L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本は今後、中国との関係をスローダウンしろ!
もうそろそろ中国との関係にピリオッドを打てとは言わないが、大幅にスローダウンしなくてはいけない。
船長を釈放して中国に返しても、日本が金を出さなければ行動や言動を緩めない。わかっていたならなぜ釈放したの?

今回のことで世界中から「情けないなあ」と白い目で見られていたが、これで日本政府が裏で金でも払えば世界中からの笑い者だ。道化ですよ。中国政府御用達の道化です。

日中国交正常化から38年、日中平和友好条約が調印されて、32年以上が経った。その間、日本は中国に莫大な資金を投入し、援助してきた。インフラ整備、技術指導、流通システム、サービスのノウハウを指導して来た。お人好しの日本人は、いつか中国の国民が感謝してくれるだろうと、血と汗と涙を流し必死で協力し、今日の高度成長を導いた。その結果が、この裏切りとも言うべき仕打ちを今回日本は受けたのだ。

中国のこういう一連の行為は想定内なのだが、残念な事に日本は油断して準備を怠っていた。多くの議員たちは真の友好関係を築けると幻想を抱いていた。日本人は中国人を知らなさ過ぎた。信用し過ぎてしっぺ返しを食らった。彼らは日本に対して何の恩義も感じていない。中国共産党は日本の功績を、国民にほとんど知らせていない。上海、北京など中国の主要都市空港の60パーセント以上は日本の資金で完成された。地下鉄、都市開発の中心地もほとんど日本の資金。しかし、すべて共産党の実績として宣伝し、日本に対しての感謝は聞こえて来ない。

天安門事件の後、世界中から孤立していた中国に、天皇陛下が訪問されたことで、国際社会から信用を取り戻せた。中国の危機的状況下には必ず日本の救いの手があったのだ。それを・・・今回、中国はとうとう本性を見せた。

日本政府はなぜ慌てたのだ?今まで何をしていたのか?信用し切っていて分析や戦略的準備を怠っていたのか?これすべて想定内で、起こるべくして起こっている。だからあれほど何度も何度も準備しろ、軍備を増強しろと何年も前から言っていたじゃないか?いつもそうだ、後手後手なのだ、平和ボケのボケが!起こってから慌ててどうするんじゃい。

現在、日本と台湾が中国から手を引けば、間違いなく中国は5年以内に崩壊する。中国はまだまだ見た目以上に人材難である。経済的には富裕層が増えているが、ほとんどが共産党の幹部ファミリーかバブルで儲けた土地成金たち。成金たちはバブル崩壊でまたスタートラインに戻ることになる。

中国は現在、内部事情が厳しいはずだ。国内で一日、300カ所以上でデモや暴動がある。この情報化社会で、内陸部とも簡単にインターネットで結ばれる。給料格差、生活格差の情報がまたたく間に広がる。高齢者も増え、その福祉政策は真剣には行なわれていない。バブルはあちらこちらで弾けてはいるが、万博が終わる10月31日以降、中国政府が押さえきれない勢いで表面化する。

そして、地震、水害などの自然災害が追い打ちをかける。都市部の河川は元に戻すのは不可能なくらい汚染されている。空気は汚れきって、これによって多くの国民が何かしらの病気を抱えている。なぜこうなったのか?勿論、高度成長だからだけではなく、企業、国民一人一人が自分勝手に行動して、ルールを守らないからである。

中国にとっての時限爆弾は、三峡ダムだ。前回の地震で修復不可能なヒビ割れが何十カ所も見つかっている。再び、震度7クラスの地震が発生するとどうなるのか?下流に住む何百万人が今後、何度か洪水に見舞われる。放水しなければ、三峡ダムが倒壊するからだ。何でも巨大、No.1、世界一を誇示したくなる国、中国。技術がなく、いい加減な国民が完璧なものを作れるはずがないのに、無理しちゃって。最初から未の丈に合ったものを作れば良かったのだ。

中国にはここ5年以内に崩壊する可能性がある建築物が無数にある。オリンピック関連施設はその筆頭であろう。何しろ突貫工事で、見栄えを第一に、いい加減な工事で仕上げたからだ。

さあさあどうする日本の企業は?今後、中国政府からは税率のアップ、共産党幹部からは賄賂が要求される。従業員からは給料のアップ要求が延々と続く。部品も高騰し、停電が続き、資金の持ち出しも厳しく制限され、食事や飲みに行っても、日本人チャージが請求されるようになる。

中国経済が困れば、政治家たちが日本に対して脅しを繰り返す。その都度、共産党幹部は潤い、また日本領土に揺さぶりをかける。そして、その都度、何十人の日本人が人質に取られる。名目は?容疑は?そんなことは天下の共産党にとってはどうにでもなることである。これで、当面、中国は日本の金で生き延びる事ができると踏む。その間にタイミングを見て、日本を攻撃する。

日本国内には、数万人の中国人が、中国大使館支援で暴動を起こす。おいおい、どうするんだ?民主党に一票投じた人も助けてはもらえない。助けを求めても誰も来ない。真剣に日本の将来を考えず、目先の損得で子供手当を要求したツケがやってきた。左翼の皆さんも予測はしていなかっただろう。中国人がこれだけ増えれば、これは現実的な事だ。アメリカ軍は外からの侵入は防げるが、国内の中国人が騒げばどうするのか?これは日本の仕事だと言うだろう。

中国は困った時は、日本を威嚇し、軍事力を前面に出し、早く日本を支配下に置きたいと考える。中国や中国人を甘く見ない方が良い。北朝鮮も日本国内が混乱に陥れば。工作員や兵士を送り込むかも知れない。
中国は日本を支配下に置きたいのだ。日本の金が欲しいのだ。日本の水が欲しいのだ。日本の料理が欲しいのだ。日本の衣類がほしいのだ。日本の空気が欲しいのだ。日本の便利さが欲しいのだ。中国共産党の幹部は日本で生活をしたいのだ。

民主党政権よ、言ってもどうなる事でもないだろうが、しっかりしろ!
最近は溜め息の数が数えきれないほど増えた。もう提言というより愚痴になってしまった。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/61-167d9cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本精神の要 靖国神社

過去十数年間、アジアとのビジネス経験から台湾、中国に関しては情報収集することが多かった。
[2010/09/26 21:01] 風林火山

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR