L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本人は忘れやすい国民だ。時間が経ったら、また民主党のウソにダマされ1票入れるか?
民主党政権は相も変わらず復興事業、被災地救済、義援金の配分も大幅に遅れている。というより、民主党はほとんど何もやっていないし、決めていないと言っても過言ではない。

今日は日本の政治に右往左往しないぞと思っても、目に入る。それにしても日本の政治はどうなってしまったのだ?
政治空白と民主党の体たらくは、民主党自身が原因だ。特に菅首相の場当たり的発言、気まぐれで突拍子もない発言に戸惑い、振り回される。そして政界を混乱に巻き込む。日本だけではなく、世界中が彼の生産性がない発言に振り回される。どうも菅首相は目立ちたがり屋で、首相の椅子が居心地が良いようだ。
意地悪な男として歴史に残る、忠臣蔵の吉良上野介と菅首相がダブってくる。誰か自民党の議員で浅野内匠頭のように斬りつけるのは無理でも、近距離からケンカ腰で恫喝できないものか?私が近づいてやってもいいのだが、SPが大勢いて、現役中は難しいだろう。もうこの男の顔を見るのもイヤだ。

引退する筈だった鳩山氏が、「政権公約を実現する会」の会長に復帰するという。こいつも勘違い男で、公約どころか、普天間基地移設問題で修復不可能にした張本人のくせして、何の反省もない。菅も鳩山も口に出した約束を守らない、軽い総理とペテン師という部分ではよく似ている。
ただ、菅の方が不気味で、多重人格的部分が恐ろしい。


日本人はどうも忘れやすい国民のようだ。東日本大震災前の状況をどれほど覚えているだろうか?
菅首相がどういう立場に追いやられていたか忘れてしまったようだ。特にマスコミの論調には、菅首相が外国人から献金を貰った事、大震災が起きなかったら彼は首相の座から引きずりおろされていた事は今や「臭いものには蓋を」で、話題にすらしない。

尖閣諸島沖での衝突事故、新潟、名古屋の中国領事館開設、移設問題、東京の中国大使館移設問題、竹島、対馬問題、外国人参政権問題、人権救済条例など日本の危機感が叫ばれていると言うのに、骨抜き、腑抜けになった国民は民主党政権に対する怒りすら発するエネルギーもなければ、日本がどうなろうが無関心のようだ。日本人はいつからこんな情けない国民になったのだ?先人たちが気づいた信用や実績をことごとく潰していって、国益にならない事を平気で実施して行く民主党政権の無責任さ。というよりこの売国政権は意図的に韓国、中国が同盟関係にあるかのごとく媚を売る。

もう日本人がここまで中国の戦略にまんまとはめられているとは情けない。日本は不動産バブルで精神までおかしくなってしまった。1985年ぐらいで日本らしさは終わったのか?

怒らない大人が「良い大人」とでも思っているのか?日本人の正義感はどこに行った?

私は最近、完全に怒る大人だ。それだけではなく「笑顔を忘れた男」になってしまった。菅首相やバカな民主党議員たちを見て、「まあ、好きにやってください」と笑顔で語る余裕はない。はっきり言って、次の解散総選挙で、民主党が「脱原発」で自民党と闘うと、懲りない、愚かな日本人は「子供手当」同様、民主党に票を入れる可能性がある。もし、民主党政権がもう一期与党を続ければ、日本は確実に沈没手前まで行く可能性がある。そうなったら私の心も「我が祖国」から離れる可能性がある。だから私は必死になっている。

日本の銀行は合併で組織だけ肥大して、サービスは低下した。あれだけ国民の税金で救済されたくせに、国民に対するサービス低下とは無礼千万。オンラインシステムがダウンしたりで危機感がない。1970年に渡米後初めて訪日した時は、日本の銀行は最高に親切だった。
全体的にバランスがとれていた時代だった。あの時代に私が接した女性にはほとんど一目惚れした。容姿というより、仕草、話し方、心遣い、態度、やさしさが全面に出ていたからだ。古き良き時代(Oldies but Goodies)を回想するようになった私はとうとう老いぼれたか?

関連記事

コメント
今後も日本を支えてください!
憂国の猫さん、
いつもコメントありがとうございます。若い人たちが民主党のいい加減で、無責任な政権運営に気づいてくれているようで嬉しいです。民主党主導で日本がミスリードされる現状を一日も早く終わらせたい。
今や中国、韓国、在日の影響が政財界、メディア、広告業界に広がっています。ここ2、3年の日本の変わりようには驚いています。いつも毎日のようにブログを更新しているので、コメントの御返事のタイミングが遅れたり、逃したりします。
機会があれば、メールで近況をお知らせください。
yumemakuraclub@yahoo.co.jp
[2011/07/01 14:21] URL | Chris Ryouan三宅 #- [ 編集 ]

判っている人もいます
口蹄疫であれだけ無茶苦茶な事をしたミンスを若者は許していません。
そして、今回の原発解散がミンスの失政を隠す為の方便だと多くのネットを利用する若い世代は気付いており、
がんばれ日本(尖閣デモ主催団体)の街頭デモにたまに出ていますが、明らかに以前と違って若い層が多く関心を持っています。

日本は変わりつつあります。
ただ、巨悪は嘘を平気で垂れ流し、売国勢力を擁護しようとするメディアの存在です。
コイツラを滅殺しない限り、バカ正直で疑う事をしない(レイムダック状態で疑いたくない)多くの日本人は、
自分で真相に気付かない限り、騙され続けると思います。

特にミンスに投票した人ほど、自分の過ちを認めたがらない傾向にあります。
僕も何人かと話しましたが、最終的には判って貰えましたが、かなりくたびれました。
戦後体制化(占領下)における愚民化政策も関係していると思うのですが、とかく、日本人は悪意に鈍感だと感じております。

これからも現地からの貴重な情報お待ちしております。
僕ら日本に居る者は身近な所からなんとかやっています。
仲間も着実に増えています。
[2011/06/30 08:21] URL | 憂国の猫 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/268-1234fe66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR