fc2ブログ
L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

○ 騒がしくなってきた尖閣諸島周辺の今後は? ○ 私がL.Aで尊敬したサムライ!
尖閣諸島周辺が騒がしくなってきた。

そんな時、フィリピンのアキノ大統領が中国との対立で、一歩も引かない姿勢を強調し、国防能力を強化するため、海軍と空軍の軍備を増強すると表明した。
日本の海上自衛隊もフィリピンやベトナムと交流し、出来る事はやっているが、問題は民主党政権が何をやろうとしているかだ。自衛隊は常に準備はできている筈だ。しかし、日本政府が煮え切らない態度で、相も変わらず中国に対してビクビクしているのが気がかりだ。

アメリカは一貫して領土問題の平和解決を望むと主張しているが責任を回避すれば東南アジアの平和は得られない。軍事力で中国を抑えるより、積極的に関連諸国と一緒になって政治的な圧力で解決すべきだ。アメリカにはサンフランシスコ講和条約の尻拭いをする責任がある。
東南アジアの未解決領土は中国と関連国の外交で解決できるものではなく、条約を批准した主要署名国アメリカ国会に権利がある。関連諸国はこれまで領土問題を外交問題として無法国家、中国やロシアと話し合ってきたが、これは間違いで、アメリカ国会が責任をもってやるべきである。しかし、残念ながらアメリカの議会にはアジアに関する勉強不足の議員が多すぎる。だから、下院でウソとデタラメの「従軍慰安婦」の決議案が賛成多数で可決したのだ。

来週には香港から活動家たちが尖閣諸島に向かうと言う。近々、数えきれないほどの武装した中国漁船が尖閣諸島周辺で漁に向かうという声も聞こえる。

なぜ日本は防衛予算を増やせないのだ?自衛隊法の改正や海上保安庁の業務権限の強化が進んでいるのか?民主党は、相も変わらず「協議しなくてはいけない」と口先だけか?当初予定していた子供手当が防衛予算とほぼ同額だとは驚きだ。
今の日本は時代が読めない政治家が多すぎる。世界で何が起こっているのかあまりにも無関心すぎる。今や世界中でテロ、抗争、戦争が起こって不安定な時代なのだが、平和が長い日本は、ボケてしまってそういう暗い話題を避けてきた。もっと世界の現実に目を向けよ。

中国や韓国に莫大な資金を提供し、日本在住の在日を含めた愚民にバラマキ、甘やかしてしまった。そういう人間が増えるということは、国にとって反対勢力とユスリ屋が増えるに等しい。

特に野田首相が韓国に対して現行の1兆円から5兆3900億円に拡大した支援金を出すと言った時は、怒りが込み上げてきたものだ。その上、日本が正当に持ち帰ったにも関わらず、韓国のウソやデタラメを真に受け、「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書計1205冊のうち5冊を引き渡した民主党のバカさ加減に呆れたものだ。

これだけ協力して、韓国は日本に対して感謝の言葉もないだけではなく、その後の態度には、ぶん殴りたい衝動さえ覚える。「日本海」「従軍慰安婦碑」「竹島」問題はエスカレートする一方だし、次から次へと品を代え、ウソやデタラメの要求オンパレードだ。もういい加減にしてもらいたい。原因はすべて日本サイドが作っている事を、政治家は気付いているのか?

日本の防衛予算が約4兆5000億円。東日本大震災や原発事故で自衛隊の活躍はそれ以上の働きをしてくれたではないか?それでは韓国が日本に対して何をしてくれたか、大声で教えてくれる人がいたらお目にかかりたいものだ。

在日はどうした?被災地でシナ人同様、窃盗団の一味を留守宅に送り込み、略奪に精を出していたではないか?多くのシナ人は協力どころか日本から逃げたではないか?

その韓国に防衛予算より1兆円も多い額を約束するとは、尋常ではない。韓国側はこのお金を戻すつもりもないし、戻ってこないお金ということは日本国民の何人が知らされているのだろうか?

韓国に、意味をなさない戻ってもこない5兆3900億円を提供するのであれば、日本人を守ることに金を出せ!ヘリ空母、F35、巡視艇を増やせるし、尖閣諸島に港やヘリポートを建設出来る。立派な灯台やレーダー基地だって出来る。自衛隊員も数万人規模で増やし、仕事が見つからない若者の受け皿にさえなれる。

民主党は中国を暴力団扱いにしているから、丹羽大使が言うように「中国を刺激して、日中関係にきわめて深刻な危機をもたらす」と思っているのか?いつから日本人は正義感を失い、悪い事をしようとする連中に、ビクビクし、見つからないようにコソコソと見て見ぬフリをする、情けない国民になったのだ?

石原慎太郎東京都知事がわかりやすい言葉で「自分たちの家に、強盗が『入るぞ』と宣言しているのに、戸締りをしない国がどこにあるのか」と述べたが、うまくマトを得ている。

日本政府は「オスプレイ」問題でも、鳩山同様の素人対応をしようとしている。これはまたもや政府がハードル設定を誤ったのだ。岩国でのハードルを普天間と同様に設定するミスを犯した。これじゃ前進しようが無いだろう?
岩国では市街地の上空を飛ぶわけじゃなく、飛行テストを了解さえしておけば、ハードルが下がったのに残念だ。
何しろ何も前進しない。数百人の反対運動に完全に振り回され、ブレまくる民主党政権。

中国はこの「オスプレイ」をなぜか恐れて、過剰に反応している。中国は国民の怒りをどう「ガス抜き」させるかで必死だ。
防衛省の官僚も政治家もハンドリング出来る人材がいないことで、深みにはまっていく。官僚も政治家も高学歴で偏差値が高くても、ちょっと考えたら解りそうな常識的な事に以外と気付かない。答えがある試験には強いが、彼らにとって答えがないものは想定外と言って逃げる。

民主党は、民主党のキャッチフレーズを一般公募で募集するそうだが、そんなのなぜ自分たちで考えられないのだ?一億円の歳費を一人の議員が使っているのに、それに見合う何をやったというのだ?
民主党議員自身が、自分たちが一番どこに向かって何をしたいのか解っている筈だろう?
そりゃあ、小沢派が新政党を「国民の生活が第一」とネーミングした、その程度のオツムだから致し方ないか?それにしても日本にはこの程度の人材しかいなくなってしまったのか?国民もすっかり舐められたものだ。

数日前、森本防衛相が東京都の尖閣諸島上陸申請に対して「反対する理由はない」と言っていたが、藤村官房長官は「(防衛相の)所管外のこととして、個人の思いを述べたと聞いている」と述べ、政府としての見解ではないことを強調した。
「都から具体的な話があった時点で、上陸の必要性、所有者の意向、政府の(島の)賃借目的などを総合的に勘案して判断する」と改めて説明したが、後手後手の対応だけはもう勘弁してくれよ!

ここまで問題になっている事案で、具体的な話が持ち込まれることは分かりきった話ではないか?
どうも尖閣諸島の事になると、中国の陰に怯え、言葉を濁す。民主党政権は二枚舌で、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の対応から、何の学習もしていないようだ。こんな覚悟も、領土の重要性も解っていない民主党政権がこれ以上続けると、とんでもない事態にカジを切られる可能性を感じるのは私だけか?


民主党は何の戦略も計画も無く、国民に迎合し、金をバラまこうとしていた。国民は国民で国のために何かをするというより、いかにラクして自分が金を手に入れるかしか考えないようになった。

私が若い頃は、生活保護がオプションとして存在する事すら知らないで生活していた。誰も教えてくれなかったし、それが当たり前の時代だった。芸能プロダクションに所属しても生活のためにアルバイトを掛け持ちするのが当たり前だった。
今では「吉本興行」が売れない所属タレントやその家族の生活保護相談をする時代なのだ。
マナー、教育レベル、闘争心、バイタリティーの低下が叫ばれる中、悪知恵だけはアメリカ並みになってしまった。

私は「人間、変な下心や、楽な生き方を若い頃から覚えると、ろくな人生を送れない」と教わってきた。まあ、経験上、100%そうだとは断言出来ないが、日本人の精神性が、そういう行為は「恥」と思う事で保たれてきた。

悪知恵が働く、そんな人間に囲まれた環境にいると、恥を知らない、頑張らない、正義感がない、信用できない輩が増えるだけだ。このままだと日本人が日本の国柄を忘れ、韓国や中国などのように目先の金儲けに走るだけの、民度が低い国々と変わらなくなる。

日本に今後、勤勉で正直者が評価される時代がやってくることを祈る。それには価値観、教育、体制の変革が急がれる。また、その実現のため、少しでも日本の為に、協力を惜しまない。それが実現したら、日本は世界に例がない、世界の見本となる国として絶大なる信頼を勝ち取れると信じている。


話題を変えるが、私は過去に日米を中心に「超金持ち」や「超有名人」という人たちを見てきたし、接してきた。私の目には、彼らが金があり名声があるからといって、幸せそうには見えなかった。いつも何かに追われ、果てしなく金欲や名誉欲に振り回されていた。私が変わった男なのか、そういう彼らを羨ましいとも、尊敬に値するとも思わなかった。人間、適度に稼いで、余ったら世のため人のために使うのがベストだと思う。家族に金を残しすぎると、鳩山のように勘違い人間が誕生し、世の中のためにならない。ある程度、自力で開拓する機会を与えてやらないと、精神的に逞しく育たない。
何人かいる中、あまり贅沢を好まなかった笹川良一氏は魅力的なじいさんだった。今でも私にとって印象的だった一人だ。

私がL.Aで尊敬していた人で熊本出身のジョージ岩崎という柔道家がいた。彼は大学の柔道部で父の3年後輩で、体はそんなに大きくなかったが、超力持ちだった。父を「先輩」といつも立て、礼儀正しいサムライだった。100キロ以上巨漢のアメリカ人を、握手の後、挨拶代わりに持ち上げて、「あなたは?キロですね」と体重を当てることが自慢の豪傑だった。勿論、無名で金もない人だったが、彼に世話になった武道家や日本人は多い。アパートの世話から、飲食代、悩み事の相談から何でも借金してでも面倒を見た。

まあ、奥さんは大変だったようだが、本人は満足そうで幸せそうだった。残念ながら28年前に64歳で亡くなったが、葬儀には彼に世話になった多くの在米邦人を中心に約400名が各地から集まった。目立たない形で日系社会に貢献した功績は、私の心に刻まれている。

昔はこういう、国のためや同胞のために惜しみも無く金を使った人がいた。私も以前はその影響もあってそういうことをしてきたが、今の日本人は、残念だが面倒の見甲斐があまりないので、自然にそういう行為から遠ざかってしまった。

いつか子供や若者が気楽に参加できる「人間道場」を主宰しようと計画していたが、民主党の体たらく、3・11、母の介護の疲れの影響で、体力、気力が低下する一方である。

台湾の政党・台湾団結連盟が「尖閣諸島は日本の領土」と表明!一日も早く売国奴、丹羽駐中国大使を更迭しろ!
李登輝元台湾総統を「精神的リーダー」とする「台湾団結連盟」が、尖閣諸島は日本の領土であることを表明した。
7月13日、台湾団結連盟の林志嘉幹事長が「尖閣列島はそもそも日本の領土だ」とした上、日本と共同開発や漁業権の交渉を進めていく党の方針を正式に表明した。
李登輝氏はすでに尖閣諸島は日本の領土であることを発言しているが、台湾の政党が尖閣は日本の領土であることを表明したのは台湾団結連盟のみである。

これで最大野党の民進党が「尖閣諸島は日本領土」と表明してくれたら中国の主張の根拠が弱まるのだが。独立色が薄れ始め、台湾の愚民に媚を売るようになった民進党は、もう一度独立色を打ち出して、台湾国民を再教育してもらいたいものだ。中華民国体制を継続しようとするうちは、少しずつ中国に呑み込まれていく。台湾建国、独立どころか、政権与党に返り咲く可能性も狭まっていく。
何はともあれ、台湾団結連盟の「尖閣諸島は日本の領土」表明に感謝したい!

まあ、尖閣諸島に中国海軍が上陸するには、国際的なリスクが大きすぎる。中国の少将が日本に対して挑発的な言葉を吐いているが、共産党大幹部の息子でろくに軍事訓練を受けずコネで高級軍人になったボンボンの言葉は中共政府の本音とは思えない。我がままに何でも手に入った環境で育った彼らの挑発的駄々を真に受けない方が良い。

たとえ中国が攻撃を仕掛けても、技術力、最新軍備、隊員の士気と熟練度で海上自衛隊は、中国海軍以上だと知る事になる。

ただ、日本政府は時間稼ぎをしたいのだろうが、その間に、自衛隊を国軍化して、軍備増強を急がねば、何もしなかったツケがとんでもない事態を招く。日本が、想定を越える速度で拡大する中国の軍事力増強に対抗できるのは、あと5年ぐらいか。それまでに鳩山氏の無責任発言で信用をなくした日米の連携を強化して、自衛隊法改正、憲法改正か自主憲法制定を急がなくてはいけない。

しかし、現実は民主党分裂騒ぎで、憲法論議は今国会で論点整理どころか、何も進展しない。与野党執行部で真摯に受け止める者はほとんどいない。民主党政権はそんな覚悟も準備も進めようとせず、何が国有化だ?

一日も早く中国のために尽力し、中国では支持と評価を得ている売国奴、丹羽駐中国大使を更迭しろ!
玄葉外相が記者団に「丹羽氏に日本の考え方を正しく伝達するよう指示した」??そんな日本の基本的な事さえ判断出来ない大使に、日本の命運を託せないぞ!

そんな時、自民党の古賀誠元幹事長は「やらなければいけない政策課題は山積している。ほったらかして衆院解散・総選挙だけがいいのか」と述べた。しかし、このまま民主党政権が居座れば、それだけ被災地の復興も、原発行政も先に進まない。海外からの信用も失い、中国や韓国に舐められ、血税を強請られるだけだ。

民主党の鳩山、菅は誤った政策や対策を実施したことで、日本に莫大な損害を与えた。そして現首相の野田は、決断するが、その後、訂正し、ブレまくり、結局何も出来ないではないか?
今のままの政治状況を続けるよりは、解散総選挙でリセットしたほうが日本の国益になると思うのは私だけなのか?

北部九州の豪雨の影響で、15日の博多の「祇園山笠」を心配していたが、15日午前、「舁き山」を担いで、約5キロを疾走し、タイムを競う「追い山」でクライマックスを迎えたそうだ。これで無事、熱気と興奮に包まれた勇壮な伝統の祭り「博多祇園山笠」が、幕を閉じた。12年続けて毎年のように7月9日~15日まで参加した「山笠」とは15年近く縁がなくなった。毎年、一番棒(一番前)で、舁き山を担いで参加した事が懐かしい。自然災害もきっと彼らのかけ声で正常に戻る事を祈る!

日本政府の「中国を刺激してはいけない」弱気外交が事を大きく、複雑にした!もう事なかれ主義で、問題から逃げるのはやめろ!
「無法国家」中国が南シナ海で領有権主張が激しくなり、対立する国々では中国への不信感が高まっている。中国側の漁船は、武装しているのでベトナムやフィリピンの海軍も警戒するほど強大なのだ。

ベトナムもフィリピンも実効支配して主権を確立しているというのに、中国にとっては、勝手に国内法で自国領と宣言し、領海扱いにしたのだから中国のモノということらしい。この論法は尖閣諸島にも当てはまるようだ。

中国にしろ韓国にしろ、一方的な解釈で押し通そうとする横暴さは、日本が真似は出来ないし、しようと思わないだろう。
中国は「天地図」と呼ばれる古い海図を持ち出して、台湾の東からフィリピン、ブルネイ、マレーシア、ベトナムの沿岸部を、古い時代から自国の海だったと主張するのだ。

彼らの主張は何の根拠も無いデタラメなのだが、中国人は洗脳されて、疑いすら感じないようだ。彼らが言っている事は、まるで統治能力が無いアメリカのネイティブ・インディアンがアメリカは自分たちのものだと大声を張り上げ、自分たちで建ててもいないエンパイヤー・ステート・ビルを返せと言うのと何も変わらない。

では、今後尖閣諸島はどうなるか?
当面、中国の漁業監視船が領海侵犯をくり返し、にらみ合い状態が続くだろう。玄葉外相がいくら中国の外相や大使に抗議しようが、安全保障に関して素人集団の民主党は、抗議したという中味が伴わないアリバイ作りに終始しているだけだ。

だってそうだろう?尖閣諸島を国有地化すると宣言した以上、今後、尖閣諸島をどうしたいのか、どう防衛するのか、最低限のプランさえ持ち合わせていないようだ。

野田首相は「海洋権益の確保、離島の保全、海洋安全の確保など課題は山積している。国をあげてこれら諸課題に取り組む」と述べていたが、その後尖閣をはじめ安全保障にとって重要な国境離島をどう保全していくかの議論を始める気配もない。地権者と具体的な交渉すらないないし、国有化方針を打ち出してからも何もしていない。首相の本気度に疑問符と言うより、民主党の「言うだけ」が証明された形だ。

都の尖閣購入計画に反対する見解を示した丹羽宇一郎駐中国大使の更迭を、今でも首相はかたくなに拒んでいる。この男は中国の漁業監視船の挑発や、人民日報の13日付の武力衝突の可能性を示唆するコラムに対する抗議すらしない。こんな問題発言後も反省すらしない中国のスパイのような大使に、今でも日中関係を任せるとは、いかに民主党が中国の属国政党かがわかる。

石垣市の中山義隆市長は「国に13回も上陸申請してきたが認められなかった。国有化しても上陸は認めず、避難港や灯台の設置もしないだろう。東京都が買った方がいい」と政府への不信感をあらわにしている。

日本政府の国有化とは関係なく、日本の海域を守るのは当然だ。まず、急いでやらなくてはいけないことは、尖閣諸島を守れるための自衛隊法を整備するのが先だろう?
今のままでは自衛隊が常駐しても、自衛隊員の武器の使用については、自衛隊法92条の4で、「武器は使用できるが、正当防衛か緊急避難の場合を除いて人に危害を加えてはならない」とされている。これでは中国軍に舐められるどころか、上陸して下さいと言っているようなものではないか?

たとえ、国有地化しても上陸さえ許可が出ず、調査さえ許してもらえなければ、何のための国有地化ぞ?

タイミング的に今の中国は、国内問題が日本以上に山済みだ。不動産バブルが弾け、経済危機が叫ばれ、ウルグイやチベット問題でピリピリしている。言論統制も激しくなり、格差が限界の域に達しようとしている。
中国国内では現在、ストライク、デモ、暴動が一日平均500件と言われている。ちょっとしたことでいつでも連鎖する恐れがあるのだ。

そんな時、本音では日本と事を構えたくないし、あてにしているジャパン・マネーを失いたくないのだ。しかし、中国人向けに何かポーズだけでもと、尖閣諸島海域で挑発行為をくり返すのだ。

今や日本政府は自民党時代から「中国は刺激してはいけない」と言っていたが、民主党政権になってからも、丹羽宇一郎駐中国大使が、東京都による尖閣購入が「中国を刺激して、日中関係にきわめて深刻な危機をもたらす」と、発言した。

10年ほど前に、尖閣諸島の魚釣島にヘリポート基地計画が立てられ、建設直前に中国からのクレームにより、断念した事があった。自民党さんよ、なぜあの時「内政干渉だ!」と反論しなかったのだ?最近の日本の政策のすべてが後手後手だ。今後は十分反省を生かしてくれよな。

李登輝元台湾総統が、7、8年前、現役を退いていたにも関わらず、入国を拒否された。中国のクレームに対して、素直に従う体たらくは、自民党時代からあった。
後に李登輝氏のお兄さんが眠る靖国神社に参拝されたが、当時はそれどころか、渡航許可さえ貰えなかったのだ。
その後、彼は岡山の病院で手術をするために来日したが、病院以外の行動を制限することで、やっと入国が許されたのだ。
元日本人で、元帝国陸軍少尉、元京都帝国大学出身であるのに入国が拒否されたとは何と情けない事か。

これも中国を刺激しないための配慮か?中国のスパイを数多く入国させて日本の国益になるのか?李登輝閣下のような日本を思ってくれる台湾人が、3・11以降、230億円以上の義援金を被災地に送ったが、中国は「台湾の金は中国の金」だとウソぶいた。自分の金は自分のモノ、他人のお金も自分のモノ?
こんなシナ人にゴマをすっても、決していいことはないぞ!

何しろ民主党政権では尖閣諸島は守りきれそうもない。一日も早く、存在そのものがストレスになる民主党を解散に追い込んでくれ。

何が「鳩山新党」だ?鳩山よ、その前に被災地に財産分与された中から自腹で20億円でも配れ!それでなくても海外に何兆円もバラまいたくせに。もうお前の出る幕は、今後の日本にはないのだ、早く潔く消えろ!

何が新党「国民の生活が第一」だ?英語表記が「People's Life First」だ?笑っちゃうぜ。こんな何もしないで、バラマキで国民をダメにし、壊す事しか考えない政党には1人として当選させてはいけない。何が国民の生活が第一だ?在日やシナ人の生活が第一なんだろ?冗談じゃないぜ!


テレビで九州北部の記録的な雨で23万人に避難指示が出た。対象の福岡、佐賀、熊本、大分の各県は、私が博多で生活していた頃、よくドライブした。熊本の阿蘇の近くの手作りログハウスは、今までの台風でも大丈夫だったが、今回も被害が無いといいが。
昨年の3・11といい、自然災害が日本を襲う。
私が毎年のように参加していた「博多祇園山笠」の最終日(7月15日)の追山は大丈夫なのだろうか?今まで、雨でも決行されてきたが、記録的な豪雨の場合、どうなるだろうか?「博多どんたく」同様、福岡市のビッグ・イベントなのだが。

今回も陸上自衛隊の救出活動には頭が下がる。また彼らのおかげで、多くの方々が救出された。

ここL.Aは毎日、30度以上の猛暑で、汗ビッショリかいて、脱水症気味になった。私が住むパサデナ市は、L.A市内より3、4度気温が高く、風がない。どうも今回のピークが一昨日だったのか、気温が高い上、湿度も台湾やタイ並みだった。それが前触れだったのか、昨日は恵みの小雨で少し涼しくなった。今日は午後からまた暑くなり、今後また10月まで猛暑が続くのかと思うと、老体?にはちょっと堪える。
以前は、暑さには強かったが、ここ数年は、徐々に苦手になりつつある。だからといって寒いのもイヤなのだが。
そろそろ賞味期限が切れそうかな?(笑)


さすが「頑張れ日本」だ、尖閣諸島周辺海域を120名、14隻の漁船で視察を敢行した!
やっとのやっとで国会議員の重い腰が上がった。
6月10日に民主党、自民党の議員6名が尖閣諸島周辺海域を漁船で視察した。
この視察は、田母神元航空幕僚長が主宰する民間団体の「頑張れ日本」が地元漁師と計画、実施した活動に彼らが同行した形だ。今もって議員たちが単独で行動する度胸も覚悟もないようだ。

この行動には6名の国会議員を含め、東京都議、石垣市職員、海外メディアなど総勢120名、漁船14隻で実行された。
「頑張れ日本」の行動力と必死さが伝わってくる。今や国は頼りにならないことを行動で示してくれた。特に外国メディアも同行させるとは、民主党政権では考えも及ぶまい。

韓国も中国も次から次へと難題を押し付けてくる。これすべて日本政府や外務省が長年かけて作り上げたツケだ。隣国をこんなにまで甘やかし、自ら首を絞めている日本という国はどうにかしてしまった。過去、志し半ばでこの世を去っていった同志、多くの愛国者が今の日本が置かれている状況を歯がゆい気持ちで見守っている事だろう。

あーー、情けない。日本の政治と接していると、何と税金が無駄にされ、こんなにも多くの税金泥棒が存在するのかと、愕然とする。生活保護や、中韓を甘やかし、舐められるために莫大な資金を投入するとはアホかキチガイである。
そりゃあ、過去も無能でどうしようもない政治家はいた。しかし、今の政治家はそれが大多数ではないか?
高校や大学で政治を志し、いろんな問題に取り組んでいた経験があるわけでもなく、気概も信念も愛国心もない輩が、金の匂いで飛びつく政治の世界。
企業も昔のように国あっての企業、自国の繁栄のためという考えもなく、平気で国、国民を裏切る。自分たちさえ良ければのオン・パレードだ。

いつになったら中国や韓国の国柄、行動パターン、人間性、狙い、戦略を読み取れるのだ?今まで政治家、メディア、学者、評論家たちはどんな学習をしてきたのだ?
特に民主党政権になって中国、韓国の要求はエスカレートし、その都度、彼らの言い分を呑み込んできた。こんなことをやり続けていれば、未来永劫彼らに強請られ続け、舐められ続け、馬鹿にされ続ける事に気づかないのか?

中国漁船衝突事件で日中関係が冷え切った後、民主党政権は関係改善に腐心してきた??おいおい、原因はどちらにあるというのだ?日本人が間違った動きをしたのではなく、民主党政権が誤った政治判断をしたからややっこしくなっただけだ。

今年の3月に輿石幹事長が北京で習氏と個別会談したのはその布石?政府が昨年8月に排他的経済水域(EEZ)の基点となる離島23カ所を国有財産化した際、尖閣周辺4島を除外したのも関係改善へのシグナルだったらしい。
それだけにある政府高官は「都の尖閣購入問題によりすべてが台無しになりかねない」と憤りを隠さないという。何なんだいったい?おまえらがコソコソわけのわからないことをやるから、メチャクチャになるのだ。先送りをやって、今さえ乗り越えられればで、事を大きくしたのではないか?もっと国益を意識し、ちゃんとした判断をする訓練がなされていない。
反日勢力に支持されている民主党に期待するバカがまだ多くいる日本をどう今後、統制していけばいいのか?

政治家や官僚の「事なかれ主義」の尻拭いを国民がやろうとしているのだ。ケチをつける前に、事態悪化を招いた張本人としての自覚と反省をしたらどうだ?

以前、Willの深田祐介氏の記事で、丹羽駐中日本大使を取材した時、この売国奴は「将来は大中華圏の時代が到来する」「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」「それが日本が幸福かつ安全に生きる道です」と言ったそうだ。こんなイカれた野郎を大使に送り込むとは、正気の沙汰とは思えない。
おい、民主党政権よ、中国の属国になるのがイヤなら、こんな日本の将来の国益を損なう丹羽大使は一日も早く更迭しろ!

私は今でもいつかは北方領土、尖閣諸島に上陸しようと心の底では思っているのだが、L.Aから2時間の船旅の観光地、カタリナ島に行った時も船酔いで、どうも海も船も体が受け付けない。困ったものだ(笑)。
若い頃、ヨットをやろうと始めたのだが、マリーナ・デルレイのヨットハーバーから出航し1時間ぐらいははしゃいで元気がよかったのだが、4時間のレンタルで残り3時間は死ぬほど苦しかった。みんなが楽しんでいるので戻ろうとも言えず、無口になって耐えていたら、「どうしたの?急にテンションが落ちて?」と言われ、みんなを横目にため息ばかりついていた事を思い出す。

これでよく1963年9月、客船「アルゼンチナ丸」で14日間もかけて太平洋航海でL.Aに渡って来られたものだ。もちろん、2日間はシケで船酔いで苦しかったが、歳月が過ぎ去ればすっかり過去のものになって、あの苦しみをヨットのセーリングを始めるまで忘れていた。それ以来、どうも船には苦手意識がある。いい船酔い薬でもあれば考えるが、どうもトラウマになっているようだ。

やっぱり山がいい。修験道の修行で山にも入った事があるが、これは私の体質に合っている。あーー、またまた話題がそれてしまった。

政治家よ、日本人の事など眼中にない恥知らずの丹羽大使を一日も早く更迭し、李登輝台湾元総統を見習え!
東京都が設置した寄付口座に尖閣諸島購入資金として約11億円が寄せられている。これは日本人の90%が支持している日本の民意の表れである。その行為にケチをつける馬鹿者が出現した。

この丹羽宇一郎駐中国日本大使は今や媚中から屈中に成り下がった売国奴だ。政府は、丹羽発言が政府の立場を表明したものではないと弁明するが、彼を任命したのは民主党政権ではないか?即刻更迭と思いきや、何の処分もおとがめもない。玄葉外相、外務省、そして野田政権は今後の日中問題をこの男にまかせて国益になると思っているのだろうか?

この男は、海外メディアのインタビューに「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらす」などと述べた。しかし、このまま事なかれ主義でズルズル関係を維持しても、近い将来に日中間で重大危機が発生するのは確実だ。そのためにも、正々堂々と日本国としての覚悟ある主張をくり返すことが重要だ。

中国の経済予測も楽観視出来ない今日、中国との関わりを自ら深めている企業は、常にリスクが伴う事を覚悟しなくてはいけない。格差社会のツケが大暴動、社会不安としてクローズアップされるのも近い。バブルが弾け、経済危機、外資の撤退、高齢者社会の到来に巻き込まれ、日本企業はとことん中共政府に利用される事だろうよ。早い時期に関わりを薄めていく方が日本企業のためにもなると思うのだが、彼らは私の声に耳を貸さない。

この駐中国日本大使は、横路孝弘衆院議長と習近平国家副主席との会談に同席した際、尖閣諸島の購入表明を支持する意見が大多数を占めることについて、「日本の国民感情はおかしい」「日本は変わった国なんですよ」 と述べていたという。
おいおい、おかしいのはお前さんだよ!日本人は何ら恥じる事はしていないし、独立国家の国民として当然の意思表示だ!変わっているのは、世界中から嫌がられているナラズ者国家に媚を売るあなたなのだ。日本の立場をわきまえず、日中の歴史の勉強を怠り、社益のためなら平気で中国にすり寄る、大使としての資格がない男を任命した岡田幹事長や民主党の体質が問題だ。

丹羽氏は以前、中国の儒教精神、中国人の大切にする孔子の五常「仁・義・
礼・智・信」を日本側が尊重すれば信用が得られるなどと語った事があるが、今の中国人に欠けているものがこの五常であることは、彼らの行動パターンを見ていれば明らかではないか?

学生時代から反米運動に参加し、親中だったこの男は、中国という国がよほど好きなのだろう。そして人権、言論の自由もない、未来がある筈もない嘘つき国家の中国をよほど信用しているようだ。こんな男が日本の国益、次世代のための日中関係にプラスになることをしないことは最初からわかっていたことだ。
中国の軍事力増強に対しても「大国として当然」と発言したり、今やGDPが世界第2位のこの国へのODAも続けるべきだと主張する中国の代行人のような男だ。中国の軍事力が増強されれば、どんな事態が発生するか中国を理解していればわかる筈なのだが、この男は日本の領土が脅かされるとは思わないようだ。
この男は先人が築いた日本の行く末より、目先の金儲けや名誉欲の方が重要なようだ。祖国の未来や歴史にも関心がないのか、現状が見えていないのか、何れにしろ自国民のことなどこれっぽちも考えていない事が証明された。

この男は以前、著書で「七十歳を過ぎたら全員一線を退くといった法律を作ったほうがよいくらいだ」「老人よ退け、飛び出せ若者」とまで言ったくせに、現在72歳ぐらいのこの男は、自分から辞めるとは言いそうにもない。要するに自分の言葉に責任が持てない男なのだ。

今後、中国が尖閣諸島上陸を試み、紛争が生じた場合、この男が対応出来るとは絶対に思えない。

尖閣諸島沖での中国船が海上保安庁の巡視船に体当たりした件で、彼の対応が非難された時点で、大使を代えるべきであった。そもそも民主党政権の「適材適所」の人選を今では誰も信じてはいまい。

日本国民の税金投入が、彼らシナ人を甘やかし、驕らせ、自惚れさせてきた。感謝されず、恩を仇で返す国のためにいつまでも日本人が面倒を見る義務があるというのか?被災者や被災地が困っているときでも、自国民より韓国、中国には気前がいい日本政府は一体何を考えているのだ?

日本は今まで中国や韓国に対し、必要以上に経済援助した結果、彼らに足元を見られ、言いなりになってしまった。政治家もこの辺で、独立国としてシャキッとした態度を表明しないと、お人好しで平和ボケの日本人は完全に呑み込まれてしまうのだ。

尖閣諸島問題は今まで中国に気兼ねして、日本人の調査上陸を許さなかった日本政府にすべての責任がある。中国海軍が無力の80年代、90年代にちゃんとした実効支配の実績を積んでいればこんな複雑化しなかったのだ。
魚釣島にヘリポート基地計画も浮上したこともあったが、中国に配慮して断念したツケが重くのしかかる。
もう、何事も先送りや検討する時間的猶予はない。中国の不法占拠に向けた攻撃を想定して一日も早く準備に入らなくてはいけない。

石原慎太郎東京都知事も危機感があればこそ尖閣諸島購入に向けた具体的行動をスタートさせたのだ。
私は当初、東京都が尖閣諸島の5島中、3島購入が気になった。中国が他の2島を狙ってきたらどうなるのか?と思ったものだ。
しかし、1島は国有地で、もう1島も等京都が購入方向で検討に入ったと聞いて少しホッとしている。
そんな時、元航空自衛隊出身で安全保障専門家の森本敏氏が防衛大臣になった。今後、海上保安庁、海上自衛隊、航空自衛隊は東京都と連携して、尖閣諸島防衛を強固なものにしてもらいたい。
平和ボケの議員たちは、イザとなればアメリカが守ってくれると思っているようだが、日本が必死で守る気概や覚悟がないのに、アメリカがなぜ守ると確信を持てるのだ?すべては日本次第なのだ。

民主党政権での国有化は危険きわまりない。だからといって、東京都では中国海軍や中国漁船を阻止する力はない。早く解散総選挙を実施し、覚悟を持った保守政権が誕生した暁には、国有化となることを信じて疑わない。

しかし、東シナ海ガス田どころか、やがては尖閣列島、沖縄に食指を動かすであろう中国政府相手に、丹羽氏のような全てカネで問題を解決する輩に、勝手気ままに行動されたら、たまったものではない。こんな不適格な大使だと、中国に対する日本の弱体化が急ピッチで進むような気がしてならない。


今の日本人は日本国を代表する国会議員、大臣、首相までが中国に気兼ねする体たらくだ。そんな中、日本のために声を上げているのが元日本人で台湾の李登輝元総統だ。売国発言の丹羽大使とは対照的に日本のために奔走して、あちこちで「尖閣諸島は日本のもの」と発言している李登輝閣下に感謝したい。

先日、台湾・桃園県内にある国立中央大学での講演でも「尖閣諸島は日本の領土だ」と明言している。中国人の留学生の尖閣諸島に関する質問に李登輝氏は熱くなり、ジャケットを脱いで応答した。このシナからの学生は一時間の質疑時間中20分間も貴重な時間を一人で独占した。シナ人は他の質問者が時間切れで質問できなかった事に対し、何も感じないようだ。
李登輝元総統はもうすでに新聞、雑誌、講演、テレビなどで何十回と尖閣諸島は日本のものだと発言している。本来なら一億円の歳費をもらっている日本の国会議員がやるべきことを、90歳の御老体が日本のために声を上げている。日本の政治家よ、堂々と尖閣諸島は日本のものだと発言している李登輝氏を見習え!

保守勢力が政権与党になったら、李登輝氏には日本国が何らかの感謝の表彰をするべきではないのか?
台湾からの義援金200億円以上の感謝として、春の園遊会に、台湾の馮寄台駐日代表(大使に相当)が招かれたが、この反日の中国人大使は日本のためにほとんど何もしていない。日本人が感謝するべきは400億円以上の義援金を寄付した多くの一般台湾国民たちだ。
現在の政権与党の中国国民党は赤十字社に集まった台湾国民の善意ある義援金の半分を奪い盗った泥棒集団だ。こいつら外省人は台湾で生まれ育っても、汚いやり方はシナ人のDNAを引き継いでいる。

李登輝氏が日本で勲章を授与されていないのは日本の恥である。せめて日本は中国に気兼ねすることなく李登輝氏が健在のうちに、宮内庁から勲章を授与されるように努力するのが恩返しだ。それが無理でも、せめて秋か来年の春の園遊会に李登輝御夫婦を招いた時が、日本が本来の姿を取り戻した証と、世界中へのアピールになるのだ!

「日本人もすてたものじゃない!」2日間で2億5千万増えて5億7千億円になった東京都の尖閣諸島の購入寄付金。
2日前に尖閣諸島の購入構想に絡んで、都が設置した寄付口座に3億2千万円が寄せられたと感激していたら、現在、5億7千万円以上になっているというではないか。石原慎太郎東京都知事が「日本人もすてたものじゃない。嬉しさで胸がいっぱい」と謝意を示していたが、私もまったく同じ気持ちだ。

石原知事同様、多くの国民が「国が何もしないから、自分たちの手で国を守らなくてはいけない」という意識が浸透してきた表れだと解釈している。

中には起業家から1億円の申し出もあったというから驚きだ。昨年の3月11日の東日本大震災以来、「絆」を大切にするようになった日本国民が、国土の大切さを改めて感じた結果だ。

それにしても民主党政権の日本政府は、相も変わらず内輪もめで、本来の政治家の仕事を何もしていない状態である。大震災や原発事故後の対応を見ればいかに頼りにならない素人政権か気がついた人たちがほとんどだろう。停滞している日本の政治には、夢も希望も感じない。それどころか、前回の衆院選前から、あれだけ訴えたのに私の声が届かなかった。結果的に私を含めた真正保守の力不足に無念の気持ちでいっぱいだった。
民主党の目先のバラマキが自分たちの首を絞めると、子供でもわかるのに、政治に対する無知、無関心、無責任によって日本は大きな危機的ツケを払う事になった。

次の選挙では、同じ過ちを続ける事は許されない。
まだまだ日本は政治が熟すには国民教育、仕組みや体制の不備を感じる。何が裁判員制度だ、何が首相公選だ?国会議員さえ、ムードやマスコミに振り回されて選ぶ国民が、総理大臣を選べばどういう事態になるか恐ろしい気がする。それには自立性や政治の重要性、役割、影響力などを学校で英語の時間を減らして教えても最低20年はかかる。

何が選挙権を18歳にするだ?同世代の友達しか持てない環境で、大人と真剣な議論をする教育すら与えなくてイタズラに低年齢化するとは、恐ろしいと思わざるを得ない。

我々大人が、おかしいと思う事にもっと気付かないといけない。便利な世の中は結構だが、18歳未満でも酒やタバコを自動販売機で買おうと思えば買え、ポルノまがいの写真が、ちゃんとしている筈の雑誌にも掲載され、高校卒業したら大人扱い?納税もしていない若者が?
先日、大学のアメリカンフットボール部員がグラウンドで花見と称して酒を飲み、急性アルコール中毒になったが、ほとんどが1年生部員の未成年者だ。
大学1年生になると教職員や先輩たちと飲むのも当たり前だ。「赤信号、みんなで渡るとこわくない」?これが現在の日本の現実である。

そのくせマスコミは、有名人が未成年で酒を飲むと大騒ぎする。自分の未成年の息子が酒を飲んでも大目に見るくせに。
やれ麻雀賭博と騒ぐマスコミで、麻雀やる記者が金を賭けないとは聞いた事が無い。

まあ、世の中、ケース・バイ・ケースでいろいろある。細かい事をいうつもりも無いが、おかしいと思った事は、私は口に出し、カツを入れる。どうも大人が、正々堂々と、間違いを正すことを忘れてはいないか?

柔道やレスリングではないが、大人がレフリーや審判のように「教育的指導」と声を上げようではないか?

どんどん本題から外れるのが私の欠点だ。ごめんなさい。


尖閣諸島を実効支配するかのごとく、領海侵犯をくり返す中国に対して、弱腰の政府を私たちは許してはいけない。
韓国が不法占拠している「竹島」問題も現状維持であってはならない。日本政府は取り返す方策を考える時期に入っている。民主党はそれでも韓国を無制限に経済支援したいのか?
韓国系がアメリカ各地で展開している、「日本海を東海に名称変更」や「20万人の従軍慰安婦の碑」を建立したりを許してはいけない。中国や韓国の、何の根拠も無いデタラメを許してはいけない。

まあ、ニュージャージー州のパリセード・パークに関しては、何を言っても人口約2万人中1万人以上が韓国系のこの町は、日本側の要求をのむ事はしないだろう。
だってそうだろう?在韓国日本大使館近くの「慰安婦像」はOKで、アメリカではNOとは言えまい。ましてや、この町は韓国コミュニティーである。

しかし、もうそろそろ日本政府がハッキリさせないと、全米中に「慰安婦像」建立が連鎖する可能性がある。結果的に民主党政権が、ソウル市内の在韓日本大使館近くに「慰安婦像」が建立された時、強いメッセージを発しなかったからだ!

そんな中、我が国の首相は、アメリカの「20万人の従軍慰安婦碑」について「20万人という数字はいかがなものか?」と南京大虐殺に対する見解と同じようなことを発言している。こんなメッセージにもならない中途半端な発言なら、「ノーコメント」の方がまだマシだ。これだと、従軍慰安婦も南京大虐殺も肯定しているようなものだ!

民主党政権は「尖閣諸島」、「南京大虐殺」の中国、「竹島」、「日本海」、「従軍慰安婦」の韓国など、何の根拠も無いウソを押し付ける国と投資協定を署名する?日中韓の自由貿易協定(FTA)??

今後、日本は理不尽な行動、要求、イチャモンに対して、制裁という形で、日韓通貨スワップでの5兆3000億円の支援、韓国、中国の国債購入などの中止、もしくは延期をクールに伝えるぐらいの甲斐性はないのか?それでなくても日本にとって何のメリットも無い協定や、国債購入でまた貧乏クジを引かされる。
民主党政権は真実を曲げられて、日本国民の尊厳を平気で傷つける韓国や中国の戦略見直しを真剣に考える時だ。それとも自国民より、中国や韓国の御機嫌とりの方が大切と思っているのか?

特に韓国に対しては、日本が国を挙げて態度をハッキリさせないと、世界中で日本文化、領土問題、歴史問題に対するミスリードがエスカレートする。 日本の覚悟と決意を内外にアピールするには、河野洋平の謝罪と、徹底的に「河野談話」を否定し続ける事だ!

河野洋平さんよ、日中協会の名誉職に甘んじている場合か?あなたが日本の国益をどれだけ損失させて、中国や韓国のユスリをエスカレートさせたか。いつになったら日本国民に「河野談話」を無責任に発表した事を謝罪するのだ?この「河野談話」を発表させた自民党も、このツケの尻拭いをちゃんとしないと、あなたたちには明日は無い!
河野サンよ、複雑化して手遅れになる前に、一日も早くオトシマエつけてくれ!


東京都の尖閣諸島購入資金の寄付金が3億2千万円を超えた。ありがとう、やっと正気になった真の日本人たちよ!
東京都の尖閣諸島購入計画をめぐり、日本国民からの購入資金用寄付金が8日までの12日間で3億2千万円近く集まった。それだけ国民が行動に移す時期だと立ち上がったのだ。

中国に気兼ねしている売国奴勢力は、「都民の税金を、勝手に島々の購入に使うわけにはいかない」と反対の口実を述べていたが、このペースでいくと10億円以上も夢ではない。
問題は購入してからの日本政府の対応だが、民主党にまかせると、中国が入り込んでくるのが目に見えてくる。
民主党は注視するだけで、尖閣諸島の周辺防衛を強化すると断言しないからだ。
これでは民主党が政権与党の座から離れてもらわなければ、何も進まない。当分、東京都が管理し、土地の購入資金だけではなく、ヘリポートや海上自衛隊、海上保安庁のパトロール・ステーションやレーダー基地建設資金も集まれば、腰抜け日本政府は何というのだろうか?

中国に今日の繁栄があるのは、誰のおかげだ?天安門事件で中国はヤバイ国だと、多くの外国企業が引き揚げて、世界中が見放したとき、誰が信用を回復させた?そう、天皇陛下が訪中した事で、多くの外国企業が戻ってきたのだ。それだけ天皇陛下の存在は世界中で絶大なのだ。

あの時、政治利用された天皇陛下には御気の毒な気持ちでいっぱいだ。今日の自惚れと傲慢な態度の中国はなかった。感謝もされず、日本は完全にコケにされたのに、民主党政権は中国や韓国のような恩を仇で返すような国を相手に、媚を売るとは。あーー、日本人として情けない!

シナ人が自力で国を経済成長させたことは歴史上ない。いつも外国の恩恵や影響下で成長してきたのだ。その歴史的事実には目を向けないで、真実を知らされていないシナ人の言動は、解釈によってはコメディー・ネタになる。
今回の尖閣諸島購入の寄付金受付に中国側が反発?
「いくら出すかは日本人の勝手だが売るかどうかは中国が決める」??こりゃあ、面白い。中国は日本が民主国家で、基本的に誰でも土地を所有出来る事を知らないようだ。

日本の個人が所有している土地を、今は国に売りたくなくて、東京都の石原慎太郎知事なら任せられるから、東京都に売りたいと。しかし、売国奴の媚中勢力が、中国に気兼ねして阻止しようとイチャモンをつける。それならと、日本を守ろう、尖閣諸島は今のままではいけないと、多くの日本国民が3億2千万円を12日間で寄付した。インターネット上では「1人1万円を寄付しよう」という呼びかけたりしていたようだ。
ははははっ!日本は中共と違って、何でもありなのだ!
何の実績なく、義務も果たさず、その存在すら知らなかったくせに、1970年代になって国連があの海域に天然資源が眠っていると発表した事で、中華民国(台湾)の外省人(シナ人)が「尖閣諸島は中華民国のものだ」と声を上げ始めたのを見て、追随したのが中共政府だ。権利を主張して35年しか経っていない。その4倍の年月を日本人が尖閣諸島を拠点に漁をしていたのだ。
中共は横取りする事が、一番楽で得だと思っているならずもの国家だ。

尖閣諸島は中国にとって、まったく関係ない話なのだが、民主党政権がどうせ陰でお伺いでも立てて、ことを複雑にする。民主党が関わると、ろくでもない事態になる事は、もう気付いた国民が多いだろう。
もう鳩山、菅同様、余計な事をせず、早く潔く解散総選挙しろ!そうしないと、目障りな上、未来構想を語れば、パクられて、プランをメチャクチャにされてしまう。

それにシナ人のバカタレが、それだったら日本をみんなの寄付で買い上げようだと?これまた笑ってしまうぜ。まず、13億5000万人の国民全員が1万円など寄付出来るのか?たとえそれが可能でも13兆5000億円で東京どころか銀座4丁目の一画しか買えないぞ!

だったら富裕層が金を出す?すぐ金にならない事に富裕層が中国共産党のために巨額の資金を提供するとは思えない。彼らは、中国経済が低迷している今、国外にどうやって残金を持ち出すかしか考えていない。
シナ人のバカタレは身の程知らずの自惚れ野郎たちだ。こんな低次元で日本と競うな!
と言いながら、私もシナ人の低次元の声についつい反応してしまうのです。

中国は日本を買うだけの財力は無いが、その前に、治外法権の領事館敷地を買い占めて、そこを拠点に、日本人の民族浄化作戦を実施されるのが現実問題として恐ろしい!
おーい、我が同志たちよ、平和ボケの日本人にカツを入れてくれ!


御協力を!
拡散希望!

ニュージャージー州パリセードパークの市長が訪問した4名の、日本の国会議員の撤去要請を拒否。韓国系が多く住む自治体に連鎖する前に、ホワイトハウスへ慰安婦碑・即時撤去請願署名を! 今動かないと未来にツケを残す事に!

先日の「日本海呼称維持」嘆願署名をされた方は、同じ方法でこちらもよろしく!

ホワイトハウスへ慰安婦碑・即時撤去請願署名を!

署名方法!



主権意識に乏しい民主党政権よ、パラオ、ベトナム、フィリピンから中国との喧嘩のやり方を学べ!
またやってしまった。睡眠不足だとろくな事が無い。せっかく記事を半分以上書き終えて、ボーッとした状態で無意識に記事を「保存しない」をクリックしてしまった。ちょっとした不注意で約1時間の労力がパーだ。また同じものを書こうとすると2時間分損をした計算になる。結局、話題を変えた。
これだったら昼寝した方が自分のためにもなったかな?

笑ってしまったのは中東の衛星テレビ、アルジャジーラの英語放送で民主党の小沢一郎元代表の無罪判決を報じた際、バックに小沢一郎ではなく菅直人の映像を流したことだ。小沢一郎を、中国や韓国では利用価値がある政治家と評価しているようだが、中東では無名でしかないのだ。以前、ヨーロッパかどこかの国の新聞で、菅元首相の紹介に麻生元首相の写真が使用されたことを思い出した。
私もアルジャジーラはたまに参考にさせてもらう報道局だ。日本のようなサラリーマン記者とは違い、題材によっては命がけで取材してくる。その主要ニュースがこんな基本的なミスをやらかすとは、民主党政権の存在感の無さを証明している気がする。

テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手がヤンキースの黒田投手に投げ勝った。それもヤンキーズの強力打線を10三振に沈め、8回を無失点に抑えた。やっと本来の調子に戻ったダルビッシュが、年俸がダテじゃなく、レンジャースにとって、安い買物だったと思わせるピッチングをした。まだまだシーズンが始まったばかりだが、怪我さえしなければ、彼が一流の投手だと言う事を証明してくれることだろう。
テキサスに住む日系人、全米の在留邦人にとって、彼の活躍がどれだけ勇気を与えてくれるか計り知れない。今後、球場に多くのファンが詰めかけ、日本からもやってくるファンをきっと地元のファンもウエルカムしてくれることだろう。
今シーズンは日本人の活躍が期待されている。アメリカ旅行には野球観戦ツアーを1試合でも組み入れて、応援して下さい。今後、青木、黒田他、マリナーズの川崎や岩隈など多くの日本人プレイヤーが今シーズンは活躍してくれると思っている。みなさんも応援してネ。

民主党を中心に政治家は恥さらしで頼りにならないが、アスリートは日本を効果的にPRしてくれる。彼らが活躍してくれれば日本人の株も上がる事だろう。


日本の政治家はフィリピンを発展途上国として見下しているが、彼らは中国から売られた喧嘩に断固として立ち向かったのだ。日本政府の堂々とした発言を何年も聞いていない。最近では日本政府とは関係がない、河村名古屋市長の「南京大虐殺はなかった」発言や石原東京都知事の「東京都が尖閣諸島を購入する」発言ぐらいだ。

事の発端は違法操業していた中国漁船8隻がスカーボロ礁でフィリピン海軍によって発見されたことからである。
比国海軍はさっそく領海侵犯の中国漁船に対する臨検を行ったが、その直後に、中国側の監視船2隻が現れ、同礁の領有権を主張しながら、フィリピン海軍の警備艇とのにらみあいを始めたのだ。

いかにこれが中国側が仕込んだ計画的領海侵犯かがわかる。中国は何らかの意図を持って中国側に喧嘩をふっかけてきた。フィリッピン側は、売られた喧嘩を買って出たのだ。このにらみ合いは十数日間も続いた。
中国側からどんなに「中国はお前らフィリピンに平和の最後のチャンスを与えているのだ」と恫喝されようが、絶対降伏しないという断固たる意思を表明し、強硬姿勢を貫いた。
その数日後に、フィリピン海軍は米国海軍との定期合同軍事演習「バリカタン」を4月16日に始めた。このアメリカを巻き込んで中国に対抗するという、したたかな戦略も展開した結果、中国は態度を変えた。
この覚悟を持って戦う姿勢に、中国の監視船は撤退を余儀なくされたのだ。

日本は毅然とした姿勢で自国の主権と領土を守ろうとするパラオ、ベトナム、フィリピンから、学ぶべきである。
日本は金の力に頼って、フィリピンを見下しているが、金を持っていても中国にモノも言えない、追い出せないではないか?何と情けない国の姿勢か?

いつも覚悟も無い腰砕けの日本は、中国だけではなく、韓国や北朝鮮からも完全にナメられている。その立場を利用し日本を丸裸にし、金を巻き上げようとしているのに、ボンボン議員たちはハイハイと恫喝、恐喝に屈する。特に主権意識に乏しい民主党政権は情けないとしか言いようが無い!

日本の国を守るために散っていった英霊が、こんな日本の政治家や官僚を見たら、どう思うのだろうか?いつになったらシャキッとしてくれるのだろうか?


ホワイトハウスの日本海呼称維持の嘆願書名も目標の2万5千をクリアして、2万7000人に迫っている。しかし、ここ2日間は伸びが鈍化しているようだ。第一目標がクリアされて一息ついたところか?
そんな中、IHO (国際水路機関)の総会ではまたもや結論が先送りになった。5年に一回の総会で2002年から始まっているが、今回で3回目、10年も先送りだ。今度は2017年に持ち越しだが、韓国人のロビー活動が盛んに行なわれている事を考えると、日本側も何らかの積極策を考えなくてはならない段階に来ている。

韓国側は、国家間の紛争で合意できなければ、少なくとも「東海」が「日本海」とともに併記されるべきだと主張した。日本側は一貫して、国際標準として通用する日本海を改訂版で改める必要はないという立場だ。結論が持ち越しと言う事は現状継続ということで、あと5年間は「日本海」の呼称が国際的に認知されていると言う事だ。

そんな時、IHOの結果が出る前に、アメリカで署名運動を開始した韓国系。彼らには国際的な合意もルールも関係ないようだ。
だからこそ、日本人としては今回のホワイトハウスの嘆願署名合戦は、気合いを入れて結果を出す必要がある。今のところ日韓共にほぼ互角だが、まだ〆切り期限まで2週間以上あるので、5万人に少しでも近づけたい。引き続きお友達、知人、同僚、近所の方々にご協力をお願いします。私も日系諸団体、教育関係者、日系の教師などに協力を要請している。

それにしても石原慎太郎東京都知事の尖閣諸島購入の発表以来、日本人が目覚め始めた現象を感じる。今回は世界中の日本人、支持者などが頑張って拡散し、実際に行動してくれた。署名の結果を出してくれた皆さんに感謝したい。この結果に韓国系もさぞ驚いていることだろう。

ホワイトハウス「日本海呼称維持」嘆願署名!

署名方法の説明(日本語)



このまま民主党政権が続けば、日本が世界に向けて、未来を語る資格さえ失ってしまう!
「北朝鮮軍機と誤認」韓国軍が民間機に警告射撃

韓国軍が北朝鮮戦闘機と誤認して、民間旅客機に向けて警告射撃した。仁川沖を警備していた韓国海兵隊2人がK2ライフルで4分間、99発の警告射撃したが、幸い、射程距離から500~600メートル上空を飛行していたので機体に被害はなかったという。だが、万が一、偶然銃弾が命中していたらどうなっていただろう?

ここはソウル仁川空港から35キロの距離で、119名の乗員に怪我はなかった。日本の皆さんは海外旅行は大いに結構だが、正規の飛行ルートで狙われたら、たまったもんじゃない。今の御時世、最悪何が起ころうと、覚悟だけはして下さい。特に韓国と北朝鮮は今でも戦闘状態ということもお忘れなく。

それにしても、韓国は徴兵制度なのだが、海兵隊の質のレベルがこの程度だったとは・・。あわや無差別殺人で国際問題になるところだった。


日米外務、防衛閣僚会談の行方は?

明日、21日のこの会議には日本から松本剛明外相、北澤俊美防衛大臣が出席する。
鳩山政権がメチャメチャにした日米同盟をどう立て直すか、日本側の具体案が何も見えない。普天間基地をどうするか、他にどんな代案があるのか?県外移設は可能か?何がベストか?など耳に入ってこない。
アメリカとしては一日も早くを願っているのだが、菅政権からは何の発信もないようだ。

アメリカ側は、日本政府の領土意識と危機感の希薄に呆れている。ここまで中国の南シナ海、尖閣諸島沖への挑発行為は黙って見過ごすには行き過ぎである。

果たして、こんな体たらくで曖昧な姿勢がどこまで許されるか?この政権がアメリカの堪忍袋が切れる可能性をどこまで認識し、想定しているかどうか・・。
今年のフレーズ大賞?の「想定外」とは言わせないぞ!


干ばつの次は大洪水の中国!

昨年から今年に入り、中国もピリピリムードだ。ウォールストリート・ジャーナルが中国の不動産バブル崩壊を記事にしたと思ったら、次は日経新聞も載せた。
昨年からあちらこちらで天変地異。あまりにもシナ人の自惚れ、不動産バブル崩壊、資源、食料、エネルギー、ウイグル、チベット、人権、格差、物価上昇などの問題を解決しない今、中国の焦りが表面化してきた。

中国は資源、エネルギー関連投資がGDPの50%近くと`言われている。それだけ中国は将来の食料危機、資源不足、エネルギー不足に怯えているという事だ。

中国はベトナムとの南沙諸島を巡る対立だけではなく、インドネシア、マレーシア、フィリピン、台湾、ロシア、インド、日本とも領土、シーレーンの問題を抱えている。
今、中国は焦って、力ずくで行動に出て、一部の海底資源を奪ったところで、その報復まで想定してはいまい。

今、中国が必要としている食料、資源、エネルギーは他国に頼らざるを得ないのだ。たとえ突貫工事でダムや原発を建設しても、無責任体質と手抜き工事によって、危険きわまりない。もし、国民に供給できなければ、各地で暴動、内乱が勃発するのだ。

そんな時、自分勝手な行動をとり、アジア諸国、ロシア、インド、日本に睨まれ、食料供給をカットされると、中国の物価が極端に上昇し、海軍につぎ込む財源をもカットせざるを得なくなる。
中国の軍事力及び国力を弱体化するために、日本は、アジア諸国と連携をとって、インドネシアと交した海洋安全保障を各国と交し、協力関係強化を図らねばならない。中国とは近すぎない関係を保った方が、日本人もそろそろ認識した方が未来の日本人のためになる。

そこで日本政府が経団連などから圧力がかかり、アジア諸国を裏切る行為をしたら、日本は世界中から大きな信用を失う事になる。
アジア諸国と親密な協力関係を結ぶにも、売国政党の民主党、現駐中国日本大使の丹羽氏は足手まといだ。アジア諸国との連帯を乱される可能性もある。一日も早く、民主党政権をつぶさない限り、日本が未来を語る資格さえ失ってしまう。

尖閣諸島が危ない。ベトナムとの合同演習を米軍とともに参加しろ!
最近気になるのは民主党という名称だ。国旗や国歌に対して反対を唱え、愛国心のかけらもない政党が民主的と言うのだろうか?自国や自国民を守らず、共産主義国家やイカサマ国家の韓国に媚を売る政党が民主的か?

民主党本部では国旗さえ揚げてないと言うではないか。その「民主党」というネーミングに何の疑問を持たず、騙されている日本国民。もう「民主党」の存在を認めた段階で、もう詐欺に引っかかったのだ。

彼らは非現実的な「夢を叶える」と国民に訴え、財源の裏付けもなく、根回しすらせず、結果的に何のためにやるのかさえ曖昧で、ただ約束したからと意地を張る。そのために日本の財源のバランスを大きく乱す。

民主党とは、国民が大好きな、餃子とキムチを見よう見まねで初めて作ったニセ料理人だ。
見た目はたしかにいい。香りもいい。国民は腹が減っていたので、この料理を選んだ。
しかし、食べ始めたら不味い。餃子の中身は腐っているし、食材が賞味期限が過ぎたものばかり。キムチも不衛生でナメクジが入っていた。みんなは見た目だけで選んだ事を後悔した。
騙されて食べて気がついたのは、彼らが料理人として経験も実績もない素人だということだ。食材の選び方も知らない、仕入れ先さえ知らない、詐欺集団だったことに気づいたが、訴えてもメディアを支配下に置いた彼らは、食中毒報道もされず、営業を続けた?

そのうち、自民党という料理人集団をヘッドハントして、立て直す戦略に出た。しかし、時はすでに遅く、国民はこんな酷い料理は二度と口にするものかと怒り狂った。うーん?あんまり面白くないなあ。冴えてないねえ。


ベトナムと中国の対立が激化しつつある。その中、ベトナムは1979年以来の徴兵令を施行した。
ついつい、1971年に徴兵された時代を思い出した。時はまだ、ベトナム戦争が終結に向かっている頃だ。
あの時代の若者はピリピリしていた。ベトナムに出向いた私の先輩の何人かは負傷したり、植物人間になった。

ベトナムは以前からゲリラ戦には強かった。現在、台湾を不法占拠している中華民国政府(国民党)の蒋介石軍が中国本土の中共軍に破れ、台湾、ベトナムに逃げた。

ベトナムは中国人が大量に入ってくると、ろくな事がないと、フランス軍と組んで蒋介石軍を追い払った。その結果、蒋介石軍は台湾に合流したのだ。

1979年の中越戦争では、ベトナム国境に侵入してきた中国人民解放軍数万人を追い返した。ベトナム戦争の勝利の経験が彼らに自信と勇気を与えたのか?人民解放軍はまさかベトナム軍が、こんなに勇敢で、強いとは思わなかったのだ。人民解放軍が逃げ去ったほど、ベトナムの地上戦の強さには定評がある。

7月にはシナ人の尖閣諸島上陸計画がささやかれていたり、尖閣諸島を数十億円で買収する計画もあるらしい。尖閣諸島を奪われれば、日本全土の数倍の海域を失う事になるのだ。それだけではない。タンカーや貨物船が出入りする台湾海峡にも通過できなくなる可能性もあるのだ。

ホリエモンが「朝まで生テレビ」で発言した「中国から金で買ったら?」(日本の領土なのになぜ金を出す必然性があるのか?)「誰が沖縄や尖閣諸島を欲しがるの?」(強請の材料として、これだけのカードはない)

海軍力が中国より劣るベトナムの救いは、7月に、南シナ海で米国との合同演習を実施することだ。もし可能であれば、現在、中国と領有権でもめている、台湾、日本、インドネシア、インド、マレーシア、シンガポール、フィリピンなどとも合同演習をやれば、中国もさすが手を出せまい。

そんな時、日本政府はどちらの味方をするのかな?民主党がとる行動は、確実に無視で、木枯らしの紋次郎のセリフではないが、「あっしには関わりのないことにござんす」という態度をとることだろう。
この態度は、確実にアジアの近隣諸国からはヒンシュクを買う事だろう。




プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算40年以上。我が祖国・日本大好き人間。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。

日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。

TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、3万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業の多くが数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、現在のアメリカのような、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。

気がつかないうちに自虐史観、日教組教育に染まった日本人。

今後の日本は、私が支持している真正保守が力を発揮する舞台を用意しなければ、日本は国柄を失い、伝統や文化が廃れ、日本は本来の姿を失うことになる。そうならないために、私は声を上げ続ける決意だ。

それにしても3年4ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の旧民主党政権が残したツケは大きい。

日本の国益を損ね、在外邦人の名誉、信用、尊厳、誇りに傷をつけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎も、外務大臣として、近いうちに父親の「河野談話」を白紙、撤廃しなければ、憎み続けるつもりだ。

鳩山由紀夫、菅直人、民進党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。


ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR