FC2ブログ
L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

少子化だから移民が必要だと世論を誘導する政財界、マスコミに騙されてはいけない!

「少子化だから移民が必要だと世論を誘導する政財界、マスコミに騙されてはいけない」

現在日本の人口が1億2千800万人。私が少年時代は人口が9000万人前後だった。予測では40年後に9000万人に戻ると言う。私は日本の適正で理想の人口は1億人以下と思っている。今後、観光客が増えれば、日本はぎゅうぎゅう詰めになる。観光地に住む住民は、人口が増えても社会不安、生活保護者や失業者が増えるだけ。

生産性も今やロボット、コンピューター、ネットの時代だ。女性、中高年者、シングルマザー、引きこもり、身障者などを有効活用し、子供を生みやすい環境づくりをすれば、乗り越えられるはず。

私から見れば、ここ20年以上、政治家や官僚が努力を怠っていたと思えてならない。バブルの時代、バブルが弾けた後、いったい何をやってきたのだ?いきなり少子化が始まった訳ではあるまい。

移民で成り立っているアメリカと違い、安易に移民政策を取り入れようとする国の政府は、知恵、創意工夫、戦略に欠けていると言わざるを得ない。特に日本は他国とは違い、単一民族国家だ。外国人流入もある程度は致し方ないが、何事もやり過ぎはバランスを崩す。

移民の人口が総人口の2%以上になると、問題点が浮き彫りになってくる。現在、在留外国人数は反日国家の中国、韓国を中心に約215万人だ。人口の2%だが、不法滞在者を入れると300万人以上である。帰化人を入れると350万人以上。今のままだとあっという間に、日本の国柄が完全に崩れる5~10%になる。

今のように反日教育に染まったシナ人、朝鮮人が増えすぎるとロクなことはない。あっという間に日本文化が失われ、生活様式、雇用形態、価値観まで変わり、天皇制まで危うくなる。今でもおかしいものだらけの日本は、どう日本らしさ、国柄を維持出来るかが分かれ目だ。一番恐ろしいのは、気付かないうちに民族浄化されることである。

日本は今まで何事も可能にしてきた国である。その気になれば時代に合わせ、変革や考え方や方向性を変えるだけで乗り越えられると思う。アメリカの圧力か、中国の圧力かは分からないが、私は必要以上に外国人の受け入れをしなくても日本は立ち行くと信じている。何でもラクをしようとする前に、その反動が恐ろしい事に気付くべきだ。

日本はチームワークで現在の日本を築いてきた。外国人が増えすぎると、チームワークが乱れ、逆に生産性と品質が落ちると思うのは私だけか?
例え、チームワークが保てても、そこには目に見えない、良く気がつく日本人の存在があり、その分、日本人に負担が増え、ストレスが極度にたまってくることを覚悟した方がいい。

そう、子供だけではなく、大人も被害者意識を感じるようになるのだ。
今後、外国人を必要以上に入れなくても、知恵を絞って、仕組みを変え、創意工夫で国民が幸せになる方法はいくらでもあるのだ。政財界は信念を持って取り組み、将来にとって意味がある「汗」を流してもらいたい!

では、あなたたちに聞く。日本人が減り、外国人が増え、日本の総人口も増え、生産力が高まれば、金にも困らない、ストレスもない、ブータンに負けない幸福度がやってくると思っていますか?

「日本の政治、移民問題について独り言」

まず、大量移民受け入れ、外国人労働者受け入れが国民不在で、国民に内容を理解させず、急ピッチで進められている。長年かけて築き上げた日本の国柄を、何のために壊す必然性があるのだ?

私は移民問題、それとリンクしている外国人地方参政権問題、TPP受け入れ、在日問題が日本解体の方向に向かうと訴えてきたが、今の日本の政財界、マスコミは、日本解体を自ら進めようとしている。世界の模範、お手本になり得るオンリー・ワンの誇れる国なのにだ。なぜこういうキチガイ沙汰の方向に日本は向かい始めたのだ?

特に多くの政治家の勉強不足、想像力の欠如、経験値の低さは尋常ではない。考えたらわかりそうな事を目先の損得で判断するとは、日本の体たらくは予想以上と言ってもいい。表面的には日本はすべてがうまくいっているように見える。だが、それは日本人が日常の忙しさに流され、気づくべきことが目に入らないからだ。このまま日本が成り行き任せで中長期展望や戦略なく進めば、確実に悪夢の方向に向かう。私は断言してもいい。

それもここ数年は、ピッチを早めて、日本を解体の方向に導いている。それに気づかない政治家や確信犯の政治家、それをサポートする在日団体の民団や総連。今の日本はバブル崩壊の経験から自信を取り戻してはいない。逆に勘違いと自分勝手さが増してきたように思う。その上、自虐史観の自縛によって確実に方向を迷わされている。

私が長年訴えてきた大量移民受け入れ、外国人参政権付与問題が結果有りきの方向で進められようとしている。だが、多くの日本人はそれに無関心だから気づこうとしないのか、それとも、気づかないから無関心なのか?どちらにしても国民として褒められたものではない。

私は看護師、介護師など仕事によってはインドネシア人、フィリピン人など、ラグビーはニュージーランド、オーストラリア、トンガなど、サッカーはバランスよく世界中から、ITはインドなどに頼らざるを得ない時代に突入したとも思う。しかし、今の日本の移民制度はバランスが悪い。法の整備も曖昧で、人員含めて全てが中途半端。その上、シナ人や韓国人など反日国をなぜだか優遇する。街中では中国語、ハングル文字が氾濫し、景観を乱す。中長期展望も計画性も感じない。

私が反対する理由は、ルール作りが曖昧で、確立されていない事。入管調査員の絶対的な人数不足が議論されていない。いろいろな起こるであろう問題を想定していない。受け入れの業者や地方自治体の、手続き上のミスや違法行為による罰則が確立されていない。
労働者を受け入れる業者が、必ず空港に迎えに行って、期間が終了すれば空港まで最後まで身送り届け、出国を確認する義務を与える。それが出来ない企業は、無責任と見なし、罰則を与える。そうしないと外国人労働者の多くは期間が過ぎても国に帰らず、慣れた日本のどこかに潜り込むのだ。

一番重要なのは自国民である日本人の労働環境の改善、お年寄りや女性の有効活用に対して知恵を絞り、汗をかくことが優先課題だ。なのに日本人が片隅に追いやられる方向に舵を切ろうとしている。

全体の30%以上の非正規労働者の労働環境を変えるだけでも、将来の生活保護受給者予備軍が減る。このままだと日本人の間に格差が広がり、多くが肩身の狭い生活を強いられる時代が来る。

移民制度や外国人労働者受け入れは、他国を真似る必要はない。日本は日本のお国事情に沿って制度や法律を作ればいい。

親日国、日本に対しての貢献度から受け入れる人数枠を決めるのも一つの方法だ。反日の外国人が増えても日本が得することは何一つとない。反日国家からは受け入れ人数を大幅に減らすことを提案したい。これに対して文句を言われたら、「自業自得だ」と言い返せばいい。

人数枠をたとえ減らされたとしても中国人と韓国人はアリかゴキブリのように入ってくる。そこで活躍するのが入管捜査官たち。警察と連携して不法滞在者を確保し、不法に受け入れた業者に罰則を与え、何度か違反行為を続けると外国人労働者を合法的に受け入れられなくする。それには現在の5倍以上の係官を確保しないと対応出来ないだろう。

最近は、政治家やマスコミには騙されないほど情報を持って、真剣に日本の行く末を心配している日本人も数多くなった。だが、まだ少数派だ。政権与党自民党も、過去の政策の失敗に対する反省もなく、政治改革もせず、反日議員が半数近くも在籍している。問題大いに有りだが、野党はもっと酷い。どこどこと中途半端な政策合意で、くっ付いては離れる。旧民主党出身者がいい例だ。どこの馬の骨ともわからない議員ばかりが合流して、日本を弱体化した。

まだまだ言いたいことがあるが、長文過ぎると読んでもらえない。ということで、今回はこの辺で。


「大量の外国人労働者や移民受け入れに対して、なぜ知恵と経験が豊富な在外邦人の意見やアドバイスを求めないでの見切り発車か?」

戦時中のアメリカでは日本と同盟を結んでいたドイツやイタリア系アメリカ人は普通の生活が許され、なぜ日本人だけが全財産を失い、強制収容所に押し込まれ、苦しまなくてはいけなかったのか?

今でも白人の優越主義は根強く残っている。9・11同時多発テロ以来、イズラムに対しての差別は、戦前の日本人に対する人種差別を彷彿する。

特に最近は、不法移民を含めて、新移民が大量に入り込んだ事で、職を失い、治安の悪化に不安を感じている人たちがトランプ大統領を誕生させた側面もある。

今や世界中が移民に対して、慎重論を唱える中、果たして日本はどうだ?
外国人に対する免疫力が低い日本人が、反日国を中心に大量の移民を受け入れて、彼らが騒いだり暴れ出したら、注意したり止めたりできるのか?それとも、自分には関係ないと事なかれ主義に徹するのか?

誰も何も考えず、想定さえせず決めようとしているように思える。恐ろしい事態を想定せず、進めるのは無責任ではないのか?
日本の役所は、一度決めたことをなかなか変えようとしない。一応、建前上、「みなさんの意見を聞いて、4月までに見直しをしていきたい」とは言うが、これって今までの経験上、アリバイ作りでしかなかった。

一度、日本らしさを失えば、もう過去は戻ってこない。日本の国柄が総崩れになってしまう。

移民を安易に受け入れようとしている政治家は、反日か、世襲議員で世間知らずのボンボンか、世界情勢を理解していないか、平和ボケで危機感がなく、嘘やデタラメを世界中に広げる反日国の恐ろしさを知らないか本質を見抜いていない人たちか?それとも自分さえ良ければ、国の未来なんか知ったことじゃないと思う人たちなのか?

まず、日本の政治家がより良い移民政策を実施しようと思ったら、なぜ、海外で生活する在外邦人などに意見やアドバイスを求めないのだ?
勿論、在外邦人といっても、一部に反日で日本が嫌で外国で生活を求めている人もいる。だが、多くは祖国・日本の行く末を心配している人がほとんどであると信じたい。

私は慰安婦問題、竹島問題などで政治家から意見を求められたことはあるが、日本の移民問題を総領事館、外務省、法務省、政治家などから意見やアドバイスを求められたこともなければ、そう言うオピニオン・リーダーたちが集められたと聞いたこともない。本来なら、幅広く、多くの意見を集め、協議するのが当然のことだ。在外邦人は移民問題に触れて、知識も経験も日本に住む人たちより豊富である。なぜ、在外邦人を有効活用しないのか不思議でしょうがない。

もし、世襲議員や社会経験値が低い政治家や官僚の知識と経験と想像力で十分だと思うのであれば、それは過信であり、驕りでしかない。今からでも遅くない。在外邦人の多くから意見を求めて、外国人労働者受け入れや移民政策を見直し、中身を充実させなくてはいけない。

政治家は自分の選挙区と、霞ヶ関やビジネス街、一部の平和なネオン街しか目に入っていないのか?
もっと有権者や在外邦人の声を聞き、現状を見て、日本の10年、20年先に日本の国柄が守れて、どうなっていくのか、見極めていただきたい。



「少子化だから移民が必要だと世論を誘導する政財界、マスコミに騙されてはいけない!」

現在日本の人口が1億2千800万人。私が少年時代は人口が9000万人前後だった。予測では40年後に9000万人に戻ると言う。私は日本の適正で理想の人口は1億人以下と思っている。今後、観光客が増えれば、日本はぎゅうぎゅう詰めになる。観光地に住む住民は、

人口が増えても社会不安、生活保護者や失業者が増えるだけ。生産性も今やロボット、コンピューター、ネットの時代だ。女性、中高年者、シングルマザー、引きこもり、身障者などを有効活用し、子供を生みやすい環境づくりをすれば、乗り越えられるはず。

私から見れば、ここ20年以上、政治家や官僚が努力を怠っていたと思えてならない。バブルの時代、バブルが弾けた後、いったい何をやってきたのだ?いきなり少子化が始まった訳ではあるまい。
移民で成り立っているアメリカと違い、安易に移民政策を取り入れようとする国の政府は、知恵、創意工夫、戦略に欠けていると言わざるを得ない。特に日本は他国とは違い、単一民族国家だ。外国人流入もある程度は致し方ないが、何事もやり過ぎはバランスを崩す。

移民の人口が総人口の2%以上になると、問題点が浮き彫りになってくる。現在、在留外国人数は反日国家の中国、韓国を中心に約215万人だ。人口の2%だが、不法滞在者を入れると300万人以上である。帰化人を入れると350万人以上。今のままだとあっという間に、日本の国柄が完全に崩れる5~10%になる。

今のように反日教育に染まったシナ人、朝鮮人が増えすぎるとロクなことはない。あっという間に日本文化が失われ、生活様式、雇用形態、価値観まで変わり、天皇制まで危うくなる。今でもおかしいものだらけの日本は、どう日本らしさ、国柄を維持出来るかが分かれ目だ。一番恐ろしいのは、気付かないうちに民族浄化されることである。

日本は今まで何事も可能にしてきた国である。その気になれば時代に合わせ、変革や考え方や方向性を変えるだけで乗り越えられると思う。アメリカの圧力か、中国の圧力かは分からないが、私は必要以上に外国人の受け入れをしなくても日本は立ち行くと信じている。何でもラクをしようとする前に、その反動が恐ろしい事に気付くべきだ。

日本はチームワークで現在の日本を築いてきた。外国人が増えすぎると、チームワークが乱れ、逆に生産性と品質が落ちると思うのは私だけか?例え、チームワークが保てても、そこには目に見えない、良く気がつく日本人の存在があり、その分、日本人に負担が増え、ストレスが極度にたまってくることを覚悟した方がいい。そう、子供だけではなく、大人も被害者意識を感じるようになるのだ。

今後、外国人を必要以上に入れなくても、知恵を絞って、仕組みを変え、創意工夫で国民が幸せになる方法はいくらでもあるのだ。政財界は信念を持って取り組み、将来にとって意味がある「汗」を流してもらいたい!
では、あなたたちに聞く。日本人が減り、外国人が増え、日本の総人口も増え、生産力が高まれば、金にも困らない、ストレスもない、ブータンに負けない幸福度がやってくると思っていますか?





プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR