L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日系人強制収容所と我慢の達人たちの「我慢の芸術」
先日、友人とスミソニアン博物館で展示されている「Art of gaman(我慢の芸術)」の話題といかに日本人が凄かったで盛り上がった。この千点以上にも及ぶ作品群には日系人の苦しみの歴史が詰まっている。

多くの日本の皆さんはアメリカで日本人が戦時中、強制収容所に入れられていたことを知らない。アメリカ在住の約12万人の日本人及び日系人は3年半の間、10カ所の強制収容所に送り込まれたのだ。そのほとんどの収容所は草木が生えない荒涼とした砂漠の中にあった。

彼らには48時間しか退去するための準備時間が与えられず、結果的に家、家財道具を安値で買い叩かれ、それまで築いた地位、ビジネス、財産、信用全てを失って、収容所生活が始まったのだった。「ジャップ!」と罵られ、バラック小屋に押し込まれ、日本人としてのプライドをズタズタにされた。

この鉄条網に囲まれた収容所のトイレはカーテンもドアも無く、便器が5つほど並んでいるだけという、若い女性は到底耐えられない所だった。

しかし、日本人は決して未来を諦めなかった。展示されている「我慢の芸術」は生活に最低限必要な日用品を手作りするところから始まった。スミソニアン博物館に展示されている作品は、芸術家でも何でもない一般の日系人が、過酷な収容所生活に耐え抜いた中で、コツコツと作られたモノを個人個人から集めたものだ。

当初、強制収容所は戦争が始まってから突貫工事で作られたもので、1万人以上の人が人間的に住める状態ではなかった。トイレも食堂も長い列で、絶対数が不足していた。

そこで日系人リーダーたちがアメリカ側の管理者と交渉して、自分たちで住み良い環境を作り出した。床の隙間からは強風のため、砂埃が入っていたので、皆で助け合いながら大工仕事もやった。そしてトイレも改築し、日本庭園、農園、学校、診療所などを作った。管理者たちも同じ予算で、いかに日本人がずば抜けた管理能力を発揮したか驚いていたという。シナ人には絶対背伸びしても出来ない事だ。

日系人が苦しんだのは監視の中、まるでモノのような扱いを受けた事だった。収容所内では「番号札」が全員に付けられ、管理するアメリカ人からは番号で呼ばれた。多くは表札を彫り上げ、バラックに打ち付けた。日本人は自分の名前に誇りをもっており、これはささやかな抵抗だったのだろう。

日本人はどんな苦難に立たされていても、後世に残るモノを作り出す才能に長けていた。家具からアクセサリーまでバリエーションを広げていった。そろばん、スズリ、箸、杖など日用品から工芸品まで作った。それも道具が無く、その道具作りから始まったのだ。

素朴で創意工夫に満ちたこういう作品は、人種や世代、国籍を越えて、見る人の心にメッセージを送り込む事だろう。

展示品を観て、多くのアメリカ人は驚き、感動を覚えた。限られた道具、材料から作られた数々。極度の絶望の中でも、日本人たちはモノを生み出す力を失わなかった。日本人は諦めなかった。これらは逆境を撥ね除けようとする日系人の、気高い精神の表現へと開花して行った。「我慢」の末に展開したその結晶が、アートとして表現された。

多くの日本人は3年半後、強制収容所を出ても、決してこの場所や白人に対して悪く言わなかった。収容所の中での我慢も凄いが、その後、二世、三世に作品を見せないで我慢していた。子供たちがアメリカに溶け込むように、アメリカに反感を持たないように、アメリカから反感を持たれないようにといった配慮が、日本人にあったのではないかと思う。そこがシナ人と違うところだ。

当時の日本人は、日本で我慢、日本から移民してからも我慢、強制収容所でまた我慢の連続。日系一世たちは、我慢の達人の域に達していた。今の日本人がこういう状況で、耐えて、こういった作品を作れるだろうか?

先人たちの凄さを改めて知った。敬意を込めて「日本人って凄いな!」

この動画は日系強制収容所内の生活と、スミソニアン博物館「我慢の芸術」展示作品紹介。短い動画ですので、ご鑑賞いただければ幸いです。日本人の気高い精神の表現です。







私のイトコの2人は収容所内で生まれた。私の祖父、叔父2人もここでの生活を余儀なくされた。祖父は戦前は大きな農場を持っていたが、真珠湾攻撃から始まった日米戦開始後、全てを失った。そのショックが響いたのか、戦後間もなく亡くなった。

当時、父と母親、アメリカ生まれの父の2人の姉、弟、妹は日本で暮らしていたので、親子兄弟離れ離れであった。戦時中、父は日本帝国陸軍に入隊し、フィリッピンに送られ、父親、兄弟が生活するアメリカと戦うこととなったのだ。
父が生まれたアメリカに帰米二世として入国が許されたのは1959年、戦争が終わって14年経ってからだった。
関連記事

コメント
おはようございます。
勝手ながらこの記事を私のブログにて紹介させて戴きました。
それこそ今の日本人に爪の垢でも飲ませたい・・・の話です。先人の心中を察し涙が止まりませんでした。原爆を落とされ被爆し、広島忌で怨んでいませんと言う心根と重ね合わせて、かの過酷なときを過ごされた先人達の高潔な思いに触れたとき、言葉を失いました。素晴らしい泣きたくなるほど高潔で潔い生き方と、その心情もスミソニアンに展示されても不思議ではありません。素晴らしい記事を教えていただいてありがとうございます。
勝手に転載いたしました事お詫びいたします。
もしお気に召されない場合はご連絡を戴きましたら即刻対処いたします。
http://cafe1227.blog94.fc2.com/←ここです。
お気に召すまま・・・シェイド記
[2010/11/18 18:38] URL | orenge #iAn.OV3g [ 編集 ]

◆先人達の苦労と努力に感謝◆
ソーテルで雑貨店を営むある日系人の老夫婦は、連日、目を輝かせてお箸や茶碗などの日本の生活用品を買い求めにやって来る若いアメリカ人達を前にして、あまりの時代の変化に驚き、昔の苦労を考えるとこの現状が信じられないと私に語りました。
戦後になって移住した「新一世」に属する私は、戦前からの移民である三宅さん達日系人の歴史の深さそしてその過酷さに比べて、その行跡の上に乗っかって、まるでいいとこ取りさながらに、多くの知日家・親日家の友人達に恵まれている自分の事を思う時、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
日本ブームの勢いはとどまる事を知りません、そして世代を選ばず、また多様なジャンルに渡って展開をしています。しかし、その陰には捨石となった先人達の努力と功績があることを忘れる事は出来ません。

ところで、多分海外に移住をした日本人には、国を捨てた様なイメージが一部にはあるのではないかと思います。私の場合ですが、18才の時に、自分が日本人である事を意識し過ぎるが故に海外に出たという側面があります。日本人と言うものを外国の人に知って欲しい、また、一体外国では日本をどんな国と捉えられているのか、自分も実際に外国に住んで外から日本を見てみたい等の動機がありました。多分、友人達はまた違う理由・動機で移住を決めたとは思いますが、一般的に日系移民の間には、古風な考え方を持つ日本人が大変に多い印象を受けます。

少し意外な感じを持たれたのではないかと思いますので、まずは私の若い頃のハワイでの体験を紹介します。知り合った地元の日系二世の老人達のお宅では、よく天皇皇后両陛下のお写真が壁に高々と飾られているのを見て驚きました。彼らの多くが一度も日本に行った事がないにも関わらず、自分をアメリカ人である以上に日本人と考えていました。
気が付いた事は、ここは外国ではあるが、日本人の住む街という観点からのみ捉えた場合は、ある意味日本国内の地方や離れ小島に住むのにも似た、一般社会の中心から隔離された特殊な環境にあると言う事です。例えば、八丈島には「私・貴方」を意味する「ワレ・ナレ」と言う千年以上も前の言葉が今も現存しています。人口が密集していて刺激や変化に富んだ都市部の生活に比べ、地方や離れ小島での生活は単調な部分がありますが、同時に古い考え方やしきたりが長期に渡り継承される傾向も強い様です。三宅さんが、「日本に帰国する度、行動様式が中国人、韓国人化する日本人を見て、危惧している」と言う気持ちが良く分かります。5年、また10年ごとに日本に帰国するつど、色々な事が前回と比べて大きく変化している事に驚かされます。そのあたりの変化には、日本に住んでいる人達よりも私達の方が敏感だと思います。

こちらロスに住んで長いですが、やはり、日本の一地方に住んでいる様な感覚も覚えます。テレビの日本語放送の垢抜けしない(御免なさい)地元製作のローカルCM、また素人よりは確かに上手いがプロとしては多少ぎこちなさを感じるアナウンサー達を見ていると、微笑ましさすら感じます。人口の絶対数が少ないのですから人材にも限りがあります。色々な不自由さを克服する為に結束もします。激しい変化や刺激に晒される日本の都会に比べて、古風で保守的な気風が温存される土壌があるのだと思います。
[2010/11/17 20:52] URL | L.A. #- [ 編集 ]


先日テレビで、アメリカでの日系人の方々の苦悩を描いたドラマを観ました。辛く苦しい生活を強いられながらも、ひた向きに生きる日系人の方々には敬服致しました。その後も収容所や白人に対する恨み辛みを言わず、ただひたすら子供達を健全に育てる為に口を接ぐんで来られた生き方には、真の日本人の姿を見ます。
それに比べ、嘘ばかりを並べる中国人・韓国人の主張を信じ、優遇する民主党政権には到底日本人の姿を見る事はできません。
また、その主張を手助けし、国民に真実を知らせないマスコミには怒りすらおぼえます。
ここ数年、テレビでは『植民地支配だとか、奴隷扱い…』などと言う表現が使われます。民主党政権になってからは、この期に及んで『謝罪』を繰り返しました。私の祖父・祖母・伯父・伯母など、併合当時に朝鮮半島に住んでいた者は呆れ返っています。
『娘達に赤と紫のお揃いのチマチョゴリを着せることもあった。日本にお土産に買って帰った。』『生まれてきた子には、現地の地名にちなんだ名前を付けた。』『朝鮮の子供達は日本人を見ると、小遣い稼ぎに荷物を運んでくれた。どこまでもついて来るので“もういいよ”と、再び小遣い銭をあげたもんだ。』と証言しています。
終戦前に帰って来た我が親族達は、更に『帰国する際、朝鮮人に“もう少し居てくれ”と言われた。』とも証言しています。
もし奴隷だったと言うのなら、我が子に朝鮮人と間違われるようなチマチョゴリを着せるでしょうか?
奴隷だったと言うのなら、我が子にそのような残忍な事が行われている土地の名にちなんだ名前を付けるでしょうか?
奴隷だったと言うのなら、身銭を切って小遣いをあげるでしょうか?
日本には、あの時代に朝鮮半島にいた方が、まだまだ沢山いらっしゃいます。名残惜しむ手紙をもらった方までいらっしゃるそうです。
『民主党の皆さん!先ずは、その方々からお話を伺ったらどうですか?
どうしても賠償をしたいのなら、身銭を切ってあげてはいかがでしょう!』
[2010/11/17 04:40] URL | すみれこ #97hJRUaY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/tb.php/117-a51c1a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。