L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

福島原発の今後は?民主党に危険状況をまかせる恐怖はまだ続くのか?
いつもコメントを貰っているアユさんからも紹介されているが、私も昨日、ツイターでも紹介している。私は煽るつもりは無いが、資料、選択肢として参考にして頂きたい。

ニュースの深層「福島原発事故・パート1」

ニュースの深層「福島原発事故・パート2」

ニュースの深層「福島原発事故・パート3」

福島原発事故の現状と今後(大前研一)

原発がどんなものか知って欲しい(平井憲夫)


福島原発に関して、日本政府は信用していなかったが、研究者、評論家、東電も専門的知識が無いという。
設計、製造した三菱重工、日立製作所もどうしていいか解らない。今はIACA(国際原子力機関)の動きを注視するしか無い。

私は数学、科学を含めて、機械関係の知識に乏しい。まして原子力なんか教わった事も、勉強した記憶すら無い。しかし、最近、Youtube動画などで知る、多くの情報の中には、末恐ろしくなるような危険な情報も多い。この繊細な情報を皆さんに知らせるべきか、悩む。

しかし、選択するのは皆さんです。私は煽るつもりは無いが、半分は信用出来そうな情報だと、私自身が思い込んでいるから、やっかいだ。

これを見たから、どうする、どうなるというわけではないが、選択肢を広げ、最悪の事態になったらどうするかを考え始める時期に来ているかもしれない。

何も無いに越した事はないが、日本政府、東電の今までの慌てよう、無能な評論家、研究者の言葉が信用出来ないと思うようになった今では、我々みんなが、色んな想定を考え、行動していかなければいけない。

折角、東京消防庁のハイパー・レスキュー隊の活躍は評価するが、いつまで放射能汚染を覚悟して続けるのか?根性、愛国心だけでは語れない。神風特攻隊のように、貴重な人材を失いたくない。
政府が正直に、今どう思っているのか、今までの隠蔽体質からは、言葉が軽いものになっている。

先の見通し、代案があるのか?それがどこまで確実性があるものか、わかりやすく説明してもらいたいものだ。マスゴミもろくな質問をしない。

枝野官房長官が「安全です」と言って、ころころ状況が悪化して行った。
汚染地域が1キロ、2キロ、5キロ、10キロ、20キロ、30キロと放射能危険地域が広がった。解っていれば最初から20キロにするべきだった。

多くの人が20キロ以内でまだ生活している。マスゴミは慌てて、30キロ圏外に移動したが、残っている人たちのことは誰が報道するのか?最悪の場合、誰が助け出すのか?

日本政府はそういう人たちがどこにいるのか把握しているのか?それとも民主党は「あとは自己責任だ」と逃げるつもりか?

今後、この調子で50キロから100キロと広がって行く恐さがある。100キロになれば、風向き次第で、どこまで広がるか想像も出来ない。もうすでに、遠く離れた茨城県、栃木県宇都宮市でも若干の放射能が広がった。

管首相は3人の大臣を増やすと言っていたが、素人の役立たずの大臣を増やしても何も解決しない。それより、若手を含めた何百人いる民主党議員の行動が見えない。さぞかし、1億円の血税分ぐらい貢献している事だろう。こんな働きがいがある、国の一大事はそうあるものではないから。

日本は福島原発の問題が解決しない限り、いつまでも国家危機は避けられない。国民は冷静に分析し、何が大切か選択肢を準備して、その上で、国民が一体となって、励まし、助け合って行こう。
多くの犠牲や頑張りで一時的には明るい兆しも見えるが、まだまだ油断は禁物だ!


南カリフォルニア日米協会は、歴史が古く、関東大震災、伊勢湾の津波でも義援金と衣類を日本に送った。当時、1550万円を送ったが、義援金では最高額。阪神大震災でも2億5千万円。今回は10億円を目標にみんながボランティアで声を上げて頑張っています。ぜひ、被災者の役に立ってもらいたい。

先日、二人のL.Aの黒人市議が中心となって、市役所前を通行する車を止めて義援金を呼びかけたが、集計したら約300万円になった。ご苦労様。早速日本の赤十字社に送ったそうです。

また、長い記事になってしまった。
つらい事を中心に書いた事を御詫びします。神は日本人を見放しはしない。日本以外に、世界中が模範に出来る国は日本以外にどこにあるのだ?あとは、明るく過ごしていくしか無い。
関連記事

コメント
書籍の紹介
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる [新書]
スイス政府 (編さん), 原書房編集部 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4562036672/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books
[2011/03/21 06:57] URL | アユ #- [ 編集 ]


★★★イスラエルの会社が、福島原発の安全管理をやっていた! しかも、全部の原発も担当する契約が 千早 Sunday, March 20, 2011
http://insidejobjp.blogspot.com/2011/03/blog-post_8785.html


そして、そこのトップ、ハイム・シボーニ(またはシボニ)[Haim Siboni]はこの記事の前日

「50人の作業員にまじって、安全管理システムを日本人の手で行うための訓練を受けに、3週間前にイスラエルに来ていた【(注:日本人だと思われる)2人】もあそこに入っている。彼らとは電話でもメールでも連絡が取れない。生きていると思うが、人命を危うくする原子炉の高放射能ゆえ、健康状態がどうなっているかはわからない。作業中の人々は、全日本人を救うためにまさに命を張っているのだ」


★★★福島原発は本当に人災だった
http://www.nikaidou.com/archives/11658
 
【最初に行方不明になった2名】。報道にも「福島第一原発の技術者2名が行方不明」と最初出ていたので覚えている人もいるだろう。 あの2名は東電傘下のプラントエンジニア。 この2名、なんと、津波後、原発の冷却装置を誤って操作したまま、さっさと逃げたという。しかも、そのまま郡山市内に逃げて酒を飲んでいた。

「俺たち津波にさらわれて行方不明になってるんじゃないか?顔つきで報道されたりして。アハハハハ!」

「もう放射能が大変で・・・ありゃもうダメだな」

そういう会話をしていたそうである。店の店員は「ヘンな二人だな」と思っていたそうであるが、やがておかしいことがわかり、当サイトにタレ込んで来た。現在裏取り中であるが、この2名が原発をほっぽって逃げた犯人なのは間違いないという。 しかも、呑気に刺身を食って酒を飲み、楽しく歓談していたという。・・・(以下略)

[2011/03/21 06:39] URL | アユ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/212-34699ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR