L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L.Aで「福島の農産物の暫定規制値はナンセンス」と主張した放射線専門家、稲恭宏博士の座談会に出席した!(パート2)
昨日のパート1の続き・・・。

どうも現時点で稲恭宏医学博士の発言を含めて、「少量の放射線量は無害というより、健康にいいのでは?」と思っている人は少数派で、反感を持たれるせいか、なかなか支持されないようだ。

私は専門家ではなく、文章力も未熟なせいか、うまく伝わっているのか不安でもある。しかし、今は自分が疑問だと思う事や、なるほどと思う事、おかしいだろう?という話題を紹介していくしかない。
私には今の日本人が放射線に対して、誤った情報に、国民がイラつき、本来の日本人の姿が失われていくのが耐えられない。

3・11以来、どこで歯車が狂ったのか、恐ろしいほど風評被害が広がっている。一体誰の責任なのか?裏付け取材、勉強不足のメディアの報道、民主党政権のミスリード、ツイターに無責任な書き込みをする輩、それに振り回され、それを信じ込み、新たな二次的風評を吹き込むメディアや日本国民。

どうもスタート地点で、当時の官房長官、枝野幸男のコロコロ変わる記者発表の内容に、不信感を抱いた結果と、反原発運動家や反日勢力の煽りもある。
今やリセットどころか、修復不可能に近い。

例えば、稲氏の話しを真剣に聞き、同調する自民党議員もイザとなったら、何も言えなくなり、言わない。それだけ、この話題はタブー視される体制が出来上がってきたように思う。

私は決して東電の回し者でもなければ、原発を推進しているわけではない。政府に対しても、今でも高額なボーナスを支給する東電の無責任体質には怒りを覚えている一人だ。

しかし、今の日本を見ていると、何かがおかしくなり始めている。

節電もしない、したくない人が原発反対と言ったり、被災地のガレキ処理を早くしろと言っていながら、ガレキの受け入れを拒否し、沖縄から米軍基地を県外移設しろと言いながら、自分たちは受け入れを拒否し、外国人に仕事を奪われると言いながら、自分たちはそういう仕事はしたくないと言ったり、そういう仕事はきつくて続かなかったりする。

L.Aでも、日系のマーケットが少なくなったと文句を言う人が韓国系やシナ系で買物する。言うこととやる事が噛み合っていない。だんだん日本人が、自分さえ良ければという風潮に流されていく。今や日本人が真っ二つに分かれてしまったように映る。

さて、昨日の続きだが、福島原発に関して、メディアがチェルノブイリとよく比較して、危険性を煽っていたが、全く性質が異なるケースで比較する方がおかしいと稲氏は語った。

また、内陸のチェルノブイリに住む住民と違い、日本人は海苔、昆布、ひじき、海草、ワカメなどを食べるから、放射線に対する免疫力が数十倍高いという。

テレビの報道記者は、他の部署から異動したりするので、入社から定年まで報道記者を続ける人は珍しい。その分、専門知識に欠けているのは致し方ないが、風評被害の流れを作った責任も大きい。

新聞記者は中途半端な調査と勉強で、記事を見切り発車させた。急ぐ気持も分かるが、彼らの初期の記事が、放射線に対する風評被害の流れを作った気もする。

私の質問のあとに、5歳の時に被爆した女性が、原爆投下後に黒い雨に濡れて、近くの畑の作物を食べて、その後、被爆したと診断されたと語った。しかし、1年後には体調が戻り、元気を取り戻したらしい。
その後、焼け野原だった爆心地に建物が建っていったと語った。

今の時代なら、畑の作物も魚も放射線量が高いので食べてはいけないと、何百万人の餓死を容認するようなものだ。

当時は逆に情報がなかったからこそ、生きる事への決意と死に対する覚悟と開き直りでストレスがたまらなかったのではないかと言う。
また、原爆症の症例の記録や原爆後の調査記録がなぜ、今回の原発事故後に活かせなかったのか、理解出来ないとも語った。

60代の原発反対派の男性が、「広島にその直後に台風が来たから、放射能がなくなったのだ」と叫んでいたが、台風が来たのは約、1ヶ月後だし、中国山脈を放射線が乗り越えていったのか?土壌も剥がされて、すべてが無くなったと雨も海に流されなかったのだろうか?彼の言い分は何かシックリこない。

今回の原発事故の事を考えると、民主党政権の初動ミスや官房長官の無責任発言が悔やまれてならない。

私個人もNHKの海外放送にチャンネルを入れると、画面には地震、原発事故、被災者の疲れ果てた悲しい顔が、毎日私の脳裏にインプットされた。情報が入り過ぎて、3・11直後、体調を崩して、軽度の鬱状態に陥った。本来、明るいキャラクターの私でもそうなのだから、精神的な被害は日本全体に広がっていたと思う。
私の回りで、そんな情報を入れず、ケセラセラで生活している人たちは、いつも通りで生活していたようだ。

どうも思い入れ、責任感、正義感が強く、真面目に対処しようとした人が、もろに影響を受けてしまったようだ。

この座談会は1時から3時まで会場を使用出来る事になっていたので、3時ちょっと過ぎたので終了しようとしたら、先ほどの原発反対の女性の仲間なのか、60代の男性が「質問があるのに何で止めるのだ?」と大声を上げた。

私は「今日の座談会は1時から3時までだ。彼女の質問時間が長過ぎたのだ」とつい荒っぽい言葉を返してしまった。
図書館を利用出来たから、入場無料が可能になったのだから、ルールは守って欲しいものだ。

質疑応答も餅つきと同じで、餅をつく人とモチを返す人との呼吸が大事だ。
相撲の世界でも、地位が上の力士に、下の力士の数名が稽古場の土俵上で競って「次、お願いします」と一番前に出て行く。タイミング良く積極的にいかないと、いつまでも稽古相手になってもらえないのだ。(ちょっと関係なかったかな)


最近、広島の県会議員(国会議員?)の民主党議員梶川ゆきこさんが、ツイターで
「風評被害を許すなと福島県内に子ども達を留めた影響は、数年後に出てくる。ヒロシマの被ばく2世の小学生、髪の毛がなかったり、白血病で亡くなったりした。成人してからも、不妊になったり、様々な病気にかかるだろう。水俣病も認定されたの人々は一握りだった。原発被ばく者認定はどうなるのか?」と書き込んでいる。

これこそ風評被害だ!直接被爆していなくて、今で言う放射線被害の何十万、何百万の広島近郊で奇形児が生まれたという事例はないという。
このツイターを書き込んだ民主党議員は、どうも地元にいながら、被爆者と真剣に話し合う機会も持たなかったのではないか?彼女の被爆イメージで語っているように思う。被爆2世の情報も誤解を招く書き方で、配慮に欠けている。ウケを狙って、無責任な書き込みをするような人物が議員だとは、戦後の日教組教育の欠陥を見ているようだ。

日本は地震と津波とは切っても切れない関係である。共存していった結果が今日の日本である。そんな日本は技術、研究大国として、世界の災害に貢献出来るノーハウや商品開発に力を入れて欲しい。それがいつか世界中から称賛され、新たな経済効果を生むかも知れない。

現代社会では飛行機、電子レンジ、携帯電話、原発、温泉など多くの放射線と無縁ではないものが生活と密着している。否定ばかりでなく、なくす事ばかりではなく、向き合って生きていく事をポジティブに考えていこうではないか。

原発に関しては、少しずつ減らす方向に進むだろう。だが、自然エネルギーが本格的に稼働するまで20~30年は要するだろう。それまではテロ対策を含めて、自衛隊が管理するようにならない限り、電力会社にはまかせたくない。それが反省する証だと思っている。

座談会の後、コーヒーショップでの話し合いに参加したヒバク者の一人は、日本語版と英語版で「ヒバク体験」を出版している方です。
もう一人は、全米各地で被爆体験を語り続けている86歳の方です。最近は日本政府の依頼で、国連にて「原爆の恐ろしさ」「被爆体験」を各国代表の前で語った方です。

その夜、友人と話していると、「赤道直下、その周辺はなぜか放射線量が非常に高いそうですよ」と言う。
自然放射線の場合、高いレベルの地域の人々は何千年にもわたって放射線に適応してきたので、何も問題が無いようだ。
だが、その高い数値に現在の日本人が耐えられるかは、疑問である。

また長く、まとまらない記事になった。まあ、それなりに各自が考える材料にしていただければありがたい。

稲先生の説が正しかったら、どんなに素晴らしい事か。しかし、残念ながら大きな流れはそれに反しているのが現実である。
関連記事

コメント
失礼しました。
三宅さま
大変、失礼しました。次に更新されていたので誤解したようです。
次回は是非、日本から更新してください。期待しています。
せっかく、お返事を頂いたのでついでにもう一言追伸。
放射能の変、
1964年(東京オリンピック)時、世界中で核実験をしていた為に東京の国立競技場の放射能値が毎時1.0~1.6ミリシーベルトで現在、強制避難させられている福島の最も放射能値が高い飯館村の100倍です。
秋田の玉川温泉の放射能は毎時3ミリシーベルト、年間の被曝量は24シーベルトで福島飯館村の200倍です。誰も避難など致しません。
誰か癌になりましたでしょうか?日本の甲状腺癌の患者数に変化なしです。それどころか、玉川温泉は癌の治療に利用される温泉です。
ICRPの放射能に対する年間規制値は1ミリシーベルト、毎時1.1マイクロシーベルトで、玉川温泉の24000分の1です。因みに、人類が浴びる自然放射能の平均値が年間2.4ミリシーベルト。
変でしょう。
福島の後、変がバレタICRPは規制値を100倍に引き上げていますね。
これらの指摘に対する危険派の反論は大きく分けて2つです。
自然放射能と核放射能の人体に対する危険度は別だ!と云うもの、もうひとつは規制値は自然放射能とは別にプラスされる数字だ!、と云う出鱈目で、彼らは放射能と云う言葉の意味さへ理解していません。

日本への旅、お身体に気を付けて頑張ってください。
街宣などに行かれるのであれば、何処かでお目に掛かるかも知れませんね。
お返事は結構です。
骨董商。
[2012/01/02 18:10] URL | 骨董商 #- [ 編集 ]

核爆弾と原発の違い?
匿名さま、
貴重で冷静なコメントをありがとうございます。
放射線に関してと言うより、理工系は昔から無縁で苦手でして・・。核分裂の原理を考えれば、分かると言われても、さっぱりです。(笑)
日本から帰国後、せめて核爆弾と原発の違いを、いろいろな角度から勉強しようと思います。

待ちに待った日本行きが近づいてきているのに、準備が進んでいないので慌て始めています。
もうすぐ被災地にも出向きます。日本の空気を思いっきり吸ってきます。
三宅
[2012/01/02 09:04] URL | Chris Ryouan三宅 #- [ 編集 ]

今年は前進する年になってもらいたい!
orengeさま、
明けましておめでとうございます。コメントありがとうございます。
稲氏も言っていたが、各講演で原発反対派の運動家が必ずいるそうです。
今回の日系社会での講演(座談会)は、日本と比べるとバランスがとれていて良かったとのこと。
日本では大変なようです。今の日本で、少量の放射線量を肯定すれば、冷静さを失うようですね。
不安を感じるのも程度問題。不安で中絶したりする方が罪です。
ストレスが一番良くない。そうでなくても余計な悩み事が増えるばかりで、なるべく考えないようにしています。
アメリカで「慰安婦の碑」建立に関することは、バックナンバーでも紹介しています。
今年もよろしく!   三宅
[2012/01/02 08:38] URL | Chris Ryouan三宅 #- [ 編集 ]

参考材料ありがとうございます!
骨董商さま、
別に無視していたわけではなく、なるべく返信コメントを書こうとするが、時間に追われて・・。
ツイターやYoutubeの活動も御無沙汰の状態です。
あと3日ちょっとで日本、台湾に向けて旅立つが、まだまだ準備が追いつかない。
私にとって放射線問題はメイン・ライフテーマでもないが、風評被害に振り回されて神経質になったり、放射線問題が大きなウエートになる人にはラッキー氏や中村氏の本は参考になると思います。
いろいろと情報をありがとうございます。 三宅
[2012/01/02 08:12] URL | Chris Ryouan三宅 #- [ 編集 ]

追伸
今回は無視されたようで、とても残念です。
小生の意見もお気に召さなかったようですね。自分は放射能に関して素人です。依って真の専門家の意見を参考にしています。
参考にして頂ければ幸いです。
放射能を怖がるな、、、Tラッキー著、、日新報道刊
原発は本当に危険か、、、クロードアングレ著、、原書房刊
放射能と理性、、、ウェードアリソン著、、徳間書店刊
人は放射能に何故弱いか、、、近藤宗平著、、ブルーバックス刊
低放射線の健康影響、、、近藤宗平著、、近畿大学出版局刊
世界の放射線被爆地調査、、、高田純著、、ブルーバックス刊
福島嘘と真実、、、高田純著、、医療科学社刊
核の砂漠とシルクロード観光のリスク、、、高田純著、、医療科学社刊
ソ連の核兵器開発に学ぶ放射線防護、、、高田純著、、医療科学社刊
放射線ホルミシスの話、、、藤野薫(稲恭宏)著、、せせらぎ出版刊
放射能は怖いのか、、、佐藤満彦著、、文春新書刊
低線量放射線と健康影響、、、土井雅広他著、、医療科学社刊
チェルノブイリ原発事故被災児の検診成績、、、山下俊一他著、、放射線科学刊
放射線概論、、、柴田徳恩著、、通商産業研究社刊
低量放射線は怖くない、、、中村仁信著、、遊タイム出版刊
放射能は怖いの嘘、、、服部禎男著、、武田ランダムハウスジャパン刊
特に、近藤宗平先生、高田純先生、中村仁信先生、は貴殿のような意見の方にはお勧めです。失礼ながら、この三先生のご著書を通読されれば下記のような意見の方は、騙された!と感じること必定と拝察致します。
おせっかいですが、是非、一読お勧め致します。
合掌。
[2012/01/02 05:57] URL | 骨董商 #- [ 編集 ]

核爆弾と原発の放射能
新年明けましておめでとうございます。海外にいながら日本のことを心配されまして、頭が下がるばかりです。

広島や長崎での放射能の影響がすくなかった理由は、核爆弾と原発とで放射性物質(放射能)の生成量が異なること、また大気圏内での爆発と地上での爆発との違い、などから、地上での放射能残留量が恐らく異なってきます。

核爆弾は一瞬で核分裂反応が起こるため、放射能の発生量は少ないです。しかし、原発では長い間ジワジワと核分裂反応が起こるため、燃料棒内の放射姓物質量は多くなります。この辺は、核分裂の原理を考えれば、分かることと思います。

爆発した高さの影響については、原発が爆発する高さが不明なので、はっきりしない点もあると思いますが、一般的に高さが上がれば上がるほど、偏西風の影響で地上への影響は少なくなると思います。

放射能の人体の影響ですが、ブログ本文内でもホルミシス効果について言及されているところですが、ひとつ気になることはあります。”活性酸素が上がる・・・”という文がありますが、活性酸素の上昇自体は一般的に体にとって有害です。老化の原因とも言われております。活性酸素自体は、電離放射線により発生しますので、やはり体の中で確実に影響があるという証左になりません。また、現在はゲノム医学が発達しておりますので、ゲノム医学レベルでの体への影響を評価すべき時代に来ています。その視点で考えると、放射能が電離放射線が二重らせんのDNA鎖を破壊しているという事実はあると考えるべきです。これらも専門的な研究では証明はされている筈です。

問題は、人間の体内には遺伝子修復機構があり、その修復能力と破壊力との間の綱引きでどうなるのか?という確率論的な問題がわからないということで、ここで価値観の相違が生じています。小さい子を持つ母親にとっては、最大限のリスクを考えて、基準を少しでも厳しくして欲しいと思うでしょうし、政府からすれば国家の存亡、特に経済的破壊の方が長い目で見てリスクが大きいと考えるでしょうし、その線引きは立場で異なるものでしょう。

ただ、今回多くの国民が疑問を持っているのは、日本の国民の民度を考えると、しっかり情報開示して、体への影響と経済的な活動への影響を最小限に出来る方策を明示すれば、一致団結して、それらを実施可能であることを、国家自体が国民を信じずに行わなかったことだと思います。

我々国民にも問題はあるのだと思います。まだ、多くの国民が自分で物事を判断し、責任を持って行動することに慣れていないように思います。今回の震災においても、放射能の影響を考えてきちんと退避行動を取れた人と、何も考えないで日本人的義侠心だけで退避行動をとらなかった人、2種類に分けられるのではないでしょうか?今は、前者と後者がどちらが適切な行動をとったのかはわかりにくいとは思いますが・・・・。どちらが悪いというより、何が事実だったのか?という検証は、各自すべきところと思います。

ちなみに、安易な原発反対ではありません、放射能の影響も確率的に考えなければならないのと同じように、原発自体も廃止による代替エネルギーの問題点とコストによる経済的破綻の問題、健康被害なども考えた上で答えを出すべきですので、単純にYES、NOで考えるのではないとは思っています。答えがはじめからある討論もおかしいものです。

長々と書いてしまいましたが、普段会話できないことで、こちらに書いてしまいました。すみません。
[2012/01/02 00:47] URL | 匿名 #wVmaYF0U [ 編集 ]


新年おめでとうございます。
放射線や経済の問題について安全である、破綻はしないと言う講演をすると人が集まらないと
苦笑していらっしゃるそうです。

安心させてあげたいと思いそれらの講演を入れてらっしゃるそうなんですが、だったら
聴く必要は無いというらしい。逆に反何々と言うと人が大勢集まるそうです。

不安がある方が良いのではないかと思います。(苦笑)


アメリカで「慰安婦の碑」建立、元慰安婦らキリム碑の前で号泣 
15日午前、米ニュージャージー州パリセイズパーク市の市立図書館前。

これを読んで激しく憤りを感じています。
市長ももっと勉強して欲しいですね。
[2012/01/01 20:13] URL | orenge #iAn.OV3g [ 編集 ]

間接侵略に立ち向かえ!
ryouansensei さま
新年明けましておめでとうございます。
放射能について一言、
小生は被爆2世であります。小生の母は原爆に被爆して多くの親族を失いましたが、本人は平気の平左でした。理由は簡単、直接、一瞬にして大量の放射線を浴びることを免れたからであります。そして、戦争から帰還した父と出会い小生と兄を産みましたが皆、平気の平左です。
母に云わせれば戦後、被爆者を名乗って政府を訴えるような畜生は朝鮮もどきの強請りタカリで、語り部などと云う連中も同様、日本の戦争を貶める売国奴だそうです。
GHQは戦後、長崎、広島に生き残った被爆者を治療しないで、20年に渡って追跡調査する為の施設ABCCを設置して8万人に及ぶ追跡調査をしています。小生も母に連れられて昭和40年頃までコノABCCに通いました。その結果報告書が出されていますが未だマル秘、非公開です。
何故か、分かりますでしょうか?
残留放射能は人体に影響が無い!と書かれているからです。
これは核保有国の非核国に対するプロパガンダなのです。
放射能など核爆発で一瞬に浴びない限り屁のようなモノです。何の心配も要りません。福島に甲状腺小児がんなど一人も出ないでしょう。
答えは4年で分かります。
そもそも、反核運動の拠点はいつも日独伊で反原発決議も日独伊?、これ変でしょう。
田母神閣下の見立てでは放射能問題は第二の歴史認識問題と仰せですが、小生の見方も全く同じです。
今年は何としても民主党を倒す為に一層頑張りましょう。
骨董商。
[2011/12/31 21:18] URL | 骨董商 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/368-2f145b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。