L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和ボケで危機感がない日本人よ、シナ人には隙を見せるな!
日本と中国のインテリジェンスに対する考え方が対極的な隣接国はない。

皆さんの記憶にも新しい、2004年5月、上海の総領事館の電信官(領事)が首を吊って自殺した。これは彼が行きつけのカラオケクラブのホステスによる「ハニートラップ」が原因と言われている。彼は日本の暗号コードを渡さないとホステスとの関係をばらすと、中国の諜報機関から脅されていたのだ。

2006年秋に、デンソーで中国人エンジニアが大量の技術情報を中国に送信していた事が発覚した。この男は中国の国営軍事関連会社から日本に留学生として派遣され、その後、デンソーに入社した工作員だった。

中国人の工作員はオーストラリアだけでも千人以上いると、オーストラリアに政治亡命した元外交官が米国議会で証言している。

アメリカには13万人近くの中国人留学生がいるが、その約1割以上の約1万5千人が現役の学生として、その他の産業スパイを入れると、5万人前後の工作員、情報提供者が活動している。勿論、中国人だけではなく、アメリカ人も多くいる。だが、アメリカの場合、スパイ防止法があり、CIA、FBI、ペンタゴン、警察がマークしたり、企業もリスクマネージメントが徹底している。

日本には留学生が7万2766人(2008年5月)いる。その2割の1万5千人程度は工作員、情報提供者だと言われている。日本の場合、警察の一部、公安がマークしているが、その人数はほんの氷山の一角だと言われている。その上、日本の場合スパイ防止法が在日の圧力からなのか、未だ制定されていない。こんな隙だらけの先進国、その上、中国、韓国の大使館、領事館の抗議に簡単に屈する国も珍しい。やらせ放題の言いなりである。

日本にはその留学生たちが卒業して、企業に就職して産業スパイになる。この数を含めると合計、3万人以上の工作員数になる。政治関連団体や議員事務所にも入り込み、政財界の秘密情報を中国に送信している。

何人かの首相を含めた重要ポストにいた政治家が、ハニートラップに引っかかっている。
過去、どのくらいの数の、兵器製造に転用可能な工作機械が中国、北朝鮮、韓国に輸出されてきたのか?
今後は需要者のチェック、そのバックグランドも徹底して調査してもらいたいものだ。

安全保障関連の図面、データなどを盗まれるという事は、将来、我々にその兵器が向けられるという事だ。それは許されてはならない。

本間ゴルフ、レナウン、NECなど、中国企業の配下になった企業に明日はあるのか?数年は技術力がある日本企業は重宝されるだろう。しかし、近い将来、とことん利用されて、タバコの吸い殻のようにポイ捨てされることだろう。今後、バブルが弾けて、経済危機が中国を襲ったら、こういう企業はどうなるか、注視していこう。

何の危機感もない政治家が「へー、中国からですか」とヘラヘラと隙だらけで対応している。政治家の事務所、国会、海外の大使館、領事館、産業会館、商工会なども盗聴器などの対策がどの程度とられているのか心配だ。

そんな工作員に、生活保護、留学支援金、公団を提供の至れり尽くせりとシナ人と在日朝鮮、韓国人に御奉仕する日本政府。何と間抜けで、平和ボケで、いかに情けない政府かお分かりでしょう。そこには日本人を守ろうという姿勢が微塵もない。

政治家も産業界も、過去のスパイ問題を忘れてしまったのか、もともと知らなかったのか、危機感が相変わらず欠けている。

それでは現在、日本から中国に留学している約2万人の学生に工作員はいるのか?ゼロだ。中国から、文化、技術、軍事など盗むものなど一つもない。そして、語学以外は学ぶものなどない。ハングリー精神は別に中国でなくても学べるのだ。恐ろしいのは、そういう留学生や会社員がハニートラップに引っかかったり、公安に捕まったりして、中国当局の配下に置かれ、逆スパイになることだ。平和ボケの日本人の若者よ、公安とシナ女性には気をつけろ!

情報戦略は戦前から日本は広告代理店を利用しなかったが、中国は戦前からアメリカの広告代理店と契約を結び、プロパガンダ戦略を実施して、欧米での反日感情を煽ることに成功している。

現在もアメリカの広告代理店に何十億支払い「慰安婦問題」、「南京大虐殺」、「尖閣諸島の領有権」などのプロパガンダ活動を展開している。

今後、日本も子供手当に何兆円も使うんであれば、その10%もアメリカやEUの広告代理店と契約を結び、日本のPRの一部をおまかせすれば、外務省の業務を縮小しても十分、日本国の宣伝は今以上にPRされることだろう。その方が、日本を元気にするし、効率がいい血税の使い方ではないのか。

最近、NHKの海外英語版放送では、次から次と中国の紹介番組や中国人の生活を追った番組が続く。耳に入るのは中国語。ニュースも中国との経済関連が多い。企業が中国人や韓国人の新入社員の必要性を語ったり、中国の紀行を紹介したりしている。日本人の税金や受信料を使って、何で中国を宣伝しなくては行けないのか?日本の話題は日本の不況関連。暗い話題で日本の売り込むつもりか?なぜ、中国と韓国に集中するのか?
NHKはいつから日本の国益になる番組作りをしなくなったのか?日本人の血税と受信料で運営されていることを忘れるなよ。日本は政治がダメなだけで、まだまだ政治次第で、中国や韓国よりずっと底力がある。お願いだから、日本人に自信と元気を与える番組作りをしろ!
生活保護をもらっている人間が多い中国人や在日朝鮮、韓国系がNHKの受信料、税金を払っていると思っているのか?

本来、日本の売り込みの陣頭指揮をとるべき総領事、領事クラスでも、相撲や歌舞伎の知識もなく、餅つきだって初めてと言うんだから。その上、現総領事が尊敬する人は「村山元首相」というから笑っちゃうよ。

あーー、また、まとまりがない記事になってしまったかな?

関連記事

コメント

広告代理店を使って日本のPR是非やって欲しいですね。コキントウの訪米ですが、日本の報道では、国賓扱いで、アメリカにとって中国はなくてはならない存在であるというような内容だったのですが、アメリカ国内とは随分温度差がありますね。これもお得意のプロパガンダでしょうか。
[2011/01/24 02:02] URL | むぎ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/168-068fa838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。