L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

なぜ日本のテレビ番組には、反日出演者が多いのか?


           動画1





           動画2





           動画3



今回皆さんに3本の動画を紹介します。多くの方々はすでに見たかとは思うのですが、日本の文化人を自認する映画監督、井筒和幸がここまで歴史を勉強していないヤツかと正直がっかりした。

「在日は選挙権こそないが、税金をちゃんと取られて生きている」と監督は言うが、どこの国に行っても、永住資格がある人たちは、税金を払うのが当然なのだ。選挙権は国民に与えられた権利であって、外国人に与える事自体が異常であって、言語道断である。そんな事で被害者風を吹かされたくない。アメリカに住む韓国人はほとんどが帰化する。なぜか?その方が便利で、都合がいいからである。では、なぜ日本には、三世、四世の在日が存在するするのか?それは自分たちに都合がいい、在日特権が許されているからだ。これは世界にも例がない、在日に対する優遇政策である。

韓国の李明博大統領は自国ではパチンコを禁止しながら、日本にはこのギャンブル製造工場を強化して、ギャンブル中毒患者を増やして、日本を分断しようとしている。其の証拠に、日本のパチンコ産業の不振に文句をつけ、日本民主党に圧力をかけた。

宮崎の口蹄疫問題を広げた張本人、赤松広隆元農林水産相は父親同様、ニ代に渡ってパチンコの発祥地と言われている名古屋を地盤とし、パチンコマネーで選挙資金を得て、大臣にまで上り詰めた。その間、多くのギャンブル中毒者を生み、多くの社会問題が引き起こさせた。
同じく口蹄疫問題の当事者、前農林水産大臣の山田正彦議員も「民主党は日韓友好の庶民の娯楽、パチンコを守ります!」と声を上げていた男だ。このパチンコマネーがテポドン製造の資金になり、日本人を大きく狂わせた大きな要因でもある。今後、パチンコ産業を特別区域で営業させてはいかがか?

まあ、最近は中国人や在日朝鮮人の多くが、税金も払っていないのに、生活保護を受けているケースが多過ぎるのは事実である。また、税金を払っている、払っていると叫んでいる奴らの多くは、通名をいくつも持って、用途に応じて使い分けている。こういう人たちは、どういう風に確定申告するのだろう?朝鮮銀行に行けば、通名でも口座が作れると言うし。

在日は連行されて?好きで住んでいる訳ではない??この文化人と称する映画監督は何を言っているの?一体誰にこういう話しを聞かされたのだろう。好きでなかったら韓国でも、北朝鮮でも帰ればいい事だ。だれも止めやしない。この人たちは自由にアメリカであろうが韓国であろうが行けるのだから。聞き手のこの中国人もどんな気持ちで聞いているのかいな。こんな放送、いったいどこの国の局じゃ?まあ、この動画、見てもしょうがない動画なのだが、私が言いたいのは、なぜこんな公共の電波を使って、ウソ八百並べたこんな番組を放送するのか、その見識を疑う。

この井筒は、半年前に、ロスに来ていたが、いつも在日や在米韓国人に取り囲まれ、文化人気取りしていた。ロスにも相当数の在日韓国人が住んでいる。中には韓国の徴兵逃れという連中も多いと聞く。

在日の多くは必ず、親戚にパチンコ屋かヤクザがいる。彼らはそれをいつも自慢するのだ。ヤクザの親戚の自慢して喜ばれると思っているのかいな。
ロス近郊の基地の近くには、アメリカ軍人と結婚した在日韓国人が日本人より多いと聞く。まあ、どんな職業出身かご想像におまかせする。

この動画で井筒監督は、日本が朝鮮を植民地化して、国を奪ったと言う。強制的に日本人の名前に改名させられたという。この男、いったいどこからこんなことを聞いて来たの?自分で調べてたら、こんなデタラメな事は言わないはずだ。日本は話しを整理する必要がある??おいおい、お前さんの頭を先に整理しろ!無知は罪悪??お前が罪悪だ!

名前に関して言えば、台湾と同じで、日本名にすれば有利と思ったからそうしたのだ。誰も強要してはいないはずだ。植民地、植民地というけど、当時の韓国は国としての財力もなく、世界からその存在すら認められてはいなかった。90%が奴隷のような生活をしていて、現在の北朝鮮の数倍も貧国が進んでいたのだ。もし、日本が統治しなかったら、多くの韓国人は餓死していただろう。韓国人はそれを認めたところから始めなければいけない。もし日本が統治しなかったら、確実にソ連に持って行かれた。韓国人は今の北朝鮮以下の貧乏国に成り下がっている事は誰でも認めるぜ。

例えば北方領土では今でも戦前の日本の設備を使用して、ほとんど何も進化していないのだ。北朝鮮だって戦前、日本が残したインフラ、設備でどうにか今日までやって来れたのだ。

1982年ぐらいの中国は、終戦直後の1946年頃の台湾と近代化のレベル、インフラが変らなかったと言われている。台湾は日本の御蔭で、中国より36年も時代を先行していたのだ。

動画2の崔洋一監督もコチコチの韓国人だ。反日教育を日本の若者に、公共の電波を利用して訴えかけるなよ。よほど師匠である大島渚からの影響が大きかったのか、朝鮮人としての資質の問題なのか、ちょっと偏った史観は危険ですよ。反論する韓国人の若者、日本の労働組合の若者も歴史をもっと勉強してもらわないと困る。洗脳教育とは、怖いねえ。対するこのウエブデザイナーの若者は冷静で常識的で正当な歴史認識を持っていると私は思うが。この勇気がある日本の若者に対して「論じる資格がない」??お前さんが資格がないのだよ崔監督。

しかし、残念なのは、ちゃんとしたコメントが出来る知識層が出演していなかったことである。そして、番組自体がいい加減に企画されたものだ。どうもメデイアは日本国民としての責任を放棄して、面白い番組を作ろうと安易にこういう企画をいい加減に放映した。結果的に日本のためにはならない、オナラのような不快な匂いを残しただけだ。

動画3は絶対に見て下さい。これを見て、冷静に考えて下さい。日本が朝鮮半島にどんな貢献をしたか、証拠写真で判断して下さい。在日の言い分、日韓の違いをじっくりと。彼らが言っていることがマトを得ているかどうか。

どうも私は短く記事をまとめるようにしないと、多くの読者を失うだろうな。携帯の画面はどういう風になっているのか想像出来ない。どなたか教えて下さい。日本に帰国した時、誰かの携帯画面で私のブログを見てみたいものだ。
関連記事

コメント
Re: タイトルなし
>携帯情報、励ましの御言葉ありがとうございます。
日本の携帯でブログを見た事がなかったので、何となくイメージが出来ました。
1980年代の前半ですか。どこかでお会いしたかも知れませんね。「花菱」は行った事はありませんが、オーナーは良く知っていました。お店は10年近く前にタタんだと思います。ちょっと理屈っぽい、自信家のオヤジさんでした。ロスを代表して「料理の鉄人」に出演もしましたね。若い頃、吉本興業に所属していたそうです。
阪神タイガースファンで、ロスのタイガース・ファンクラブの会長をしていました。
御友人の方々にお薦めいただき、ありがとうございます。こういった励ましのメッセージを頂くと、ヤリガイも倍増します。たまに、「そんな事して、金になるの?」と言われ、悲しくガッカリします。価値観の違いと、誰かがやらねばという使命感を持ってやっています。
Youtubeも撮影、編集しますが、最近は編集が遅れ気味です。
半年前から86歳の母の介護が必要になり、今は実家に戻っています。庭の手入れ、料理、掃除、洗濯などやる事も多く、時間に追われ気味です。
もし、Youtubeを見る機会がありましたら、私のYoutubeチャンネルを御紹介します。餅つきをしているのが私です。  
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

三宅様、はじめまして。ブログいつも楽しみに読んでいます。
> LA からの日本応援、心強い限りです。
>
> 外国におられながら、日本の情報を集め、分かりやすい文章で発信してくださるその情熱に感謝です。
>
> 携帯でも、綺麗に普通に読めます。
> 表示されるのは、本文とコメントそれから広告だけです。
> PCでの右側の部分は、表示されません。
> youtube の動画は、私の携帯では見ることができません。
> 携帯にワンセグ機能がついていないからかもしれません。
>
> 私は、1980年代前半に、LAに住んでいました。
> 家族でリトル東京に行くのが楽しみで、確か「花菱」という寿司屋さんにはよく行きました。
> リトル東京は、日本を身近に感じることのできる、そしてほっとするオアシスでした。
>
> そのリトル東京も韓国人が多いようで、変わってしまったようですね。
>
> 日本人は、日本人としての誇りを持ってこそ外国からも尊敬される、そういうことが分かったのは、外国から帰った後でした。(それまでは自虐史観にとらわれていました)
>
> 子供孫世代のために誇りある日本を創りあげていくこと、それが、日本の経済的繁栄を享受し、割と好き勝手なことをして生きてきた、私を含めた団塊の世代の務めと思っています。
>
> ブログ、友人にも薦めています。益々のご活躍お祈りいたします。
[2010/10/06 05:09] URL | Ryouan三宅 #- [ 編集 ]


りっけんさん、コメントありがとう。シネカノンの在日社長はある時期、チヤホヤされて日韓両国の映画のバイヤーやプロモーターをやっていましたね。彼は在日でも割と恵まれていて、韓国に行ったら、ヒドイ奴らに騙されて、結局倒産したと聞いている。今はどうしているのか名前を聞かなくなったねえ。井筒と借金の件は知らなかった。映画界では5、6人在日の監督がいますね。助監督も多い。テレビ局のナレーター、カメラマン、デイレクター、記者も多い。特にTBSは報道の部長クラスが在日で、言う事聞くヤツをうまく手なずけて、番組制作しているとも聞く。名前を忘れたが、以前、在日のテレビによく出演していた40代の独身女性がロスに来ていたが、辛淑玉だったかな?彼女はどこに行っても、日本の悪口を言っている。日本で生活し、稼いでいるくせに。もう完全に洗脳された北朝鮮ロボットだ。それにしても誰がこんな女を講演に呼ぶんだ!
[2010/10/05 21:44] URL | Ryouan三宅 #- [ 編集 ]


Ryouan三宅さん、こんにちは。
井筒は確か撮影中に俳優を死なせてしまってそれによる製作会社の倒産で抱え込んだ多額の借金を
シネカノンの在日社長(父親が朝鮮総連幹部)に立て替えてもらったことがあり、それ以降反日の広告塔のような存在になったと聞いたことがあります。ハニーとラップにかかった売国政治家と同じですね。崔も酷いですね。若いころは日帝36年の云々と言うと日本人の女は落ちやすかったとか平気で言っている屑です。海外で賞を取った悪人という映画も朝鮮人が監督をしています。今の日本の映画界は朝鮮人監督がかなりいるようで見るに耐えません。
[2010/10/05 20:01] URL | りっけん3 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/71-b7579590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR