L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

相撲界の激震とモラル!(パート2)
例えば、相撲、野球、サッカーなどの選手が18、9歳で酒を飲んだとします。その結果、マスコミが騒ぎます。「あなたはそれでも恥ずかしくないのですか?」と声を荒立たせるレポーターや取材記者。そういう彼らもまだ未成年だった大学1、2年生の頃、酒を飲んでいなかったとは言わせないぞ。こういう偽善者ぶって足を引っ張る過剰行為が日本をダメにしている気がします。「お前らこそ、反省しているのか?」

私は違法行為を勧めているわけではない。
皆が堂々と違法行為をやっていることこそが問題なのである。
私がアメリカで未成年の頃、アルコール類を買おうと思っても、誰も売ってくれない。売ればそのお店は営業停止を食らうからです。何事も違法行為にはリスクが伴うのです。
事なかれ主義で、なあなあの日本はどうですか?

勿論、誰か大人に買ってもらって飲んだ事はあります。でも、違法で、飲んでいるという意識はあるのです。警察に捕まるリスクもあります。アメリカでは何をやるにも自己責任。ちょっとヘマをやることで射殺される事もある。常に緊張感が伴うのである。

日本の成人式の式典での若者のドンチャン騒ぎのような行為がアメリカであれば即逮捕です。暴走族が追いかけてくる白バイに対して挑発行為などすれば逮捕か射殺です。だからアメリカではこんな事件は簡単に起こりません。
だったら、18歳から選挙権を与えて、酒も飲めるようにするか?しかし、日本の18歳はまだまだ子供だと思う。

まず、まだ自立していない。一部はまだ高校生なのです。授業料も親がかりなのですよ。それに大人との付き合いがほとんどない。新聞を読まない。仕事をしていないので社会生活の大変さを理解していない。などなど理由をあげればキリがない。要するに大人としての準備が出来ていないというよりも、そういう社会教育を与えられていないと言った方が正解でしょう。

私がアメリカで高校3年生の時、Work experience(仕事の経験)という授業(?)を取った。これはクラスはなく、午前中、普通の授業を受け、午後、アルバイト先で働くだけの事です。たまに担当者が雇用主を訪ねて、そこでの働きっぷりをチェックして単位が半分もらえるのだ。若い時のこういった体験はとても貴重だ。

そして、高校3年の前半に「Government」という授業、後半に「Contemporary American Problems」という授業を受ける。Governmentでは政府の仕組みを勉強し、C.A.Pではアメリカで社会問題になっているテーマを討論する。例えば、麻薬、フリーセックス、徴兵、ベトナム戦争、人種差別などに関してです。この授業は誰が素晴らしい事を言ったかではなく、誰が積極的にみんなの話しを聞き、発言をし、参加したかで成績が決められる。こういう準備があって、本格的な政治参加に結びつくのである。私の時代は選挙権は21歳からでした。
相撲から話しがとんでもない方向にいってしまった。

思い出すのは1969年の「黒い霧事件」ですね。この時、野球賭博に関わったと疑惑がかかった9名のプロ野球選手が永久追放処分、他、11名が謹慎、戒告処分など。この中には、スーパースター、池永正明もいた。
私は博多時代に池永さんが経営するスナックに出入りしていた。彼はその事に関して、口を閉ざしていたが、彼は賭博行為の依頼を受け、100万円の現金を受理し、報告義務を怠ったのである。実際の賭博行為は行っていない。当時まだ22歳の若者である。100万円をまるで御祝儀のようにポケットへ入れて、報告する義務すら知らなかった。有名人で、何も考えず、何でも許されると思っていたのでしょう。心に隙があったという事でしょう。しかし、賭博行為に関しては疑惑だけで証拠もなかった。現在としては考えられない処分である。

その後、似たようなケースを多くの選手が起こしたが、大した処分を受けていない。私は池永さんはある意味において、時代の犠牲者だったと思う。
もし現在のように簡単に大リーグに行くチャンスがあれば、日本のプロ野球を見限って、大リーグに行けた。きっと大リーグでもスーパースターになっていただろう。それだけ彼は凄い投手だった。今でも惜しい才能を、野球コミッショナー委員会のメンツをかけた調査だけで、潰されたと思っている。

彼や彼の支持者たちが何度も申し立てをしたが、解除されたのが35年後の2005年だ。遅過ぎる解除であった。  (続く)

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/17-98182802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR