L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
04 | 2012/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メモリアルデー前後のL.Aよもやま日記!
昨日はメモリアルデーで祝日でした。毎年5月の最終月曜日がアメリカの戦没者を追悼する日である。墓地や霊園は、墓参りの人たちで込み合う。隣のホワニタばあさんは、昨日は我が家と同じローズヒル墓地(霊園)に行ったそうだが、墓地の手前で車が数キロも渋滞していたそうだ。
日本でいうとお盆のような日である。私はそういった状況を経験済みなので、毎年、翌週に墓参りに行く。

先週、現金500ドルを入金しようと銀行の窓口に行った。驚いた事に、その内の20ドル札4枚が機械を通らないので、偽札じゃないか?と言われた。
もしこの80ドルがニセ札だったら、どうなるの?と聞いたら、入金として受け付けないと言われた。要するに私が80ドルの損失を被るということだ。

おいおい、この現金はATM自動引き落とし機から引き出したものである。銀行がそのお札を受け入れたわけだから、私の責任では無いだろう?と問うと、「銀行で見破られない事はよくある」??と言う。おいおい、それだと私が運が悪かったということか?

結局、4台の機械中2台ではニセ札ではないということなので、問題ないということになった。まあ、なんといい加減で無責任な事か。「それではこの札がまた流通すると、誰かが銀行で私と同じ経験をすることになるの?」と彼らに問うと言葉が返ってこなかった。
日本だともっとまともな対応をしてくれると思うのだが、どうだろう?

まあ、この札が正当なものだと認知されたのだが、何かスッキリしない。TPPが実施されて数年経つと、こんなアメリカと同じような状況が日本の銀行にもやってくるのだろうか?


マンザナー日系強制収容所の跡地周辺で財布を紛失した事はすでにお知らせしましたが、3週間後、財布が見つかったと連絡があった。アメリカでは、こりゃあ、奇跡と言っても過言ではない。
トリプルA(日本でいうJAF)から連絡があり、発見者の連絡先を教えてもらい、連絡をした。財布の中にトリプルAカードが入っていたので、連絡したようだ。

発見場所はインデペンデンスという町のイースト・カリフォルニア博物館で、連絡した人はこの博物館の館長。ここはマンザナーから5キロぐらいの小さな町で、この博物館には我が三宅家が戦前に使用していた蓄音機やラジオが展示されている。これはイトコが数年前に寄贈したものだ。

ここは紛失した可能性があると思って立ち寄った場所だったが、閉館した後でドアが閉まっていた。
ここでは座っていないので、博物館の駐車場につけていたイトコの車に乗り込む時か、降りる時に私のダブダブのチノパンツの膝上のポケットから落ちたのだろう。普通だと気付くだろうが、睡眠不足と炎天下の中、外に長くいたので余程疲れていたのだろう。

連絡があったのは3週間後なので、勿論、クレジットカード、銀行カード、免許証も再発行してもらった後だ。

紛失したのが土曜日だったので、銀行カードをブロックしてもらおうと連絡するのだが、紛失の受付を週末はやっていないとは、何と不便な事だったか。その週末は、お金が引き出されなければと祈るしか出来ないとは。その点、クレジットカード会社は対応が24時間サービスで便利だった。

今回、財布にたまたま入れていた母の高齢者保険カードを再発行してもらおうと、社会保険庁に連絡したのだが、たらい回し。やっと数カ所目に教えてもらった番号を数回かけるのだが、その都度、15分、20分待たされるので、つい先送りしていた。TPPが実施されると、こういったサービス低下のイライラが日常茶飯事になる事だろう。

この博物館の館長が親切な人で良かった。話し合いの結果、取りにいくには遠すぎるので郵送してもらうことになった。財布は5年近く使用していたし、郵送しづらいと思い、処分してもらい、中味だけを郵送してもらった。財布の現金は博物館に寄付する事にした。現金が60ドルほど入っていたが、郵送料が10ドルほどだったので約、50ドルを寄付した。
財布の中味は意外と私の記憶通りだった。7枚の名刺、メモも、知り合った人のメルアド、クレジットカード、銀行カード、免許証、数枚の身分証明証、スーパーのカードなど。名刺やメモった人たちとは縁がなかったと諦めていたが、縁が復活したようだ。


今日も猛暑の一日だった。久しぶりに裏庭の木々の枝が屋根の近くまでのびてきたので、チェーンソーで切り倒したり、剪定作業などでノドがカラカラになった。改めてプロ顔負けの仕上がりに満足した。
先週から草取りも毎日やっている。ちょっと油断すると、雑草が生えるのが早い。明日はゴミ箱に入るように小さく切断する作業をしようと思う。


私は母の介護を3年ほど前からやっているが、最近は24時間手がかかる。そのせいか、2年前から体調がすぐれないし、怪我が絶えない。約1年前に血糖値が935に上がったり、血尿など、膀胱系や腎臓がちょっと痛んできている。

運動も週5日、時間を作って8キロから15キロマイペースで走る。ボクシングも、サンドバッグにパンチを3分×8ラウンド叩き込んでいたが、最近はちょっと御無沙汰。パンチ力がありすぎて、右手首を骨折してしまった。
毎日、コンピューターに向かい、メールや原稿を打ち込むせいか、腱鞘炎も相当悪化している。そして、左腕は母親が倒れるのを、とっさに支えた時、靭帯を痛めて腕が曲げるとまだ痛い。だから、最近は筋力トレーニングは当分休止状態で、主に走り込みが中心だ。2ヶ月ほど本格的に筋力トレーニングをやっていないので腕が細くなった。まあ、それでもまだまだ太い方だとイヤミを言われそうだが。

庭仕事やキーボードを叩くのも痛みとの闘いだ。もう、身体中がボロボロだ。ゆっくり静養が必要だが、母の介護をやっているとなかなかそうもいかない。
本格的に敬老介護ホーム入居に向けて積極的にアプローチを開始した。何しろ、日系介護ホーム入居には戦略が必要のようだ。まともにやっていたらいつになるか見当がつかない。

先日も夜中に脇腹から背中にかけて我慢出来ないほどの痛みが押し寄せてきて、1時間ほどうずくまっていた。久しぶりに嘔吐した。一人で「痛いよ〜」「どうなっているんだ?」「もう俺の人生は終わりかよ?」と真夜中に喚き放題だった(笑)。若い頃は怪我してもすぐ完治し、怖いもの知らずだったが、平均的な健康体になってしまった(ははは)。子供の頃から病気もなく、人も羨む健康体だったのだが、私の人生飛ばし過ぎだったようだ。あちらこちらの機能が低下してきた。今後は充電し、燃料を補給して、チューンアップが必要か?こういう時に、誰かが励ましてくれたり、やさしく手を握ってくれるだけでも癒されるのだろうな、と一瞬寂しい気持ちになったChris Ryouan三宅でした。

○ 緊張感がない日本の政治家よ、日本を守る覚悟を見せよ! ○ 河本準一の母親生活保護受給問題を追及!
今の日本の政治状況は、手の付けようがないほど最悪である。これだけ政局の緊迫感がない状況は未だかつて見た事がない。

たまたま5月21日の衆議院社会保障と税の一体改革について、伊吹文明議員から野田総理への国会質問の映像を見ていたら、後ろに座っているノーネクタイの男が目障りでしょうがなかった。この鴨下一郎議員の隣に座っているこの人は自民党の議員なのだろうが、伊吹氏が話している時、ペチャクチャ鴨下氏と話し、時たま見せるニヤけた表情が緊張感の無さに拍車をかける。この議員は度々長髪の髪型が気になるのか、髪型の手入れに余念がないようだ。このナルシスト議員は一体誰だ!

http://www.youtube.com/watch?v=zqSOaC2_X8U

最近、こういった緊張感がない議員や、くだらないヤジを飛ばす議員が国会中継で目立つ。民主党よりはずっとマシと思っていた自民党も、野党ボケなのか、シッカリしてもらいたいものだ。霞ヶ関にどっぷり浸かると、自分が見えなくなるのか?
今の世の中、誰が映像を見ているかわからないのだから、国民の怒りを真剣に受け止めた行動をしてもらいたいものだ。

今日の、先の見通しが見えない体たらくの日本をつくった責任が自民党にある。政権与党の座を民主党に奪われた反省が見えない。自民党は長期政権ボケし、事なかれ主義、改革の先送りをした張本人として、日本人を情けない国民に導いた責任を胸に、盛り返してもらいたいのだが。

保守政党として、民主党とは比べ物にならないほど、優秀な人材もいるのに、こんな目障りな男が映像に映っている限り、自民党のやる気と決意と覚悟が国民に伝わらないぞ。今の日本の状況を立て直す、希望を国民に示していただきたいものだ。


民主党政権になって急激に増えた生活保護不正受給者。特に彼らの恩恵を受けているのが在日外国人たち。この上、外国人に参政権を付与するとどうなるか考えただけでも末恐ろしくなる。民主党はほとんど何もマニフェストを実現していないのに、売国法案である「外国人参政権」「人権侵害法案」はなぜか積極的だ。余程、在日や日教組からの圧力が激しいのだろうか?

河本準一の母親の生活保護不正受給問題だが、片山さつき参院議員がブログで紹介したことで、ワイドショーの恰好格好のネタにされた。この片山さつき議員の目立ちたがりは徹底しているが、議員が個人攻撃は如何なものか?
生活保護行政の不備は今始まったことではないが、民主党政権でそれがひどくなったのは事実のようだ。本来、議員ひとり一人に、生活保護行政の不備は責任があるのだから、国会審議で声を上げてもらいたいものだ。

問題を提起してくれたことは有り難いのだが、結果的に週刊誌やテレビにワイドショー・ネタを提供しただけに終わらないでいただきたい。国会議員の仕事は、法改正を含めた改革を実行する事だ。

河本氏も私は当初、コメディアンらしく、正直に笑いと謙虚さで事の次第をいち早く語れば、国民も納得したのだろうと思った。しかし、1ヶ月近くも弁護士や吉本興業関係者との打ち合わせに時間をかけたことで、話題が収拾つかないほど広がってしまったのだ。何日も記者発表を行わなかった本人も吉本興業も、まさかこんなにも事が大きく発展するとは思わなかったのだろう。

まず、気付いたのは対応に当たった吉本興業が、会社の規模のが大きさの割にはリスクマネージメントがなっていない。島田紳介騒動の時も感じたのだが、これだけ多くの芸能人を管理している会社なのに、どうも対応がアマチュアだ。時代の先端にあるはずの業界が、隠そうとしても見破られる時代を読み取れなかったとは、呆れてしまう。今後は、パチンコ業界との癒着、在日団体、暴力団、生活保護との関係も暴かれていくと願っている。これがきっかけで、バランスがとれたテレビ番組編成が実現されれば有り難いが。いくらテレビ局を我がもののように支配していると自惚れ、視聴者を舐めてはアカンでえ。

会見の模様を見ていると、弁護士との綿密な打ち合わせと、口裏合わせを今までやってきたのだろう。何となく、演技臭い匂いがした。

それにしても彼のお姉さんが週刊誌『週刊現代』の取材に対し、「不正受給と言われるのは家族として心外です。じゃあ、なんで市役所が(受給を)認めたんですか!不正だったら認められないでしょ!」
と主張したという。生活保護は「獲得した権利」であり、「一度認定されたものを継続していただけ」と市役所から認められた権利なのになぜ悪いのかというのが河本家の言い分だったようだ。

彼のお姉さんの、取材に対する言動は、日本人の言動とは思えない。彼女の言葉を分析すると、「できるだけ政府に面倒見てもらった方が得」といった損得勘定が節々にある。そこには娘であっても、親の面倒を見るのは政府だという権利を主張し、自らが負担を強いられる義務は無いといった、我がままで安易な考えがベースにあるのが見える。何でもこのお姉さんも、親戚も生活保護を受給していたそうだ。ますます在日の可能性が高くなった。

問題を追及した片山さつき議員には「後で謝る事になるんじゃないですか」と居直る。その後、母親もお姉さんも弁護士が介入したのだろうが、口裏を合わせ始めて何となくトーンダウン。あれだけ不正受給じゃないと正当性を訴えていたのに、今になってなぜ受給を辞退するのだろうか?まあ、日本人なら火に油を注ぐような発言は慎むのだが・・。

多分、役所は問題ないと言ったのだろうが、現在の役所はどうも調査能力に限界がある。それを役所も政治と同じく、事なかれ主義でことをすすめたがる嫌いがある。
それとも、吉本興業が役所とつるんで所属タレントに、「売れるまで生活保護を受けたらいい」と受給方法を指導していたかもしれない。その見返りに吉本から興行のフリーパスでももらったのか?もしそうなら、自慢のタネになるだろう。
それとも見返りに現金か?役所の関係者も弁護士と口裏合わせしている匂いがしないでもない。吉本もそうすることで何百人分のタレントを売れるまで安くこき使えるからね。もしそうなら、公務員の責任感、モラルの低下を叫ばざるを得ない。
そういう可能性が少しでも推測されるようになったら、これは組織的に東京、大阪以外に吉本興業の支社がある札幌、名古屋、福岡にも調査の手を広げないといけない。

彼が在日なのか彼がカミング・アウトしていないので何とも言えないが、お姉さんの対応と、彼らのメンタリティーはそれっぽい。

河本準一はいろいろ言い訳を並べていたが、結局、「貰えるものは貰っちゃえ」「バレなきゃいい」というモラルが低下した家庭で育ったということだ。そこには「私」があるだけで「公」がない。

我が家は母も父も裕福だったわけでもなく、私が幼い時から共稼ぎだった。私も苦学生で小学生の頃は日系新聞(羅府新報)を配達して、中学生の頃は母がやっていた洗濯屋を学校が終わってから手伝っていた。高校時代は自分で稼いだ金で買った車で通学し、放課後は毎日、病院で仕事をしていた。
19歳で自分の金で、単身日本に帰国し、学費も自分の金を使い、結局、貯金が底をつき授業料が払えず、悲惨な貧乏生活を送っていた時期もあった。しかし、そんな時でも生活保護を受給するという発想すら持ち合わせていなかった。当時の日本人はそういった悪知恵を与えてくれなかった。

その後、友人に何百万円もの金を貸した事もあるが、借りた事は親を含めて記憶にあまり無い。借金とは無縁の男で、政府のお世話にも他人を頼ったこともほとんどない。子供の頃から洋服や靴などほとんど自分の金で買っていた。父親からの小遣いも「持っているからいい」と受け取らない可愛くない子供だった。
結果、成功とは無縁の生活をエンジョイしていた私は、そういう意味では堅物だったのだろうか?

アメリカに住む多くの日系人は例外を除いて、生活保護に関して権利があっても恥だと思うようだ。だからといって私は生活保護を否定するわけではない。必要な人には国は支援するのが当然だと思っている。だが、最近の日本はどうもアメリカ並みに不正受給が増えているのが実態のようだ。

アメリカでは韓国人の不正受給は組織立って積極的にやっている。受給方法を指導するのだ。韓国人という国民は、医者であろうが弁護士であろうが公認会計士であろうが親が受給しているケースをよく見かける。彼らは世界中でそれを実施している国民だ。特に日本は彼らにとって天国のような国だ。

多くのシナ人、在日朝鮮人は特に受給が目立つ。公団の入居率も全国的にシナ人が圧倒的に増えたと言う。日本人の血税が無意味に秩序を乱し、治安を悪化させるシナ人や在日朝鮮人に垂れ流しにされているのだ。多くの日本人には知らされていないこの現実に無関心であってはいけない。血税が真面目な自国民のために使われているか検証してもらいたいものだ。

日本政府はどの程度それを把握しているのだろうか?知っていても気にならないのだろうか?民主党政権はそういう在日やシナ人が楽できる世の中を推進しているようだ。
もう公団やら議員宿舎やら交通費無料パスの時代ではないだろう。それを自衛隊、警察、消防など一部を除いて、売り払って財源に回したらどうだ?議員たちが何の痛みも負担も背負わず金を使い放題で、国民に痛みと負担を押し付けて増税だ?順番が違うだろ?
今後は公団や公務員宿舎の入居資格がある人に、手当を払った方が市場に金が流通するし、不法入国者の阻止にも役立つ。そのかわり、それを悪用する人間も出てくるだろうから、厳しいチェック機能の強化も必要だろう。

今回の生活保護不正受給問題が、きっかけとなり、在日外国人の不正受給の取り締まり強化や、在日特権の廃止、通名使用の禁止が国民に知れ渡り、世論を動かす力となり、実行される事を願う!

今後、現在売れている在日芸能人は一斉に、親が受給しているか確認を取る事になるだろう。そしてその実態を知り、慌てふためくことになる。当然、吉本興業所属の売れないタレントにも影響が生じるだろうが、まともに正直に生きている人たちが報われる社会にならなければ日本の再生はないだろう。


○米国の最も重要なパートナーは「日本」! ○散々事なかれ主義を通してきた日本政府はツケの尻拭いを、自分たちで責任を持って拭ってもらいたい!
外務省が米国内で実施した対日世論調査結果を発表した。この調査は外務省の委託を受けた米ギャラップ社が2月から3月にかけて、18歳以上の一般成人1200人と、有識者200人を対象に電話で実施した。昭和35年からほぼ毎年行っている。私はこういった、聞き手や聞き方によって変わる調査はあまり信用していないが、何かの参考にはなると思うので御紹介する。

まず、アジアにおける、米国の最も重要なパートナーは「日本」「中国」「ロシア」のうちどこか?では一般国民の50%が「日本」と答えた。しかし39%が「中国」を選んでいる。

有識者(政官財、学術、マスコミなど)では3年連続で「中国」(54%)が日本(40%)を引き離している。これは貿易や投資など米中経済の結びつきと依存度が、有識者にとって強く、今後の期待の表れなのだろう。

昨年は「豪州」「韓国」「インド」も選択肢に含まれていたため、今回の調査と単純比較しにくいが、一般、有識者ともに「中国」が単独首位だった。
では、今年はなぜ多くの一般アメリカ人が中国より日本を選んだのか?
一つは中国の理不尽な行動や発言に対してアメリカ国民が嫌気がさし、また、中国経済の先行きにも不安を持ち始めたからだろう。

日本人を評価した一つの要因は、昨年の東日本大震災がトップニュースで伝えられ、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がった。略奪が起こらない日本に対し、親近感と信頼感を改めて感じ、日本人の素晴らしさを再確認したからだろう。
また、同盟国としての実績と、この3カ国の中では一番信用に値するからだ。

有識者のみを対象に「アジアでどの国が最も米国と価値観を共有しているか」と質問したところ76%が「日本」と回答、「中国」は3%だった。
私にはアメリカの有識者が「日本よ、どうした?しっかりしてくれよ!」と願っている言葉が聞こえてくる。

だが、アメリカ人は平気で裏切る国民だ。特に、日本のマスコミ同様、アメリカの国民意識を煽動するマスコミは信用におけない。今日の腑抜けの日本人を作った元凶はアメリカと日本人自身と言う事は忘れてはいけない。

だからと言って、中国や韓国に近づいて良い事があるのか?答えはノーだ!彼らと関われば関わるほど日本はどんどん底なし沼に引きづりこまれる。

韓国の慰安婦(戦時中の売春婦)、竹島、日本海の問題も、中国の台湾問題、チベット、ウイグル問題、尖閣諸島問題も日本は押されっぱなしだ。


ではアメリカではどうか?アメリカのメディアは中国資本が相当流れ込んでいる。サンフランシスコのメジャー新聞は中華系に買収された。

では韓国系は?韓国系のマスコミは捏造が多いが、問題は韓国系アメリカ人の多くがアメリカのメディアに入り込み、、NHKの海外放送でも多くの韓国系が報道記者だ。これだけメディアに紛れ込んでいる現実を知った上で、彼らの民族的情報操作に向き合わないといけない。

先日のホワイトハウスへの「日本海呼称継続」嘆願署名は目標の2万5千人をオーバーし、最終的に28674人だった。これは白黒がハッキリつく問題だから、嘆願署名に意味を見いだせる。しかし、韓国勢は「東海呼称」に10万人以上の組織的署名を集めている。これは在米韓国系の人口が日系より多い事と、残念ながら日本人と日系人の連携と、価値観の共有がスムーズにいっていないことを表している。

それに、韓国系は日系と異なり、歴史教育の洗脳教育を家庭、教会、学校などで徹底的に推し進めてる。特にニューヨーク、サンフランシスコ周辺では、韓国系教職員組合が韓国系子弟の多くに「朝鮮民族の優秀性」「朝鮮民族の歴史教育」「反日教育」を洗脳している。
アメリカでも移民歴が浅い韓国系は、コンピューター、ネット世代が多いので、ネット署名での数が自然に増える。
アメリカのワシントン・ポストもニューヨーク・タイムズもロサンゼルス・タイムズも東アジア情勢関連の記者は韓国系が担当している。彼ら韓国系のネットワークは執念深く、日本叩きで結びついている。

そもそもアメリカ人の8割は慰安婦問題に関心が無いし、理解していない。しかし、多少でもこの問題に関心があり、知識がある人の多くは日本が一方的に悪いと思っているが、「もう何度も謝罪しているのだから、許してやれよ」と慰安婦が実在していたことを前提に言う。

日本政府や外務省は、なんで知恵、責任感、正義感や国益意識が欠如しているのだろうか?何かあると、「賠償問題は解決している」「もう何度も謝罪している」という的外れの言葉を発言する。日本政府や外務省がコメントする「慰安婦問題はすでに解決済みだ」というが、このコメントは誤解を招く言葉なのでやめてほしい。海外に、金で解決する冷たい民族だと言う印象を与えるのだ。もっと国益に基づく表現ができないものか?

なぜ、ハッキリと「そういう事実もそういう慰安婦も存在しなかった」「事実と裏付ける証拠はない」「単なる報酬を得て働く売春婦は存在したが、軍とは何の関連性は無い」と言わないのだ。「彼女たちは金を目的とした売春婦」だと。何度も何度も「慰安婦は売春婦」と言い続けることが重要だ!

だから、「慰安婦」問題は、腹を据えて、戦略を持って訴えないと、逆に利用されるだけだ。これは「日本海」問題と違い、日本政府が公式に「慰安婦は売春婦で、そういう事実は証明されていない」と認めていないから複雑なのだ。すべて河野洋平、日本政府、外務省の責任なのだ。

私は10年以上関わってきたから、今後の展開が読める。事実、残念ながら私が描いた通りに展開しているのだ。最近は目覚めた日本人が多くなったのは結構だが、同じ土俵で闘うと、確実に不利な展開になり、逆効果だ。
私は水をさすつもりはないが、今後、日本政府との連携なく、中途半端な署名活動をイタズラに展開すると、韓国系の攻撃がエスカレートし、最終的に泣き寝入りの方向に進行する可能性がある。
何事もどんな効果があるか、慎重に展開を考えてやらなくては。

一生懸命で焦っている気持ちもわかるが、中途半端に展開すると彼らの罠にかかるのだ。アメリカにはアメリカの事情がある。各自治体が独立し、首長が決めた事、それも民族問題に関したことを、何万署名が集まろうが、オバマが大統領選前に議題にするとは思えないし、そんな権限も無い。もっとアメリカ事情を理解してもらいたい。
こういう状況下で、騒げば騒ぐほど問題が大きくなり、それこそ韓国系が描いたシナリオなのだ。

日本の4人の議員たちが、ニュージャージー州パリセードパークを訪ねて、市長に撤去を申し入れたが、これも無謀だと思う。アメリカ人には「いきなり何を言っているのだ?」としか見えない。ちょっと知恵不足だ。この慰安婦碑が建立されて2年が経つのだ。なぜ、その前に根回しと仕込みをしなかったのだ?こんなこと韓国系の民族性を学習していたら想定内だろう?すべての原因は日本側の事なかれ主義と隠蔽体質が招いたものだ。
今回、私もこの件では署名し、多くの仲間に協力を要請した。しかし、残念ながら私の戦法ではない。私の見解とは別に、アメリカの22カ所にも「慰安婦碑」を建立するらしいのと、今後の民族間闘争をアメリカで展開しない意思表示として、日本政府へのアプローチ同様、署名をお願いしたい。

https://wwws.whitehouse.gov/petitions/%21/petition/remove-monument-and-not-support-any-international-harassment-related-issue-against-people-japan/FPfs7p0Q?utm_source=wh.gov&utm_medium=shorturl&utm_campaign=shorturl

ただ、今後、「人種のるつぼ」アメリカで、韓国系が民族間の歪曲した捏造史実を「碑」に込める事が許されれば、米国内で新たな民族間の争いが起きて、国がまとまらなくなる。

さっきも言ったが、ニューヨーク・タイムズなどのメジャー紙の担当記者も韓国系だ。彼らは彼らの都合が良いように書く。案の定、「日本側や日本の議員たちの圧力に、市長は怒っている」と書かれるのだ。
日本側より、韓国系が同情されるように報道するネタを日本側が提供していることをお忘れなく。

日本政府は、ソウルの慰安婦博物館や慰安婦像を撤去させるのが先だろう。それを実行させてから経済援助だろう?それをやらなくて経済援助を優先するとは、何と情けない国か?
何度も言う、これは日本側がすべての原因を作っていることを忘れないでもらいたい。

今後は、マスコミ各社に河野洋平を取材させて、彼が反省しているのか、どれだけ迷惑をかけたか、オトシマエをつけるしかない。彼の発言内容によっては自民党は大きなダメージを受けるかも知れないが、それが、自民党の責任でありオトシマエである。内容次第では世界に発信しなくてはいけない。

韓国を支援する金があるなら、もっと有効に金を使って、広報活動と諜報活動を強化する必要がある。米国やEUの国々の議員や関係者を招待して、定期的に説明会を増やしたらどうか?領事館も大使館もそういったことを避けてきたツケが、この問題を大きくしている。
在外邦人の集まり中心に顔を出して、ご馳走に招待され、ダダ飯を食う暇があったら、プレスリリースなり、広報や歴史的正当性のPRを展開するほうが国益になると思うのだが。それともイヤなことや、面倒くさい事からは逃げたいのか?

この問題は日本が韓国を優遇的に経済支援せず、日本企業が海外で韓国企業が食い入る隙を与えないほど、日本企業や下請け企業支援をして、勝ち残れば、韓国は力が衰えると同時に、理不尽な要求や捏造も力がなくなるのだ。韓国に一度制裁を発令すれば、その効果が成果を生むことを実感する事だろう。

日本政府は堂々と言うべき事を言い、理不尽な要求や言いがかりは一切受け付けないという強い覚悟と信念が必要だ。それでも言ってきたら、経済援助を断ち切る事だ。余計な経済援助しているから、海外から「日本は後ろめたい気持ちがあるから」と思われ、韓国に利用されるのだ!

日本国は一日も早く、自国民を愛し、尊ぶ真正保守政権が国益のために勇気と覚悟と信念を持って外交努力をしない限り、日本人は永久に、ならず者国家の食い物にされるのだ。
恩を仇で返す様な行為には制裁を覚悟しなくてはならないとのメッセージを発信し、実行する時だ。
今まで散々事なかれ主義を通してきた政治家や官僚のツケは自分たちで責任を持って尻拭いをしてもらいたい。それが、当然の任務ではないか?


10年程前、「拉致被害者家族の会」の横田さん御夫婦と、めぐみさんのおとうとさん、有本さんがL.Aを訪問した時、100名ほどの日本人、日系人が集まった。その後、私個人で500名ほどの手書き署名(住所と名前と署名)を日本に送った。これは自慢ではないが、個人ではトップクラスだと自負している。
その後、「台湾正名運動」でも個人で合計600名ほどの手書き署名(住所、名前、署名)を日本に送った。在米台湾人100名ほどにも署名してもらった。何しろ年配者が協力的だったのだ。
今でも日系や台湾人はネット署名は浸透していない。

以前、ツイター、フェースブックでも紹介した、アメリカ版「台湾正名運動」のネット署名はお陰さまで現在、約6000名です。これは、アメリカの住所が無いと資格が無いので、ブログでは紹介しませんでした。在米の方はこちらまで。
http://www.change.org/petitions/iso-change-the-country-name-for-taiwan-province-of-china-into-simply-taiwan?share_id=qZSXljBYJN&pe=d2e



昨年末、野田首相が、日本側には何ら義務が無い朝鮮半島由来の図書「朝鮮王室儀軌」の一部を、ヘラヘラ得意げに引き渡したが、次は「全部返せ!」と要求してきた!
民主党政権のあの菅直人前首相が決め、野田が昨年末に韓国政府の歓心を得ようと朝鮮半島由来の図書「朝鮮王室儀軌」を引き渡した。皆さんもニュースの映像を見て覚えていると思うが、ヘラヘラと得意げな表情でこの図書の一部を李明博韓国首相に手渡し、喜んでいる表情を今でも忘れない。

一度彼らの言い分を受け入れるとどうなるか、政治家のような高学歴の地位の方々が、想定しないとは馬鹿じゃないかと最近思う。政治家や官僚は、過去の外交を学習しないのか、学習する時間がないのか、それとも学習しても頭に入らないのか、何れにしても懲りない愚かな面々だ。

正当に持ち帰った日本側に対して、略奪されたという言い張る韓国側とは、見解の相違というより、民族性のギャップを感じるのは私だけではあるまい。

例えで言うと、ある商品を金を出して買って、領収証まであるのに、何年か経って、景気が悪くなって経営が悪化したので、商品を返せと、恫喝されているようなものだ。
それを、菅前首相が、2年前の日韓併合100年の談話で、日本側に何ら義務がないのに引き渡しを表明した。その後、野田佳彦首相が路線を引き継ぎ、朝鮮半島由来の図書「朝鮮王室儀軌」の一部を受け渡したのだ。

このことが発端で、日本の4国立博物館に所蔵する朝鮮半島由来の文化財4422点を「全部を返せと!」とエスカレートすることとなった。日韓間に新たなアツレキを生じさせる結果となったのだ。

先日、17世紀にスペイン国王から徳川家康に贈られたゼンマイ式西洋時計を鑑定した大英博物館の研究者が「「世界的に珍しく貴重。当時として最高の技術でつくられた傑作」と評価した。これは久能山東照宮(静岡市)に保管されている国指定重要文化財である。これは国内で現存する西洋時計としては最も古いとされている。
この時計は1609年にスペイン船が千葉県沖で難破した際、救助された乗組員を家康が手厚くもてなしたことに感謝し、2年後の1611年に国王フェリペ3世が贈った。

では、スペインがこのゼンマイ式西洋時計を返してくれと言うか?もし、韓国であれば、感謝のお礼に贈られたものでも、返せ、返せとわめき散らす事だろう。

韓国の根拠が無いデタラメはそれだけではない。竹島も不法占拠しているのに世界中に「独島(竹島)は韓国領だ!」、「対馬はもともと韓国のものだった」、「日本海は本来は東海だ」、「従軍慰安婦に対して謝罪と補償を要求する」と騒ぎ、世界中でロビー活動や抗議運動を展開する。

それも民主党政権によって日韓通貨スワップ協定で5兆3千億円以上も約束させ、何の価値もない韓国の国債を日本が購入する事になり、何から何まで至れり尽くせりだ。

韓国に渡す金があるのなら、その千分の一でもいいから、今後、日本の広報活動、ロビー活動、歴史の公正公平な事実のみを時系列的に政府から独立した団体から発信したり、世界中の議員やメディア向けの説明会などに使った方が、長期的に日本の国益になる。また、大新聞以外にもネットでPRしたり、Youtube動画を効果的に発信したら、日本の観光や文化促進にもいかせる。

中国や韓国とは、クールな関係を意識した方が、彼らとうまくいくような気がしてならないが、日本の多くの政治家や財界にはその辺が見えないようだ。

民主党は被災地の復旧や復興、ガレキの処理など優先的にやるべき事あるのに、韓国を支援する方が優先される。いったい民主党政権は、シナ人や韓国人と、自国民の利益と、どちらが大事なのだ?

私は元々、朝鮮民族を差別したり、嫌いだったわけではない。どちらかというと、どうでも良かったし、眼中に無かった。しかし、ここまでウソやデタラメを大人げなく並べられると、不愉快を通り越して、こいつらは、つける薬が無いほど病んでいる民族ではないかと思うようになっている。

そりゃあ、韓国系でもまともで、素晴らしい人たちもいるだろう。しかし、そういう人たちが、狂っている韓国の同胞に対して「いい迷惑なんだよ、恥さらしが!」と声を上げない限りは、同類と見なされる事を忘れないでいただきたい!

今日、ニューヨーク、サンフランシスコ、L.A、ハワイなどで放送されているフジテレビ系の「FCIモーニングEYE」を見た。
何でもニューヨークで、クラブや各種イベントでお客さんが楽しめるように音楽を選ぶDJとして活躍している日本人女性のDJジューンがニューヨークでDJとして成功するための秘訣を伝授するべく、セミナーの紹介をしていた。参加者はDJとして、必要なスキル、人脈作りの方法、選曲のコツ、客層、人種、年齢層、男女の比で選ぶ曲、などを学んだそうだ。第一印象では今風な、チャラチャラした女性だと思ったが、何と何と、しっかりした礼儀正しい、気配りのある日本女性だった。彼女の語った言葉で印象深かったのは「誠実さが大切」「日本の学校で小さい頃から教えられた道徳的なところを大切にしていけたらプラスになる」。
すぐ自惚れて、自信過剰になり、態度が悪い韓国系は、彼女の言葉が理解出来るだろうか?

昨日、東北大学の谷口宏充名誉教授(火山学)は、北朝鮮の白頭山が、東日本大震災のプレート運動の影響で20年以内に99%の確率で噴火する可能性があるとの研究結果をまとめた。
もちろん、そうなれば北海道や東北にも火山灰が多少降る可能性もあるが。

しかし、もしそうなれば、単純な私は、朝鮮民族の狂った社会に対して、神の怒りが白頭山を噴火させたと思い込むことだろう。そんな時、日本は見栄を張って、慌てて金をバラまかないことだ。


ホワイトハウスへの嘆願署名サイト!「ニュージャージー州パリセードパーク「慰安婦碑」撤去嘆願署名サイト!

ホワイトハウスへの嘆願署名方法(日本語)!


沖縄復帰40周年。その間、反日、反米地元紙に多少なりとも影響された沖縄県民!中華民国体制の台湾の60年間は?
沖縄が日本に復帰して40周年を迎えた。
現在、L.Aにある県人会の中で、沖縄県人会がダントツに活気がある。次世代を担う県人育成もスムーズにいっているようだ。現在の県人会の3分の1は、10年以内に解散を余儀なくされることだろう。それだけ、県人会が高齢化し、風化しつつある。

その中で気を吐いて活動している沖縄県人会は元気ハツラツだ。世界中に広がっている沖縄県人が一堂に集まる世界沖縄県人会会議も毎年、盛大に行われる。沖縄の海外移民歴も古い。貧しさから、ハワイを含めた北米、南米の新天地に多くが移民した。

私の友人の何人かは沖縄が日本に返還前、「琉球」の特別パスポートでアメリカに入国している。
彼らのふるさとの沖縄と、内地の関係が決定的に悪化したのは鳩山元首相が、不用意にアドリブで普天間飛行場の移設を「最低でも県外」と発言し、約束し、それを果たせなかったからだ。裏付けがない無責任発言、「トラスト・ミー」発言が日米関係や沖縄との関係をギクシャクさせてしまった。

早いもので鳩山氏が09年の衆院選前に発言してもうすぐ3年になる。「徳之島への移設」発言でも多くの日本人が振り回された。民主党政権になって、恥知らずの鳩山、情緒不安定で知ったかぶって墓穴を掘った菅、そして一見二人よりはマシに見える現首相の野田。共通しているのは、日本国が前進どころか、後退した事実だ。

私は何度も飽きられるほど、民主党政権批判を繰り返してきた。にも関わらず、最大野党の自民党はこの素人集団に振り回されたまま、解散総選挙にさえ持ち込めない体たらくだ。

民主党は、日本人の体内に流れている「潔さ」「恥」「覚悟」を忘れ、日本国民のことなどそっちのけで、党利党略、保身、時間稼ぎに終始している。まさに「恥知らず」の政党だ。彼らが政権与党になった3年近くの歳月で、どれだけ日本の信用、国益が失われ、弱体化したことか。

鳩山元首相は15日、宜野湾市内で講演し、普天間飛行場移設について、「『最低でも県外』という気持ちを果たさなければ、皆さんの気持ちを十分理解したと言えない」と述べた。県外・国外移設論に再び言及した。ノー天気な鳩山は健在である。昨日の発言、約束、立場、迷惑も忘れる男だ。今更、ああだこうだと言っても仕方がない。失礼だとは思うが、愚かな北海道の道民、そして日本国民が選んだのだから。

それにしても沖縄の世論はよくつかみづらい。
アメリカには、沖縄の経済団体のトップ、辺野古の区長、名護漁港の組合長など数人が、辺野古移設の陳情に来ていたと聞く。

地元の中心人物たちが辺野古移設に同意していることを、沖縄では地元紙に小さく掲載されるだけだ。もちろん、全国紙ではなぜか報じられることはない。

最近、つくづく感じるのは、40年の間、地元紙の反本土教育や反米教育が、人間の増悪を形成するまでになったことだ。40年前は、あれだけ沖縄県民が日本復帰を喜び、歓喜で湧いた。それが、バラマキで沖縄県民をスポイルさせ、自立する意欲を失わせたように思う。

日本政府も沖縄に対して、中長期展望に欠け、本土並みに人材育成や、歴史と真剣に向き合わなかったツケが、今後の安全保障に重くのしかかってくる。

日本政府は80年代後半からのバブル経済により、有頂天となり、自分を見失ってしまった。沖縄に対して、金をバラまき、その変化に気付かないうちに、地元紙の反本土、反米報道にまんまと染められていったのだ。沖縄の人は純粋だから、本土からの日教組などの反日勢力に影響を受けるようになった。

沖縄復帰以来40年間でメディアの影響力が証明された。

戦後、中韓はそれ以上に徹底した反日洗脳教育で、今や価値観や考え方が水と油ほど違うようになった。恐ろしいものだ。この2カ国は要注意なのだが、日本政府はお人好しなのか、手の内を見せ、何でも協力的だ。そのうち、大きなヤケドを負う事になるとは思っていないようだ。

台湾も日本から戦後、見放されてから、亡命政権の中華民国に徹底的に反日教育を強要された。1987年まで38年間の世界史上最長の戒厳令が解除されるまで、北京語を押し付けられ、台湾語は一時使用禁止になっていた。60年以上、気付かないうちに浸透していくのだ。

1988年に日本教育を受けた李登輝政権になって、大きく民主化が進んだ。日本語世代の台湾人も、堂々と日本語を話せるようになって、次世代に「日本精神」を継承させる事にもなった。

現在、台湾では70歳代後半以上と40歳代以下が親日が多く、中間年齢は、中華民国の洗脳教育が解けない人が多い。

今でも中華民国体制である限り、多くの台湾人は、戒厳令は多少なりともまだ続いていると嘆く。90%以上がウソを平気で報道するシナ人のメディア。その中でしっかりブレず、日本精神を持ち続ける台湾人は立派だ!

台湾に残した日本人の土地や財産を取り上げて、世界一の金持ち政党になって、台湾を中国色に染めようとする中国国民党。台湾人が台湾の中国化を阻止するには、国民党が解体されるか、台湾国民党に名称変更するか、アメリカによって追放されない限り、台湾人には真の独立はありえない!どちらにしても複雑さと難題を抱えている台湾。台湾の中国化を止めなければ、尖閣諸島、沖縄まであっという間に中国に植民地化されてしまう。

中国の沖縄侵略の第一ステップの、中国領事館開設は絶対に阻止しなければいけない!

最近は、母が夜中に何度となく物音を立てて起こすので、一日中、眠くてしょうがない。ブログ記事を書いていても、ボーッとして、まとまりがなく、変な方向に流れてしまったことをお詫びします。


何が日中韓会談だ!ペコペコ、ニヤニヤした野田首相が慰安婦問題に「お互い知恵をしぼりましょう」だ??
NHKの日中韓会談を見ていて不思議に思った。いくら北京だとはいえ、日本の公共放送NHKがなぜ、温家宝首相を真ん中にするの?本来なら、「恐れ入りますが、日本向けの映像ですので、野田首相が真ん中でお願いします」だろう?

私の想像でしかないが、NHK内に支局を置いている、中国国営中央テレビCCTVにおまかせした可能性があるのか?
NHKの媚中スタッフが、温家宝首相に媚を売って、受け入れ側の中国に花を持たせようと仕組んだのか?
ネットの時代に国民から高額な受信料を当たり前と言わんばかりの態度で請求するNHKは日本の公共放送なのか?それとも韓国や中国の国営放送なのかハッキリ審議委員会は審議しろ!

お願いだから局内に支局を置くということは、NHKの協力のもと、局内にスパイ活動とロビー活動の拠点を置いている事になるのだぞ!どう考えてもおかしいだろう?

中国の「報道の自由がない」と日本の「報道しない自由」をうまくバランスして一体、何を、誰のために報道しようとしているのか?NHKはいったいどこに向かって行こうとしているのか?

何なんだ日本国首相の無様なペコペコした姿勢は?
韓国の李明博大統領のヤクザまがいの脅しに対して、「お互い知恵をしぼりましょう」だと?もう慰安婦問題は決着がついている。自称元慰安婦の嘘つきばあさんを国を挙げて演出し、国民が一体となって日本を強請り、たかる。そんな恥も外聞も無い韓国が、ちょっと経済力に自信がついたからといって、中途半端な成金野郎のような態度は?自力では何も出来ない国は、日本から金をユスルことでしか、精神が満たされないのか?
そんな問題を蒸し返そうとする韓国側の態度に、腹が立たないのか?知恵をしぼってどうするのだ?日本が彼らに指をさされる事でもしたのか?あー、情けないったらありゃしない。あれだけ支援してきて、今後も支援しようとしている国に対して感謝は何ひとつなく、いつもながら何だこの態度は?

「いつまで決着がついた話を蒸し返すのだ?不愉快だ!そういうことばかり要求されたら、日韓通貨スワップ、韓国国債購入、FTAの協議も延期させて頂く」と堂々と席を立つぐらいの、度胸と正義感を持ち合わせた首相がいつになったら誕生するのか?
「お互い知恵をしぼりましょう」というメッセージは、こんなヤツらのウソと捏造の要求を認めたと受け止められるぞ!
こんなことをやっているから、いつまで経っても中国や韓国に舐められて、捏造し、脚色された歴史観を押し付けられるのだ?民主党に外交をまかせると、どんどん事を複雑にし、彼らの要求をエスカレートさせる。

民主党は、日本近代史のブリーフィングは行っていないのか?首相や大臣クラスが歴史をろくに知らなくて、よくもノコノコと中国や韓国に出かけて、ヘラヘラできるものだ。最近は怒りを通り越して、悲しくなる。

日本政府がこんな態度だから、米国ニュージャージー州パリセードパーク図書館前の「慰安婦碑」のデタラメを韓国系が推し進めるのだ。これでは、我々のモチベーションが高まるわけがない。政府見解が曖昧なままで、声を上げる身にもなってもらいたい。正義は我々にあるのに、声を上げればあげるほど、言い訳じみて聞こえる。

日本政府よ、外務省よ、中途半端な抗議は止めてくれ!善良な日本国民のジャマな行為と我々の足を引っ張る行為はやめていただきたい。抗議するなら徹底しろ!

民主党政権が在韓国日本大使館近くに建立された「慰安婦記念碑」を中途半端な抗議で、撤去させられなかったことが、すべてである。

もう今後は、日中交友協会の名誉職に甘んじてている河野洋平に謝罪要求を国民運動として展開してもらいたい。
当時の自民党議員たちにも責任がある。なぜ、「従軍慰安婦」や「人さらい」が実証されていないのに、証拠もないのに、慰安婦だったと称する女性たちの言葉が信用性に欠けているのに、政治家はなぜ声を上げなかった?なぜ、そのツケを我々が背負わなければいけないのだ?

何度も言う。河野洋平は個人的で無責任でいい加減な「河野談話」を発表した事を謝罪しろ!これでは鳩山由起夫と変わらないではないか?いや、そのツケは鳩山以上だ!河野太郎よ、今後政治家を続けたいのであれば、父親にちゃんとオトシマエつけさせろ!それが日本人としてあなたに課せられた当然の義務だ!

「日本人もすてたものじゃない!」2日間で2億5千万増えて5億7千億円になった東京都の尖閣諸島の購入寄付金。
2日前に尖閣諸島の購入構想に絡んで、都が設置した寄付口座に3億2千万円が寄せられたと感激していたら、現在、5億7千万円以上になっているというではないか。石原慎太郎東京都知事が「日本人もすてたものじゃない。嬉しさで胸がいっぱい」と謝意を示していたが、私もまったく同じ気持ちだ。

石原知事同様、多くの国民が「国が何もしないから、自分たちの手で国を守らなくてはいけない」という意識が浸透してきた表れだと解釈している。

中には起業家から1億円の申し出もあったというから驚きだ。昨年の3月11日の東日本大震災以来、「絆」を大切にするようになった日本国民が、国土の大切さを改めて感じた結果だ。

それにしても民主党政権の日本政府は、相も変わらず内輪もめで、本来の政治家の仕事を何もしていない状態である。大震災や原発事故後の対応を見ればいかに頼りにならない素人政権か気がついた人たちがほとんどだろう。停滞している日本の政治には、夢も希望も感じない。それどころか、前回の衆院選前から、あれだけ訴えたのに私の声が届かなかった。結果的に私を含めた真正保守の力不足に無念の気持ちでいっぱいだった。
民主党の目先のバラマキが自分たちの首を絞めると、子供でもわかるのに、政治に対する無知、無関心、無責任によって日本は大きな危機的ツケを払う事になった。

次の選挙では、同じ過ちを続ける事は許されない。
まだまだ日本は政治が熟すには国民教育、仕組みや体制の不備を感じる。何が裁判員制度だ、何が首相公選だ?国会議員さえ、ムードやマスコミに振り回されて選ぶ国民が、総理大臣を選べばどういう事態になるか恐ろしい気がする。それには自立性や政治の重要性、役割、影響力などを学校で英語の時間を減らして教えても最低20年はかかる。

何が選挙権を18歳にするだ?同世代の友達しか持てない環境で、大人と真剣な議論をする教育すら与えなくてイタズラに低年齢化するとは、恐ろしいと思わざるを得ない。

我々大人が、おかしいと思う事にもっと気付かないといけない。便利な世の中は結構だが、18歳未満でも酒やタバコを自動販売機で買おうと思えば買え、ポルノまがいの写真が、ちゃんとしている筈の雑誌にも掲載され、高校卒業したら大人扱い?納税もしていない若者が?
先日、大学のアメリカンフットボール部員がグラウンドで花見と称して酒を飲み、急性アルコール中毒になったが、ほとんどが1年生部員の未成年者だ。
大学1年生になると教職員や先輩たちと飲むのも当たり前だ。「赤信号、みんなで渡るとこわくない」?これが現在の日本の現実である。

そのくせマスコミは、有名人が未成年で酒を飲むと大騒ぎする。自分の未成年の息子が酒を飲んでも大目に見るくせに。
やれ麻雀賭博と騒ぐマスコミで、麻雀やる記者が金を賭けないとは聞いた事が無い。

まあ、世の中、ケース・バイ・ケースでいろいろある。細かい事をいうつもりも無いが、おかしいと思った事は、私は口に出し、カツを入れる。どうも大人が、正々堂々と、間違いを正すことを忘れてはいないか?

柔道やレスリングではないが、大人がレフリーや審判のように「教育的指導」と声を上げようではないか?

どんどん本題から外れるのが私の欠点だ。ごめんなさい。


尖閣諸島を実効支配するかのごとく、領海侵犯をくり返す中国に対して、弱腰の政府を私たちは許してはいけない。
韓国が不法占拠している「竹島」問題も現状維持であってはならない。日本政府は取り返す方策を考える時期に入っている。民主党はそれでも韓国を無制限に経済支援したいのか?
韓国系がアメリカ各地で展開している、「日本海を東海に名称変更」や「20万人の従軍慰安婦の碑」を建立したりを許してはいけない。中国や韓国の、何の根拠も無いデタラメを許してはいけない。

まあ、ニュージャージー州のパリセード・パークに関しては、何を言っても人口約2万人中1万人以上が韓国系のこの町は、日本側の要求をのむ事はしないだろう。
だってそうだろう?在韓国日本大使館近くの「慰安婦像」はOKで、アメリカではNOとは言えまい。ましてや、この町は韓国コミュニティーである。

しかし、もうそろそろ日本政府がハッキリさせないと、全米中に「慰安婦像」建立が連鎖する可能性がある。結果的に民主党政権が、ソウル市内の在韓日本大使館近くに「慰安婦像」が建立された時、強いメッセージを発しなかったからだ!

そんな中、我が国の首相は、アメリカの「20万人の従軍慰安婦碑」について「20万人という数字はいかがなものか?」と南京大虐殺に対する見解と同じようなことを発言している。こんなメッセージにもならない中途半端な発言なら、「ノーコメント」の方がまだマシだ。これだと、従軍慰安婦も南京大虐殺も肯定しているようなものだ!

民主党政権は「尖閣諸島」、「南京大虐殺」の中国、「竹島」、「日本海」、「従軍慰安婦」の韓国など、何の根拠も無いウソを押し付ける国と投資協定を署名する?日中韓の自由貿易協定(FTA)??

今後、日本は理不尽な行動、要求、イチャモンに対して、制裁という形で、日韓通貨スワップでの5兆3000億円の支援、韓国、中国の国債購入などの中止、もしくは延期をクールに伝えるぐらいの甲斐性はないのか?それでなくても日本にとって何のメリットも無い協定や、国債購入でまた貧乏クジを引かされる。
民主党政権は真実を曲げられて、日本国民の尊厳を平気で傷つける韓国や中国の戦略見直しを真剣に考える時だ。それとも自国民より、中国や韓国の御機嫌とりの方が大切と思っているのか?

特に韓国に対しては、日本が国を挙げて態度をハッキリさせないと、世界中で日本文化、領土問題、歴史問題に対するミスリードがエスカレートする。 日本の覚悟と決意を内外にアピールするには、河野洋平の謝罪と、徹底的に「河野談話」を否定し続ける事だ!

河野洋平さんよ、日中協会の名誉職に甘んじている場合か?あなたが日本の国益をどれだけ損失させて、中国や韓国のユスリをエスカレートさせたか。いつになったら日本国民に「河野談話」を無責任に発表した事を謝罪するのだ?この「河野談話」を発表させた自民党も、このツケの尻拭いをちゃんとしないと、あなたたちには明日は無い!
河野サンよ、複雑化して手遅れになる前に、一日も早くオトシマエつけてくれ!


東京都の尖閣諸島購入資金の寄付金が3億2千万円を超えた。ありがとう、やっと正気になった真の日本人たちよ!
東京都の尖閣諸島購入計画をめぐり、日本国民からの購入資金用寄付金が8日までの12日間で3億2千万円近く集まった。それだけ国民が行動に移す時期だと立ち上がったのだ。

中国に気兼ねしている売国奴勢力は、「都民の税金を、勝手に島々の購入に使うわけにはいかない」と反対の口実を述べていたが、このペースでいくと10億円以上も夢ではない。
問題は購入してからの日本政府の対応だが、民主党にまかせると、中国が入り込んでくるのが目に見えてくる。
民主党は注視するだけで、尖閣諸島の周辺防衛を強化すると断言しないからだ。
これでは民主党が政権与党の座から離れてもらわなければ、何も進まない。当分、東京都が管理し、土地の購入資金だけではなく、ヘリポートや海上自衛隊、海上保安庁のパトロール・ステーションやレーダー基地建設資金も集まれば、腰抜け日本政府は何というのだろうか?

中国に今日の繁栄があるのは、誰のおかげだ?天安門事件で中国はヤバイ国だと、多くの外国企業が引き揚げて、世界中が見放したとき、誰が信用を回復させた?そう、天皇陛下が訪中した事で、多くの外国企業が戻ってきたのだ。それだけ天皇陛下の存在は世界中で絶大なのだ。

あの時、政治利用された天皇陛下には御気の毒な気持ちでいっぱいだ。今日の自惚れと傲慢な態度の中国はなかった。感謝もされず、日本は完全にコケにされたのに、民主党政権は中国や韓国のような恩を仇で返すような国を相手に、媚を売るとは。あーー、日本人として情けない!

シナ人が自力で国を経済成長させたことは歴史上ない。いつも外国の恩恵や影響下で成長してきたのだ。その歴史的事実には目を向けないで、真実を知らされていないシナ人の言動は、解釈によってはコメディー・ネタになる。
今回の尖閣諸島購入の寄付金受付に中国側が反発?
「いくら出すかは日本人の勝手だが売るかどうかは中国が決める」??こりゃあ、面白い。中国は日本が民主国家で、基本的に誰でも土地を所有出来る事を知らないようだ。

日本の個人が所有している土地を、今は国に売りたくなくて、東京都の石原慎太郎知事なら任せられるから、東京都に売りたいと。しかし、売国奴の媚中勢力が、中国に気兼ねして阻止しようとイチャモンをつける。それならと、日本を守ろう、尖閣諸島は今のままではいけないと、多くの日本国民が3億2千万円を12日間で寄付した。インターネット上では「1人1万円を寄付しよう」という呼びかけたりしていたようだ。
ははははっ!日本は中共と違って、何でもありなのだ!
何の実績なく、義務も果たさず、その存在すら知らなかったくせに、1970年代になって国連があの海域に天然資源が眠っていると発表した事で、中華民国(台湾)の外省人(シナ人)が「尖閣諸島は中華民国のものだ」と声を上げ始めたのを見て、追随したのが中共政府だ。権利を主張して35年しか経っていない。その4倍の年月を日本人が尖閣諸島を拠点に漁をしていたのだ。
中共は横取りする事が、一番楽で得だと思っているならずもの国家だ。

尖閣諸島は中国にとって、まったく関係ない話なのだが、民主党政権がどうせ陰でお伺いでも立てて、ことを複雑にする。民主党が関わると、ろくでもない事態になる事は、もう気付いた国民が多いだろう。
もう鳩山、菅同様、余計な事をせず、早く潔く解散総選挙しろ!そうしないと、目障りな上、未来構想を語れば、パクられて、プランをメチャクチャにされてしまう。

それにシナ人のバカタレが、それだったら日本をみんなの寄付で買い上げようだと?これまた笑ってしまうぜ。まず、13億5000万人の国民全員が1万円など寄付出来るのか?たとえそれが可能でも13兆5000億円で東京どころか銀座4丁目の一画しか買えないぞ!

だったら富裕層が金を出す?すぐ金にならない事に富裕層が中国共産党のために巨額の資金を提供するとは思えない。彼らは、中国経済が低迷している今、国外にどうやって残金を持ち出すかしか考えていない。
シナ人のバカタレは身の程知らずの自惚れ野郎たちだ。こんな低次元で日本と競うな!
と言いながら、私もシナ人の低次元の声についつい反応してしまうのです。

中国は日本を買うだけの財力は無いが、その前に、治外法権の領事館敷地を買い占めて、そこを拠点に、日本人の民族浄化作戦を実施されるのが現実問題として恐ろしい!
おーい、我が同志たちよ、平和ボケの日本人にカツを入れてくれ!


御協力を!
拡散希望!

ニュージャージー州パリセードパークの市長が訪問した4名の、日本の国会議員の撤去要請を拒否。韓国系が多く住む自治体に連鎖する前に、ホワイトハウスへ慰安婦碑・即時撤去請願署名を! 今動かないと未来にツケを残す事に!

先日の「日本海呼称維持」嘆願署名をされた方は、同じ方法でこちらもよろしく!

ホワイトハウスへ慰安婦碑・即時撤去請願署名を!

署名方法!



韓国紙英語版に寄稿されたイギリス人の、「韓国人の「東海」主張の真の理由は反日感情ではないか?
最近、韓国紙の英語版を読んだ。韓国に住むイギリス人が寄稿した記事だ。それには韓国の、「日本海」から「東海」にという何の根拠も無い主張の本当の理由は、ただ単に反日感情ではないのか?という指摘だった。

つい最近モナコで開催された国際水路機関(IHO)は、「East Sea」を「Sea of Japan」に併記するよう求めた韓国の主張をしりぞけた。これは5年に一回ある次回会議の2017年まで「日本海」単独表記が続けられると言う事だ。

韓国は国際機関が決めたルールを無視して、往生際が悪い主張をくり返す。シナ同様、世界をリードするには民族性が大いにジャマしている。
そんな感謝もしない、模範にもならない国に、民主党政権は国民の血税を無制限にバラまこうとしている。

投稿したイギリス男性の話題に戻るが、この男性は現在、韓国人女性と結婚し、韓国に住んでいる。彼は韓国が好きで、日本とは何の関係もなく、本来なら韓国の側に立つべき立場なのだ。
しかし、韓国側の主張は国際的世論に対しても訴求力を持つものではないと言っている。韓国側の主張は検討外れだと言っている。

彼は17世紀以降の世界地図は「Sea of Japan」の表記が圧倒的で、この問題は地理に関することであり、韓国側が主張している歴史に関する問題ではないと言っている。

韓国では外国人に「正しい歴史」「真実の歴史」をゴリ押しするが、そういった一方的な説教に辟易しているようだ。韓国人が言う「本当の歴史」とは、彼らの満足感が満たされる、勝手で、都合が良い解釈でしかない。

彼の指摘はなかなか冷静に韓国人の民族性を観察した結果だろう。
韓国人が自国の東にある海域を、自分たちの地図、本、歌の中でどう叫ぼうが自由だが、世界の国々がどうしてそれに従わなければいけないのか?と、私とまったく同じ意見だ。

韓国人は感情で訴えようとする。民族として熟していないというより、この感情論で、押し通そうとする姿勢を改善しない限り、世界中から真の信用、好感、尊敬もされそうにない。

そもそも韓国の民族主義の中核は日本に対する不信と嫌悪と嫉妬である。これが、「East Sea(東海)」を含めた反日キャンペーンを支えているのだ。

こんな傷ついた自尊心から生じた独善的キャンペーンが、国際的支持を受けるはずもないのだ。

最近では韓国の製品や韓流など、世界中でファンを獲得しているのに、民族主義感情が大人げなくなればなるほど、世界中から嫌がられる存在は当分避けられそうも無い。

残念なのは隣国である日本人が、もっと韓国人の本性に気付くべきだ。このイギリス人のように、日本人は韓国で生活していようが、韓国人と結婚していようが、洗脳や煽動されず、客観的な自分を見失わないでもらいたいものだ。

しかし、国際水路機関(IHO)に韓国政府は16名を送り込んでいるが、日本は9名だ。5年後の2017年までは「日本海」が表記されるが、韓国政府はロビー活動にカネをかけている。日本政府もいつまでものんびり構えている場合ではない。

5月13日〆切の、ホワイトハウスへの嘆願署名の最後の拡散を御願いしたい。
現在、約2万8000名だ。韓国系の組織票には遠く及ばないが、署名数ではなく、オバマ大統領もどちらが正論かわかっている筈だ。

ホワイトハウスへの「日本海」継続署名!

署名方法説明(日本語)

米国在住の皆さんへ!「台湾は台湾」署名御協力を!


マンザナー日系強制収容所巡礼の旅2012(パート2)、アメリカ政府から勝ち取った謝罪と補償の戦略裏話は?
前回の記事の続編である。日系アメリカ人の歴史、マンザナー日系強制収容所の話題は、基礎知識と関心がないと、つまらないかもしれない。
しかし、日本の方々があまりにも日本人の移民の歴史を知らなさすぎるので、時折、お節介ながら、日系のテーマで書き綴っていこうと思います。


第43回目のマンザナー巡礼イベントはUCLAの学生の和太鼓グループの演奏で幕が開いた。各トラックの荷台に設置されたステージ上で、セレモニーが進行された。関係者の挨拶の後、何人かの体験談、を語った。最後にみんなで「This Land is your land」、「上を向いて歩こう」を歌ってセレモニーが終了した。
ステージの前には今回参加した約1200名が熱心に聞き入っていた。人種も日系アメリカ人を中心に、アジア系、白人、黒人、ヒスパニック系など様々だった。

次は仏教、キリスト教、神道、イズラム教などでの慰霊祭が高さ4メートルの慰霊塔の前で行われた。最後に各宗派のお経の合唱をバックに、3列に並んだ参加者の日本式御焼香が始まった。ここに眠る百数十人の方々、そしてマンザナーに携わった、多くの亡くなった関係者に手を合わせた。

御焼香の列に並ぶ前に、一輪の花が各自に手渡された。私は頼まれて、私が一番最初に御焼香の御手本を見せる事になった。私の御焼香が終わると、次々と参列者が後に続いた。
見ていると、慣れない者がほとんどだったが、もしかして日本の若者の多くも今や慣れていないのではないかと思ったりもした。
御焼香終了のあとは、広場に大きな輪を作って盆踊りがスタートした。老若男女が音楽と太鼓グループの音頭に合わせて、人の輪が動き出した。
5、6曲「盆踊り」を楽しんだ参加者と共に、今年のマンザナー巡礼が閉幕した。

多くの参加者はその後、記念館や当時のバラックや食堂へと向かった。
このマンザナー日系強制収容所記念館が完成して20年になる。
現在は日系強制収容所を象徴する場所として保存され、歴史的サイトとして、国立公園局が管理している。この2年で、国や州からの予算が追加されたのか、当時の収容所の建物が4棟ほど復元されていた。中を覗くと、当時の生活を垣間見る事が出来る。

収容所生活の最初の半年間は悲惨だったようだ。その後、日系人は協議会などを作り、収容所の生活向上に尽力した。
私たちも記念館に向かい、写真を撮ったり、ビデオを回した。この模様はそのうち、Youtubeに動画をアップしようと思う。

そして、この地をあとにして、ここから5キロのインデペンデンスという町に向かった。この町には小さな郷土歴史館があり、マンザナー関連の写真や展示物もある。私の祖父が使用していた蓄音機やラジオも展示してある。これは、イトコが寄贈したそうだ。

今回は日系アメリカ人の歴史に詳しいカリフォルニア大学教授ドミンゲズ・ヒルズ校の日系人教授、ミッチェル・マキ博士とも有意義な話しを交わす機会があった。今回参考になったのは、なぜレーガン大統領がギリギリまで反対していたのに、米政府が戦時中の日系人強制収容に対して、謝罪することに同意し署名したのか?という話題だ。生存者各人に2万ドルの補償と名誉を勝ち取るまでの戦略を聞いた。
当時、レーガン大統領に訴えたい日系人の戦前、戦中のストーリーは沢山あった。
偉大なコミュニケーターであるレーガン元大統領にアピールできるストーリーを選ぶ事が重要だったのだ。

そこで選ばれたのが「442日系人部隊」のKazuo Masudaのストーリーだ。彼はヨーロッパ戦線でアメリカの従軍記者にインタビューされた。「家族が強制収容所に入れられているのに、なぜアメリカのために戦うのか?」Kazuo Masudaは「我々には、日系人の名誉を守るために、アメリカのために命をかけて戦うことしか残っていなかった。日系人の未来のために、アメリカ人として戦うしかなかったのだ」とインタビューで語った数日後、戦死した。
そのストーリーでレーガン元大統領の考え方が、署名の方向に大きく傾いたという。

マンザナー委員会の委員長のBruce Embreyとも2ヶ月ぶりに再会した。彼の今は亡き母親スーが、この「マンザナー巡礼」を立ち上げて、息子のブルースが彼女の遺志を引き継いだ。日本語があまり得意ではない3世の彼は、4世の娘に数年間、日本に留学させ、日本語をマスターさせた。今では親子3代で「マンザナー巡礼」を守ってきた。今後も日系人の地位向上のために闘っていくことだろう。

彼とは2年前に親しくなり、2ヶ月前には小説「Farewell to Manzanar」の作者Jeanne Wakatsuki Houstonと会って話した時も同席してくれた。
この小説はマンザナーでの作者の体験がベースになっていて、1970年代に映画化されて、その後、テレビでも放映された名作である。
日本語で翻訳されていると思うので、機会があったら読んで下さい。

そして、L.Aに向かう前に腹ごしらえしようと、Lone Pineの町にある台湾料理店に入った。なるべく日本風のラーメンに近いのを作ってもらったら、「長崎チャンポン」風のラーメン?が出てきた。味はイマイチだが、贅沢は言えない。ここを出ると、L.A近郊にに入るまで、砂漠地帯でまともなレストランはないからだ。

私は伝票をとって、イトコの分も払おうと財布を探した。何?何?ない!ない!
財布が無い。私は慌てて、イトコの車に向かって、財布が車の中に落ちているか探した。無い!ない!
私たちは急いで今まで立ち寄った場所に直行したが、ここはアメリカだ。届け出ているわけがない。結局、記憶にある5カ所に立ち寄ったが、見つからなかった。

人間、睡眠不足と炎天下の中のイベントで疲れ過ぎていると、注意力が低下して、財布を落とした事も気付かない。この日は普段はくこともないダブダブのチノパンツをはいた。疲れていて、面倒くさがって膝上のポケットのボタンを留めなかったことが落とした原因だ。座っても落ちたりするのだ。

数日間は、自動車試験場で免許証の更新、クレジットカードのブロック、銀行カード、その他の手続きに追われて、またまた疲れ果てた。プラス、母親の老人カードや証明書も所持していたので、いやー、参りました。やっと8割くらい片付いた。

財布に入っていた7、8枚の名刺は誰のだったか記憶に無い。あと、いろんなメモや電話番号やメールアドレスなども入っていたようだが、今でも「あと何が入っていたのだろうか?」と気になる。考えてもしょうがないので、縁がなかったと忘れよう!

2年前の「マンザナー巡礼格安バス・ツアー」では、帰りにバスが砂漠のど真ん中でエンストして、4時間以上待たされた。L.Aに着いたのが夜中の2時半だった。砂漠の夜の寒さは堪えたなあ。

今回の財布紛失はすべて私の不注意とだらし無さが原因でした。オーバーワークはロクなことがない。(ため息!)




プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR