L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解散・総選挙12月16日に決定!どうなる日本、日本滞在記パート2

待ちに待った衆院解散、総選挙が12月16日に決定!
いやあ、予想より1ヶ月早くなって、嬉しい反面、ちょっと戸惑っている。

選挙のお手伝いしたくても、私は12月1日には機上の人となっている。悔しいなあ。

「太陽の党」の石原慎太郎氏、平沼赳夫氏、西村真悟氏、三宅博氏を含めて、旧たちあがれ日本の面々には頑張ってもらいたい。近い将来の政界再編成に向けて、一人でも多くを国会に送り込んでもらいたい。

9日に藤井厳喜氏とお会いしたとき、半分冗談で石原氏の新党名は「太陽」と言ったが、まさかそれが現実のものとなるとは。

総選挙に向けたコメントや安倍自民党総裁と野田首相の党首討論について山のように書きたいことがあるが、残念ながらあと数分でWi-Fiが使用できる店が閉まってしまう。

明日、我がふるさとの山陰、境港市に向かう。2日ほどWi-Fiが使用できそうもないので、そのあと、更新します。


ちょっと解散、総選挙で盛り上がっている時だが、「日本訪日日誌」の続きです。

拓殖大学教授で国際政治学者の藤井厳喜氏から電話があり、9日に待ち合わせて、Youtubeの対談動画を2本撮る事になった。

9日、藤井厳喜氏と午後の4時に小岩駅で待ち合わせ、彼の事務所で秘書兼カメラマンでもある女性が戻ってくるまで彼と雑談。
アシスタントの女性が戻ってきてから、約30分のYoutube用動画を2本撮った。アメリカの大統領選でのオバマ再選について、アメリカの韓国系について、日系議員の話、などなど話したい事が山ほどあリ過ぎて、何を語ったかあまり覚えていない。まあ、藤井氏がさすがに、うまくまとめてくれた内容に仕上がったとは思うが。
今年の1月に訪日した時以来で、藤井氏との動画対談は私の恒例行事になりつつある。

撮影後は近くの人気居酒屋店で盛り上がる。店から西村真悟氏、三宅博氏の携帯に電話した。西村氏は私のことを「あの騒がしい男か?」と思っているようだ。すいませんです、声が大きくて。西村氏も三宅氏も、今では慌ただしくなってお会いできるスケジュールが組めるかどうか。まあ、日本が必要としている人材は当選させなくてはいけない。

そして、場所を移して、藤井氏の行きつけのバー(前回も行った店)でカラオケ三昧。
藤井氏は喋り言葉もなかなか歯切れがいいが、歌も低音でプロ顔負けの実力だ。
私も若い頃、淡谷のり子女史に気に入られたり、キャニオンレコードから誘われたりで、それなりに自信があった。
しかし、藤井氏のように普段から歌い込んでいるわけではなく、ほとんど歌う機会がない。7日にデモで大声を出しすぎて、ノドが潰れ、低い声が引っかかると言い訳しながら思いっきり歌った(笑)。

2人の歌うレパートリーは軍歌から英語の曲まで幅広い。私も久々に「君といつまでも」「上を向いて歩こう」「湖愁」などを歌った。何でも「湖愁」をレコーディングした松島アキラ(ニックネーム・スピッツ)が近くに住んでいて、このお店にたまに顔を出すそうだ。

以前から感じた事だが、私の周りには何と涙もろい同志が多い事か。それだけ正義感が強く、純粋な人たちが多いのだと私なりに解釈している。
我々2人は、今回もお互いの歌に聞き惚れて?つい涙してしまう不思議な光景を体験してしまった。特に私が歌った「ヨイトマケの唄」では何と藤井氏の目が潤んでいたではないか?

ほろ酔い気分で外に出ると、この夜はひんやりとした秋らしい気温になっていた。時たま強い風が吹く中、藤井氏に駅まで送ってもらい、再会の誓いの握手をして小岩をあとにした。

次の日の10日は名古屋に行くか京都に行くかなかなか決められず、結局、時間的に京都での高田純氏(札幌医科大学教授)の講演には間に合いそうもないと判断し、名古屋駅で降りることにした。

街宣のスタート時間には早いので、1月を含め過去数回利用したカプセル・ホテルに出向き、予約でもしようと思った。その場所に行って驚いたのは、もうそのカプセル・ホテルが跡形もなく消えていたことだ。えーーっ?何でまた?と思いながら、さてどこに今夜は宿泊するか考えながら、駅前に戻った。

まず、台湾フォーラムの永山氏の肩を叩き、「来ましたよ」と御挨拶した。参加者は15人ぐらいか?

駅前での街宣とビラ配り、署名活動だったが、思った以上、多くの日本人が無関心で無視して通り過ぎていく姿を見ていると、テンションが落ちてくる。

どうも私にはバナナの叩き売りの様な、乱暴で愛嬌があるかけ声が似合っている。「さあさあ、お兄さんにお姉さん、おじさんにおばさん、よってらっしゃい。私の話を聞いてちょうだい。そんなに急いでどこに行く?文科省が中国から押し付けられたウソとデタラメを子供たちに教えようとしてるんだ。それでいいのかお父っつぁん。子供たちにこんなことを押し付ける文科省に怒りを感じないのかお母っつぁん?」
あーー、ダメダーー、いい口上が浮かんでこない。

文部科学省が、地理教科書や地図に台湾を中国と掲載するにあたっての抗議である。文部省はなぜ中国に気兼ねするのだ?なぜ文部科学省は嘘つき国家の中国の要求通りの歴史を日本人に押し付けようとするのか?日教組教育で自虐史観を押し付けられ、ありもしないデタラメを多くの日本人は頭に叩き込まれてきた。尖閣諸島問題でもわかるように、中国のデタラメ、うそ、捏造は目に余る。
中国人民共和国と台湾は何の歴史的接点はない。現在の台湾は中華民国と言われているが、本来、この亡命政権が台湾を我がもののようにしている事自体がおかしいのだ。

台湾は1895年から終戦までの50年間、いや1951年のサンフランシスコでの日米講和条約が締結されるまで日本であったのだ。
1951年のサンフランシスコでの日米講和条約で日本国は台湾を放棄したが、中華民国に譲渡した事実はない。そもそも中華人民共和国、すなわち現在の中国は、戦後建国されて、台湾が日本によって統治され始めた1895年の時点には、まだ中華民国も中華人民共和国もこの世に存在していなかったのだ。台湾を中国の一部と、押し付ける理由も資格も権利もないのだ。

この日は睡眠不足と、一日何度も汗をかいたりでちょと風邪気味だったせいか、気合いが入らず、頭も冴えなかった。街宣演説も頼まれ、いつもならOKするのだが、今回はパスした。

終了後、みんなは飲み会に向かった。明日の「中国総領事館を国有地に建設反対デモ」は雨の可能性が強く、雨合羽が必要と言われた。飲み会には、あとで合流するかもしれないと伝え、私は名古屋のNPO法人代表の友人との待ち合わせ場所に向かった。

ここで画廊代表の60代の女性を紹介された。アメリカにコネがない、セレブに仏像画を売りたいと言う。まあ、いろいろアドバイスしたが、金儲けしか考えないこの画廊主も、金儲けと有名になる事しか考えていない絵描きに、価値観の違いを感じて不愉快になった。
決定的だったのは、私が新潟、名古屋の中国の総領事館に国有地を売却する事に反対するデモに参加していることを話した時だった。大阪は50坪なのにと言ったら、この女性が「新潟や名古屋は土地が安いから」「大阪は領事館で、名古屋は総領事館です」と自信を持って言うではないか?
私は「土地代の問題ではなく、広大な治外法権を、自国では土地も買えない中国に提供する事が日本にとってどんな国益があるというのだ?」と問いただした。そうすると「私は賛成しているわけではありませんけど」と言い訳する。
こんな人に私の人脈やセレブを紹介したくもないし、将来、関わりたくないと思った。
何が金儲けの話だ?私はヤリガイや生き甲斐を感じるものしか今は関心がないのじゃ。

彼女が「今日は素晴らしい人と知り合えて嬉しいです」と帰った後、友人が私に謝った。
何でも彼女とはそう親しくないのだそうだ。私と彼女の会話で、知らなかった一面を知って、紹介した事を恥じたと思ったそうだ。

そして、場所を移して食事をした。そして雲行きが怪しくなった名古屋の空を見て、まだ宿泊先も決めていないし、雨で体調を崩したら、今後のスケジュールに影響すると、明日のデモはやめて、深夜高速バスで福岡行きを決めた。

私は、雨が大降りする中、西に向かって走り続ける高速バスの中で深い眠りについた。



関連記事
コメント
心静かに・・・。
はい!クリスさん。
お久しぶりです。今回は、こちらにコメントさせて頂きますね!
日本の事をたくさんたくさん教えてくれてありがとうございます。
少しづつですけど、理解できるようになっています。
私も日本人同士が足を引っ張らないよう心から願うひとりです。
衆院選挙は、「心静かに」見ていきたいと思います。

今回は、走りながら考えるようなパニック状態寸前のなか、
日本人ができるだけ最善の答えをださなければならない状況の中で、戦況は混乱すると思われます。
いろんな角度から日本を見ているクリスさんに刺激される方も多いと思いますのでこれからも頑張って下さいませ。
日本は急に寒くなっているので移動される際の健康管理にお気をつけください。
アメリカでは、感謝際の時期ですね、日本では「新嘗祭」そんな時に、
クリスさんが日本にいることは、何かしらの意味があるのではないでしょうか?
今は日本の政治の転換期、私も少しはお手伝いできるよう頑張ります!
それでは、またね!
[2012/11/24 01:01] URL | なでしこ☆ #/pdu0RA. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/468-e4975851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。