L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

口先だけの会議ばかりで行動力がない民主党政権に復興の未来を託せないぞ!
昨日は眼科医院の予約があったのでリトル東京に出かけた。驚いたのはリトル東京の主要道路のFirst StreetとCentral Ave.が約400メートル通行止めだった。
話を聞くと、その数時間前は、裁判所と市役所が位置する、Spring StreetとTemple Streetも通行止めだったそうだ。原因は両方とも不審物を発見したからだという。

ビンラーディンが射殺されてから、ロサンゼルス警察はピリピリムードだ。昨日だけでも数十カ所で不審物が見つかって、通行止めになった模様。日本のように、治安が良い訳ではなく、カバンなどを置き忘れたらまず、戻って来ない。そんなL.Aで今だと、カバンを置き忘れても、誰も触らない気がする。そのかわり、取りに戻ったら、警察車両に囲まれるかもね。

アメリカ米海軍特殊部隊SEALS(シールズ)はビンラーディンの殺害計画と訓練を、1年間極秘でいろんなシーンを想定して準備し、シナリオ通りに遂行されたと思う。
しかし、アメリカは未だにイズラム社会の分析不足、理解不足が目立つ。ビンラーディン殺害までのシナリオは完璧だが、死後のシナリオに狂いが生じているようだ。

多くの高官たちが、報道記者に漏らす情報に一貫性が無く、彼らが喋れば喋る程、メディアの追求が激しくなり、その結果、ボロを出しかねない。日本の政治家はもっとおしゃべりだが、アメリカの高官も勉強不足なのか御時世なのか、極秘情報と国益の線引きが甘くなったような気がする。

ホルダー米司法長官は「敵の指揮官を攻撃目標にすることは合法だ。例えば、第2次大戦中に山本(五十六・連合艦隊司令長官の搭乗機)を撃墜した時も行った」と証言し、殺害が正当だったと強調した。こういった発言は誤解を招くのだ。パキスタン国内での極秘任務が正当性を持つとは思わないが、パワーゲームを強引に押し通すだろう。
また、「遺体写真」は公開せず、水葬したりと、今後、この件で混乱が予想される。

それにしても、米海軍特殊部隊のSealsはスゴイ。彼らの人質救出作戦も世界一である。まるで映画のような行動は、今の自衛隊ではマネが出来まい。
彼らが今回使用したヘリコプターは飛行音を抑え、レーダーに探知されにくいステルス機能を持つMH60ヘリだったと報じた。この最新式ヘリ機能を中国は欲しくてしょうがないのだ。


日本は今でも変化がないようだ。福島原発もまだまだ安全宣言にはほど遠い。菅さんも相変わらずリーダーシップをとれないが、多くのボランティアや地方自治体が頑張っている。
民主党の何百人の議員はアテには出来ないし、彼らの動きがあまり見えない。せめて少しでも天皇、皇后両陛下の「国民を思う気持」を見習ってもらいたいものだ。
東京電力の上層部が被災地で土下座することに、ツイターで「土下座させても何も変わらないだろう?」とつぶやく人がいる。そういう人は、状況をあまり理解していないか、東京電力の回し者かだ。人間、極限状態まで追い込まれ、怒りをぶつけるところが無かったら、土下座の謝罪であろうが何だろうが、ほんの少しでも気持ちが楽になるものだ。

自民党もだらしない。最近、河野太郎がテレビで民主党批判や言いたい放題言っているが、彼にそんな資格はない。私が自民党を評価しなくなったのは、河野洋平が引退する時、河野談話の撤回と国民に謝罪しなかったからだ。
アメリカでは河野談話が原因で、日本に対する従軍慰安婦攻撃が過熱した。私たちも肩身がせまかった。今でも自民党が河野洋平を最後まで受入れたことが、私にとって自民党不信に拍車をかけた。その息子の太郎が、デカイ顔して、知ったかぶったり、過去の政治家を批判するが、まず親父さんの「河野談話」が中国、韓国にどれだけ勢いを与えたか考えてもらいたいものだ。国益を大きく失わせたのだ。その反省もない、不愉快なヤツが幹部面した自民党にも未来はない。

戦前のジャーナリスト徳富蘇峰は「大改革を成し遂げるには、思想家、破壊者、創造者の三種類の人間が必要だ」と説いた。明治維新でいうと思想家は坂本龍馬、吉田松陰。破壊者は木戸孝允、大久保利通、西郷隆盛。創造者は伊藤博文、山県有朋か?
今の日本に、創造者はどこにいるのか?
菅、小沢、鳩山はスケールも能力もない破壊者でしかない?
何かあると学者ばかり集め、会議三昧で何も変わらない。いろんな審議会などほとんどが学者じゃないか?大企業の社長や会長も創造者とは言えない。今の時代、真の実力者は潰され、ほされるのだ。要領と運がいい奴らが大企業トップになっている。一代でのし上がった生え抜きの起業家こそ、この場に相応しいのだ。
過去の人たちや、肩書きで選ばれたメンバーに、日本の命運をまかせられない。

民主党の現政権は東日本大震災が発生して1ヶ月半が過ぎても、相も変わらずスピード感がない対応をしている。すべてが後手後手、誰が責任を持って決めているのか、それが不透明なのだ。
民主党の議員の説明もウソと言い訳に終始している。こんな信頼性がない政権が今後の日本の「復興計画」を描くのかと思うと不安でしょうがない。

今の日本には、台湾の近代化に貢献した後藤新平のような人物が必要だ。彼は関東大震災で焼け野原になった東京を、一から立て直した元東京市長(知事)。彼は医師出身で、衛生行政には詳しく、都市建設のエキスパートでもあった。台湾総統府民政長官時代は台湾の近代化に貢献した。彼は関東大震災後、3週間で復興院を発足させた。彼は決断力があり、政財界にも強力な人脈があり、彼が育成した優秀な子分も多く、実力派の官僚や専門家を適材適所に配置した。そして見事に東京を復興させたのだ。

彼のような人物が今、必要ではあるが、日教組教育に染められ、派閥政治の中、政局に終始して政治を学ばぬ、苦労知らずの世襲議員ばかりだ。小粒になった今の政界からそういう人物が出てくるとは思えない。

まず、菅首相では「復興審議会」のメンバーを経済界の長老や学者で固めるだろう。この男はTPOも適材適所も理解していない。民主党は会議ばかりで、ここから優秀な実行部隊は生まれない。

今の、国益を考えず、目先の金儲けのためなら売国行為を平気でする経済界からも、国を救う英雄が生まれるわけがない。

可能性としては、現在、30代、40代で、東日本大震災以降、使命感に目覚めた人間で、日本人のアイデンティティーを強く持ち、実行力、豊かな発想、異色の経験がある、器の大きい人間が、突如と出現し、注目されそうな気がしてならない。
もしかして、今はあまり注目されていないボランティアのひとり、地方の首長、中小企業の経営者、作家、芸能人、NPO団体のリーダーかもしれない。もしかして、ブログやツイターなどで活躍している人物かも知れない。

広告代理店の電通は反日国が好きなのか、不自然なほど韓流タレントを売り出す力がある。その力を、日本にとって有益になる人材を売り出す方に発揮してもらいたいものだ。
関連記事

コメント

お邪魔します。

電通の今の社長は在日朝鮮人です。また、強いリーダーシップよりもまずは国民が政治に興味を持つ事と国を好きになる事だと思います!どんなに強いリーダーが現れても国民が支持をしなければ簡単にマスメディアに叩かれます。

日本では、日教組に教育で「個人の自由」(今日から貴方は自分のやりたい事をしなさいと)教わります。逆に神話や国家については教わらず天皇陛下は何をしているかも教わらず、国防となると「日本は何かあればアメリカが守ってくれます」と教わり「戦争の話しとなると帝國軍は勝てるはずがないのにアメリカに挑戦し結果広島と長崎に原爆投下され罪なき国民が大勢死んだ」「また中国や韓国に帝國軍はひどい事をした。帝國軍は悪い人達で私達は帝國軍の罪を忘れない事です。」「でも、今は個人の自由!平和な国を未来に」と教わり結果自己趣味蔓延となり天皇は税金の無駄遣いとなってしまい自己趣味蔓延ですから政治になど興味を持たない人間が出来上がっています。

勤務先でも20歳になったばかりの子に国防や国の話を軽く話してはみますが、「日本なんかどうでもいいよ自分は英語が出来るから海外で暮らすよ」「政治~興味ないです」「えっ!自衛隊を軍にって〇〇さん右翼?w」などこんな感じです。今のカンチョクト首相や民主党は日本国民そのものだと思います震災だけでは何も変わらないです。一部以外の国民は自分の普段の生活と自己趣味蔓延に戻っています残念ですが日本はまだまだ迷宮の中にいそうです。
[2011/05/07 15:50] URL | ななし #- [ 編集 ]


1号機建屋入り口の扉開放へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110507/t10015746951000.html

放射性物質に汚染された空気の浄化が続けられている東京電力福島第一原子力発電所1号機の原子炉
建屋では、早ければ8日にも冷却機能回復に向けた作業を本格化させるため、建屋の入り口を開けた状態
にする予定です。東京電力は、微量の放射性物質が漏れ出すと予想されるものの周辺の環境への影響は
ほとんどないとしています。
東京電力は、福島第一原発1号機の原子炉建屋で、5日の午後4時半ごろから空気を浄化する装置を動か
して、中の空気から放射性物質を取り除いて再び建屋に戻し・・・・・・・・・
[2011/05/07 09:12] URL | アユ #- [ 編集 ]


航空機計測もとに【地表汚染マップ】 日米共同で製作
2011-05-07 16:27:41
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10884331023.html

引用:「航空機計測もとに「地表汚染マップ」 日米共同で製作」 asahi.com 2011.05.06″]

 文部科学省は6日、福島第一原発から80キロ圏内の地表の汚染マップを初めて公表した。米エネルギー省と協力し、航空機を使って、地表1~2キロ四方で放射性物質の蓄積量を測って作った。原発から北西方向を中心に避難区域外の一部でも、高レベルの汚染地域が見つかった。

 今回のマップは、上空からの測定値をもとにしているため、文科省は今後、地上での実測データを増やし、きめ細かな避難区域の設定の判断などに役立てる方針だ。

 調査は4月6日~29日行った。米エネルギー省は飛行機とヘリの計2機で60キロ圏内を、文科省は民間ヘリ1機で60~80キロ圏内を観測した。放射線計測器を搭載し、約150~700メートル上空から地上を観測。放射性物質ごとのエネルギーの違いから、半減期が約30年のセシウム137や、約2年のセシウム134の蓄積量を調べた。

 この結果、原発から北西方向にセシウム137が1平方メートルあたり300万~1470万ベクレルの汚染地域が帯状に広がっていた。チェルノブイリ原発事故では、セシウム137が55.5万ベクレル以上の地域が強制移住の対象となった。今回のマップでは、計画的避難区域の飯舘村や浪江町などの外でも一部、この水準を超える地域もあった。

 京都大原子炉実験所の今中哲二助教は「汚染地域が広域で驚く。避難計画や、道路や公共施設などの除染対策の参考になる」と話している。(佐藤久恵)
[2011/05/07 07:52] URL | アユ #- [ 編集 ]


【重要】福島第一原発1号機は津波が来る前の地震で既に配管が寸断!
2011年04月08日
http://alcyone.seesaa.net/article/194823654.html


☆1号機 震災の夜に燃料露出直前 (NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110408/t10015172911000.html
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/695.html

東京電力、福島第一原子力発電所の事故で、1号機では、先月11日の地震当日の夜までに原子炉の水が核燃料が露出する直前まで減り、安全のために最も大切な「冷やす機能」を十分に保てなかったことが、NHKが入手した資料で分かりました。専門家は「その後さらに水が減り、核燃料が露出したことで、地震の翌日という早い段階で水素爆発が起きたのではないか」と指摘しています。

NHKが入手した資料には、地震当日の先月11日に福島第一原発の1号機から3号機で測定された原子炉の「水の高さ」や「圧力」などの値が示されていますが、東京電力などは、これまで地震の翌日以降の値しか公表してきませんでした。

資料によりますと、1号機では、地震発生から7時間近くたった午後9時半に、原子炉の中で核燃料が露出するまでの水の高さが残り45センチとなり、通常の10分の1程度に減っていたことが分かりました。1号機から3号機では、地震と津波によってすべての電源が失われ、2号機と3号機では非常用の装置で原子炉を冷やし、水の高さが4メートル前後に維持されていました。これに対し1号機では、地震当日の夜までに、すでに安全のために最も大切な「冷やす機能」を十分に保てなかったことになります。

また核燃料が水から露出するまで、2号機と3号機では、地震から1日半から3日程度かかっているのに対し、1号機では18時間ほどしかありませんでした。
[2011/05/07 07:06] URL | アユ #- [ 編集 ]


■■■社会を混乱させる放射線医学・防御の専門家■■■


福島原発の事故が起こって、わたくしがびっくりしたことの一つに、放射線医学もしくは防御の専門家が、こ

れ程大きくその考え(および発言)を変えるとは思っていなかったことです。

わたくしは、原子力の燃料を研究し始めた若い頃、放射線の仕事をする限りは、放射線と身体のことをよく

勉強しておかなければいけないと思い、第1種放射線取扱主任者という試験を受け、免状をもらいました。

この資格は、放射線を取り扱う専門家にとっては、最もレベルの高い資格で放射線を取り扱うところは、必

ずこの資格を持った人がいなければいけないことになっています。

でもわたくしは、放射線と人体の関係を「研究する」という意味では、専門家ではありません。わたくしはあく

までも原子力関係の専門家であり、その仕事をするに必要なものとして放射線取扱主任者の試験を受けた

のです。

・・・・・・・・・

わたくしは、福島原発事故が起こってから「1年に100ミリシーベルトまでは大丈夫だ」と言っている「その人

たち」に、長い間、真逆のこと、つまり「1年に1ミリシーベルト以上は危ない」と教えられてきたのです。

放射線医学の専門家は、自信を持って次のように話してくれました。

「放射線による人体の障害は2種類あって、100ミリシーベルト以上では、放射線に被爆した人に何らかの

障害が出る。明らかに出るのは250ミリシーベルト程度である。

これに対して100ミリシーベルト以下の被爆では、確率論的に患者が発生する。確率論的とは1人の人が被

爆したから、その人が発症するというのではなく、10万人の集団が被曝すると、その中から確率的にある数

の患者が出るということである。

確率論的に患者が出るかどうかということについては、長く議論されてきたが、1990年の ICRP の勧告以

来、国際的には確立しており、日本の法律もすべてそれに準拠している。

★★★放射線では確率論的に患者が発生するということを頭に叩きこんでおかなければならない。」

わたくしにこのように教えてくれた先生がたは、福島原発の事故が起こると突然、態度を翻し、

「武田は専門家でもないのに、いい加減なこと言って人心を惑わしている」

と言い出したのです。

わたくしは年でもあるので、わたくし自身が批判されることについては全く気にしていませんが、とにかくビッ

クリしました。

そして、この発言が多くの人を惑わし、また政府の政策を狂わせた原因にもなっています。

・・・・・・・・・

もしも放射線の専門家が20年間にわたってわたくしに教えてくれたことをそのまま社会に発信していたなら

ば、政府は「1年に1ミリ以上は危険である」という国際基準と国内法を守る政策を採ったでしょう。

それはとてもすっきりしているので、1年1ミリ以上になる可能性のあるところには、政府が数1000台のバ

スを手配して(ソ連がそうだった)避難することができたでしょうし、多くの人は一つの基準を守って安全な生

活をすることができたと思うからです。

・・・・・・・・・

多くの放射線医学の専門家や放射線防護に携わっている人が真面目な人であるということは、わたくしは

よく知っています。

だからこそわたくしは驚いています。

確かに個人的には、確率論的な患者の発生に対して批判的な学者もいましたけれども、全体としては完全

に一致していたのです。

その一つの証拠として、わたくしのところに放射線医学の専門医になるための国家試験問題を送ってくれた

医師の先生がおられます.

国家試験では「確率論的に患者が発生する」ということが正解である問題が毎年のように出ていたこと示し

ていました。

国家試験に出るような確実な問題なので、それを福島原発の事故が起こったからといって、急に180度転換

するというのは極めて奇妙なことです。

・・・・・・・・・

今からでも遅くはありません。

放射線医学もしくは放射線防護の学会や研究会は多くあります。

できるだけ早く臨時大会を開き、「確率論的に患者が出るということを否定する」のか、もしくは「従来の立場

を貫く」のか、その理由は何か、それを社会に発信しなければなりません。

社会はこの関係の専門家の発言のために、大きく揺れ、また被爆者を出すことになりました。

早く「専門家集団としての見解」を明らかにして欲しいと思っています。

(平成23年5月7日 午前11時 執筆)  

 武田邦彦
http://takedanet.com/2011/05/post_308e.html
[2011/05/06 20:49] URL | アユ #- [ 編集 ]


放射能被害隠す国とマスコミ【武田邦彦中部大学教授の発言】2011年3月21日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/housyanouhigaikakusukunitomasukomi.html

★★★福島原発事故 1カ月で白血病の危険も   2011年3月21日付


 東日本巨大地震からはじまった福島第一原発の危機的な事態は、ぬぐいきれない核爆発の危険性をはらみながらその被害の範囲を広げている。原子炉建屋の爆発、炉心溶融と格納容器の破損、さらには大量の使用済核燃料を保管するプールにまで波及し、大量の放射能を周辺にまき散らしている。20日には、100㌔以上離れた関東でも、野菜や水道水の汚染が明らかになったが、政府やマスコミがまともな放射線量を発表せず、それが人人に与える影響をごまかすものばかりで、そのことが取り返しのつかない深刻な被害へと導いていることに批判が強まっている。中部大学総合工学研究所の武田邦彦教授(資源材料工学)は、内閣府原子力委員会および同安全委員会専門委員という立場から、この事態に強い警鐘を鳴らしている。以下、同氏の発言を紹介する。

              ◇                     ◇

 危機に陥った福島第一原発の問題は、第2段階に入っている。つまり、どこで爆発が起こるかというのはこれからも警戒しなければならないが、原発で放射能物質が漏れることは確実になったこと、それが400㍉シーベルトと健康にかなりの影響を及ぼすようになったことだ。事故が起こってから今まで約7日間の時間が経っているので、一般の人が放射線の被曝を受けている。そこで、メディアでいわれていることで間違っていることを指摘しておかなければならない。
 16日から政府は「放射能が急激に上昇した」とか「ヘリコプターが放射線で近づけなかった」というだけで、線量をいわなくなった。テレビも「高い方の放射線の値」の代わりに「低い方の値」をいいはじめ、値が「一時間あたりの線量」なのに、あたかもそこにずっと住んでいても大丈夫のようにいいはじめた。

 ●住民を欺く一時間放射線量 実際は年間許容超過

 法律で決められた「普通の人は一年に1㍉シーベルト(1000マイクロシーベルト)まで」というのは、「一年間」だ。政府発表やテレビで報道しているのは「1時間あたりのシーベルト」だから、1カ月少し(42日)住んでいるところの場合、それを1000倍する必要がある。
 どのくらいの放射線でなにが起こるのか。目安としては、4シーベルト=死ぬ、400㍉シーベルト=白血病である。
 政府やマスコミは「福島原発から20㌔のところ(福島県浪江町)の放射線は、330マイクロシーベルトだから、胃のレントゲンの2分の1」といういい方をしている。だから安全だという。それは「そこに1時間しかいない人」のことであり、1カ月あまり住む人は330㍉シーベルトを浴びることになり、子どもも親も白血病になるだろう。すぐ待避しなければならない。決して「安全な放射線」ではない。福島市では、ここ数日低い値(17マイクロシーベルト前後)となっているが、それでも3日間浴び続ければ年間の許容を超える。
 1時間あたりの放射線という値は、そこで生活する人人にとってはほとんど関係がなく、政府は「過去、現在から見た近い将来」に焦点を当て、少なくとも1カ月の影響を示すべきである。レントゲンで「一度に600マイクロシーベルト」というのは瞬時(0・1秒)の話であり、比較の対象にはならない。
 もう一つは、NHKではなく、民放の女性のアナウンサーだったが、「放射線レベルは低いので心配することはない」と大きな声で叫んでいた。
 アナウンサーが口にしている数字は「1時間あたりの放射線の強さ」であり、図に示しているのは「最終的にその人がどのくらいの被曝をするか?」という値だ。アナウンサーは、「10マイクロシーベルトだからこの図からいえばとても小さい。まったく問題ない」と繰り返していた。このアナウンサーは放送を降りた方がよい。人の命に関係することであり「私はアナウンサーだから知らない」ということでは済まない。
 1時間に10マイクロシーベルトということは、たった1時間しかそこにいない人なら問題ないが、生活をしていて1カ月あまり同じ場所にいたら10㍉シーベルトになる。これは法律でも許されてないような大きな値だ。横にいた専門家も、間違いを気づいていながら指摘しない。誰かに「危険を煽ってはいけない」といわれて、逆に危険なことをいっていることになる。極めて危険な報道だ。

 ●国の年間被曝基準もいわず メディアや専門家

 文科省の測定では、福島原発から北方30㌔㍍で、3月17日は170マイクロシーベルト、18日は150マイクロシーベルトだった。もちろん、すべて1時間に被曝する量である。これをNHKに出ていた東大の先生は「健康に問題ない」といった。
 この2日間の平均を160マイクロシーベルト(1時間)とすると、7時間そこにいたら一般人が一年間で浴びていい基準値を超えることになる。これがなぜ健康に影響がない数値といえるのだろうか? 東大の専門家は何を考えているのだろうか?
 それは「現在の基準がおかしい」と心の中で思っていることと、本当のことをいうとパニックになる可能性があるので、東大の先生のような社会の主導者は本当のことはいわなくてもよいという気持ちがあると推定される。
 例えば、放射線の作業者は年間で50㍉シーベルト(一般人の50倍)の被曝が認められている。また、一度に強い放射線を浴びたときより、弱い放射線を7時間浴びたときの方がダメージが小さいという知見もあるからだ。
 しかし、そこが間違っている。
 放射線の作業をする人は健康診断もし、放射線量の測定もしながら作業をする。また、その作業者の中に「妊婦や赤ちゃん」はいない。だから、国の基準では作業者は50㍉シーベルトになっていて、一般人は1㍉シーベルトになっているのである。これは長い期間の検討もされ、また国際的なレベルも取り入れられている。
 このような非常時に、これまでの基準を安易に変更することは法律違反である。詳しくは調査していないが、現在NHK等で専門家として出ている人たちは、実はこのような基準を決める委員会に出ていた人たちなのだ。事故が起こらないときには、厳しい基準を決めて原子力が安全なように見せかけ、事故が起こると「基準は本当は厳しすぎる」というのはあまりにも無責任である。
 私は長く原子力関係の仕事をしていたので、その間に「第一種放射線取扱主任者」の資格を持ち、業務をしていた。それは「日本人を放射線から守る資格」としては最高のもので、たとえ大臣といえども、放射線からの防御という点ではその命令を聞かなければならない、そういう資格だ。
 放射線の基準は、あくまでも一年あたりこのくらい被曝してもいいとか、このくらいの総量なら白血病になる確率があるとか、そのように決まっている。個人の責任としていってもいいことだが、基準値は国の基準として存在するわけであり、それをいわないのは専門家ではない。まして、メディア等が「直ちに健康に影響のない線量」ということは絶対にできない。
 福島原発から北へ50㌔程に住んでいる人たちは、一日以内に一般人が一年で浴びてもよいとされる放射線を上回る可能性がある。「浴びてもよいという放射線量を超える」ということは人によっては障害が発生する可能性があると考えてよい。
 一旦放射線を浴びてしまうと体の中を抜け、「遺伝子の異常」などの形で残る。しかし、「すでに市民が受けた放射線」も、遺伝子にどのくらい障害が残ったかも測定することができない。テレビでは、人の衣服の周りをカウンターのようなもので測定している画像が出るが、これはそのときに衣服についている放射性物質の量を計っているだけで、本人がどのくらい被曝したかということとは無関係である。これも間違った報道だ。

 ●安全基準勝手に変える犯罪 危険知りながら

 このようなウソをついていると人は政府やテレビの情報を信じることができなくなり、そこに風評が発生する。
 18日、茨城県は高萩市(原発から84㌔)で採れたホウレンソウから規制値の7・5倍にあたる1万5020ベクレルのヨウ素131を検出したと発表した。
 だが、これも枝野官房長官は、「被曝量は胸部CTスキャン1回分の5分の1程度である」とし、「ただちに健康に影響を及ぼす数値ではない」と強調した。後ろにいる専門家も「妊婦や子どもなど、放射性物質の影響が大きいとされる人たちについても、摂取しても問題がないレベルだ」といった。ムチャクチャである。おそらく国から研究費を丸抱えでもらっているので、国民を無視した発言をしていると考えられる。
 放射性を持つ物質を食べた場合の健康への影響は詳しく調べられ、そのうえで規制値が決まっている。また、ホウレンソウで内部被曝することと、一年に100㍉シーベルトとは、人の健康に与える影響はまったく違う。当面、放射線で汚染された野菜は食べない方がよい。出荷するのは「規制値以下のもので、よく水で洗浄して、汚染がとれることが分かっているもの」に限るべきである。
 まして医療行為の一つであるCTスキャン等と比較するのは無意味であり、いくら官房長官が素人といっても政治家である。すでにこの国の政府も専門家も、国民の健康を考えずに電力会社を助け、ひたすら「国民がじっと我慢して放射性物質で汚れたホウレンソウを食べ健康を害すること」を望んでいるようだ。
 政府やマスコミが正しい情報を流さないのなら、わたくしたちで身を守らなければならないが、それはやがて福島県やその周辺に風評をもたらす。福島県知事、もしくは福島の市町村の自治体の長は市民の側に立っているのだから、風評被害を防ぐ上でも、はっきりとした事実を市民の前に示すべきだと思う。
 私は、内閣府原子力安全委員会の専門委員として、この国の原子力行政を間近に見てきた。今度の地震が相当大きいといっても、日本は地震国であり、震度6程度の地震は普通に起こるものだ。私は4年ほど前から「日本の原子力発電所は地震によって倒れるように設計されている」と繰り返し発言してきたが、ほとんど相手にされず、その場にいたマスコミ(NHKも朝日新聞もいたが)は報道しなかった。危険性を十分にわかっていながら、「原発は安全に作られている」という幻想を国民に与えてきたのだ。
 その「危険性」が現実になったら、今度は国民の安全のために定められていた規準を勝手に変えているのである。この国の原発を動かす前提は完全に崩れている。現在動いている全国の原発も、直ちに停止しなければならない。



[2011/05/06 11:24] URL | アユ #- [ 編集 ]

孫崎 享 氏の Twitterより
菅首相へ2:貴方が渇望した訪米は米が断りました。「貴方とは協力しない。別の指導者を探す」、明確なメッセージです。如何にすりよろうとしても駄目です。どうです。未練止めて、多くの人の思う大衆目線に回帰しませんか。自分の違う政策追求してのたれ死ぬより、自分、支持者の声代弁してみませんか
2時間前 »

原子力:本当「あゝやんなっちゃった」東京新聞「経産省、原発重視の方針堅持へ 安全宣言で電力確保目指す」「内部文書が6日明らかになった。長期的なエネルギー政策の3本柱の一つとして”世界最高レベルの安全性に支えられた原子力”を据る考え方を示ている」世界最大の被害出し責任感じないのか
1時間前 »

原子力・正力松太郎(読売社主・原発推進者):今気付いた。正力さん大変な郷土愛に満ちた人だったんだ。原発推進しながら出身地富山県には原発ない。富山県の人よかったね。熱烈に郷土を愛する人がいて。
51分前 »

放射線:強烈な地図が出た。こんなに深刻か!これで日本は旧ソ連よりも人命に配慮しない国であることが判明した。旧ソ連以下と言うことは、もう文明国仲間入り出来ない位野蛮な国であるということ。六日朝日「文部科学省は6日、福島第一原発から80キロ圏内の地表の汚染マップを初めて公表」原発から
30分前 »

放射線2:北西方向にセシウム137が1平方メートルあたり300万~1470万ベクレルの汚染地域が帯状に広がっていた。チェルノブイリ原発事故では、セシウム137が55.5万ベクレル以上の地域が強制移住の対象となった。」地図でソ連並みがどこか確認して下さい。多くの人範囲広く驚きます
36分前 >>
[2011/05/06 09:59] URL | アユ #- [ 編集 ]

■福島で核爆発が起きていた  【動画】日本語字幕付き
アメリカの専門家の分析によれば、福島第一原発の1号機と3号機を比べてみれば、3号機はただ
の水素爆発でなく、核爆発の可能性が高いことが分かったようです。
松浦彰夫 (2011年5月 6日 03:30)

3号機が1号機と違う点は、・・・

1.爆風が真っ直ぐ上に伸びている。(音速を超えている)

2.黄色い閃光が光った。

3.煙が黒い。

4.燃料棒の破片が、2マイル離れた所から見つかった。

5.ウランより重い原子がアメリカまで飛んで来た。(溶融して、蒸発した)

このような事は、水素爆発だけでは起こらないそうです。

燃料棒が歪んで、核爆発が起きた、という説を述べていました。有りそうな話です。

http://jyoudou.net/blog/2011/05/post-315.html
http://www.youtube.com/watch?v=P4KXX24Dv1U&feature=player_embedded
[2011/05/06 09:42] URL | アユ #- [ 編集 ]


被災地を食い荒らす?不気味なアジア人  2011/4/24(日)
http://blogs.yahoo.co.jp/atcsikaku/63217192.html

被災地を食い荒らす?不気味なアジア人。尖閣ビデオの一色氏が遭遇…"終戦直後に日本の土地を不法占拠したアジア人"

・・・・がれきの山の前で車を止めて外に出たところ、支援団の1人が得体の知れない中年女性に会ったという。
坂東氏は語る。
 「メンバーが声をかけると、中年女性はたどたどしい日本語で『ココからココまで、ワタシの 家だったのに、みんな壊れたよ!』と訴えたというのです。アジア人なのは間違いない。表情に 悲壮感はなく、乗ってた車は多摩ナンバー。みんなで『怪しすぎる』と話しました」

戦後のどさくさそっくりの事態ですね
一等地にまたパチンコ屋が増えそう ・・・・
[2011/05/06 00:52] URL | アユ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/229-8fe641e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR