L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「L.Aのコリアン事情、今、むかし」

私が渡米したのが1963年9月で小学5年生の頃だ。私が通った小学校Sixth Avenue Schoolは当時、黒人が60%ぐらいで日系人は15%ぐらいいたのだろうか?コリアンは3人だったが、6年生の頃、2人(姉妹)が転校してきたので5人になった。それだけ目立たない存在だった。

1965年頃の中学生の頃、私たちは広めの家に引っ越した。偶然、トナリは朝鮮人だった。どうも52年ぐらいに渡米したようなので、朝鮮戦争の混乱の中、朝鮮を逃げるように出てきたのか?ほとんど付き合いがなかったので話をすることはほとんどなかった。

記憶にあるのは、私が高校生の頃、我が家の裏庭に大きなアボカドの木があった。当時、私はアボカドがどうも口に合わな
かったので、収穫したアボカドを友人やお世話になった人たちに配っていた。
ある日、裏庭に行くと、トナリの韓国人の爺さんが、アボカドを盗み取っていた。「誰が勝手に取れと言ったのだ?欲しいなら言ってくれ」と私は大きな声で注意した。爺さんはバツが悪そうにしていたが、謝るわけでもなく私の視界から消えていった。 
私が高校生だった68年~70年は韓国人はほとんど目立たなかったが、それでも当時、通っていた高校に10人ぐらいいただろうか。

当時の若い韓国人女性は、シナ人を嫌い、表面上、日本人に親しみを感じていた。韓国人男性は比較的無愛想だったが、女性たちは日本人に関心があったのか、何人かのコリアン女性に私はしつこく追いかけ回されていた。

同じクラスに韓国人がいた。コイツが私が油断していると、私の後頭部を平手で叩いて逃げていく。何度もやられるので、ある日、放課後、ボコボコにしてやった。

ところが、こいつはそれでも懲りず、ニヤニヤして、叩いては逃げていく。数回、ボコボコにしてやったが、こいつらのしつこさや病的オコナイは今もって理解できない。


コリアタウンは80年代に入って、少しずつ形づいてきた。それによって、多くの日本人がこの地を去って行った。何人かのアパート経営者の日本人は、入居者が韓国人中心となって、何かと問題が多いとこぼしていた。


当時、韓国人のビジネスに融資したことでいくつかの銀行が踏み倒された。それが原因で経営破綻した銀行が街中から消えていった。
L.Aのコリアタウンの面積はリトル東京の数倍はあって広大だ。当時はアップタウンと言って、日系人も多く住んでいた。私も1965年から70年まで母と一緒にこの地域近くで洗濯屋を切り盛りしていた。私が中学~高校時代だ。

当時、洗濯し、アイロンしたシーツなどを配達していた安ホテルは、今は韓国系の安ホテルになっている。
その当時は韓国人の数は少なく、何の目立った活動はしていなかった。
洗濯屋の真向かいに30代後半の韓国人女性がカツラ屋さんを始めていた。これが当たって、彼女は成功者となった。よく暇つぶしに、洗濯屋に遊びにきていた。片言の日本語を話して「おばさん、おばさん」とそんなに年が違わない母をそう呼んでいた。


1975年頃から、韓国人が目立ち始めた。彼らの多くはベトナム戦争でアメリカ軍と一緒に戦った元韓国陸軍出身者だ。彼らが永住権を取得してから韓国人が増え始めた。彼らは家族でまず、サンフランシスコやL.Aでアメリカ生活を始め、そのうち、兄弟や両親、叔父、叔母、イトコまで呼び始めた。
当時は、韓国人が事業を始めても、経営のノーハウも知らず、儲けが少ないと、奥さんが夜に売春婦に変身するような生活だったのだ。


そんなキズを持った韓国人がこうなったのもすべて日本に責任があると、今までの生活に対する恨みツラミを日本人に向けて爆発した。
1985年頃になると、事業や商売で失敗した韓国人たちが新たな新天地を求めて西海岸から逃げるように東海岸に移り、東海岸で事業に失敗した韓国人が逃げるように西海岸へ移り住んだ。
この頃からL.Aのコリアタウンもハングル文字の看板が目立ち始めたが、彼らの好き勝手でサービスとは無縁なビジネス手法や、他人種に対する見下した姿勢に非難の声が聞こえ始めていた。


リトル東京もこの時期、再開発が進み、かつての活気を取り戻そうと躍起になっていた。
この時代はまだ靴を見れば日本人か韓国人かすぐわかると言われていた時代だった。
違いが一瞬でわかった時代である。

その後、1992年の黒人暴動で、韓国人の黒人やヒスパニック系への人種差別が世間に知れ渡った。この暴動で、コリアタウンは今までの差別的行為に対して、ウップンを晴らすように、黒人やヒスパニックが韓国商店を襲い、商品を略奪する姿がテレビの各チャンネルで報道された。その上、この時期は韓国経済が経済危機に直面していた。

ちなみに、私は中学生1年生の頃、1965年8月のワッツ黒人暴動も体験している。規模は1992年の10倍以上で、警察、州兵が4000人出動し、あちこちから火の手が上がり、街中が不気味さを醸し出していた。私が当時、暮らしていた地域は、危険地域になり、軍用車やパトカー、州兵がAR-16を構えながら歩いていた。

だが、韓国人と違い、日系人は黒人と共存共栄で仲良くしていたので、1992年のコリアン商店のような被害は皆無だった。黒人が日系商店を守ってくれたのだ。

韓国系は2000年ぐらいまではもがき苦しみ、何かがあると日系社会を利用し、黒人組織やコミュニティーとの接触も日系団体に間に入ってもらっている。表面的にだが、歩み寄り、関係を改善したような演出を展開した。


2000年を少し過ぎた頃から彼らは自信を取り戻したかのように、ロビー活動の重要性に気づき始めた。
2005年頃から韓国経済の上昇と韓国系企業の活躍を目にするたび、彼らは自信過剰になり、同時期からロビー活動が盛んになった。


米国で慰安婦問題は1995年頃から聞こえ始め、その頃から私は韓国系と闘ってきた。
彼らは韓国系人口が増えてきた2000年ぐらいから活動がエスカレートしたように思う。70年代、80年代はおとなしくしていた人たちまで巻き込んで、2010年以降は病的におかしくなって「ディスカウント・ジャパン」運動にも拍車がかかった。


今後、韓国商品が売れなくなり、韓国人の悪評が広がるとどうなるのだろうか?
しかし、今や多くの韓国系が日系人、台湾系、白人などと付き合ったり、結婚している。特に最近の若い日系人は、日本人のDNAを誇りにするわけでもなく、自らをアジア系と説明するようになった。日本の歴史に無知な日系人は、韓国系に嘘やデタラメを吹き込まれ、自虐史観を押し付けられているようだ。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/539-e8c9826b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。