L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

なぜ日本を陥れようとする中国や韓国に媚びを売り続けるのか?
各大学が新学期を迎え、海外からの留学生の4330名が訪日を取り消した。特に被災地である仙台の東北大学では1499名の在籍外国人留学生のうち千名が日本に再入国していないらしい。
福島大学でも177名中57名がまだ戻っていない。まあいいじゃないか、今後は血税を未来の日本のために有効に使っていけばいい。今までの大学が、国の補助金や支援金をアテにし過ぎた嫌いがあった。これで、中身を充実させるいいきっかけにすればいい。

東京でも上智大学では149名の外国人留学生を迎える予定が、120名が入学を取り消すという事態を招いた。その他、東日本だけではなく、日本中の大学、専門学校の留学生数が激減する模様だ。

大勢の留学生が日本を去っていく中、日本文学研究の重鎮である、アメリカのドナルド・キーン氏がコロンビア大学で最後の講義を終えた。彼は東日本大震災を契機に、日本国籍を取得し、日本に永住する意思を表明した。

世界中の日本研究者の多くは彼の影響を受けてきた。日本文化、日本文学の素晴らしさを世界中に広げた彼の功績は、誰もが認めているのだ。

彼は「自分の余生を日本で過ごし、日本のために尽くしたい。日本が復興すると信じているし、日本の今後について、期待と確信を持っている」と述べた。この言葉に私は涙が出るほど感激した。彼こそ、日本にとって有益な真の友人だ。

名前は忘れたが、御年配の女性シャンソン歌手が、風評被害の中、家族の反対を押し切って来日し、日本でのコンサート・ツアーを最後までやり通した。彼女の日本人に対しての愛情にも感謝したい。

レディー・ガガは社会貢献活動に熱心だが、彼女は東日本大震災の被災者のための義援金集めに積極的だった。彼女の行動力には驚かさせられる。彼女は地震発生の次の日には、彼女が急きょ制作した「日本に祈りを(Pray for Japan)」ブレスレットを彼女の公式ホームページから売り出していた。

行動が遅い民主党、菅政権は彼女の素早い行動力と決断力を見習うべきだ。このブレスレットは5ドルだが、5ドルから100ドルの間を選択し、収益の全額を東日本の被災地に送るとしている。もうすでに5億円はオーバーしているらしい。ありがたいことだ。勿論、日本でのコンサートはキャンセルしないとのこと。

ボンジョビも「愛する日本の友人、ファン、そして被災者に勇気を与えたい」とコンサート・ツアーのために近々来日する。

こういった海外からの応援は、日本離れを裏で風評被害を流し、煽る韓国や中国とは大違いだ。彼らはこんな時でも日本叩きをする冷酷で悲しい民族なのだ。

東日本大震災後の福島原発の放射能漏れ以来、初めて福岡に観光団が到着。驚いたのは福岡市長がわざわざ空港に出向いて、歓迎の挨拶をしたという。
九州一の150万都市の首長がやる必要があるとは到底思えない。中国人が勝手に風評被害を流し、日本の不幸をあざ笑っていただけではないか。うまく彼らの陰謀にはまったとしか思えない。これで「日本は中国にとって従順」な姿を、中国人に見せたことになる。これでは3・11以前と何も変わっていないではないか?

韓国も3・11以来、見せかけの日本への心配も長続きせず、日本政府が外交白書で「竹島は日本の領土」と表明したり、中学、高校の教科書に竹島問題が記載されただけで、反日?何を言っているのだ?もともと反日教育を促進している国ではないか。それに、この問題は今始まったことでもないし、不法占拠している韓国が怒る方がおかしいぜ。本来は日本が怒り狂う立場だろう?どうも日本を陥れるタイミングを画策していたとしか思えない。

もし、逆に韓国が日本と同じ規模の大震災に見舞われ、壊滅状態になって、日本が今の韓国と同じ態度で接したらどうなることだろう?彼らのことだから「日本人は人間ではない。犬畜生のように、心のない民族だ、あれだけ世話をしたのに恩知らずが!」と世界中に発信していくことだろう。勿論、そういう事態になったら、日本からは数百億円の義援金が集まるだろうが、韓国は、日本民主党が台湾を無視した態度のような扱いに終始することになるだろう。

こんな中国や韓国と今後、日本が一方通行で信頼関係、友好関係を促進する前に、一度立ち止まって、考えるいいチャンスだと思うのだが・・・。

外国人の中には「日本人と苦しみを共にしたことで、日本を深く理解出来た。日本はやっぱり素晴らしい国だ」と賞賛する者も多い。こういった外国人の姿勢を高く評価したい。

菅政権、東京電力などが風評被害を招いたことで、多くの外国人が日本を去り、寄り付かなくなった。民主党政権はその反省すら無く、今でも口先だけの場当たりな対応に終始している。
菅が去って、小沢であろうが、誰であろうが民主党議員が中心になっても、復興事業や福島原発の対応に変化はないだろう。
せめて解散総選挙が無理であるなら、党の枠を越えた救国内閣を期限付きで発足しなくては、今の国難を乗り越えるのに前進どころか、また混乱を引き起こすことになる。

関連記事

コメント

■kaneganaru 鐘鳴様( http://twitter.com/#!/kaneganaru)のTwitter にあったこれ↓本当???!!!

youtgracefield 優兎
【拡散希望】 外務省が東京都内の一等地を中国に売却 !! http://tinyurl.com/5vz8c97 
まずは 石原都知事に電話しよう!!! 電話 03-5320-7725 FAX  03-5388-1233 
メール  http://bit.ly/biBTzC
6時間前
[2011/05/03 12:01] URL | アユ #- [ 編集 ]


■小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報

・5月2日 小佐古氏は喧嘩相手 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/02/tanemaki-may2/

・5月3日 過去の拡散予測?ふざけないでください
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/03/tanemaki-may3/

[2011/05/03 11:34] URL | アユ #- [ 編集 ]


無用な留学生が減るのはいいことだ。
こういったときに、真の友人の存在が浮き彫りになりましたね。
中韓は、日本には必要ないです。
私は、安倍元総理の復権を
期待したいです。
今の日本で、まともな政治家は数少ないが、彼の言葉は
安心感をもちます。
嘆くばかりでなく、自国でも行動を起こさなくては!
[2011/05/02 17:47] URL | mugi #- [ 編集 ]


■官房参与が辞任・記者会見資料を全文  2011年04月29日 午前10時20分 (金)
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/80519.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応に当たるために、先月、内閣官房参与に任命された、原子力の専門家で東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏が、記者会見し、「政府の対策は法にのっとっておらず、場当たり的だ」として、内閣官房参与を辞任することを明らかにしました。
記者会見で辞任の理由について説明した資料を全文掲載します。
*文中の下線は、原文のまま【  】です。
*もとの資料に誤字と思われる箇所が2か所あったので、小佐古氏に確認の上、訂正しました。
「福井県」→ 「福島県」
「勅命」 → 「直命」
の、2か所です。
[2011/05/02 09:49] URL | アユ #- [ 編集 ]


平成23年4月29日
内閣官房参与の辞任にあたって(辞意表明)
内閣官房参与小佐古敏荘

 平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月30日付けで参与としての活動も一段落させて頂きたいと考え、本日、総理へ退任の報告を行ってきたところです。
 なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました。これらは総理他、関係の皆様方にお届け致しました。

 私の任務は「総理に情報提供や助言」を行うことでありました。政府の行っている活動と重複することを避けるため、原子力災害対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、文部科学省他の活動を逐次レビューし、それらの活動の足りざる部分、不適当と考えられる部分があれば、それに対して情報を提供し、さらに提言という形で助言を行って参りました。
 特に、原子力災害対策は「原子力プラントに係わる部分」、「環境、放射線、住民に係わる部分」に分かれますので、私、小佐古は、主として「環境、放射線、住民に係わる部分」といった『放射線防護』を中心とした部分を中心にカバーして参りました。
 ただ、プラントの状況と環境・住民への影響は相互に関連しあっておりますので、原子炉システム工学および原子力安全工学の専門家とも連携しながら活動を続けて参りました。
 さらに、全体は官邸の判断、政治家の判断とも関連するので、福山哲郎内閣官房副長官、細野豪志総理補佐官、総理から直命を受けている空本誠喜衆議院議員とも連携して参りました。

 この間、特に対応が急を要する問題が多くあり、またプラント収束および環境影響・住民広報についての必要な対策が十分には講じられていなかったことから、3月16日、原子力災害対策本部および対策統合本部の支援のための「助言チーム(座長:空本誠喜衆議院議員)」を立ち上げていただきました。まとめた「提言」は、逐次迅速に、官邸および対策本部に提出しました。それらの一部は現実の対策として実現されました。
 ただ、まだ対策が講じられていない提言もあります。とりわけ、次に述べる、「法と正義に則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと」の点では考えていることがいくつもあります。今後、政府の対策の内のいくつかのものについては、迅速な見直しおよび正しい対策の実施がなされるよう望むところです。

[2011/05/02 09:44] URL | アユ #- [ 編集 ]


【1.原子力災害の対策は「法と正義」に則ってやっていただきたい】

 この1ヶ月半、様々な「提言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、「原子力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。

 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い、事態収束を遅らせているように見えます。
 
 とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。
 また、公衆の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。

【初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである。さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。】
 また、文部科学省においても、放射線規制室および放射線審議会における判断と指示には法手順を軽視しているのではと思わせるものがあります。例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」ですが、この件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、数年間にわたり行われ、審議終了事項として本年1月末に「放射線審議会基本部会中間報告書」として取りまとめられ、500mSvあるいは1Svとすることが勧告されています。法の手順としては、この件につき見解を求められれば、そう答えるべきであるが、立地指針等にしか現れない40-50年前の考え方に基づく、250mSvの数値使用が妥当かとの経済産業大臣、文部科学大臣等の諮問に対する放射線審議会の答申として、「それで妥当」としている。ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500mSvを限度へとの、再引き上げの議論も始まっている状況である。まさに「モグラたたき」的、場当たり的な政策決定のプロセスで官邸と行政機関がとっているように見える。放射線審議会での決定事項をふまえないこの行政上の手続き無視は、根本からただす必要があります。500mSvより低いからいい等の理由から極めて短時間にメールで審議、強引にものを決めるやり方には大きな疑問を感じます。重ねて、この種の何年も議論になった重要事項をその決定事項とは違う趣旨で、「妥当」と判断するのもおかしいと思います。【放射線審議会での決定事項をまったく無視したこの決定方法は、誰がそのような方法をとりそのように決定したのかを含めて、明らかにされるべきでありましょう。この点、強く進言いたします。】
[2011/05/02 09:38] URL | アユ #- [ 編集 ]


【2.「国際常識とヒューマニズム」に則ってやっていただきたい】

 緊急時には様々な特例を設けざるを得ないし、そうすることができるわけですが、それにも国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで国際的にも非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくないし、そのような決定は国際的にも非難されることになります。
 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります。
警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。

【小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。】

 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、そのまとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていなかった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかったかと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点からもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子力安全行政の復活を強く求めるものである。


以上

[2011/05/02 09:27] URL | アユ #- [ 編集 ]


■コメント(262)↓も必見!!です。

知りたかった情報です!長文の書き出しありがとうございました。
こんなに強い抗議もロイヤルウエディングで消されています。
もっと詳しい話をこの先生から聞きたいです。
また、福島の小学校は実際、どのくらい危険なのでしょうか?
取材して欲しいと思います。
投稿日時:2011年04月30日 01:11 | さいきゆみ

この件、繰り返しTVで放送してください。
政府や東電の「ただちに健康に影響はない」を信用していたり、深刻さに気づいていない人が多すぎます。
両親もそうですが、PCを使えない高齢者など、情報を知る術がないことがこんなに怖いことなのかと、実感する毎日です。
Ustやニコ動で統合本部合同記者会見を毎日観ていますが、保安院・東電のあの態度に毎日、怒りが積み上がっていきます。
話は反れましたが、この方の辞任を無駄にしてほしくない!!!
投稿日時:2011年04月30日 01:19 | mikan

よくぞ言ってくださいました。
その決断と勇気に感謝します。
わたしは50歳をすぎるまで特別、政治に興味もかかわりもなくすごしてきましたが、今の日本で黙っ
ているのは後々の人々への罪ではないかと思うようになりました、
投稿日時:2011年04月30日 01:19 | よしなが

以下略す
[2011/05/02 09:22] URL | アユ #- [ 編集 ]

■このサイトが本になりました
地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやき
http://prayforjapan.jp/message/

[2011/05/02 06:12] URL | アユ #- [ 編集 ]

■ そういや、東電に朝鮮系社員多いな。
二階堂ドットコム
http://www.nikaidou.com/archives/11733

<KTさんより>東電副社長の藤本は朝鮮系だそうです。そのうち民族派に天誅されるかな。銀行や企業にも朝鮮系の役員が多数入り込んでいます。名古屋方面の奥田君とかメガバンク役員とか。

 話は違いますが、日銀の白川が市場に10兆円を超す資金供給をしたと発表していますが、効果は少し先のようです。そう難しいことではなく、シナ共産党がやっていることを見ればわかります。通過供給量を増やすんですね。現物としての「お札」を印刷している最中のようです。

(コメント)ああ、やだやだ。日銀も、どうせなら日本円30兆円くらい黙って刷って、国に届けりゃいいんです。で、それが復興支援・・・とぼけたマネーサプライをやればいいのに・・・

[2011/05/02 00:36] URL | アユ #- [ 編集 ]

★★★ロート製薬が震災孤児支援の新規部署開設 ★★★
2011年03月29日 13時25分
http://media.yucasee.jp/posts/index/7102?oa=ymr6003

ロート製薬は、東日本大震災で両親を亡くした震災孤児支援の新部署「震災復興支援室」を設置し、全役員(非常勤含む)の報酬10%を運営費用にあてるのだという。有価証券報告書によると、同社の役員報酬総額は約4億4000万円のため、4400万円ほどになる見込み。
 震災復興支援室は、ロートのCSR活動の指針である「次世代支援」に則ったもの。同社は「今回の震災の被害の甚大さを鑑みると、一時的な支援をするだけでは我々企業の社会的責任を果たすことができないと考え、長期的な視点で支援を行うため」と、部署新設の理由を説明した。

 震災孤児の長期的な生活と勉学の支援を行っていくのだという。今後は具体的なプランを随時、実行していくという。また、ロートはすでに地震発生直後に1億円を「あしなが育英会」などに寄付したほか、社員による災害募金も1000万円以上になっているのだという。

 
[2011/05/01 23:54] URL | アユ #- [ 編集 ]

■30代で貯金1億円の猛者も!? 東京電力社員のフトコロ事情
1] http://media.yucasee.jp/posts/index/7439?la=ar1
2] http://media.yucasee.jp/posts/index/7439/2
3] http://media.yucasee.jp/posts/index/7439/3

5月1日は東京電力の創業記念日。休日でしかも特別手当まで出る社員にとっては、東電ライフを最も満喫できる一日でもあるが、今年はそうもいきそうにない。今回は、電力業界から漏れ伝わる東電社員たちの、フトコロ事情を紹介する。

●5月1日、今年は休めるのか?
 「5月1日」。東京電力にとっては、ひじょうに大切な1日である。

1951年の5月1日に現在の企業体となった、創業記念日にあたるのだ。関係者によると、会社休日でしかも特別手当として数万円が支給されるというのだ。社員にとって、東京電力に入社した幸せを実感できる日だろう。
 「数万円、たしか5万円もらえると聞いたことがあります」と、他の電力会社の中堅社員ら複数の関係者の証言を得た。だが、「おそらく今年は出ていないのでは」と前出の関係者。こんなご時世にもらえるということは考えにくい。
 今年の5月1日は東京電力社員たちにとっては、復旧作業、あるいはコールセンターなどもてんやわんやだと聞く。特別手当以前に、休日さえままならないことだろう。

●貯金1億円の猛者も?

 平均年収757万円(40.6歳)。これは有価証券報告書に記載されている数字であるが、電力各社を比較すると、東電の社員平均年収は757万円となっており、9番目ということになる。
 ただ、これを額面どおり受け取る電力業界関係者はいない。「東電さんは10社の中でも別格です」という声が聞こえてくる。業界関係者は「昔から高収益で、しかも組合が強いので、業界全体で・・・

●企業年金は月額40万円以上

 東電では、退職者を対象にしたセミナーを毎年行っているそうだ。そこで参加者たちは公的年金の少なさに唖然とし、企業年金の多さにビックリするのだという。
 内部資料によると、同社の企業年金は月額40万円だというのだ。公的年金の倍以上だから、社員が驚くのも当然だ。東電に入って良かったと実感し、晴々として会社を去っていくのだ
ただし、日本航空(JAL)の経営破たんでもヤリ玉に挙げられたように、福島第一原子力発電所の事故の補償に関して、今後はこの企業年金が問題となってくる可能性はなくもない・・・


[2011/05/01 23:44] URL | アユ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/227-9b89f50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR