fc2ブログ
L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

人種のるつぼのアメリカと日本の移民に対する考えの違いは?


「人種のるつぼのアメリカと日本の移民に対する考えの違いは?」

アメリカは人間のるつぼである。世界中から人々がやって来て、同じるつぼの中に入る。そして、出てきた時には完全なアメリカ人になっている。勿論、例外もある。
ではアメリカにどういう人たちが入って来たのか?まず、自分の国で生活できない人。例えば、何年も農作物が不作で飢餓になり、生活ができなくなった人、自分の国で迫害を受けている人たち、自国を嫌いな人、仕事の機会を求めて、見合い結婚、留学、戦争花嫁など理由はその時代によって様々だ。

現在のアメリカにはヨーロッパだけではなく、中国、日本、東南アジアやアフリカなど、世界中からの来た人たちの子孫が暮らしている。現在、北米大陸の日系人は5世が大人になっているケースも目につくようになった。私が3世世代なのでそれがあってもおかしくない。3世の多くは、50年代〜70年代に日本舞踊、剣道、柔道、空手を通して日本文化と接していたが、日本語はほとんどが話せなかった。

ハワイは大陸より20年ほど早いので、6世の大人が存在するかもしれない。ブラジルや中南米は北米大陸より2、30年ほど遅いので、4世の大人はまだ珍しい。問題なのは彼らが自分のルーツとなる国を完全に知っているかと言えば、疑わしい。特にアメリカはブラジルの日系人より日本への関心度が低い気がする。

ケースバイケースだが、日系人の2世は日本が嫌いな人が多い。なぜか?親たちがいつも日本の食べ物がどんなに美味しいかったかとか、アメリカの魚は不味いとか、日本の野菜がどんなに新鮮なのかとか、日本人だとこうするだとか、そういう話ばかりをする。しかし、彼ら2世は、自分たちはアメリカ人だから、ハンバーガーが好きだし、野菜が新鮮であろうがなかろうが、アメリカ的に自由にやりたいことをしたいので、そういう話は聞きたくないのだ。自分の国の話ではないし、親たちとは違うんだという意識が強くなる。日系に限らず、ヨーロッパの国から移住した人の場合でも同じことだ。

今では日系の子孫も5、6世と歴史を重ねているが、戦後の戦争花嫁の渡米以来、白人や黒人のHapa(ハワイ語で混血)も増えてきている。特に1980年代以降は少しずつ、確実に増えている。私の青春時代の1970年前後はまだ、日系人同士が恋愛対象であった。私が1968年に白人の女の子と付き合った頃は、日系人の多くが振り返っていた時代である。

何年かに一度のアメリカの国勢調査で日系人人口や日本人人口がわかるが、日本の新聞や外務省は数字をそのまま鵜呑みにする。だが、待てよ、ここでHapaの人が人種構成として白人を選ぶか日本人を選ぶかで数字は異なる。韓国人と日系人のハーフの7割は韓国人を選ぶ。中華系は5世、6世になったアメリカ人でもルーツのChineseを選ぶ。これは彼らの環境と教育の主導権を誰が握っているかによって異なる。だから、アメリカにおける実際の日本人をルーツにした人数は2割か3割り増しだと私は思う。

中華系アメリカ人が北米大陸に入ったのは日系より20年ほど早いので、時系列はハワイに入った日系と同じくらいか。以前、箸をうまく使えない中華系アメリカ人4世を見かけたことに驚いたことがある。多くの日本人は気がつかないか知らないが、私の世代に中華系名字の黒人を何人か知っていた。聞くと祖父が中国人と言っていた。時系列でいうと1890年前後か?時代的に労働者階級の中華系男性が知り合う女性は限られていたのかもしれない。

勿論、環境にもよるが、一部の反日嘘つき国家は、自国を誇れるものがあまりないのに、歴史を改ざんし、誇張して創作し、子供や孫に誤った情報やイメージを伝えるから、ファンタシーが一人歩きし、洗脳されていくケースも目立つ。特に一部の反日国出身者は、執念深くアメリカでも日本を今でも貶めようとするから困ったものだ。

アメリカの理想としては、どこから来ようが、るつぼに入って、出て来たときには完全なアメリカ人であるはずです。だから、どこの国に対しても、悪意もなければ特別に好きなわけでもない。特にどこか特別に一つの国を心配することもないというのが原則である。しかし、それが必ずしもうまくいかない。黒人も本来は一緒にるつぼに入りたかったが、一部の例外を除いて、まだまだうまく行っていないのが現状だ。彼らは時代に翻弄され、公民権を得るタイミングがズレたことで、なかなか他の人々と同じようにはいかなかった。現在の黒人の多くはアフリカの文化を知らない。彼らはアメリカしか知らない。そういう意味で完全なアメリカ人に違いないのだが、皮膚の色で軽蔑されたり差別待遇を受けて来た歴史の衣を脱げないでいる。一部は絶望と居直りで、正反対の方向に行きたくなった黒人もいた。

アメリカで長く生活すると、いろんな矛盾に気づきます。一方でアメリカ人は非常に親切、特に外国人に対して親切である。外国人がアメリカに行って、アメリカ人と親しくなると、アメリカ人の多くは「アメリカに残ってください」「アメリカ人になってください」と言う。これはアメリカ的で、日本にはそれがない。何人かの友人に聞いたことがあるが、何十年、日本に滞在していようが、出入りしていようが、親しくなろうが「日本人になってください」と誘う人は皆無だったと。

それが移民国家のアメリカとの違いのような気がする。だからと言って、外国人を受け入れないわけではない。私が恐ろしいと思うのは、日本が中途半端に、国民の意識が準備されないまま大量に移民を受け入れようとすることです。日本の国民性や国柄を理解せず、移民法も隙だらけで、外国人を客人扱いで迎え入れる。だから、彼らが長期に滞在し始めると、いろいろな亀裂が走りはじめるのだ。要するに外国人に対する免疫が欠如しているのだ。

日本政府も自分たちの都合で、外国人労働者を期限付きで受け入れようとするが、果たして、80%は帰国することがないと想定しているのだろうか?

移民、日系人などの話題を書き始めると、つい長文になるので、今回はこの辺で。


関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/636-668fa024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算40年以上。我が祖国・日本大好き人間。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR