対して訴えるのは簡単です。それより、いかにアメリカを説得出来るかが、大きな分岐点だ。参院選まで大きな変化は求めないが、参院選後は自民党が自ら作り出したツケを払拭し、オトシマエをつけないと日本に明るい未来はやってこない!

現代日本人が英霊、先人をもっと敬っていたら、こんな状況にはならなかったと思うが。何しろ、日教組とメディアに自虐史観を植え付けさせられた日本人があまりにも多く、根が深い事に驚くばかりだ。

慰安婦問題が世界中から非難されるのは、韓国が捏造をPRし、日本政府が「国家賠償は日韓基本条約ですでに解決」としか言わないから、責任逃れと思われる。「強制連行がなかった」と声を上げず、捏造を許してきたツケが韓国を勢いづかせた。今こそハッキリさせる時期だ!




プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。