fc2ブログ
L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

「どの時代であろうが、政治、外交、国力によって、国民が苦しめられるのを繰り返すのか?」

「どの時代であろうが、政治、外交、国力によって、国民が苦しめられるのを繰り返すのか?」


アメリカでは、60年代の後半、ドイツ系の酒屋などの店にユダヤ人は絶対に行かなかったし、ユダヤ系の酒屋などにもドイツ系は出入りしなかった。ネットがない時代なのに、何らかの形で情報が伝達されていたのだろう。
今では表面上、普通に接しているドイツ系とユダヤ人。歴史の影響が目立たなくなるのに最低、50年(2世代)の時間を要するのだろう。


かつての日系人も戦前から抗日運動によって酷い差別を受けていた。戦中は西海岸地域に住むすべての日系人は10カ所に分散されて、約12万人の日系人は日系強制収容所に送り込まれ、3年半の時間をそこで過ごした。終戦後、解放されてからも数年は生活が改善されることはなかった。強制収容所に入所する前に、土地、家、車、漁船など全財産を失い、戻るところさえ失っていたが、私が渡米した1963年の時点では、日系人の多くは普通に生活を取り戻していた。

だが、高学歴や才能豊かな日系人の就職はまだ限られていたと思う。1963年頃は、日本人の能力を活かせた庭園業のピークだったのではないか?70年代に入って、多くが技術の習得や資格を取得し転職した。今では40%ぐらいが異人種との結婚が当たり前となっている。場所にもよるが、1963年頃は、カリフォルニアではほとんどが日系人同士で付き合っていた。勿論、戦争花嫁もいたが、まだまだ目立つほどでもなかった。そう言えば、私が行きつけだったボーリング場のコーヒーショップでよく、ご馳走になったフレディー・ブラッシーの奥さんは日本人だった。


本題に戻るが、今やアメリカに住むロシア系は肩身がせまい?かつて、日本人や日系人も抗日運動でひどい目にあった。9・11の後、イズラム系がアメリカ人によってヘイトクライムの被害にあった。そんな時、彼らに救いの手を差し伸べたのは日系人団体である。その縁もあって、毎年開催されるマンザナー日系収容所の巡礼ツアーには、多くのイズラム系が参加するようになった。砂漠の中で式典やモニュメントの前で各宗派のお祈りの後、最後は盆踊りで場が盛り上がる。勿論、イズラム系も参加する。


今後、日系団体がロシア人に手を差し伸べるかはわからない。ロシア系は自分から名乗らない限り、イズラムや日系人のように出自は判明しづらい。だから、ロシアと名の付くレストランや各種のショップが標的にされる。今後、ロシア系の子供のために改名があちこちで行われる可能性も否定できない。
どの時代でも、こういう差別は尽きない。いかに政治やメディアに翻弄された思い込みであっても、人間の醜い言動を見るのは忍びない。私もアメリカ時代から続く、何人かのロシア人の友人がいる。海外に住むロシア系はロシアを愛してはいるが、現政権には否定的な人が多い。彼らは、個々にロシアを離れる事情があったのだろうが、今では現住所がある新天地で、コツコツ精一杯を尽くし、頑張っているのだ。


だが、今回のロシアのウクライナ侵攻により、それが壊されてきた。かつて、アメリカでドイツ系、イタリア系は収容所に収容されなかったが、日系人は収容所に強制的に送り込まれ、すべての財産を失った。ロシア系は当時の日系人ほどにはなることはないが、各自、それなりに冷たい仕打ちを受けているだろうと想像する。日本もそうだが、アメリカにも愚かな人が多いということだ。


勿論、プーチンにはそういう情報は入らないだろうし、この男はそういうことを気にする男でもなさそうだ。環境は違えど、全く同じ時代を生きてきた人間として、洗脳教育の恐ろしさを感じざるを得ない。1日も早くこの戦争を停戦し、終結させなければ、世界中のロシア人にとっても不幸である。
運命に左右された彼らには罪はない。日系強制収容所で3年半過ごした私の祖父、叔父、イトコなど日系、タリバンと同列に思われて差別されたイズラム系、ウクライナを占拠し、多くの建物を破壊し、ウクライナ人を死に追いやったロシア軍と同列に思われているロシア系など、彼らもある意味、被害者である。これが戦争の恐ろしさである。


日本人は遠い安全地帯から、ウクライナの国民の手助けすることはご立派であるが、今までトーンダウンされてきた紛争や戦争に対して、こんなに反応してきたのだろうか?今のウクライナ情勢を見て、多くの日本人が、ロシア、中国、南北朝鮮に囲まれた危険地帯の日本を再認識したと思いたい。そう、日本は今後、ウクライナと同じく、危機的状況の可能性が膨らむことはあっても、小さくなることはない。


私は歴史の影響が目立たなくなるのに最低、50年(2世代)の時間を要するのだろうと語ってきたが、韓国のように大統領が1000年は恨み続けると言う国もある。もし、新しい大統領と首脳会談が実現し、何かを提案する際、「1000年の恨みを継続するのか?」と問いた方がいい。それによって、従来と同じ姿勢であれば、当面、友好関係は保てないと判断し、ノービザ入国を見直したほうがいい。今や日本は中途半端な関係を続ける余裕はないはずである。

関連記事

コメント
無免許で不動産仲介ピタットハウスの経営者逮捕
 NPO法人理事が、無免許で生活保護受給者に住宅を仲介していたとされる事件で、同法人の斡旋で大阪市内の賃貸住宅に入居した受給者の一人が、家賃などの名目で、同法人に月約8万円を支払うよう要求されていたことがわかった。浪速署は同法人が保護費の一部をピンハネしていた疑いがあるとみている。同署は19日、同法人「ヒューマンサポート大阪」理事・橋本孝司(63)、元「ピタットハウス天満店」経営の不動産会社社長・山手賢二(39)両容疑者を宅建業法違反容疑で送検した。
 市関係者によると、受給者は昨年4月、同法人関係者に伴われて区役所を訪れ、保護を申請。家賃4万2000円を含む月約12万円の支給が認められた。入居時の契約では、家賃は家主の口座に振り込むことになっており、受給者が同法人の関係者に口座番号を尋ねたところ、「家賃は我々に渡して」と言われ、同5月、約8万円を請求された。
 受給者が「生活できない」と支払いを拒むと、同法人関係者らが受給者方を訪れ、ドアをたたきながら「支払わなければ、保護を打ち切るよう市に言うぞ」などと詰め寄ったという。深夜2時や3時にやって来ることもあり、受給者は同6月、区役所に相談した。
[2022/04/19 04:01] URL | 無免許ピタットハウス経営者、横領で逮捕 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/650-b1b7ef6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算40年以上。我が祖国・日本大好き人間。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR