L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

一日も早くシナ人の入国審査にメスを入れろ!
以前、このブログでも紹介した、中国残留邦人の姉妹らの親族として来日した中国人53人の大半が入国直後、大阪市に生活保護を申請した問題で、孫などとしていた数人のDNA型が姉妹と一致しなかったことが、大阪府警の調べでわかったそうだ。新聞では数人としているが、私は彼らのほとんどが、親族になりすましていると思う。今後、外国人登録法違反容疑で強制送還し、10年以上は日本への入国を禁止にしなくてはいけない。厳しくしないと、次から次へと同じ事が繰り返される。

それにこの中国残留邦人だという、姉妹も当然、虚偽の疑いで取り調べ及び、責任を追及するべきだ。知らなかったとは言わせない。近く強制捜査に乗り出すというが、これ半年以上前のことなのに時間がかかりすぎる。今まで何をやっていたのか、ガッカリである。

そもそも厚労省は対面の時、福建省ということで疑いを持たなかったのか?どうもここ10年ぐらいの間に、中国残留孤児のニセモノが半数以上というではないか?

以前、TBSの「報道特集」でニセモノを本人と認め、残留邦人資格を与えたケースを紹介していた。しかも、本物は中国を出る事も、日本に入る事もできないという。当時の厚労省の言い訳が「現在の法律ではいったん戸籍を作ったら変更する事はできない」という。でもこれおかしいでしょう?ニセモノが戸籍に入って、本物が入れない?
多くの役人が「法律で決まっていることだから」と逃げる。法だって完璧ではない。なぜ現場でおかしいと思った事を行政の上に持って行けないのか?なぜ法の不備を指摘しないのか?

現在、犯罪者に時効があるが、この時効制を廃止した国は多い。法律はその時代に合わせて変えても良い。特に日本は特殊な国である。日本は日本らしい仕組みや法律、憲法をつくるべきだ。

このシナ人たちは大阪入国管理局に、出生証明書や結婚証明書など親族と証明する書類の他、入国後の雇用予定先がわかる資料も提出、国内で就労可能な「定住者」の在留資格が認められたらしい。
おい、入官よ、何年同じ業務をやっているのだ?こういう事はシナ人の常套手段ではないか。こういった書類が本物と思う方がおかしいぞ!

それにしても、市役所生活保護課、厚労省、法務省入国管理局にその中国の在留邦人がスポンサーになった人数がわからなかったのか?アメリカでは個人が複数の人間のスポンサーになることは金持ちでも難しい。それが53人?日本の役所もたるんできたか、業者と役人が癒着しているかだろう。
コンピューター・システムを改善しないと、入国管理も生活保護課も情報不足ではないか。関連省庁と横の連絡もスムーズにし、情報も共有出来る仕組みを考えてもらいたい。

法務省が法律と仕組みを作っただろうが、生活感が抜けた官僚がつくっただけあって、欠陥だらけだ。仕組みを一度リセットして、作り直した方が良い。
一番良いのは、シナ人、韓国人を10分の1ぐらいに制限する事だ。そして、審査をこういう国の信用出来ない奴らに対しては、吟味に吟味を重ねる事だ。

日本も、戸籍を偽装したり、虚偽の報告したら、滞在期間関係なく、永住権を取り上げ、強制送還せよ。そして帰化審査も厳しく難しくしなくてはいけない。横綱白鵬のように、日本を愛し、日本人を愛している外国人はウエルカムだ。
そして犯罪者は即刻、強制送還し、日本の税金で面倒見る必要はない。日本で犯罪を起こした外国人は特例を除いて、再入国禁止措置をとること。犯罪行為に対しては厳しい姿勢を見せない限り、シナ人や韓国人の反日分子が増えるだけだ。

日本の皆さん、自信を持ちましょう。日本はもう少し、円安になって、各自治体がシナとか韓国をあてにしなくても十分に観光客も誘致出来ます。ちょっと視点を変えて、努力さえすれば、タイ、台湾、インド、マレーシア、シンガポール、ヨーロッパ、オーストラリア、米国、中近東などの富裕層にアピールできる。

もう一度言うが、一番の問題は日本の役人が、中国の戸籍を信用する事だ。中国はどんなものでも簡単にニセモノを作れるのだ。日本の企業で働いている、中国の大学卒も本当に卒業したのだろうかと疑ってかからなくてはいけない。食料品すべてうそだらけだ。そもそも信用出来ない国からの入国は厳しく制限しなくてはいけない。

なぜ、今回のケースで入国管理局が動かないのか?警察以前に、即刻強制送還ではないか?それとも、1年の滞在許可を与えているから、それまでは日本に滞在させなければと思っているのか?それまでの経費は税金で養うのか?

これがアメリカなら、即刻強制送還です。今後、地方の役人が責任と権限を持って貰わなければ。たかだか53人のことで半年以上も時間をかけていたら、今後増えるであろうシナ人にどう対処するのか?

一刻も早く、外国人に対する国籍法、入国管理法、生活保護法を整備、強化してもらいたい。

そして、入国管理官、Gメンの数を現在の5倍以上増やすことが、雇用対策にもなるし、偽装結婚をする外国人の数も抑えることが出来る。こんなに審査がズサンであれば、もう地方の役人にはこういった事はまかせられない。生活保護費が国から出るので、シナ人であろうが、何人であろうが関係ないのか?無責任極まりない。出来れば国が責任をも持って、管理及び強化する方向でやってもらいたい。

こういうシナ人や韓国人たちが、川崎市、長野県小諸市、奈良県生駒市、群馬県高崎市の地方選挙の投票権を得れば、事は深刻である。
もしかして、多くの地方議員、役人たちは民主党が進めようとしている売国法案に賛成しているのか疑いたくなる。

今後、自民党、みんなの党、たちあがれ日本は断固として売国法案を阻止しなければ、日本に未来が狭まっていく。
関連記事

コメント

大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯である金賢姫を日本に特別待遇で招待した中井ひろし前国家公安委員長。
彼はどうなっているのでしょう?テロリストには頭を下げても、皇族の方の前では僅か5分も起立できないのでしょうか?
本来、皇族の方がお出ましされた場合、背筋を伸ばし、粛々とお待ちするもの。
秋篠宮様にヤジを飛ばすなど許されざる行為です。
彼の国家観には問題があります。即刻、中国人・韓国人犯罪者と共に日本から出て行ってほしいです。
[2010/12/02 07:46] URL | すみれこ #97hJRUaY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/129-92c88229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR