L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主権意識に乏しい民主党政権よ、パラオ、ベトナム、フィリピンから中国との喧嘩のやり方を学べ!
またやってしまった。睡眠不足だとろくな事が無い。せっかく記事を半分以上書き終えて、ボーッとした状態で無意識に記事を「保存しない」をクリックしてしまった。ちょっとした不注意で約1時間の労力がパーだ。また同じものを書こうとすると2時間分損をした計算になる。結局、話題を変えた。
これだったら昼寝した方が自分のためにもなったかな?

笑ってしまったのは中東の衛星テレビ、アルジャジーラの英語放送で民主党の小沢一郎元代表の無罪判決を報じた際、バックに小沢一郎ではなく菅直人の映像を流したことだ。小沢一郎を、中国や韓国では利用価値がある政治家と評価しているようだが、中東では無名でしかないのだ。以前、ヨーロッパかどこかの国の新聞で、菅元首相の紹介に麻生元首相の写真が使用されたことを思い出した。
私もアルジャジーラはたまに参考にさせてもらう報道局だ。日本のようなサラリーマン記者とは違い、題材によっては命がけで取材してくる。その主要ニュースがこんな基本的なミスをやらかすとは、民主党政権の存在感の無さを証明している気がする。

テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手がヤンキースの黒田投手に投げ勝った。それもヤンキーズの強力打線を10三振に沈め、8回を無失点に抑えた。やっと本来の調子に戻ったダルビッシュが、年俸がダテじゃなく、レンジャースにとって、安い買物だったと思わせるピッチングをした。まだまだシーズンが始まったばかりだが、怪我さえしなければ、彼が一流の投手だと言う事を証明してくれることだろう。
テキサスに住む日系人、全米の在留邦人にとって、彼の活躍がどれだけ勇気を与えてくれるか計り知れない。今後、球場に多くのファンが詰めかけ、日本からもやってくるファンをきっと地元のファンもウエルカムしてくれることだろう。
今シーズンは日本人の活躍が期待されている。アメリカ旅行には野球観戦ツアーを1試合でも組み入れて、応援して下さい。今後、青木、黒田他、マリナーズの川崎や岩隈など多くの日本人プレイヤーが今シーズンは活躍してくれると思っている。みなさんも応援してネ。

民主党を中心に政治家は恥さらしで頼りにならないが、アスリートは日本を効果的にPRしてくれる。彼らが活躍してくれれば日本人の株も上がる事だろう。


日本の政治家はフィリピンを発展途上国として見下しているが、彼らは中国から売られた喧嘩に断固として立ち向かったのだ。日本政府の堂々とした発言を何年も聞いていない。最近では日本政府とは関係がない、河村名古屋市長の「南京大虐殺はなかった」発言や石原東京都知事の「東京都が尖閣諸島を購入する」発言ぐらいだ。

事の発端は違法操業していた中国漁船8隻がスカーボロ礁でフィリピン海軍によって発見されたことからである。
比国海軍はさっそく領海侵犯の中国漁船に対する臨検を行ったが、その直後に、中国側の監視船2隻が現れ、同礁の領有権を主張しながら、フィリピン海軍の警備艇とのにらみあいを始めたのだ。

いかにこれが中国側が仕込んだ計画的領海侵犯かがわかる。中国は何らかの意図を持って中国側に喧嘩をふっかけてきた。フィリッピン側は、売られた喧嘩を買って出たのだ。このにらみ合いは十数日間も続いた。
中国側からどんなに「中国はお前らフィリピンに平和の最後のチャンスを与えているのだ」と恫喝されようが、絶対降伏しないという断固たる意思を表明し、強硬姿勢を貫いた。
その数日後に、フィリピン海軍は米国海軍との定期合同軍事演習「バリカタン」を4月16日に始めた。このアメリカを巻き込んで中国に対抗するという、したたかな戦略も展開した結果、中国は態度を変えた。
この覚悟を持って戦う姿勢に、中国の監視船は撤退を余儀なくされたのだ。

日本は毅然とした姿勢で自国の主権と領土を守ろうとするパラオ、ベトナム、フィリピンから、学ぶべきである。
日本は金の力に頼って、フィリピンを見下しているが、金を持っていても中国にモノも言えない、追い出せないではないか?何と情けない国の姿勢か?

いつも覚悟も無い腰砕けの日本は、中国だけではなく、韓国や北朝鮮からも完全にナメられている。その立場を利用し日本を丸裸にし、金を巻き上げようとしているのに、ボンボン議員たちはハイハイと恫喝、恐喝に屈する。特に主権意識に乏しい民主党政権は情けないとしか言いようが無い!

日本の国を守るために散っていった英霊が、こんな日本の政治家や官僚を見たら、どう思うのだろうか?いつになったらシャキッとしてくれるのだろうか?


ホワイトハウスの日本海呼称維持の嘆願書名も目標の2万5千をクリアして、2万7000人に迫っている。しかし、ここ2日間は伸びが鈍化しているようだ。第一目標がクリアされて一息ついたところか?
そんな中、IHO (国際水路機関)の総会ではまたもや結論が先送りになった。5年に一回の総会で2002年から始まっているが、今回で3回目、10年も先送りだ。今度は2017年に持ち越しだが、韓国人のロビー活動が盛んに行なわれている事を考えると、日本側も何らかの積極策を考えなくてはならない段階に来ている。

韓国側は、国家間の紛争で合意できなければ、少なくとも「東海」が「日本海」とともに併記されるべきだと主張した。日本側は一貫して、国際標準として通用する日本海を改訂版で改める必要はないという立場だ。結論が持ち越しと言う事は現状継続ということで、あと5年間は「日本海」の呼称が国際的に認知されていると言う事だ。

そんな時、IHOの結果が出る前に、アメリカで署名運動を開始した韓国系。彼らには国際的な合意もルールも関係ないようだ。
だからこそ、日本人としては今回のホワイトハウスの嘆願署名合戦は、気合いを入れて結果を出す必要がある。今のところ日韓共にほぼ互角だが、まだ〆切り期限まで2週間以上あるので、5万人に少しでも近づけたい。引き続きお友達、知人、同僚、近所の方々にご協力をお願いします。私も日系諸団体、教育関係者、日系の教師などに協力を要請している。

それにしても石原慎太郎東京都知事の尖閣諸島購入の発表以来、日本人が目覚め始めた現象を感じる。今回は世界中の日本人、支持者などが頑張って拡散し、実際に行動してくれた。署名の結果を出してくれた皆さんに感謝したい。この結果に韓国系もさぞ驚いていることだろう。

ホワイトハウス「日本海呼称維持」嘆願署名!

署名方法の説明(日本語)


関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/419-1c925eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。