FC2ブログ
L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
07 | 2021/08 | 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「1960年代以降の米国での韓国人」「はたして日本は今後、生き残っていけるのか?」

「1960年代以降の米国での韓国人」

1960年代のアメリカでは数少なかった韓国人は1975年頃から、韓国人移民がアメリカで目立ち始めた。彼らの多くはベトナム戦争で米軍と共に戦った元韓国陸軍出身者だ。ベトナムでは凶暴で数多くの残虐行為を繰り返し、恐れられていた彼らであっても、米軍は当初の約束通り、彼らとその家族が永住権の取得資格を与えた。そして、多くが貧しい韓国を離れ、アメリカに渡ってきたのである。韓国人が増え始めるのは時間の問題だった。

彼らは家族でまず、サンフランシスコやL.Aでアメリカ生活を始め、そのうち、兄弟や両親、叔父、叔母、イトコまで呼び始めた。当時は、韓国人が事業を始めても、経営のノーハウどころか、お客に対するサービスと言う概念さえなく、他人に向かって「ありがとう」さえ言う習慣がなかった。

日本のように歴史的に相手を敬い、空気を読み、言い訳をしないで、迷惑をかけないと言う基本原則が身についている国民とは大きく異なり、そう言う基礎教育が身についていない韓国人は、米国社会でなかなか受け入れてもらえなかった。戦前はアメリカ人が日系人の忍耐力、精神力、教育の高さ、創意工夫で何事も進化させる能力の高さに嫉妬と恐怖を覚え、抗日運動が盛んに行われてきた歴史がある。しかし、韓国人には残念ながらそう言う能力はなく、当時のアメリカにとっては負担でしかなかった。そんな時、手を差し伸べて助けたのは日系社会であり、日系人たちだった。

韓国人は最初は謙虚なフリをして日系人に取り入った。だが、多くの日系人は韓国系との意識のズレやマナーのレベルの差に戸惑った。

そして80年代に入り、彼ら韓国人は以前はアップタウン(上町)と言われていた地域を少しずつコリアタウン化していった。各種の小規模ビジネスも盛んに行われ始めた。しかし、この時代の韓国人は「アメリカでの成功」を夢見て始めたビジネスも、それを発展させる能力が欠如していた。多くのビジネスは赤字が膨らみ、彼らに融資した銀行の数々までもが倒産に追い込まれてしまった。

ビジネスに失敗した彼らはほとぼりが冷めるまで西海岸から東海岸へ、東海岸から西海岸へと移り住んで行った。彼らを陰で支えたのは韓国から進出した暗黒組織であり、宗教法人だった。彼らの手によって汚い金をマネーロンダリングしたことで彼らはアメリカで生き残っていけたのだ。今でも反日団体には彼らの影がちらつく。

90年代に入って、自信と自惚れを身につけ、黒人やヒスパニックを蔑み、見下し、反日活動が目立ち始めるほど人口も増えてきた。この頃は謙虚さを失い、自分たちの優秀性をアピールし始めていた。
そんな時、1992年の黒人暴動を迎えた。被害にあったコリアン・コミュニティーはショックだった。韓国人の当時の差別行為が表沙汰になったのだ。彼らは日系コミュニティーに仲介してもらい、黒人、ヒスパニック・コミュニティーに近づいた。

韓国系は日系を巧みに利用して現在の地位を築いてきた。今では日系が築いた信用や功績を横取りしようとしている。その上、反日活動の日系協力者まで増やしていった。
現在、日系社会の存在感が薄れてきた。多くの日系人はハングリー精神を失い、連帯感さえなくなってしまった。アメリカでの抗日運動など、過去の歴史を知らない日系人が問題意識が欠如したのだ。そう言う環境から政治家は生まれない。
私が少年時代の日系社会は戦前の3分の1の規模と活気しかないと言われていた。だが、今の日系社会は私の少年時代の3分の1以下の規模と影響力しかなくなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「はたして日本は今後、生き残っていけるのか?」

今や日本に住む日本人が、日本の国柄を理解できず、日本人らしさ、日本語能力さえ失い、日本人の特質すら身についていない時代である。世界中の日系人、日本人もアイデンティティーを語れなくなってきた。そんな時、悪魔の反日国家が入りこみ、日本を分断しようと画策している。だが、日本人の多くはそんな危機感もなく、自分さえ良ければ、自分さえ儲かれば、自分さえ健康であればとケセラセラの人生を送っている。
コロナを契機に日本がどう国を建て直すか、当初は期待を込めて嫉妬激励や提言をしていたが、最近はリーダー不足で知恵不足の日本でそれが可能とは思えなくなった。私は本格的に言論活動をスタートする25年前よりずっと前の16歳の時から、アメリカで大人たちと日本のあり方を議論していたものだ。だが、いくら真剣に声を上げても、好転どころか状況がますます悪くなる。

今の日本人の多くは日本の方向性には無関心で、ワイドショーの影響をもろに受け、楽に成り行きで生きることを長い間、実行してきた。その意識を変えるのは生半端なことではできない。それだけ平和ボケが染み付いてしまった。
日本の政治家は余程の決意と覚悟と勇気を持って、知恵を出し、エネルギーを傾けなければ、日本の国柄の維持、成長は難しい。今でも多くの政治家は危機感イコールコロナだけであって、改革のチャンスをまたもや潰してしまいそうだ。問題意識が欠如した政治家が国のあり方を語れるとは思えないし、そう簡単に変えられるとも思えない。今のままだと日本は誤った選択をする可能性の方が大きい。まあ、何度、ため息をついても状況は変わるまい。
私の身体中に、かつて三島由紀夫が発した言葉が重く響き渡っている。
日本よ、頑張って底力を見せてくれと願うばかりだ。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/610-ba4e7888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算40年以上。我が祖国・日本大好き人間。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR