fc2ブログ
L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

「日本は安全保障の重要性を再認識して、もう、悠長に考えている余裕はないことを知るべきだ」

「日本は安全保障の重要性を再認識して、もう、悠長に考えている余裕はないことを知るべきだ」

最近、気になるのは、重要な問題の議論や解決策の検討を後回しにしていることだ。その中でも最大で、最重要なものは国の安全保障に関わる議論ではないかと思う。政治家はまさか、日本が危機的状況とは認めたくないのか、見て見ぬ振りして、議論や解決を避けようとしているように私には映る。多くの国々は、国を失わないために、外敵から守るためにも、装備を用意し、国民を任務につかせ、莫大な費用と多大な労力を使いながら努力をしている。日本にとって、台湾、ウクライナ問題も無視できない。日本がどう関わるかの判断によって、状況が一変する。令和の時代の政権は、先手を打てないで、後追いするしか能がなかった。今やコロナ然り、何事も後手後手になるのに慣れきってしまった。


多くの政治家はなるべくなら安全保障には関わりを持ちたくないと思っている。だから、戦後、主権国家として復活しても、いつまで経っても、現憲法にしがみつき、がんじがらめにされて、自衛隊がいざとなっても何の役に立たない状態だと知ろうともせず、現状維持していれば、日本の未来が安心安全と思っている平和ボケだ。
岸田首相、メディアにミスリードされた国民の声を聞き、媚を売っている場合じゃないぞ。あなたの判断と覚悟によって、国益どころか、国が沈没する可能性もある、責任重大な判断を背負うのだ。


現在、世界の主要国では徴兵制から志願制に変化はしているが、今でも多くの国々では、徴兵制を維持している。韓国、台湾然りである。ほとんどの国は侵略から国を守るために、武器を取ることをためらわないという覚悟を内外に示している。それが抑止力になることが多い。だが、日本は憲法の議論さえ何十年も先に進まず、過去の戦争の反省からか、努力を怠り、放棄してきた。


今のままだと、敵の攻撃を受け、反撃する前に「何がやっていいことなのか」「何がやってはいけないことなのか」を細かく規定された中で、マニュアルを開いているようでは即座に対応できるはずがない。戦いに臨むことも、抑止力を持つことさえ、難しいのだ。世界中から戦力が第6位だとおだてられても、ゲームじゃあるまいし、それが現実に機能しなければ、宝の持ち腐れなのである。


国としての姿勢が弱腰で、事なかれと言うことで、近隣の反日国から脅され、揺すられ、ナメられても、ヘラヘラと「まあまあ」とか「遺憾砲」を放すだけで、何の効力を示せない。こんな姿勢だと、経済でも足元を見られ、いい条件でことを進められない。安全保障と経済は常にリンクしているのだ。だから、日本はコロナであっても、対応、対策を示せないで後手後手になり、無駄な血税をドブに捨てる結果になる。コロナも一種の有事であるのに、国民が二分され、分断され、足の引っ張り合いと化す。
どうせ、反日国が日本で動乱を起こしたり、挑発して攻めてきても、国民は何知らぬ顔をして会社に向かい、渋谷で若者がたむろし、飲食店は営業する?まあ、考えただけでも恐ろしくなる。


日本は今後、反日国とどう向き合うのか、早い時期にハッキリさせなくてはいけない時が来る。C国の言いなりになって従うのか?K国と運命、価値観を共有するのか?アメリカとどう向き合っていくのか?そろそろ、国の内外に、我が国の意思を表明しなくてはいけない。現状維持をズルズルと引き伸ばすことが平和を長続きさせることだと多くの政治家は思っているだろうが、先送りが進めば進むほど致命傷になるリスクが高くなり、巻き込まれていくのが目に見えている。今後、恐れず、覚悟を持って、緊張感を持って方針をハッキリと国民に示せるかが大きな転換点になるだろう。


勘違いした平和憲法という言葉を盾に、世界の中で日本が唯一、そうした努力を怠り、問題に向き合ってこなかったと多くの国が見ていると認識した方がいい。どんなに技術力があっても、商品が優れていても、国を守る気概も、国民を守ろうとする姿勢が欠如している国がどこまで信用されるか保証はない。腰抜け国家と見なされると、緊急事態になった時、逃げ出すと見なされるのだ。


忘れてならないのは、日本は世界最大の危険国家である北朝鮮の近くに位置している。だが、日本は財産、領土の保全に「血を流してでも守りきる」という姿勢、覚悟を明確に示せてはいない。アメリカを含めて、他国が自国民の血をかけて日本を守り抜いてくれると考えるとすれば、それは幻想の世界と言わざるを得ない。自分で自分を守ろうとしない国を、他国が命をかけて守り抜くことなどあるはずがない。そう思っているとしたら、平和ボケで他国を頼りすぎる依存体質にどっぷり浸かってきた証である。


アメリカとの日米安保条約は単に抑止力でしかない。いざ、ことが始まって、日本が何もしない、できないのであれば、アメリカ人、アメリカ議会が国の威信を賭けて日本を守るという大義名分は発生しない。日本がGDPが世界の18%シェアーを誇っていた時代ならいざ知らず、果たして、5%程度に成り下がった日本に対して、どの程度、守ってくれるかは、その時の状況やバランスにかけるしかないだろう。


今の日本人が到底、想定できないことが今後、起こる可能性大である。勿論、何も起きないことを願うばかりだが、ピリピリしている今の世界情勢がそれを許してくれるか保証はない。国民はもっと真剣に、このような状況に安全保障を置いている国は日本だけだと自覚が必要である。

憲法第9条が日本を守ってきたと、何も知らずにメディアに思い込まされている人は多い。それは家に守り神を祀っているから、泥棒も入らないし、火事も起こらないと思っているようなものだ。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/642-a60da0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算40年以上。我が祖国・日本大好き人間。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR