L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
12 | 2012/01 | 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これが民主党に対する国民の怒りの声だ!それに比べ、大阪の真正保守との触れ合いは最高に楽しかった!
L.Aに戻ってきていつもの生活リズムに戻りつつあるが、年々、時差ボケが酷くなる。

私がいつも訪日するのは春か秋だ。夏と冬は気温調整が難しいからだ。私にとって夏は軽装でいいのだが、新幹線に乗ったり、屋内に入ると冷房の効き過ぎで寒いのである。

冬は冬で屋外は寒過ぎて、屋内は暖房が効き過ぎなのだ。だから、この気温差で多くの日本人が風邪をひくのだろうか?

ここL.Aは車社会なので、トレーニングウエア、着替え用のジャケット、Tシャツ、ヘアーブラシ、歯ブラシ、水、本、雑誌、筆記用具、ノートブックパソコンなど、私は車にいろいろ積んでいる。一年中、日中の気温と朝夕の気温差があるからだ。
しかし、今回は毎日宿泊先を移動するので、結構キツかった。最近は宅急便で大型の荷物は空港から送るが、それでも手荷物を長時間持ち続けるとキツイ。その上、階段の上り下りで汗ビッショリだ。

日本滞在中に2回も肉離れで足がつって、真夜中に目を覚ました。
そして、L.Aに到着したその夜は、20分ぐらい足がつって身動きできなかった。この痛みは経験者しかわからないだろう。


石原慎太郎と橋下徹がタッグを組むか?
石原慎太郎氏、平沼赳夫氏、亀井静香氏が中心になって新たな党を立ち上げるのか?
日本の政治は大きな転換期にきている。政界再編成が必要な時だ。今後は政策をあげた上で保守政党が連合していく事が必要です。
民主党はどうしようもないが、自民党も国民からの信用を失った。民主党が与党になり、居座ったのは自民党の体たらくが原因だったからだ。

私が支持する「たちあがれ日本」が「日本新党」の亀井静香と行動を共にできるのかちょっと疑問ではある。
やっぱりキーパーソンは橋下徹だろう。全国的な力ある組織にするには、石原氏と橋下氏がタッグでも組まない限り、真正保守がタイミング良く日本を本来の方向に導くのは難しい。
その意味でも、橋下氏の今後の動きが重要だ。

かつて三島由紀夫さんが嘆いた「日本は日本でなくなって、無機質で、空っぽで、ニュートラルで、抜け目のない」人たちが日本を滅ぼそうとしている。その代表格が民主党を含めた売国奴政党とメディアだ。

今や日本はアメリカに操られた保守と、中国、韓国に媚を売る売国奴、日本がどうなろうが韓流やK-POPSにハマった政治無関心派が主流である。

日本で多くの街頭演説を観ていて気付いたのだが、反日、反原発団体はのぼりもビラ配りもヤリタイ放題。マイクの音も出し放題。なのに、保守系に対してはのぼりの撤去など、音量規制と監視が厳しいように思う。なぜ日本の警察は、保守に厳しくなったのだろうか?

同志から聞いた話だが、以前民主党の街頭演説で蓮舫議員が参加し、マイクを持った時、半数が民主党批判をしたそうだ。その中の一人が民主党政権批判を書いた50cm大の紙を広げたら、数名の警官に連行され、2日間(48時間)拘置所に押し込まれたが、メディアはそのことを報道しなかったらしい。

ある街頭演説会で小さな日章旗を持った方に警官が近づいて言ったそうだ「日の丸を揚げないでくれ」と。その近くにいた人が奥さんと、ハッキリその声を聞いたと私に証言してくれた。ムービーカメラに記録すれば良かったと悔しがっていた。

もしこれが本当なら、国民の正当な声は人々に届かない。韓国や中国国旗に対しては寛大で、自国の日の丸を揚げる事を受け入れない社会は狂っているとしか言いようが無い。


この動画はYoutubeでお馴染みの碧庵さんから先程、送られてきた動画です。この時に連行された人がいたらしい!
半数どころか演説終了時に拍手もなくブーイングの嵐だったそうだ。 








今の民主党政権は、開戦直前の当時と同じような事を、まったく逆思想で展開しようとしている。
外国人参政権、人権侵害法案を通し、言論統制や規制を強化し、価値観を押し付け、狂った世の中を築き上げようとしている。


1月21日、新大阪駅にお昼過ぎに着いた。前八尾市議で現在、特定失踪者問題調査会やがんばれ日本で活躍中の三宅博氏と待ち合わせていた。
まず、コインロッカーに手荷物を入れようと階段を下りた。その時、階段ですれ違った人に「三宅サンですよね」と声をかけた。同じ名字だと声を掛けづらい。エコーのように「あっ、三宅サン」と声が返ってきた。お互いにYoutubeの動画で顔見知りだ。

そして、駅の構内の食堂で昼食をごちそうになった。いろいろと話し込んだ後、西村真悟サンの講演会場に地下鉄で向かった。

西村慎吾さんの講演は「大和心のつどひ」「関西防衛を支える会」主催で会場は地下鉄「本町」すぐ近くの神社(名前を忘れてしまった)。西村氏の講演前に神殿(本殿?)で漢詩を詠いあげ、最後にお神酒を一口呑み干して、会場に戻った。こういう事は私にとって初めての経験である。

西村氏の講演は「GHQの検閲の根拠」「文と武を剥奪した日本国憲法の本質」「三島由紀夫の独白」などを中心に興味深い話だった。だが、睡眠不足で疲れが溜まって、風邪気味だった私は、必死で睡魔と闘いながら彼の話を聞いた。
三宅博氏と並んで座ったところが一番前だったので、睡魔を耐えなくては失礼と思い、必死だった。

講演が終わってから、初めて参加した数人が自己紹介され、最後に私が紹介されて、一言話した。(つづく)

同志たちに刺激された日本での楽しいひと時。真正保守よ、頑張れ!
ただ今、L.Aの我が自宅に到着しました。
数日前にインターネットカフェーで書いた記事が更新されなかった。原因はわからない。ただ、その前の記事がちょっとしたミス操作で削除されたことを思えば、管理ページに記事が保存されていただけでもマシか?

1週間ほど日本滞在記を中心に更新します。日本滞在期間中はほとんど更新出来なかったので、一日も早く出遅れを取り戻さなくては・・・。
内容が古いが、折角書いたのだから御紹介したいと思います。


今回の訪日で持参したノートパソコンが日本では利用価値があまりなかった。次回からは対策を考えなければ。

そんな時、ネットカフェーが救ってくれた。普段はマック(アップル)を利用しているのでPCは久しぶりだ。自分のメールアドレス(4つある)を全部開けるだけで手間取ってしまう。自分のパソコンだとブックマークをクリックするだけで開けられるのに・・・。
キーボード操作など若干異なり、余計な時間を使ってしまうが、贅沢も言えない。
私は福岡、渋谷、浅草のネットカフェーしか利用していないが、思っていたほど数は多くない。澁谷は便利が良いが、マネージャーの対応が気に入らなかったが、浅草も福岡も店員が親切だった。
テレビで紹介されるネットカフェーで、寝泊りしている人たちの世界を垣間見ることができた。

旅行中に毎日、多くの人たちと接し、多くの情報を得た。
書きたいことが山のようにあるが、書き過ぎると最後まで読んでもらえない気がする。

先日、仙台に行って、次の日から気仙沼に向かう予定でいたのだが、急遽、予定が入り、東京に戻らなくてはならなくなった。結局、食事してとんぼ返りするハメに。

いつ来ても日本はゴミひとつ落ちていない。外国人から見れば、きっと日本人は人間離れしている国民に見えることだろう。
今回は日本の女性の優秀さを再確認した。
たとえばJR主要駅の「みどりの窓口」で新幹線のチケットを入手する際、窓口業務の女性の指の速さと判断力の速さには驚かされる。アメリカ人の5倍以上の速さではないか?
私も不器用とは思わないが、たとえ若くても、あの速さは無理だ。これは超人技だ!スーパーのレジ係だって速い。感心しっぱなしだ!

その点、男性人の元気の無さが気になる。ヤリガイを見つけ、自分に自信を持ち、明るく笑顔で、スタミナドリンクでも飲んで頑張ってもらいたいものだ。

私が国際政治学者、拓殖大学教授の藤井厳喜氏と知り合ったのはTwitterがきっかけである。
L.Aの「黒人暴動」に関してつぶやいていたら、返信が来たのだ。彼も1992年当時、L.Aでこの事件を取材していたという。
藤井氏はL.Aから80キロほど離れた名門クレアモント大学に通ったことがあるそうだ。ハーバード大学に通う前のことだろう。私は30年ほど前、クレアモント大学の学生が上演した「英語版・歌舞伎」を観劇したことがある。


どうもブログ記事の更新がうまくいかない。20日に更新直前までいったのだが、操作ミス?でほぼ全文削除されてしまった。その日はもう一度最初から書き直す気力も時間もなかった。

20日は午後1時半に「チャンネル桜」でお馴染みのライター西村幸祐氏とツイター仲間で現在、佐藤正久参院議員の秘書をやっているSakurakoさんと、渋谷の喫茶店でお会いすることになっていた。
私は1時間半前に場所を確認し、その店の裏にあるネットカフェーでブログ記事を書くことにした。
だが、自分のコンピューターではないし、ネットカフェーによって使用しているコンピューターが異なるので、慣れるまで時間がかかる。
まず、私が持っている4つのメールアドレス開けた。それからブログの管理ページに入り込むまで15分ほどかかった。書き始めてあっという間に時間が経ち、結局予定の時間に仕上げることは出来なかった。1時半近くなったので切り上げて待ち合わせ場所の喫茶店に向かった。

西村幸祐氏とsakurakoさんと2時間ほど話して、ネットカフェーに戻った。ブログ記事の続きを書く為だ。私はここ5年。マック(アップル)コンピューターを使用しているので、ネットカフェーにあるPC(Windows)には慣れていない。ちょっとした操作ミスで全文が削除されるとは、想像もしなかった。その後、どう操作しても私が書いた記事は戻ってこなかった。あー、ショック!

1時間ほどで小岩駅に向かわなくてはならず、慌しく作業したことが大きな原因か?

午後5時半に小岩駅の改札口で藤井厳喜氏と合流した。2人で彼が主催する勉強会の会場である料理屋の2階に向かった。この日の講師は菅沼光弘氏。元公安課長で、現在アジア社会経済開発協力会の会長である。
参加者はジャーナリスト、大学教授、マスコミ関係者、会社役員など10名ほどだった。参考になる話を1時間ちょっと聞いた後、食事がスタートした。そして台湾でもお会いした梅原克彦前仙台市長が台湾総統選の結果報告。その次は私が紹介されて、L.Aでの韓国系の現状を語った。

その後、マスコミ関係者、藤井氏、私の3人で飲み直した。最後は藤井氏と2人で先日行ったカラオケバーでまた歌いまくった。最終電車ギリギリにお開き。藤井氏に小岩の駅まで送ってもらい、別れた。

ホテルに着いたのは1時前。風呂に入って、寝付いたのは2時半。

朝、7時に目覚ましがけたたましい音を出して私を起こした。

今日は新幹線で大阪に向かう。昼前に、新大阪駅で三宅博氏と合流するのだ!


今回の記事も内容がダブっていないか心配だが、内容がタイムリーでないこともお許しを!

いやー、大阪では三宅博氏や西村眞悟氏とも盛り上がり、楽しく貴重な大阪での思い出を作ることができた。
その話題は明日の朝、書く予定だ。

今日は「李登輝友の会」、や「チャンネル桜」に顔を出して長話してきた。これから新宿の「ゴールデン街」の俳優の大先輩が経営するバーにちょっと寄って、大森で友人との食事が待っている。今夜も遅くなり、体重が増えることだろう。

明日は「たちあがれ日本」の街頭演説のお手伝いして、夜には羽田に向かいL.Aに飛び立ちます。





台湾から東京へ到着!まずは浅草、小岩から・・
速報!
この記事でも書いた、藤井厳喜氏との対談がアップされました。
さすが藤井氏だ!こういう真正保守でSpeedyに実行する人に政界で活躍してもらいたいものだ。
その点、私は紹介する前に没にしたり、未編集材料があまりにも多すぎる。

今回、新たに記事を更新しようと思ったのだが、インターネットカフェーに行く間もなく、慌ただしい日本の日々である。
昨日は仙台に行ったのだが、被災地に向かう間もなく、食事して東京にとんぼ返り。行き帰りの新幹線では爆睡状態でした。これから「李登輝友の会」に顔でも出そうかな?

明日はまた、多くの人たちと会う予定です。明後日は大阪の西村真吾氏、三宅博氏と会うことになっている。

私と藤井厳喜氏との対談動画!




昨夜、8時に台北から成田に到着した。何度経験しても成田から東京は遠い。台湾のホテルではメールも開けることも、検索も可能だったので、ネットで浅草周辺のホテルを予約した。

成田の方が宿泊先の空きが多く、いいホテルでもめちゃくちゃ安い。移動を朝にした方がよかったかな?と思うほどヘトヘトに疲れていた。

結局、浅草のホテルに着いたのが10時半だ。このホテルはなかなか落ち着きそうなホテルで、バスタブも大きくて深いので、久々のお風呂だ!
台湾では、シャワーだけの安部屋だったが、やっぱり風呂はいい。LANでパソコンを使うのは簡単だと聞いていたが、やっぱり日本でのパソコン使用は相性が良くない。
ホテルのフロントに電話したら、御親切に部屋まで来てくれた。あまりアップルのコンピューターに詳しくないお兄さんで、結局、使用不可だった。原因はよくわかりません。

「もう今日はブログ更新はやめた!」とお腹がすいていたので浅草の街に出た。ところがもうすでに11時を回っていたので多くの店は閉まっていた。
何人かに東京スカイツリーが見える位置やネットカフェー情報をを教えてもらおうと尋ねたら5人中2人は中国人だった。最近は日本人なのか、シナ人、朝鮮人なのか判断が難しくなってきた。注意深く言葉や態度を見ればわかるのだが・・。

結局、居酒屋に入って7品ぐらいオーダーして、チューハイをジョッキで2杯飲んで、ほどよく酔い、お腹がいっぱいになった。日本は何を食べても美味しい。店の中に中国人の客が何組か目に入った。日本に来る度に、確実に増えている。
ホテルに戻る途中、コンビニでシュークリームと駄菓子とアップルジュースを買った。これでまた太るぞ!
福岡では大濠公園(1周2キロ)を久々に走りたかったのでその近くのホテルに宿泊した。夜と早朝、耳がコチコチになるほど寒い中、6キロ走って体重を維持していた。それにしても大濠公園は早朝であろうが、何時でも多くの人が走っている。
台湾では天候にもあまり恵まれず、毎日10キロぐらい歩いていたので、ジョギングはパスした。
東京では宿泊先が固定していないし、寒いし、ジョギングはどうしようかと思いながら2時に瞼を閉じた。

1月17日は浅草を散策。雷門、浅草寺はいつ来ても賑やかだ。中国人の観光客が来るたびに増えている。観察すると西洋人はあまり買い物はしない。中国人は一番財布のヒモが緩いようだ。

評論家、拓殖大学教授の藤井厳喜氏から電話があり、JR小岩で待ち合わせした。ちょっとした手違いで待ち合わせ場所が見当たらず、一汗かいた。その後、やっと出会い、歩いて彼の事務所に行って雑談し、彼のYoutube Channelの番組で約40分の対談を収録した。近々、この動画がアップされたら紹介します。

そして、藤井氏の秘書と3人で近くの店で焼酎を飲みながら食事をした。3人で結構盛り上がり、それからカラオケバーに移動して、2人で10曲ほど歌った。藤井氏が前座でとまず歌う。何が前座だ?なかなかの美声でプロ顔負けの実力ではないか。

私はこの日はなぜかガラガラ声。睡眠不足と普段の飲まないアルコールと数倍のおしゃべり量で、ノドが森進一のようなかすれ声。久しぶりに熱唱して、2人とも酔っ払ってしまった。軍歌、浪曲、POPS、歌謡曲と楽しい一夜を過ごした。

この日も寝たのは2時近く。

18日お昼現在、浅草インターネットカフェにて記事を更新!これから東北に向かおうと思う。

台湾総統選で民主党の蔡英文が敗れた!どうなるのか台湾?どうなるのか日本?
あー、台湾期待の星、民進党、蔡英文が敗れてしまった!
1月14日に選挙投票があり、夜8時頃には結果が出た。

神は我々の味方をしてくれなかった。台湾人は中華民国教育に染まり、国民党のウソと金にまんまと騙されてしまったのか?
昨夜は同志と「西門」に出かけ、残念会でビールを呑んだ。ヤケ酒と悔しさで、夜中に何度も目を覚まし、今頃になって眠くてしょうがない。

4年ぶりの台湾は思っていた以上に中国化が進んでいた。私が宿泊しているホテルは中国人の観光客で溢れていた。台北市内を歩いていても、中国化を肌で感じた。

私は台湾に入って、60対40で形勢不利と感じていた。その後、台北市の選対事務所を訪ねて、最終日の民進党選挙大ラリーが新北市で開催されるというので行く事にした。4年前は市内の101ビル近くの空き地で行なわれたが、今回のこの新北市は、4年前には存在していなかった新しい台湾最大の行政区だそうだ。
旧称を台北県といい、2007年10月以降、財政上「準直轄市」扱いされていたが、2010年12月25日付けで直轄市に昇格し、新北市と改称された。

台北駅から地下鉄板南線で5つ目の板橋という駅で降りた。この地下鉄板橋(台鉄新北)駅前は美しいイルミネーションの灯で飾られ、駅前の高層ビルは未来都市を思わせる壮大でユニークなデザインのビルが建ち並ぶ。
ここから500メートルぐらい歩いた場所が、民進党台北地区の選挙最終ラリーの会場だ。

ここに民進党の候補者、大幹部、そうそうたるメンバーがステージで熱弁した。まるでコンサート顔負けの、いや、それ以上の演出で、会場は盛り上がっていた。そして最後に蔡英文が立ち、そこに李登輝総統が登場して、会場の熱気はピークを迎えた。

90歳になっても、李登輝閣下はやっぱりカリスマ性がある人物だ。いつになったら彼のような人材が台湾から出て来るのだろうか?ステージ上での蔡英文候補と李登輝元総統との抱擁シーンの写真が次の日の紙面を大きく飾ったのだが・・国民の心には響かなかったようだ。
この選挙前夜で、最後の民進党主催の最後の選挙ラリーは約5万人の観客と共に幕を閉じた。
この盛り上がりで、最後の最後に、巻き返す事を期待したのだが・・。残念無念。今後の台湾、日本が心配だ。

数日前には李登輝元総統が台湾の大手7紙に蔡英文候補支持の「台湾にチャンスを」を掲載し、李遠哲氏ら87名の科学関係者も蔡英文支持の声明に署名したのだが、台湾の大衆には届かなかったようだ。とても残念としか言いようがない。

立法委員(国会議員)も国民党64対民進党40で過半数には届かなかった。

前回の4年前は、選挙前夜にコインランドリーで洗濯して、民進党総統候補、謝長廷が敗れたので、今回は選挙当日の昼過ぎに洗濯を始めたというのに。私なりのジンクスは何の効果も成果もなかった。

夕方、同志の一人に誘われ、台湾独立連盟本部でテレビの選挙速報を観る事になった。
事務所には日本から李登輝友の会の面々、黄文雄氏、宗像隆幸氏な、そして元民進党主席、姚 嘉文(よう かぶん)氏、元仙台市長、梅原克彦氏などと、溜め息をつきながらテレビ画面を見た。7時の時点で馬英九の票数が優勢で、事務所内の蔡英文を応援していた我々の表情が曇る。
あー、これから台湾はどうなってしまうのだ?反日の国民党政権がまた続き、中国に呑み込まれたら、日本への影響はどうなるだろうか?溜め息しか出ない。


11日に福岡から台北に入った。4年ぶりだが、空港内はほとんど変わりはなかった。空港内で為替両替の窓口に立っていたら、後ろから「三宅さーん」という声が聞こえた。振り返ったら、台湾、日本の番組を制作しているL.A近郊の放送局の社長さんだ。父親は元、士官学校出身の帝国軍人。彼女は日台のハーフで中学、高校は岡山、大学から東京で過ごした才媛である。

何でも半年前から長期滞在型のマンションを借りて、14日の総統選、立法議員選挙の「台湾公正選挙国際委員会」(ICFET)で働いているそうだ。彼女の担当は日本から選挙監視にやってくる委員たちの出迎えや、コーディネート。偶然、関西国際空港から3人の参院議員を迎えにきていた時に私を見かけたと言う。櫻井よしこ女史も選挙監視委員の一人で、台湾入りしたばかりらしい。

時間が限られていたが、コーヒーショップで20分ほど話した。何でも監視委員たちにはメディアも近づいてはいけない事になっているそうだ。

先日の監視委員会の発足会には、世界中から300名のメディア関係者が集まり、用意した椅子が足らないほど注目された。

そのせいか今回の選挙運動は4年前よりおとなしいように感じる。しかし、国民党は民進党よりノボリの大きさも数も、テレビの宣伝も3倍は多い。これも金の力か。
敗戦後、日本人が引き揚げてから、多くの日本の財産を奪い取り、私物化し、台湾人に還元せず、世界一金持ち政党にのし上がったのが「中国国民党」だ。韓国や韓国人と同じメンタリティーだ。

中国や韓国に媚びを売る事で忙しい野田政権は、台湾情勢が今後の世界情勢にとって重要な位置にある事を理解していない。いつかそのツケが大きく、重く次の世代にのしかかってくる。


2週間以上ブログを更新しなかったので、何から書いて良いのやら迷った。日本、台湾で感じたことを相当量メモってきたが、結局、インターネット接続の問題やいろいろあり、更新する間もなく台湾総統選の結果が出る日を迎えてしまった。
古い内容の記事とゴチャ混ぜになってしまいましたが、その辺は、頭を切りかえて読んで下さい。

明日から9日間また日本に舞い戻ります。



【データ】総統選挙と立法委員選挙結果

総統選挙
馬英九(中国国民党)689万1139票(51.6%) 当選
蔡英文(民主進歩党)609万3578票(45.6%)
宋楚瑜(親民党)   36万9588票(02.8%)


立法委員選挙
小選挙区(定数73)
中国国民党:44議席、民主進歩党:27議席、無党団結連盟:1議席、無所属1議席

原住民選挙区(定数6)
中国国民党:4議席、親民党1議席、無党団結連盟:1

比例代表(定数34)
中国国民党 :16議席(44.5%)
民主進歩党 :13議席(34.6%)
台湾団結連盟:3議席(9.0%)
親民党   :2議席(5.5%)

立法委員 合計(定数113)(カッコは前回比)
中国国民党 :64議席(-17)
民主進歩党 :40議席(+13)
台湾団結連盟:3議席(+3)
親民党   :3議席(+2)
無党団結連盟:2議席(-1)
無所属   :1議席(±0)


2012年の初頭に思う事。あと5日で日本の土を踏むのが待ち遠しい!
新年明けましておめでとうございます。
2012年もブログ、ツイター、Youtubeで言論活動を続けていく所存です。
今後ともご協力、よろしく御願い申し上げます。

今朝はいつもより早く起き、簡単なおせち料理とぜんざいを作った。昨日は大掃除。ささやかだが、日本的に正月気分を味わう。

2011年は民主党を解散に追い込めず、記録的な円高、未曾有の大震災に見舞われ、原発事故も発生し、多くの困難を乗り越えようともがき、苦しむ日本人の姿を目の当たりにし、心を痛めました。
個人的には同志を失ったことが悲しい。
英語ブログの「Hey, you know what?」のビンゴ氏、人気ブログの花うさぎ「世界は腹黒い」の花うさぎさんの死は、同志としてショックが大きかった。仲間に支えられ、励まされたからこそ続けられた。彼らの想いを引き継いでいこうと思っている。(合掌)

私も民主党が政権与党になってからは、体調不良になるほどイライラが募っていた。血糖値が935(150以上は要注意)まで上がる不名誉な結果を出してしまった。
その後、リカバリーしたが、医者は「危なかった」と言っていた。

嬉しい出来事もありましたね。ワールドカップ女子サッカーで日本チームが世界一になり、日本女性の底力を世界中に証明した。

2012年は日本の復興と日本人の精神的な復旧を願っています。

昨夜は、日本より17時間遅れて年末の「NHK紅白歌合戦」を観ながら、2011年を振り返っていました。
その中でも、長渕剛が印象に残った。
破壊的な被害を受けた宮城県石巻市からの生中継。オープニングは長渕らしい、日本人に対する愛情のこもった語り口で石巻の小学生に語りかけた。


小学校のグランドの中央で「ひとつ」を熱唱する長渕を、数多くのサーチライトが円形に囲み、いっせいに光で長渕や校舎を照らし出す。最後は復興に向けた希望の灯火のごとく、光の柱は犠牲者の魂が天に昇るように、まぶしく夜空を彩った。
この演出が多くの日本人に感動を与えたと思う。

民主党から離党した衆院議員9人が1月4日に新党「きずな」を立ち上げる。
こんなたまたま民主党の勢いに便乗して当選した素人議員たち、それも多くが比例代表だったくせに、よくもまあ都合良く離党するものだ。

民主党の選挙公約に反する消費税増税方針に反対して離党した連中である。では、民主党が公約違反した、その他の事案も、実現すると信じていたであろうか?
こんな党の綱領がない民主党に在党し、疑問も感じなく今日まできて、これでは解散総選挙後、民主党では勝てないと、簡単にケツまくる。
無責任で信念も覚悟も無い輩たちよ、国会議員職をナメるんじゃない。次回は無いと思え!

それにしても国会議員を一度経験するとなかなか辞められないようだ。当選するためには、信念や理念は関係ないようだ。こんな当選したいが為に簡単にウソをつくような議員は、今の日本には必要がない。

それも「きずな」?英語で党名を何と言うのだろう?単に思いつきのネーミングで大震災に便乗して、人気にあやかりたいということか?

こんな素人集団が、「たちあがれ日本」より議員数が多くても、所詮素人で役に立たない元民主党議員たちだ。

2012年は多くの国々で大統領選が実施される。
特に米国、台湾、中国、ロシア、韓国の大統領選の行方が気になる。
日本の生命線と言われている台湾総統選は4年前同様、今回も台湾入りして、この目に焼き付けてくる。

民主党の外国人党員問題、野田首相、菅前首相などの外国人献金問題はまだ解決していない。麻原を含めたオウム信者の死刑は執行されていない。先送りばかりしている民主党の歴代法務大臣は、死刑に対する勉強会を開いているそうだが、そんな勉強不足な人間を任命した首相の責任は重い。

一川防衛相、山岡国家公安委員長の不信任案、民主党の公約違反問題は継続して追求しなくてはならない。

今年前半には解散総選挙を実施してもらい、新たな気持でリセットしてから、日本勢が活躍するオリンピックを観たいものだ。

今年のメジャーリーグBaseballも面白くなりそうだ。移籍後の黒田、岡島、五十嵐の活躍。
同チームで大学の同級生の建山、上原が昨シーズン以上の期待に応えてくれるだろう。テキサス・レンジャーズにダルビッシュが入団決定すれば、日本人が3投手になり、発奮して相乗効果が期待される。

松坂が意地のカムバックで今年は好成績を残すと信じている。
西岡、福留も今シーズンは昨シーズン以上の活躍を期待する。
斎藤、高橋は安定感ある活躍を期待出来るだろう。
ダルビッシュ、岩隈、和田のセンセーショナルな活躍がスポーツ紙を賑わすか?
イチローが所属するマリナーズに2軍契約する川崎が、一軍に上がって、イチローと仲良く活躍することを祈る。
中島、青木もレギュラー目指して、頑張ってもらいたい。

今年は、1月7に福岡入り、1月11日~16まで台湾。16~26日まで日本全国のデモ、被災地、神社仏閣を駆け回る予定です。
日本で祖国の空気を吸い、今の危機的状況をこの目で再確認したい。いろんな食べ物を口にし、同志と語らう事を今から楽しみにしている。L.Aの気温は日中25度ぐらいだが、日本はさぞ寒いだろうな。旅行中に寝込んでもしょうがないので風邪だけは引かないように気をつけよう!

今年は日本にとっても世界にとっても正念場である。民主党がその中でリーダーシップを発揮出来るとは到底思えない。

今年の前半は昨年同様、イラつく年になりそうだが、なるべく笑顔で乗り越えようと思う。



プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR