L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

国のリスク管理は、日常の生活から学べ!
日本のメジャーな生産工場は、リスク管理、品質管理は徹底していた。しかし、現場では世界一でも、どうもトップのホワイトカラーが危機管理を怠っている。その第一が、某大企業の社長が、「そろそろ中国での展開を他国に分散しないといけないかも」と言う発言だ。

そもそも中国でビジネスを展開すれば、政治状況の変化でどうなるかは想定内ではなかったのか?そこまで中国を信用していたのか?中国は共産党独裁国家ですよ。多くのウイグル人の不法逮捕、チベットの弾圧、格差社会、天安門事件、1年間に10万回以上の暴動など、調べればキリがないほどリスクの材料は溢れている。将来の水、電力を含めたエネルギー不足、どれをとっても中国は今がピークなのだ。これ以上、中国が発展する事は、地球にとっても人類にとっても好ましくない。

中国の主要都市の国際空港から市内までの道のりに、まるで映画のセットのような建物が建ち並ぶ。途中、降りてみると、ゴーストタウンのように人が歩いていない。建物の中も空室だらけだと言う。市内の高層ビルも空室が目立つそうだ。中国はこのマジック手法で世界から資金を集めた。みんな、中国はすごい、あっという間に完成したと表面に騙されてしまう。技術者だって、今や長年日本人が熱意を込めて育てたタイなどの方が数段上だ。

私はアメリカを旅する時も、地図を頭に叩き込み、街の様子を身体で感じるようにしている。色んな事を経験すると、体感力が鍛えられる。それに加えて人間観察が大事だ。そうする事によって、その街の経済状況、何が足らないかが読めるようになる。アジアの街では歩く。ただひたすら歩く。そうすることによって人と街と国民性が見えて来るのだ。

どうも中国人は能力以上に、自分を売り込むのが上手なようだ。そういうところはアメリカ人と良く似ている。というより日本人が彼らの人間力を過大評価し過ぎるか、日本人が人間力に欠けてきたか、どちらかだ。
それに、お人好しで本音をぶつけなさ過ぎるのだ。争いを避けるポーズを取る、ブリッコなのだ。時には力を強調しなければいけない局面もあることを知れ!

私は20年前から、中国に日本の技術を移転させると、あとあと日本人自身の首を絞める事になると提言して来た。みんな、相談に来るくせに、実行に移さない。新幹線だってそうだ。車だってそうだ。何をやるにもバランスを欠いた、本来の中期的リスク管理を怠って来た。そのツケは大きい。

会社のリスク管理もそうだが、日本人個人のリスク管理も平和ボケで失われた。日本は今や道を歩けば、大勢の中国人を含めた外国人で溢れ返っている。私は外国人を差別している訳ではない。私にも華人アメリカ人、韓国系アメリカ人の友人もいる。しかし、近年の中国、韓国で教育を受けた友人は少ない。マナー、非を認めない、嘘をつく、他人の話しを聞かない姿勢が気に入らないからだ。しかし、たまに例外がいて、そういう人たちとは付き合う。特に、韓国系アメリカ人の若者の中には、韓国より日本が好きで、韓国が嫌いと言う若者も増加している。なぜか私に近づいて来る。

先日、日本で16歳の少年が通り魔的犯行の犠牲になった。この16歳の少年が、中三の少女を「逃げろ!」と、かばって切り殺された。この行為は決して許されるものではない。しかし、何で夜の10時半頃、外にボーイフレンドといるの?親は心配しないの?この辺が現在の日本が抱えている問題の一つだ。夜遊びには危険が伴う可能性があることも知ってもらいたい。それは別として、犠牲になった少年の行為は立派であったと思っている。

親も昔と違って今は危険な世の中だと、なぜちゃんと教育しないのか?中国人が今後増えれば、日本人も中国人に感化されて、中国人化してくるのだ。

最近、日本の番組を見ていると、暴走族をパトカーや白バイが追いかけるが、暴走族はおかまいなく抵抗する。そして、始末書程度で帰される。まるで、今回の船長釈放と何ら変らない。これが理想の法治国家か?

成人式では、若者が酔っぱらってステージに上がって、市長に絡む。そこに大人としての自覚もなければ、先輩や年上に対する敬意もない。見ていると腹が立つというか、悲しくなる。なぜこうなったのか?アメリカの占領下政策や洗脳計画の影響もあるだろう。しかし、最終的には、家庭、個人がしっかりした信念と客観性を持ち続けたら、乗り越えられた筈と思うのだが。1980年代まではそんなに目立たなかった。やっぱり、バブルで浮かれて、精神まで弾けてしまったのか?

今、日本は加害者を必要以上にかばい、被害者家族は取材攻撃、テレビに顔出しされ、愚かなレポーターに「今の気持ちはどうですか?」とマイクを向けられる。何と答えれば満足するのだ?視聴者が求めている言葉を発すればいいのか?あー、アホクサ!

一生懸命職務に励む警察官たちは、さぞかし腹が立つでしょう。法を犯していながら、抵抗している暴走族の少年達の基本的人権??を守る為に、危険と闘うのですから。こういう少年たちが、知らないでアメリカに来ると、ヒドイ目にあいますよ。アメリカの警察は容赦ないし、市民だって容赦しない。

私は11歳から父が柔道を指導していた道場に通っていた。当時は毎日、自転車で日系新聞の配達を3キロ四方の地域を150軒、配達していた。週に3日、道場には歩いて行った。1キロぐらいの道のりを歩くと、途中、黒人の中学生たちが3、4人たむろしている。私は柔道着を片手に、彼らに向かって歩いた。胸はドキドキで怖いのだが、避けて通ると、彼らが近づいて来るのがわかっていた。まあ、こういう毎日を送っていると度胸と空気を読む力が養われるのだ。危険察知能力が発達すると、それに備えるようになる。今の日本に必要なのはそれだ!

皆さんも記憶にあるでしょう。帰り道に大型犬がいたらどうしますか?遠回りして帰りますか?私は子供の頃から、気を落ち着けて真っすぐ進むように教わりました。ちょっと子供離れした子供でしたが・・・。まあ、ケースバイケースですが。遠回りする事は状況から逃げる事です。しかし、犬に怯えた素振りを見せると、ナメられます。

犬は「ウーーウ、ワンワン(おい、何をジロジロ見ているんだ!」と威嚇します。私は犬を睨みつけて、「どけー、コラー」とゆっくり進みます。次の機会は「ワンワン(何だよ、またかよ)」程度で済みます。そのうち知らん顔するようになります。そうすることによって遠回りしなくて済むようになります。ジャン、ジャン!

海上保安庁、自衛隊員、消防署員のみなさん、ごくろうさんです。昔と違って、不法駐車したり、いざとなったら非協力的な国民が増えて。それに、政治的上の上の判断で、罪を犯した人間を釈放したりで、腹が立つことも多いでしょう。我慢して下さい。日本を甦らせるまでは。

関連記事

コメント

すみれこさんに、ルーシーさん、コメントありがとう!
ロスも朝夕冷えて来ましたが、日中は32度ぐらいです。しかし、最高の46度を経験すると、どうってことないという気分になります。
私も亡くなった少年を非難してはいないし、責めてもいません。それに気づかない社会、大人に一言言いたかったのです。英語で言う「Warning」です。
私の父親は柔道家で、今で言うオリンピック選手並みの人でした。正直いいますと、私も16歳ぐらいで遊んでいました。勿論、アメリカと日本の違いはありますが。16歳で車の免許を取得し、働いて自分の車も所有していました。11歳から新聞配達ほか、色々やりました。母がクリーニング店を営んでいたので、毎日手伝っていました。当時は母が車を運転出来ないので、配達も私がやっていました。
週末になると若者はダンスパーテイー会場に集まりました。ただ、日本との違いは、不良も秀才も普通の子もあつまっていました。それに、私たちは、常に危険を察知することができたし、そういう危機感はありました。しかし、遅く帰ると、父がいないのでほっとするのもつかの間、父がドアの後ろにいて、「何時だと思っているんだ!」と押さえ込まれていました。しかし、週末になるとまた出かけるのです。父に殴られようが、若いエネルギーが勝ってしまうのです。ただ、夜遅くそういう事件に遭遇すると言う事は、何か原因がある筈なのです。何か刺激的な事をしていたか、ガンをとばすとか、キャーキャー騒ぐとか、まあ、通り魔であっても危険は察知出来た筈です。彼女を逃がしたということは察知したのでしょう。
[2010/10/11 22:43] URL | Ryouan三宅 #- [ 編集 ]


私も最近の女子中高生の夜間の外出には懸念をしています。私が学生だった時代でも夜間に外出する女子高生は稀にいましたが、そのような子を巷では“不良”と呼んでいました。女子高生達は『うちの親は放任主義だから』と言い、その親達は『娘を信じているから』と言っていましたが、私からしてみれば『娘に注意も出来ないの!』と言う思いでした。そういう親は往々にして悪い事をしても叱らないし、注意もしません。
私の父はとても厳格で、門限もあれば、色んな事にもうるさく、悪さをすれば“ちゃぶ台”をひっくり返される事もしばしば。平手打ち、背負い投げ、数時間の正座(その他諸々)は当たり前でした。抵抗も反抗もしましたが、結局最後は『そんなにも私が好きなの!この頑固オヤジ』と愛情を感じたものです。ですから放任主義の人達を羨ましいなどと思った事はありません。あの頃の放任主義の親は“言いたいけど言えない”という感じでしたが、今の放任主義の親は“興味がない”という感じがして気がかりです。
特に母親は命懸けで産んだ我が子をもっと大切にしてほしい。
[2010/10/10 21:36] URL | すみれこ #i5AtpfPk [ 編集 ]


こんばんわ!メッセージありがとうございます。
高校生の殺人事件についてですが、私も単に美談に捉えていましたが・・・。
>何で夜の10時半頃、外にボーイフレンドといるの?親は心配しないの?
Ryouanさんのおっしゃる通り、いくら日本が治安が良いからと言って、根本的な、危機意識や、倫理観が欠けていることに、今さらながら気付かされました。
亡くなってしまった高校生に、ムチ打つつもりはありませんが、日本人として、美談とするより、厳しい反省材料にすべきだと実感しました。
かつて日本は鎖国したおかげで、独自の文化を築けましたが、
今の日本のていたらくは、鎖国しても、どんどん堕落するだけかもしれません。道徳教育をしないからです。
日教組をなんとかするだけでなく、我々、親の世代も、気を引き締め直す必要があります。
私は、静岡県の富士山の麓に住んでおり、今日あたりは寒くて、こたつを出しました。
そちらも寒いそうですね。
お風邪をめしませんように、お気をつけください。


[2010/10/09 09:30] URL | ルーシー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/73-da9c2fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR