L.A発、よみがえれ我が祖国・日本!
目からウロコの気になる情報、話題、日本への提言。L.Aからモノ申す!
03 | 2017/03 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ12月21日(土)22時〜TBSの「情報7days、ニュースキャスター」放映、テキサス親父のホワイトハウスへの嘆願署名に御協力を!
12月21日(土)午後10時からのTBS「情報7days、ニュースキャスター」に出演予定です。特集テーマは韓国人の反日運動と闘う日本人?はたして希望通りの編集がなされたか皆さんに注視してもらう。何も学習していないスタッフに「おかしなモノを制作したらネットで叩くからね」と忠告したのだから、これが日本人に誇りを取り戻すきっかけを与えてくれればそれでいい。多くの日本人が自虐史観から韓国人の狂った行為に歯止めをかけることができれば嬉しい。

私は当初、出演することも協力することも迷った。地上波テレビのスタッフがあまりにも現状認識がないことと、日韓問題をテーマにする割には学習していないからだ。しかし、悩んだ末、地上波テレビの影響力を考え、日本人の多くが目覚めればいいと考えた。その結果引き受けた。あとは私の出来はともかく、仕上がり次第だ。

何しろ生で見られないので、可能であれば誰かYoutubeにアップしてくれないかな?
1週間経つとこちらのビデオ屋さんでDVDをレンタル出来るが、オン・タイムに見たいものだ。

当初、私は慰安婦問題について室内で語る予定だったが、なぜかトラックの騒音がウルサイ外になった。私が撮ったYoutube動画「独島は韓国領?のビルボード看板」を見せながら韓国人の狂った行為を訴える。だが、日本政府への注文や批判は放送出来ないと言われたので、どの部分が放送されるのか皆目見当がつかない。私の出番も発言も相当短縮されることだろう。私が提供した映像、画像資料が流れたら、クレジットに名前が出ているか確認してね。さて、どんな編集になっているかお手並み拝見といこうか。

それと、テキサス親父の動画も流される予定らしいから、みんなも特集の部分はちゃんと注視しながら楽しんで下さいね。


数年前から突如とYoutubeに登場した「テキサス親父」がテキサスからL.Aに上陸した。彼は一日の予定を精力的に動いた。ブエナパークでは市長に面談し、グレンデールでは慰安婦像に近づき御挨拶。ちょっとセンセーショナルな写真を数枚撮って我々を驚かせた。

テキサス親父よ、お疲れさま。代理人のShunさん、2人を案内してくれたミットさんも御苦労様でした。素晴らしいパフォーマンスをありがとう。地元の私たちでは到底恐ろしくて出来ない。今でも何かあると私は韓国人からマークされ攻撃を受けてしまう。こいつらのしつこさには迷惑を被っているからね。何でも韓国人からの嫌がらせメールが数百通送信されているそうだ。これにめげず今後も積極的に言論活動を継続してもらいたい。


拡散!テキサス親父が「グレンデールの慰安婦像撤去!」とホワイトハウスへの嘆願署名を開始した。韓国人の捏造を許したグレンデール市、日本政府、河野洋平に圧力をかけようと目標を10万人と設定した。この人数が2万5千人に達すると以前はオバマ大統領が目を通すことになっていた。今や、オバマ大統領が目を通す嘆願署名は4倍の10万人必要とハードルが高くなった。まあ、目標は高い方がヤリガイがあるというものだ。

この署名運動は今や国民運動に発展しつつある。各新聞、各雑誌など今まで見向きもしなかったメディアも一斉に載せ始めた。テレビでも話題として取り上げられ始めた。

1ヶ月の署名期間中の3分の1の現在、5万3千人。今までの日本人の嘆願署名は最高が3万8千ぐらいと記憶している。その記録をもうすでに塗り替えた。こうなってはイケイケで記録をつくっていくしかない。それが登録者の増加と今後の底上げにつながるのだ。

韓国人は国を上げて署名運動に参加するだけでなく、不正行為や反則行為も当たり前。そんな行為を恥とも感じない民度が低い国民である。

多くの日本人は面倒臭いか無関心と言うか、今やこれだけ話題になると登録だけでも済ませるのが国民の義務となりつつある。この勢いで、在留邦人の在外選挙登録も真剣に考えてもらいたい。
登録するまで試行錯誤して、終わってみるとパスポート申請、大学の入学手続き、就職活動よりずっと楽だと知る。真実を正し、不正や捏造を正すことは誇れることだ。日本が世界の手本となる国づくりの第一歩になる。日本には本来、資質と実力があるのだから、自信を持ってもらいたい。

最近は各メディアもネットの恐ろしさ、影響力をヒシヒシと感じている。
私は常々、どんな署名でも20万人分が集まった時、大きな時代を変えるウネリとなっていくと言っていた。来年の春先には20万人を目標に署名を集め、そして来年の夏には、50万人を目指そうじゃないか?そうなったら日本の政治家は無視は出来まい。

ここL.Aでは、外務省の意向なのか、総領事館が事なかれ主義で、慰安婦問題や慰安婦像の話題を避けている。情けないかな神経質になっているのだ。こんな調子だから韓国勢にいいように舐められるのだ。我々は相手が日本政府であろうが領事館であろうが、誰であろうがおかしいことには声を上げる。純粋に日本を思っていれば、日本がよみがえることを望むはずだ。

日本政府、外務省、総領事館よ、慰安婦問題や竹島問題を含めた日韓関係の悪化はあなたたちの事なかれ主義、先送り、無策が原因と反省しろ!
今まで無視し、逃げ回っていた慰安婦像問題がこれだけ署名運動を通して話題になり、やっと腰を上げざるを得ないとは、何と情けないことか。最近、少しずつだが国民が声を上げ、メディアや政治家を動かす流れが見え始めて来た。その証拠に多くの政治家(地方議員も)がこれを利用しようと売名行為に走る。まあ、悪用しないで我々の大局的な戦略のジャマをしない範囲でお願いしたいものだ。

だが、不純な動機でかき乱す行為は許せない。純粋に活動をやっているものの足を引っ張れば、そのしっぺ返しを覚悟しなくてはいけない。

アメリカは現在も日本に圧力を加えることが出来るが、日本国民の支持を得なければアメリカの未来もない。今やアメリカの最高のパートナーは日本と言っても過言ではないはずだ。しかし、アメリカは戦勝者の論理で、韓国のウソやデマを肯定し続け、日本をないがしろにすると日本の世論が牙を剥くことを忘れないことだ。

日本人なら韓国人のウソやデタラメが詰まった「慰安婦像」を撤去させるのが当然の行為だ。日本人は韓国の捏造に正義を持って立ちあがる時だ!そして、アメリカにとって何の得にもならないこの行為を許すアメリカの自治体に対して、経済制裁と不名誉な罰を与えない限り、韓国人の「Discount Japan行動」は今後もエスカレートしていくことだろう。

どこかの誰かが、テキサス親父のグレンデール慰安婦像前でのパフォーマンスを「やり過ぎだ」「私は嫌いだ」と非難していた。そんな輩は、韓国人の捏造や挑発の歴史に怒りを感じない新参者か現実を見ていないノー天気な日本人たちだ。日本人がなかなか出来ないことを、リスクを覚悟してアメリカ人がやったことに意味がある。

署名人数が10万人を突破した暁には、テキサス親父に2013年度の「日本に貢献した外国人賞」を与えたい。そして、すばらしきプロデューサーのShun氏の存在があっての2人3脚だ。
それには締め切りの1月10日の締め切り日より10日早い2013年の大晦日までに10万人を突破できるように全力を上げて拡散し続けよう!

ホワイトハウスへの嘆願署名

署名手順がわからない人は、これを根気よく見て登録して!




国際政治学者・藤井厳喜がL. Aに戻ってくる!

「藤井厳喜L.A講演会」第2弾が開催決定!         
     情報戦争最前線
 日本を蝕む反日工作の実態を斬る!


1月4日(土)午後2時15分開演!
料金: 当日、受付にて20ドル(ドーネーション)
詳細&問い合わせ&申し込み

http://nipponeseclub.jimdo.com/

プロフィール、講演会場地図

会場:Taiwan Center
   3001 Walnut Grove Ave.
      Rosemead, CA 91770





藤井厳喜がやってくる!
1月5日(日)13時半、サンノゼで講演!!

『情報戦争最前線・反日国際謀略の実態を暴く』

サンフランシスコ、サンノゼ近郊の方、このチャンスをお見逃しなく!
今話題のテキサス親父の話題や日本の今後の動きなど濃い内容ですよ。

詳細、申し込みは

http://gemkifujiisanjose2014.jimdo.com/




スポンサーサイト
◉ パリに乗り込んだ慰安婦 ◉ 10月5日(土)台北で予定されている反韓デモに御注目!
いつになったら韓国人はおとなしくなるのだろうか?最近はグレンデール以外のアメリカでの反日活動が裏目に出始めて、今度はフランスのパリまで乗り込んだのか?元慰安婦と称する嘘つきバアさんは世界中に出張して犠牲者を演じるが、いったい主催者の団体からいくらもらっているのだろうか?

バアさんよ、こういった捏造に加担して、日本を貶めるために報酬をもらって罪悪感がないのか?日本から莫大な金を支援してもらった戦後の韓国で長年生活させてもらっていながら、日本に対して感謝どころか恩を仇で返す行為は許されないぞ!言いたくはないが、こんなことを続けているとバチが当たっていい死に方はできない!

パリの話に戻すが、今回はパリ・シャイヨー宮のエッフェル塔広場で現地時間の9月18日に水曜集会を開催した。慰安婦被害者キム・ポクドン(88)という嘘つきバアさんが証言した。アムネスティ・インターナショナルフランス支部など地元の人権・社会団体や韓国人団体なども参加したというが、新聞では100人あまりが参加したと報道しているが、ちょっと無理がある。実質、20~30人ではないか?フランス人の参加者は数名で、まあ、金をバラまいて集めたサクラだろう。

この嘘つきバアさんは長旅で疲れていたのか、「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた」とついつい本当の事を言ってしまった?
どうも頭がいい嘘つきは、自分がついたウソを覚えていると言うが、頭の悪い嘘つきは、ウソにウソを重ね、自分でも何を言っているのかわからなくなり、ついつい本当の事を言い始めるらしい。

日本政府、アメリカの下院での公聴会で証言した数名の元慰安婦の嘘つきバアさんたち全員、過去7回の証言内容が全部食い違っていたそうだ。

朝鮮戦争に日本軍がいるはずもないのに、なぜか慰安婦にさせられたキム・ボクトン。どういう事情でそういう役目を引き受けたのか知らないが、ゆっくり余生を過ごせばいいのに、ひたすら嘘をついて死んでいくことを選ぶとは、同情は出来ないが、ちょっと哀れすぎるな。

1992年1月8日にソウルの日本大使館前から始まった水曜集会は20年以上を経て、日本、アメリカ、台湾、フィリピン、インドネシアなど世界各地に広がったと韓国メディアはオーバーに発表するが、現地の人にはほとんど知られていない。しかし、これだけしつこくやられると、はた迷惑もいいところだ。中には影響される狂った人間もいるだろうし。
彼らは反日行為には驚異的なエネルギーをぶつけるが、それ以外のことではまとまらない。だからこの国は一流国には絶対になれないし、世界各国から韓国人が尊敬される事は未来永劫訪れることはない。
パリといったら、数年前の「キムチ祭」がパリ衛生局から許可が取れず、キャンセルになったことを思い出した。それまでパリの「ジャパン・エクスポ」で韓国人が武道のデモンストレーションを演じた際、長々と空手、柔道、剣道などほとんどの武道は韓国が起源だと訴えたから、関係者は不愉快な気分になったとフランス在住の友人から聞いた事がある。
その上、入り口の日の丸の旗の横に大韓民国の太極旗を揚げたと言うではないか?その後、関係者が取り外したと言うが、無礼千万な行為を平気でやる民度の低い国民とフランス人にも印象付けた。
その後、彼らは自分たちが誇れる独自のイベントを開催しようと「キムチ・フェスティバル」を企画したようだ。しかし、所詮、日本文化に対抗するほど韓国は誇れるモノはない。芸術の街「パリ」に相応しくない目眩がするほどの匂いと不衛生な食品を、パリ当局が認めるわけがない。結局、許可が下りずキャンセルと相成った。
どうして彼ら韓国人は客観性に乏しいのだろうか?キムチがパリっ子にウケると思ったのだろうか?キムチが美しい芸術的食品と思っているのだろうか?キムチのニオイがフランス製の香水よりもいい香りがすると自信があったのだろうか?まあ、日本文化のパクリに走らなくて良かったが。

9月30日付の台湾メディアによると、台湾の人気司会者・郭子乾氏が10月5日(土)に台北で反韓デモを計画していると言う。一人でも多くの台北に住む日本人も嫌韓の台湾人と一緒に参加をお願いしたいものだ。
郭氏は2012年1月、韓国・ソウルの高級ホテルに宿泊した際、部屋にあったポットの底が脱落し、太ももに熱湯を浴びた。ホテル側の不快な対応に怒りを覚え、損害賠償を求めて韓国の裁判所に訴えたが、韓国の裁判所からこのほど送られてきた判決文には、「全ては郭氏が故意に起こした騒動であり、ホテルの名誉を傷つけるためのねつ造」と記されていたという。
嬉しい事にすでに彼を支持する50人以上のタレントが声援を送っているそうだ。彼のフェースブックでは「台湾人に不公平な韓国人に抗議!」とする署名活動も行っており、韓国人に台湾人の怒りを訴えている。

最近の韓国の裁判所は法治国家とは思えない判決が目立つ。
あの対馬から盗んだ仏像だって裁判所が「返す必要がない」と判決を出したし、もうあの国は医者も裁判官も政治家も教育者も狂っている。同情をする必然性はこれっぽっちもない、救いようがない可哀想な民族だ。

台湾の人気司会者・郭子乾氏のフェースブック・ホームページ


拡散希望!リスクを恐れず捏造に立ち向かっている藤井厳喜が帰国し、早速『韓国の反日・人種差別Racismと戦う在米日本人①ロサンゼルスでの講演会帰朝報告!』という動画をアップしました。L.Aの在留邦人の心情を代弁してくれています。拡散よろしくお願いします!




藤井厳喜氏がL.A滞在中に台湾系スタジオで収録した「慰安婦問題」英語版ビデオ2本がアップされました。日本の皆さん、台湾の皆さん、家族、友人、知人、そして世界中に韓国人の捏造を拡散して下さい。






そして、藤井厳喜氏がL.A滞在中に台湾系スタジオで収録したビデオです。藤井厳喜の「L.Aから慰安婦問題を斬る!」です。ゲストは何と・・私、Chris Ryouan三宅です。疲れがピークのようで頭の回転がイマイチですが、さすが、藤井氏がうまくフォローしてくれています。楽しんで下さいね。





4月28日の「日本が主権を回復した日」に日本政府は主権国家61年目として決意を実行に!
4月28日は日本が主権を回復した日である。1951年9月28日のサンフランシスコ講和条約で吉田茂元首相が調印し、半年後の1952年4月28日に発効されて61年目を迎えた。
これを機に、日本は憲法改正、新憲法制定を具体的に進めてもらいたい。同時に北方領土、竹島、台湾問題も再検証して、日本の立場を世界に向けて明確に、そして統一させてもらいたい。

そして、今までの韓国、中共政府のデタラメをハッキリと否定する談話を発表してもらいたい。


靖国神社に政治家が参拝する度、韓国や中国の内政干渉がエスカレートする。こんなこと外交問題になることがおかしいし、今までそれを言われっぱなしにしていた日本政府に問題があった。何でいつも日本なのだ?フランス、アメリカ、イギリス、オランダなどが日本以上の植民地政策をしてきたのか?ここまで至れり尽くせりの政策を実施してきたのは日本だけだろう?

それを理解していないのは中国、朝鮮半島だけではないか?それ以外の国々は日本の支援に対して感謝しているではないか。

今回は久々に麻生副総理や閣僚数人の合計168人の国会議員が参拝した。独立国家として当然のことをしているのに「指導者は正しい歴史認識を」「日本の国会が右傾化」など、そっくりそのまま韓国に言い返したい。

この連中は、もう半世紀経っても同じことを言い続けるんだろうな。麻生さんの「同じ国、民族でも歴史認識は一致しない。それを前提に歴史認識を論じるべきではないか」の発言は当然で良いと思う。今までそう言う事に蓋をして、互恵関係と繕ってきたことで韓国がつけあがってきたのだから。
正直言って、遅いくらいだが、やっと日本の政治家の多くが腰を上げてくれた。

韓国は捏造を押し付けてまで日本を非難する。それでいて自分たちは国立墓地に戦死者を祀っている。彼らはベトナム戦争時に罪もない女、子供、老人を無差別に虐殺した韓国兵士だ。そのことを日本人は韓国に対して内政干渉はしない。どうぞ勝手にやって下さい。

しかし、日本に対してとやかく言われたくはない。それも恩を仇で返すような捏造を世界中に広め、何が「強制連行だ?」「従軍慰安婦だ?」「日本海呼称は受け入れられない」「竹島は韓国領だ?」「対馬は韓国の島だ?」「寿司、剣道、柔道、茶道、空手、生け花、折り紙、武士道の起源は朝鮮半島だ?」?いいかげん、嘘やデタラメを世界中に広めるのは止めてもらいたい。

靖国神社は英霊の御霊が祀ってある聖地である。この神聖な場を汚すと言う事は、日本人を汚す事だ。それを民主党、社民党、公明党は、国立追悼施設を建設することが問題解決策になると、わけがわからないことを言っている。おいおい、日本の国柄を理解しなくて、韓国や中国の一方的な押し付けで税金を投入して何になる?そうしたら、韓国、中国がおとなしくなるのか?

日本は死者に対して、シナ人のように唾をかけるような行為はしない。しかし、何人かの徴兵された韓国人が「ベトナム戦争で戦った元上官が、競うようにベトナムで何人撃ち殺したかを自慢していた」と証言していた。こういう軍人は罪悪感もないのだろうか?

ベトナムでは韓国兵にレイプされた3万人近くの戦災孤児が今や40代だ。韓国政府はその後、ベトナム政府に謝罪もなければ、戦災孤児のための支援活動をしたという声も聞こえてこない。レイプを実行した韓国兵は、日本軍のように軍法会議で裁かれたのか?
ベトナム政府はずっと沈黙を守っているが、韓国こそまずベトナム人に土下座して謝るのが先だろ?どんなに否定しても正当な証拠があるのだから。

韓国軍がベトナム戦争でアメリカに協力した事で、多くの韓国兵士が1970年代の後半に入って、アメリカの永住権を取得し、金がなくなれば妻に売春行為をさせて、スモール・ビジネスの資金にしていた。私は当時、そういった夫婦を何人か知っていた。韓国人にとって、整形も売春も大した事ではないようだ。

最近、ミス・ユニバースやミス・インターナショナルの韓国国内大会の最終予選にエントリーした美女たちが不気味なほどそっくりだと話題になった。これは整形パターンが共通しているからか、同じ美容整形院で手術をしたからなのだろうか?
ところで、韓国人は日本人に対して、「我が国は儒教の国だ」といかにも朝鮮民族が他民族より優れているのだという態度を見せる。では儒教でもっとも大切な価値は何だと聞くと、親から受け継いだものに誇りを持つ事と言う。では美容整形は親から受け継いだ身体を自ら進んで痛めつける行為ではないのか?言っている事とやっている事のギャップにいつも驚かされる。

この世界一の嘘つき民族が言う従軍慰安婦、強制連行話は捏造だったことは明らかで、竹島問題も彼らに何一つ正当性はない。
韓国人と議論すると、いかに彼らが併合当時の歴史を知らないかがわかる。当時は識字率が2%以下で、日本が3千校以上の学校を建設し、無法状態だった朝鮮半島の秩序を守ってきたのだ。子供たちに義務教育を与え、貧困に苦しむ人々に仕事を与えてきたのだ。多くのビルを建設し、ダムや道路、鉄道、電力などのインフラ整備し、日本が莫大な金を投入してきた。特に北朝鮮は今でも当時建設された施設を無料でそのまま使用している。

韓国だって、当時建設されたソウル大学、ソウル駅、鉄道など、日本のおかげで整備されたインフラを無料使用し、近代化が進められたではないか?

よく台湾と韓国が比較されるが、台湾建設は成功例で50年の統治期間中、20年で黒字になった。しかし朝鮮半島は35年中、ずっと持ち出しの赤字で、戦後も何かあれば、日本が支援をずっと続けてきた歴史がある。この国は併合される前から、実質120年間、日本の金をむさぼり続けたのだ。

朝鮮半島からはただの一度も支援した金は回収どころか、戦後も赤字続きで戻ったためしがない。その上、長年、難癖つけて強請られてきたのだ。この国と関わってろくな事がないのは歴史が証明している。だが、歴史を知らない、知ろうとしないお人好しの政治家や経済人は、朝鮮半島との関係が好転するかのような幻想を抱いている。
そろそろ気付き、日韓関係のスタンスをはっきりさせ、関係を白紙に戻して仕切り直しさせない限りは、日本の未来永劫、常に韓国や中国に足を引っ張られる結果が続く事になる。

もし日本が併合し経済援助しなかったら、人口が急激に増加した日本時代と違って、餓死によって、人口減少に拍車がかかっていたことだろう。日本に併合される前と後の朝鮮半島の姿はYoutubeで紹介されている。いかに多くの朝鮮人が恩恵を受けたか見れば分かる。
しかし、韓国人はそれを認めようとしないし、そういった動画を削除して、世界中に知らされないように画策する。
つくづく思うのだが、韓国人は歴史を知らないせいか、時代考証をしないで感情的に物事を見て、判断をする民族だ。要するに自分たちに都合がいい、自分勝手な解釈をする、愚かで狂った民族なのだ。

日本が朝鮮半島を併合しなければ、ロシアに攻め込まれ、今でも原始的な生活を余儀なくされ、汚物のそばで生活するホームレス状態だっただろう。勿論、ヒュンダイもサムスンも存在しない!いつになったら恨む前に歴史を直視し、感謝してくれる時がくるのだろうか?ろ
いや、このままだと彼らは50年経っても、100年経っても嘘とデタラメと捏造を日本に押し続ける事だろう。

つい先日、ワシントンポストが安部総理の歴史認識に対する批判記事を書いた。どうも中国系か韓国系の記者が、韓国、中国サイドの歴史解釈を押し付けた内容で、非常に不愉快な記事だ。日本の政治家はワシントンポストがこういう記事を書いたからと神経質になる事はない。こんなの想定内のことだ。それより、こういった外圧に振り回されず、ブレない歴史認識を主張し続けてもらいたい。

尖閣諸島を巡る日中の対立についてもブレジンスキー元大統領補佐官はワシントンで講演し、「日本の発言は好戦的だ。問題解決にならない」と日本批判をくり返す。今のオバマ政権は中国寄りで、日本の立場や状況を理解しているとは思えない。問題の解決にならないと言うが、中国はそもそも解決するつもりはないし、日本が静かにしていようが尖閣諸島を盗りにくるつもりなのだ。

私は日本政府がやっと中国や韓国に、ハッキリと日本人の民意を表明するようになってありがたい。しかし、問題は過去のライシャワーのように日本専門家が限られ、イザとなったらアメリカは頼れないと日本が認識する必要を感じる。
米軍の極東司令官は日本を護ると宣言しているが、これまた意見が二分しているのだ。
日本は自らが日本の領土、国民を守るという気概を持って、米軍と連携をとっていかなくてはいけない。

日本は中国や韓国に対してはハッキリと物申す体制が出来始めてきたが、果たして尖閣諸島、竹島、強制連行、従軍慰安婦問題を、アメリカの圧力にブレないでいられるのか心配だ。外務省北米課、在米日本公館の外交高官は、どうも器が小さく、頼りない。
ちゃんと日本の立場や歴史認識を教育するべく、アメリカ当局の関係者にロビー活動をしているのだろうか?

日本の主権が回復して61年だ。独立国で主権国家として内政干渉に振り回されないで、主張に自信を持って、トーンダウンしてもらいたくない。

日本は経済を立て直し、国力を強化し、アメリカにも物申し、説得していき、日米関係を強固なものにしていかなくてはいけない。だからといって、日本はアメリカの支配下にあるわけではない。その辺は、媚を売るのではなく、バランスをとって国益を守っていかなくてはいけない。

そんな時、本来なら日本の公共放送であるNHKは日本の足を引っ張る中国や韓国側に立った論調が目立つ。世界53カ国に発信している海外向け衛星放送、NHKニューズライン(英語)でキャスターのキャサリン小林が 「靖国神社」とは“戦争犯罪者の神社”ですと説明したそうだ。在外邦人や日本に詳しいアメリカ人も怒っている。

問題をNHK自らが複雑にして、日本にとって不利益な報道するとは、もうNHKは一度解体して、仕切り直しする時期に来ている。いくら在日の報道ディレクターが原稿を書いていると言えど、キャスターはバカじゃなかったら、そのくらいの知識と歴史認識を持ってないと、国賊キャスターのレッテルを貼られ、「日本の国柄を理解していないキャスター」として、国会の予算委員会で招集されるぞ!



私のもうひとつのブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」を更新しました。こちらにも立ち寄って下さい!

私が選んだ「日本が誇れる世界一は?」(その1)


参院選に向けてインターネットを使った選挙運動が解禁!私なりに試行錯誤しながら応援していくぞ!
インターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案が19日の参院本会議で、いよいよ可決、成立した。
今のところ7月4日公示が有力な参院選から適用される。今後は我々はブログ、Twitter、Facebook、Youtubeで選挙運動が可能になるのだ。勿論、政治家も含まれるので、政党と候補者が電子メールを使って活動する事も認められるのだ。

こういう事態は想定内の筈だが、多くの参院議員や事務所スタッフらは対応に頭を悩ませているらしい。今頃になって、「どうネットを活用したらいいのか?」と悩んでいる候補者もあれば、前もって段取りよく準備していた候補者など様々だ。どうも日本の政治家は対応が後手後手だ。こういった事なかれ主義で、変化を求めない習慣が政界にはびこっていた証拠だ。これでは事が起こってからのスピーディーな対応を期待出来ない。

今後の政治家は、あらゆる事を想定し、その準備と覚悟を持って、それをスピーディーに決断、実行に移すことができる人材が適材と言える。今までは異常なほど平和ボケと馴れ合いが許されたのだが、その代償の大きさに国民が気がつき始めた。今後の日本は、そんな悠長なことを許す余裕がないほど、日本は危機的状況が待ったなしに押し寄せてくる。

何人かの候補者はいち早く動画を定期的に動画サイト「Youtube」を使って配信している。これすべて無料で自分をアピールできるのだ。だが、選挙で金がかかると嘆いている候補者の多くが、金を使わず頭を使うやり方に対応していない。それは、今まで選挙に金がかかる事に慣れてしまい、党にゴマをすって選挙資金を確保してきたからだ。

ネットに精通しているスタッフ編成を、今頃になって慌ただしく始める候補者は、今や都市部の多くの住民が地上波テレビを見なくて、ネットを見るのが生活の一部になっている現状を知らないからだ。その点、地方ではまだまだポスター、チラシ、街頭演説やどこかのホールや集会場での演説会が主流のようだ。だが、日本の未来を展望する能力も、現状を感じ取り、分析する能力も欠如していると言わざるを得ない。

参院選に向けて、トレーラーハウスに機材を乗せた特設スタジオをオープンして、ゲストを呼んでトーク番組を制作しようとしている民主党議員もいる。政権与党を3年4ヶ月続けた民主党議員は政党助成金も有り余っているし、個人で費用を持ち出して情報発信するそうだ。金を使って目立とうとしても、中身が伴わない、詐欺行為で3年4ヶ月も国民を騙し続け、日本を弱体化した民主党候補者は当選しないし、当選させたくない。

民主党議員が今後、どんな手で国民を騙そうとしているのか、どんな候補者を集めて新たな嘘を並べた公約を訴えるか、我々は十分注視していかなくてはいけない。日本には役立たずで、足を引っ張る民主党議員を選ぶ余裕はないし、もう騙されない。この党は参院選後は弱小政党に成り下がって、いずれは解党されたほうが、日本の国益になるのだ。

参院選には間に合わないが、今後は小選挙区制度を中選挙区制に戻し、世襲議員は同じ地盤を引き継げない仕組みを作って、政界再編成が必要だ。実力者はどこの選挙区であろうが、親の七光り関係なく実績を作る事が出来る筈だ。アメリカはすでにそういう仕組みが定着している。これも近い将来の、新自民党の課題である。

日本は世界から取り残される前に、今一度日本の問題点を点検し、改善し、日本の国柄、自信を復活させないといけない。それにはまず日本らしさ、日本人らしさを取り戻す為に、憲法改正か新たな憲法を制定するかが必然なのだ。
安部総理は憲法改正に前向きなので、参院選後には実施の方向にカジを切るだろう。

日本維新の会の中山成彬衆院議員や西村真悟衆院議員、自民党の西川京子衆院議員が予算委員会で日本のあるべき姿を訴えた。それに対して、安部総理の質問に対する肯定的な応対に、日本の国柄が取り戻せる希望の光が垣間見えたような気がした。
日本を復活させ、本来の日本人らしさをよみがえらせるのは真正保守の復活しかない。

日本は今まで外圧によって多くの仕組みを変えてきた。常に受け身である事が問題であった。政治議案の先送り、怠慢、平和ボケ、バブル後遺症、危機意識の欠如、バラまき、無駄遣い、イエスマン、ハコモノ建設、中央と地方の関係、韓国、中国への理不尽なODAや支援など、見直しや改善するべき事案が山のようにある。

高橋是清やスターリンを叱った後藤新平のようなリーダーがいない時代には、日本人のレベルそのものを底上げし、熟した議論と行動力が要求される。
後藤新平が多くの人材を育てたように、優秀な人材を育てる仕組みを作らないと次世代で日本は属国か崩壊かの道を選ぶ事になる。多くの無能な松下政経塾出身者がエリート意識で、日本の政治を仕切るのは我慢が出来ない。こんな塾では「我々は選ばれた人間だ」と旧政治家としてのノーハウを学び、勘違いする輩が増えるだけだ。
今の政治家、官僚は、省益や派閥のためだけの人材しか育てられない情けない存在だ。もっと各分野で日本を背負える人材が育つ教育制度を真剣に考えてもらいたい。
それは日本語、日本の歴史、日本文化を理解する前の小学5年生から英語教育に時間を割く事ではない!

今後は真剣に教育のあり方を議論する必要がある。日本が世界から尊敬の眼差しを取り戻すには、まず国柄、日本人らしさを取り戻さなくてはいけない。日本人が世界から尊敬されたのは、先人たちが勤勉で、礼儀正しく、正直で、おもてなしの心があり、何事も創意工夫と努力で進化させ、度胸と熱意と学ぶ心があり、忍耐力と正義感に溢れた国民だったからだ。そういう日本人を生んだのは教育だった。

今後は才能、頭脳、志を持った新人議員、官僚を良き方向に導ける仕組みが必要だ。それには勇気と覚悟と決断と行動が問われている。それは決して要領の良さではないし、ネットで目立っても中身のない議員を選出することではない。

ネット解禁で、選挙運動が可能になるのは大いに結構なのだが、風評に弱い国民がネットの言論に騙されることも大いにある。有権者は本物とニセモノ情報の判断をしっかりしてもらいたい。
保守の中にも足を引っ張り混乱を楽しむニセモノや成りすましの在日も目立つ。

政治家の真の声、考え方、性格、力量、人間力、どういう環境で育ったかのバックグランド、政治的信条、著作、過去の政治的発言や行動などで判断してもらいたい。

ホームページ、ブログの記事を本人が書いていれば、文体からその人の性格や考え方が読み取れる。ホームページのデザインや色、構成も性格が出る。もしスタッフまかせでそれらが制作されているのであれば、この政治家や候補者は何でも他人まかせで何かあれば他人のせいにし、自分では責任を取らないタイプである。

すべて内容や人間性で判断しましょう。みなさんの見識ある人間観察が試されるのである。

最近はフェースブックもツイターも政治家が目立ち始めた。ところが、彼らの発言やつぶやきで「さすが!」と思う内容は数少ない。いかにも票田集めといった行動に見えてしょうがない。

私の出身地は、私の父が1950年代前半に秘書をやっていた大物政治家の孫が今、衆院議員の地盤を引き継いでいる。試しにフェースブックで数ヶ月前、父の事を書き綴り「頑張って下さい」と伝えたが、何の一言もない。こういう東京育ちのボンボンは、我が故郷を再生するアイデアも力も情熱もない、他力本願で成り立ってきたのであろう。ホームページも何の工夫もないつまらないものだ。熱意が感じられないのだ。参院選は関係ないと思っている事自体、次がない事を暗示している。

私が好きな衆院議員のホームページには、自分の事だけではなく、彼らの同志である参院議員の候補者を褒め讃える記事を書き綴っている。いかに共感できる仲間を一人でも多く国会に送り込むか、自分の事のように必死である。
そういった政治家は私にとって人間味がある人たちに映るのだ!


* 2、3日前にフィリピンに住む同志からメールが来たが、

『 村田蓮舫さま 参議院選アンケートにお答え下さい』 
 
 所属・民主党 選挙区・東京選区 民族・   帰化年・    
 推進法案 ;
 反対法案 ;
 政治心情 ;
 
上記を複写し候補者に送って下さい。回答に「 #参議院選の候補 」を付けRTすると候補者の応援にもなります。
 
これをツイッターでやりたいのですが、「 #参議院選の候補 」このタグはどの様にして作るのですか!? 何処かへ登録するのでしょうか。宜しくご指導ください。

正直言って、私にもよくわからないのである。こういった方法も今後の選挙運動の参考になるので、研究するつもりだ。各候補に質問状Yes,Noもいいかと。

ただ、ツイターは140字の制限があるので、フェースブックの方がアンケートは取りやすいかと。

今後、「選挙に向けて、質問に答えた候補者、答えなかった候補者を発表させて頂きます」とツイターやフェースブックで訴えるのも方法かと?

まあ、私なりに試行錯誤しながら応援していく所存です!


*在外邦人に拡散(ラストチャンス)!
7月に参院選が予定されています。申し込んで在外選挙登録証が送付されるまで2〜3ヶ月かかります。一日も早く申し込まないと間に合いません。手続きは大学の入学手続きやパスポートの申請より簡単です。面倒臭がらないで、日本人の義務を権利を行使しましょう。そして日本の国柄を取り戻す節目の選挙に参加しよう!

どんなに正論をブログ、ツイター、フェースブック、Youtubeで発言しようが、日本人として余程の理由がない限り、もしくはアメリカに帰化した元日本人以外は、義務と権利を放棄しないでもらいたい。どんなに「日本が好きです」「日本を心配しています」と言っても、何の効力もありません。今すぐ、最寄りの日本領事館にお問い合わせを!


○ 中山成彬衆院議員の慰安婦問題発言と朝日新聞 ○ 在米韓国系がホロコースト記念館内に開設する「従軍慰安婦特別展示館」
10日ぶりの記事更新である。日本から来客があり、グランドキャニオンやラスベガスを案内したり、3・11関連のイベントに参加したり、3・11関連の原稿を方々から頼まれたり、バタバタ忙しくしていた。


在米韓国系がNYホロコースト記念館に「従軍慰安婦特別展示館」を設置か?

日本側がそのうち、そのうちと言っているうちに、在米の韓国系によって慰安婦碑をニュージャージー州パレセードパークに慰安婦碑を建立された。最近、米国の韓国系は積極的に「慰安婦」問題を取り上げ、今度はユダヤ系の人権団体を巻き込んでアメリカや世界中へ拡散を試みようとしている。この狂った民族は、最近、抑えるわけでもなく、その理不尽な行動はエスカレートするばかりだ。
これもまた、日本の政治の不甲斐無さが原因だった。

今度は何とニューヨーク州ロングアイランドにあるホロコースト記念館に旧日本軍の「従軍慰安婦特別展示館」を設置すると明らかにした。展示館では慰安婦問題の実情を伝える写真や資料などを永久展示する。米国で慰安婦の惨状を知らせる展示館が設置されるのは初めて。

ホロコースト記念館では第2次世界大戦中に起きたホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)などの歴史を紹介している。もし同館に慰安婦展示館が設けられれば、慰安婦の強制動員問題がホロコーストのような犯罪であることをアピールできる?また、米国でユダヤ人社会から支援を受けられると在米韓国人は思っているようだ。

韓米公共政策委員会のイ・チョルウ会長は「ホロコースト記念館側と話し合い、慰安婦問題が『アジアのホロコースト』ということで一致した」と説明した。慰安婦関連資料や写真などを収集するほか、慰安婦に関する動画などを制作し、今秋から展示する計画という。

在米韓国人の非営利団体、韓米公共政策委員会とホロコースト記念館は25日に記者会見を開いて、慰安婦展示館の開設計画を発表すると言う。
在ニューヨークの総領事館や在ワシントンDCの日本大使館が今後、どう動くか、注視しようと思う。

安部政権になってから韓国は焦っている。
それにしてもユダヤ系のいい加減さにも頭に来る。多くのユダヤ人は親日だが、勘違いしている人も多い。これもまた、日本のPR不足が招いたのだ。そういう意味において、一番反省するべきは日本政府だ。

私たちの感覚では、調査すればわかる事だろう?という感情が先走るが、日本国内でも韓国の言い分を鵜呑みにする自称、知識階級が多いのに、イスラエルを含めた他国が従軍慰安婦が強制連行されていないとは認めにくいだろう。知らさない、知らないがこの問題を大きくしたのだ。今やアメリカでは60%ぐらいは韓国人が主張する従軍慰安婦の存在を肯定している。

日本が韓国、中共に経済支援する事で、両国ともPRにその金を流用し、日本の首を絞めるのだ。日本政府は現状にそろそろ気付いて、行動に移すべき時ではないのか?戦後の馴れ合い、事なかれ主義にピリオッドを打たなくては、未来の子供たちに大きな負担と自虐史観を押し付ける事になるのだ。

そもそもこの従軍慰安婦問題の出発点は吉田清治(ペンネーム)の「私の戦争犯罪」というデタラメの作品を上梓し注目され、朝日新聞が便乗して嘘に嘘を重ね、でっち上げを広げたのだ。後に創作だと判明し、吉田本人もそれを認めたのに、未だ朝日新聞は訂正文も謝罪文も掲載しない。
それを多くの政治家は長年、知らんぷりしていたのだ。

先日、中山成彬衆院議員が衆議院予算委員会で慰安婦問題の資料を見せ、ハッキリと強制連行を否定した。これを堂々とやった議員は今まで私の記憶にはない。さぞかし覚悟がいったと思う。本当に中山議員が比例であれ、日本のためにカムバックして良かった。

私は5年前の参院選では、比例で九州の中山恭子参院議員に票を入れた。この御夫婦は信頼に値する素晴らしい日本人だ。以前から私が注目していた政治家の一人だ。

今後、中山氏に続けと、国民に正しい歴史を伝えるべく、使命に燃えた議員が増えればいい。ただし、愛国心もないのに、票集めのパフォーマンスだけはやめてほしい。
その国会予算委員会での動画を、公共放送局のNHKが削除したとは驚きだ。何でも著作権の問題があるので、削除した?国会中継は国民に知らせる義務があるのではないのか?何のために受信料を半強制的に徴収しているのだ?真実を国民に知らせるのに、なぜ捏造している韓国に気兼ねしなくてはいけないのか?

中山氏に検察関係から警報があったらしい。一部のマスコミが捏造してでも中山氏を叩きたいそうだ。よっぽど中山氏の歴史認識の提起が困るらしい。だが、多くの日本人が気付き始めた。彼の身に何かがあったら、タダじゃ済まさないと思っている日本人が大勢いる。
また、ネットではNHKが削除しても、多くがすでに動画をバックアップしているようだ。その後、朝日新聞を含め、大手メディアはこの問題を避け、逃げているように思える。いつになったら状況を理解出来るようになるのだろうか?

国会質問がYouTubeから削除されたということで、NHKに抗議が殺到しているという。NHKは今やシナや韓国の言いなりなのか?
もし、日本国民の公共放送としての責任を果たせなければ、NHKのあり方、受信料のあり方、番組作りのあり方を国会で議論する時期に来ている。

この国会中継を観ていると、多くの議員の目が、この話題には関わりたくないという逃げの「気」を感じた。今までなぜ政治家が、この話題をタブー視してきたのか、日本人として、在外邦人として理解に苦しむ。
自民党は過去、事なかれ主義で、この事案を先送りしてきたのだ。その結果が、「東海」「独島」の大型看板であったり、「従軍慰安婦問題」に関する米国・下院での決議だったりする。そして、全米各地の慰安婦碑や慰安婦通り、そして今回のホロコースト記念館内に開設される慰安婦展示館。

過去の「自民党」と決別し、新生「自民党」をアピールするなら、独立国として歴史認識をシナや韓国にはちゃんと主張し、行動に移さないと、長くは保たないぞ!

日本の政治家は、先祖の名誉を汚された事に対して、怒りを感じないのか?
台湾の人達は日本の統治に感謝しているのに韓国の人達は恨みつらみを千年も続けると、大統領が言うくらいだからたまったもんではない。

あー、情けない。こんなんじゃあ、安部首相が参院選後に慰安婦問題を取り上げても、世界中に理解してもらうにはハードルが高くなりすぎる。今まで先送りしていたことで、この問題がどんどんエスカレートするぞ。
政治家、外務官僚、在外公館、マスコミがこんなんじゃあ、もう日本は致命的だ!

せめて国民が、原因を作った朝日新聞の不買運動を起こすほどの気概を持ってもらいたいものだ。
そして、日本政府が参院選後にちゃんと有言実行しなければ、在米邦人のモチベーションがどんどん低下する。こんなんで、在米韓国系とどう闘えというのだ?

お知らせ!
7月の参院選が近い。まだ在外選挙登録をしている邦人は少ない。留学生を含め、半年以上の方は、是非、時間を見つけて最寄りの領事館にお問い合わせを。折角の権利を放棄してはいけない。あなたの1票で日本の素晴らしい国柄を取り戻そう!登録まで2、3ヶ月近くかかるので、7月の参院選に間に合うように御申し込みを!
手続きは大学の入学手続きやパスポートの申請より簡単です。15分あればすべてが完了、あとは3ヶ月後に郵送されるのを待つだけ。あなたも参院選で投票をよろしく!


私の新ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」の
「1965年、俳優・田宮二郎、女優・藤由起子御夫妻とのささやかな思い出!」

http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/


○(追悼)あれから2年経った東日本大震災の記憶 ○興奮したWBC日本対台湾戦 ○50年間日本だった台湾の歴史 ○TPP反対!
今、L.Aは3月10日夜の10時46分。日本時間の11日午後2時46分だ。東日本大震災が発生した時間である。この時間になると、このブログ記事の打ち込みを中断して、西の日本に向かって黙祷を捧げます。もう東日本大震災の追悼式典の真っ最中であろう。
今年は台湾が国名を読み上げる指名献花の列に加わる。250億円の義援金と多くの気持ちがこもった励ましの言葉に応えるのは、日本国として当然のことだ。

昨年、民主党政権が中国に気兼ねして、台湾を無視した事は日本国として恥ずかしい限りだ。安部政権になってから復旧、復興が急ピッチで進んでいるが、まだまだ課題も多い。しかし、確実に日本は「よみがえる」方向に向かって前進し始めた。

日本人が何らかのきっかけで心がひとつになった時、力を十二分に発揮する事となる。今、多くの日本人は、「犠牲になって亡くなった人たちに黙祷を捧げ、御冥福を祈ります」そして日本人として生まれた事に感謝するべく、被災者の人たちと共に、今後の日本をよみがえらせ、邁進する決意を誓おうではないか。

L.Aでも各地で3・11の追悼イベントが行われた。私はリトル東京の曹洞宗系のお寺に出向いた。各地で募金を集める為のバザールも行われた。私も当初、出店して売り上げを募金する予定だったが、最終的に都合が悪くなり断念した経緯がある。

今回は自衛隊が不眠状態で頑張って救出活動をしてくれた。そして、米軍の「トモダチ作戦」で日米軍が協力して、初期の復旧活動で大きな力となった。
そして台湾人の精神的励ましが被災地に大きな希望を与えた。中国の100倍以上の250億円の募金が集められた台湾である。

台湾では台湾の大学に留学している学生たちが、昨年に引き続いて「日台・心の絆~震災から2年後の東北に向けて」のイベントを開催した。

東日本大震災が発生した時は民主党の菅政権だった。本当にお粗末な政権だった。二次災害、風評被害を広めた原因もこの政権の素人対応によって引き起こされた。

台湾の李登輝元総統は1999年9月21日の台湾大地震に際して、現行法令の制限を受けない「緊急命令」を発動した。6ヵ月間という期間を限定しての発動だった。大規模災害に際し、異常事態を乗り越えるためには平時の法律や制度では対応できないのだから当然の決断だったのだ。

しかし、日本の民主党政権は「緊急命令」を発動しなかった。平時の法律や制度が手枷足枷になったのは、その後の事態が証明している。民主党が傷口を広げ、すぐ縫い合わせないから、モタモタしている間に傷口が化膿してしまったようなものだ。この時期に民主党が日本を背負うには荷が重いどころか、資格がなかったのだ。そんな悪夢な出来事で多くの人が大津波や原発事故によって土地や財産を失った。

被災者や被害者には申し訳ないが、2年経って考えると、この大惨事は平和ボケで危機管理を疎かにしていた日本人に、神様が与えた運命的試練だったようにも思う。これをきっかけに危機意識が高まった。そして、大津波で土地や財産を荒らされ、失ったことで領土問題の重要性にも目が行くようになった。

韓国人は不法占拠している竹島問題が発端で、一般人の募金活動が6千万円程度で事実上打ち切られた。それだけではない。日本の不幸な出来事をせせら笑うように、難癖をつけてきた。

中国は中国で落ち込んでいる日本に対して、尖閣諸島の領有権を声高に叫び、公船を執拗に送り込んできた。まさしく、中国と韓国は、東日本大震災と原発事故の弱みに付け込んで、嘘とデタラメを押し付けてきた。まさしく、ならず者国家の本性を剥き出しにするように。

大震災をきっかけに日本国民は、多くを学んだ。誰が敵で誰が味方か、誰が必要で誰が不必要か気付き始めてきたのだ。3・11では、日本人の秩序を守る、素晴らしい国民性が、世界中にアピールされた。世界中、どこであっても災害時には略奪が当たり前なのだが、日本では起こらなかった。世界は日本こそ、世界のロールモデル(模範)と賞賛した。私が日本人に訴えるのもこのことだ。将来、世界中の模範、規範となるのは日本しかない。だから日本人は自信を持ってシナ人化、朝鮮人化、アメリカ人化を否定した方がいい。


WBCの日本戦で最高の接戦試合を見せてくれた台湾が、キューバと対戦した。試合は14対0の7回コールドゲームという不名誉な結果となった。日本戦でベストピッチャーを使い果たしたのか、日本戦でエネルギーを使い果たしたのか、モチベーションが切れてしまったのか、残念と言うしかない。台湾が敗者復活戦に勝ち残って、日本と一緒にアメリカの大舞台でアジアの野球の実力を示してくれると思ったが、キューバの勢いには敵わなかった。これで台湾は敗退が決まり、今回は残念だった。
しかし、日本対台湾戦終了直後に日本の友人からスカイプ電話で、WBC日本対台湾の「死力を尽くした」激闘を伝えてもらった。友人は久しぶりに感動的な試合を観たと興奮していた。

スカイプ電話を切った後、早速、Youtubeで試合のハイライトを観た。普段、冷静な友人が興奮するだけの試合だった。

日本の打線は元ヤンキースの王建民の前に6回6安打でチャンスは何度かあったのだが、得点を挙げられなかった。
しかし、八回には井端(中日)、内川(ソフトバンク)の連打の後、阿部(巨人)のタイムリーで1点を返した。そして坂本がショートに強襲安打で二塁走者の本多が生還して同点になった。

その裏、台湾が1点追加して再びリードしたが、日本はそれ以上の追加点を与えなかった。

そして1点を追う9回、日本は四球で歩いた鳥谷(阪神)が二盗に成功し、井端がセンター前へタイムリーを放ち、日本が土壇場で同点に追い付いた。

いよいよ運命を決定づけた延長10回表、1死二、三塁で日ハムの中田がレフトフェンス際へきっちりと犠牲フライを放ち、待望の勝ち越し点を奪った。

十回裏の守りでは、杉内が1死一、二塁のピンチを迎えたが、併殺でしのぎ、勝利した。
この試合のMVPは打席で落ち着き払って、大きな結果を残した中日の井端だろう。あの隠された闘志と自信が生んだ結果だろう。約4万5千人の大観衆は、勝者の日本だけではなく、敗者の台湾にもスタンディングオベーションと大歓声で応えた。

その後、ツイター、メールなどで多くの台湾人、日本人から「面白かった!」「感動した!」というメールをもらった。いかに日本と台湾が一心同体で、シナや韓国とはかけ離れた国かがわかる。これが日韓戦で、韓国が負けたら、嫌みったらしく負け惜しみの言葉を韓国人が吐くことだろう。

実際、韓国が台湾を3対2で下したが、オランダ対オーストラリアの結果を受け台湾の2次ラウンド進出が決定という屈辱を味わった。韓国ファンの中にはWBCのルールに疑問を呈する声も上がっているという。この民族は、何から何まで自分たちの思うようにいかないとケチを付ける。

WBCのルールは韓国も参加して作られたものではないのか?そのルールで合意したからには従うのが当然だろ?だったら、オランダに大差で負けるなよ。結局、弱いから負けたのだ。勝負は結果がすべてなのだ。

嘘とデタラメの歴史を捏造し日本を強請る国民は、シナ同様、ルールを守らなくても勝てば知らん顔するくせに、負ければ執拗に言い訳をする。そう言えば韓国のメディアは言い訳のオンパレードだ。オランダ戦での敗因について、「台湾は寒いから」、「台湾の食事は味が濃いから」「台湾人の観客のヤジがうるさかったから」「韓国代表が力を発揮できないのは、環境による疲労が原因」「台湾の練習設備が悪かった」?
どうせキムチは持ってきただろうし、韓国料理屋もタイペイには数多くあるだろ?条件は他の国も同じなのにね。

そう言えば3年前の広州アジア大会の女子テコンドーの予選で、台湾の選手が「韓国人審判の介入によって失格になった」ことで、台北市の韓国学校に卵が投げられたり、韓国製品の不買運動、韓国国旗を燃やす事件も発生したな。今回の韓国側の態度にはさすがの台湾ネットユーザーからは失笑の声があがったとさ。

こんな国が柔道、空手、剣道、茶道、武士道が韓国が起源だと見え透いた嘘を平気でつく。こんなスポーツマンシップや武士道精神のカケラもない国から武道が生まれるわけがないだろ?

韓国が今回は日本と同じ組ではなかったので、モチベーションが下がった?今回は徴兵免除がなかったからこれまたモチベーションが下がった?
野球はスポーツだ。力があるチーム、勢いがあるチームが結果を残すのだ。
結果的に一次予選で敗退した韓国チームがアメリカに来ない事で、日本チームは余計なストレスがたまらなくて済む。日本WBCチームの選手には韓国選手の反則行為で怪我をさせたくないからな。

前回のWBCのポスターにイチローの写真が大写しだったので、韓国系の商店では絶対に貼らせてくれなかったらしい。過去2回のWBCで、韓国系アメリカ人に徹底的に嫌われたイチロー選手は、韓国系の雑音には耳を貸さず、今日の地位を築いた。韓国人に嫌われようが、イチローの人気には何の支障も影響もなかった。逆に韓国人に嫌われる選手が、なぜか多くの支持者を集める結果になったような気がした。

台湾の話に戻るが「チャイニーズタイペイ」(中華台北)とは、台湾(中華民国)が国際五輪委員会(IOC)に参加する際の名称だ。こんな名前は多くの台湾人、特に旧日本人は認めていない。この名前はIOCが、台湾の追放を求める中国を納得させるようにこの呼称を押し付けたのだ。同時に台湾の中華民国政府のシナ人たちが中華人民共和国同様、「台湾」の名がもたらす「シナから独立した台湾」とのイメージを恐れた結果だ。
「チャイニーズタイペイ」とは直訳されると「シナ人の台北」ではないか?こんな誤解を呼ぶ呼称をなくす為にも、一人でも多くの日本人が台湾人と一緒になって「台湾!」と声援を送ってくれたようだ。
ただ、残念な事に多くのあまり台湾の事情に詳しくない日本人が台湾イコール中華民国と思い込み、中華民国の旗を振ったりしたことだ。

昨日、台湾人の仲間たちと勉強会で会い、WBCの日本戦の話題で盛り上がった。「台湾!」と応援する事が、台湾は中国の一部ではないと、世界中にアピールできたと感謝された。しかし、ここでも中華民国の旗の問題を指摘された。

もし今日のキューバ戦に勝って、日本と共にアメリカに行って「台湾」コール鳴り響かせられたら、世界中にもっと「台湾」を認知させ、PRになったのに、残念だった。
キューバ戦でも日本人の多くが台湾を応援したと聞く。「日本隊加油!」「台湾隊加油!」「日本チーム頑張れ!」「台湾チーム頑張れ!」と。しかし、応援むなしく敗退してしまった。日本戦ですべて出し切った台湾だったが、日本は逆に台湾戦で何か吹っ切れたようだ。まさか、強豪オランダ相手にホームランを量産し、7回16対4でコールド勝ちするとは誰が予想しただろうか?
アメリカでは日本に力を与えてくれた台湾チームの分まで、優勝を狙って頑張ってもらいたい。


日本ではどこまで台湾に関する教育をしているのか皆目見当がつかない。
1895年から1945年までの50年間日本人として生きてきた台湾人は我々の同胞なのだ。いや、正確に言うと1951年9月28日に署名し、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約が発効した「主権回復の日」に日本が台湾を放棄するまでは台湾人は日本人だったのだ。
この日に台湾を日本は「放棄」はしたが、中国大陸から逃げてきた亡命政府・中華民国に譲渡はしていない。だから、今日の台湾の地位は未定で、アメリカの占領下にあるのだ。
台湾の228事件も現在の複雑な地位も、日本責任以上にアメリカの責任は重い。

今日、台湾人の仲間たちが言っていたが、「中華民国の旗を振って応援していたのはいただけないな」と。私はこのシーンは観ていないので、それが台湾の事情も歴史的背景も何も知らない台湾人なのか、日本人なのか確認していない。無知な人が、時にはキズを広げる事もある。

台湾のメディアの95%はシナ人が支配している。今回も各テレビニュースではさかんに「中華台北」やら「中華隊」と中華を全面に出し、中華民国の旗を振る無知な、洗脳された台湾人をアップにしていた。そこには日本人の姿もあったかもしれない。その中で民視新聞台が「台湾」と表現していたのでホッとした。
私もあまり詳しくないが、同じ北京語でも中国と台湾は言葉の面でも異なる。台湾人は「謝謝」より「多謝」の方がピンと来るような気がする。

多くの台湾人は中華民国教育に洗脳され、228事件や白色テロで3万5千人以上が大虐殺された歴史も長い間、封印されてきたのだ。40年間と言う歴史上一番長い間戒厳令下にあったとは、多くの日本人も知らなかったに違いない。台湾人の60代でさえ、228事件を詳しくは知らない。
李登輝閣下が総統になってから228事件の真実を学校で教えるようになったと聞くが、中国国民党政権の今はわからない。60年以上の亡命政府・中華民国教育が長きに渡り行われてきたので、複雑だ。

台湾は中国と国交を結んだ日本政府に見放されたのだ。今まで家族の一員だったのに、勝手に縁を切られたのだ。
多くの御年配の台湾人(旧日本人)は、日本政府の仕打ちにはガッカリしたようだ。だからといって、台湾に多くを残していった日本には感謝をしている。日本人、日本人の恩師との思い出は尽きない。学校では中華民国教育を受けている子供たちにも、家ではシナ人と日本人の違いや、日本の旧教育の素晴らしさを教えてきたのだ。それが、義援金250億円以上を集める動機となったのは、日本が彼らの心の故郷だからだ。故郷が困っている姿に手を差しのべるのは当然の行為だと思っているのだ。ありがとう。多謝!

東日本大震災2周年追悼式典で、国名を読み上げる指名献花の列に台湾代表を加えることが決まった。とても喜ばしい事だ。
昨年の式典は野田佳彦政権が中国への過度の配慮で台湾を無視し、指名献花からはずしたのだ。世界で一番、日本の事を心配し、250億円という莫大な義援金を台湾人が集めたのだ。

台北駐日経済文化代表処の発表では赤十字に約82億4,800万円が集められたと発表した。だが、アメリカに住む多くの台湾人富裕層は、シナ人が管理している台湾赤十字社(中華民国紅十字総会)を信用していない。「どうせ今まで通り、その倍はシナ人の幹部たちが着服しているだろう」と。
だから仲間内で何百万円、何千万単位の義援金を被災地の自治体に直接渡しているのが現状だ。

現在の台湾は複雑で、95%のメディアはシナ人が支配している。戦後、中共に敗れ、大陸から逃げて台湾入りした中華民国亡命政府(中国国民党)のシナ人13%が台湾を仕切っているのが現状だ。まあ、台湾の歴史を語ると長くなるので機会を作って説明する。

私は現在、月に2回のペースで、台湾人グループ(御年配が多い)の勉強会の講師を務めている。今週は日本政府主催の「東日本大震災」の指名献花の列に台湾代表が加わる話と、WBCの日台戦の話題で盛り上がろうかと思う。

台湾を民主国家に近づけた功労者の李登輝元総統(92歳)には旭日大綬章であれ、何らかの勲章を授与して頂きたいものだ。あの国賊の河野洋平が最高の生存者綬章を授与されたのには納得がいかない。李登輝閣下は元日本人で、彼の貢献度は河野の比ではない。


日本政府は中国との争いの狭間に立って、アメリカを必要とするのはわかるが、TPPを受け入れると、日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、日本人らしさが失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。

これ以上、価値観までアメリカナイズされてどうする?その上、シナ人、韓国人が入ってきて日本人がシナ人化、朝鮮人化されてどうする?あーー、考えただけでもため息が出る。

私は、たとえ日本がTPPに参加しなくても、日本はどうにかやっていけると信じている。また、アメリカも日本がTPPに参加しなくても同盟関係は揺るぐことはない。お互いが必要としているからだ。

ただ、今は外交術を最大限発揮して、TPPでどのように日本の国益を守る事が出来るか、時間をかけて議論をしてもらいたい。参加を前提に進めては絶対いけない。堂々と自信を持ってやってもらいたい。

その上、同時進行で日本は国力増強のために各分野や問題点を見直し、活気を取り戻さなくてはいけない。

最近、残念な事だが、シャープがサムスンと100億円で資本提携を結んだ。あーー、また日本の技術が吸い取られていく。今まで日本の技術者が甘言に誘われてシナや韓国企業に引き抜かれてきた。彼らは技術を吸い取られたら無情にもポイ捨てされてしまう。国賊野郎め、ザマア見ろ!と思ったものだ。それが今度は企業レベルで起こるとは。

あれだけ、TPPやらシナやら、国益より、国を売っても会社の儲け話を進めようとする経団連は、いざとなったら、シャープのような日本企業には救いの手を差し伸べないのか?
日本の経済団体の連帯感はどうしたのだ?シャープのような企業を知恵や資金面で救えなければ、いずれ自分たちの首を自ら絞める事になるのだが。


いやまあ、長い、まとまりのない記事になった。昨日、WBC関連中心の記事を打ち込んでいたら、台湾問題へと発展してしまった。アップしようと思ったら、野暮用が出来てしまった。そして今日になったらなったで、3・11関連の記事が足された。

L.Aは今朝からサマータイムで時間を1時間進めるのだが、そのことをすっかり忘れていた。当初、黙祷時間をこちら時間の夜、9時46分に近くの友人宅でやる予定にしていたのだが、日本の14時46分が10時46分となったので、自宅に戻り、先ほどコンピューターの前で黙祷した。

東日本大震災3・11から2年、あっという間だった。
今でも思い出す2年前。大津波、原発事故、風評被害が日本列島、世界中にに駆け巡った。
こういう痛ましいことがあって、誰が真剣に日本を思いやってくれているかがわかった。

3・11の後、テレビ映像を何度も観るうちに鬱状態に陥った人が私の周りに増えた。私もその一人だった。
当時は母の介護、民主党政権、風評被害、津波映像、東京電力の対応などのストレスが、私に生まれて初めて経験する、軽度の鬱を与えるに十分だった。

「3・11」の記憶は今後も語り続けなくてはいけない。これは今後襲う巨大地震、大津波を乗り切るために不可欠な日本の歴史だ。我々はこの重く、貴重な教訓に学び、住み良い日本を次世代に残すべく努力していかなくてはいけない。  (合掌)

数日前に新しいブログを立ち上げました。こちらは政治とは離れ、日米の違い、私の体験談、私が出会った人たちや話題を紹介しようと思います。こちらのブログも御贔屓にね。

世界中のよもやま話で目からウロコ!


○「竹島の日」の式典に向けて一言 ○ 北朝鮮核実験と朝鮮学校の無償化は相も変わらず後手後手の対応だ!
2月22日は島根県の県条例で制定されてから、今年で8回目の「竹島の日」である。政府主催の式典は見送られたが、タイミング的に韓国からの批判をかわす準備が出来ていなかったようだ。昨年末にいきなりの衆院解散、そして総選挙と、安倍政権の覚悟も間に合わなかったのか?それとも旧自民党の事なかれ主義を引き継ぐのか?

今回のトーンダウンは致し方ない部分もある。憲法改正、新憲法制定に向けて7月の参院選で民主党を叩き潰さなければいけないからである。しかし、たとえ自民党が想定した票数が入らなくても、2年目は公約を守ってもらう。完全に日本を舐めきった韓国の振る舞いを許す余裕はもう日本にはない。

国会議員は自民党の島根県選出の細田博之幹事長代行や小泉進次郎青年局長ら18人の出席を予定している。これは今までの3人を大きく上回る数だ。だが、これまた予定であって、最終的に何人式典に出席するかは式典が始まらなければわからない。
小泉進次郎は昨年に続いて出席するが、昨年以上の求心力と影響力を併せ持つようになった。そういう意味では前進したと思いたい。

島根県隠岐郡竹島は私の故郷からすぐだ。勿論、竹島を見た事はないが、隠岐の島は天気がいい日は島根半島から見えると聞く。私は一度、天気がいい日に大山国立公園から隠岐の島を見た事がある。親戚も隠岐の島にいる。私の故郷の漁師が竹島近海でかつて漁をしていたのだ。それを何の根拠もない理由で不法侵犯して不法占拠した。日本人の正義は、民主党のように許す事では決してない。
自民党は政府関係者が数多く式典に出席したことで、何も解決はしないと強い認識を持ってもらいたい。

参院選後は声を上げるだけではなく、支援凍結、何らかの制裁を実行に移し、日本を怒らせることが韓国にとって不利益になることを思い知らせるときだ。何も遠慮する事はない。今こそ不正と横暴は正さなければ、世界の秩序は守れない。日本こそ世界に規範を示せる国なのだから。


核実験をした北朝鮮と韓国は多少の民主化の違いはあれど、やることが似通っている。要するに強請ることが国策で、国民に罪悪感がこれっぽっちも無い国家なのだ。韓国人がどんなに経済力をつけようが、北朝鮮人と同じく、彼らは世界中から尊敬を集めない。

日本の在日朝鮮人にはそりゃあ、まともな人もいるだろうが、何人の在日がこのイカレタ行為に対して声を上げるのだ?何人が朝鮮総連、韓国民団に対して「あなたたちは間違っている!」と行動を起こすのだ?何もしないで陰では中立を装う在日は、他のイカレタ在日と同じく、日本人から蔑まれてもしょうがないだろう?

先日、埼玉県が朝鮮初中級学校に補助金を計上しなかった。他県も埼玉県に続く?私から言わせれば、北朝鮮が核実験をしたことでやっと決断か?ミサイルならいいのか?ポテドン、テポドン、ノドンならいいのか?今までのことは忘れたのか?

文部科学省は朝鮮学校を高校無償化の対象外にするため省令を改正する?無償化だけではなく高校、朝鮮初中級学校の認可も考えなければいけない時期だ。文科省が学習指導要領をチェックし、日本仕様に改善する意志がない学校は基本的に日本人の血税を投入しないのは常識だろう?

京都の朝鮮学校のように無断で学校前の公園を、朝礼などで使用するのも近所迷惑だろう?京都市の市有地を無断で何十年も我がもののように使用する事も、使用させるのもおかしいだろう?市民にとって不公平だろう?

自民党は政権与党になってから、約1カ月間、一般から意見を公募した。その結果、約3万件の意見が寄せられ、無償化対象にしない方針への賛成意見が反対意見をわずかに上回ったから無償化にしなかった?
一体誰から意見を求めたのだ?日教組か?労組か?民主党の党員か?在日か?どうせ意見を寄せるのは一部の反対勢力だと相場は決まっている。
何で「わずかに」というこんな結果が出るのか?一般国民の半数近くが朝鮮学校を支持していると思うのか?文科省もおかしい事に気付けよ。日本にこんなに狂った日本人が半数いるとは、思いたくない!

それに何で文科省がいちいち意見を公募するのだ?そんなの日教組、在日、部落解放同盟などの組織ぐるみで反対意見を書くだろう?政治家、官僚は日本の現状認識をどこまで把握しているのだ?今まで何を分析していたのだ?

政治家も官僚も判断材料に自信がないのか?いかに今の日本に愚民と反対勢力が数多いのか、未だ理解していないのか?
いくら参院選を意識しているとはいえ、魂まで売り渡すなよ!

何度も訴えてきたが、中共にODAで支援した事で、中共はその金を流用し、台湾向けのミサイルを1500基まで増やし、日本に800基も向けているのだぞ!朝鮮学校無償化と結果的に同じだと思わないのか?日本政府は国益にならない行為にそろそろ気付けよ!

パチンコ産業だって、北朝鮮の資金源と言う事は馬鹿でも知っている。それを日本人が自ら、北朝鮮の核開発、ミサイル開発を支援しているようなものだろう?
拉致被害者を助けると言いながら、かつて日本人を拉致したスパイ養成校を無料化?笑わせるな馬鹿やろう!

最近になって自民党の小池百合子元防衛相、中谷元元防衛庁長官、みんなの党の江田憲司幹事長らが、北朝鮮の核実験などについて議論した?想定内の事をいくら民主党が3年4ヶ月政権運営していたとはいえ、何をやっていたのか?核実験やミサイル発射の前に結論が出ていないとおかしいだろ?何が次元が変わってきただ?ノドンミサイルを何百基も持っている?そうなる前になぜ、いろいろと改善策を検討しなかったのだ?いろいろと手が打てた筈だ。10年間なにやっていたのだ?情けないったらありゃしない。そんなに北朝鮮を信用していたのか?中国が非核化を説得するとマジで思っていたのか?
やっと朝鮮総連地方幹部も渡航制限だと?彼らの一人でも北朝鮮に入国させれば、パチンコマネーが核開発に流れるだろう?

いつになったら後手後手の政治から卒業出来るのだ?
それにしても民主党政権の3年4ヶ月は何だったのだ?民主党の政局遊びに振り回されたのに、未だ2ケタ台の支持者がいるとは。まだ小沢一郎の支持者がいるとは。

日本の平和ボケの政治屋さんも官僚のお人好しさんも、そろそろ学習能力を発揮してくれ。日本は国益のために能力を発揮できない政治家や官僚を養う余裕はない。

安倍政権は民主党と比べれば良くなったが、いかんせん何十年の垢がその程度の対応では追いつけそうもない。まだまだ後手後手だ。今こそスピードと勇気と覚悟を持って行動しろ!


先月収録した台湾問題研究家の遊正朗氏を迎えて大激論。なぜ台湾が尖閣諸島の領­有権を主張するのか?日台、台中、日中の歴史を解説しながら激論!「日台尖閣諸島論戦」(上、中、下)がアップしました。

蒋介石と尖閣諸島 ( 上 )



ナンセンスな台湾の尖閣諸島領有説 ( 中 )




文句なく尖閣諸島は日本の領土だ!( 下 )




中国の有害物資を含んだ黄砂に続き、大気汚染物質が日本に上陸!
中国の有害物資を含んだ黄砂に続き、大気汚染物質が風に乗って日本に飛来した。福岡市では国内基準を超えた日が3日あったそうだ。なるべく幼稚園、保育園で外遊びを控えるなどの対応も検討しなければと市長が発表した。

1月10日から北京市を中心に発生したこの大気汚染は、今でも中国の30%の国土を覆い、約6億人に影響を及ぼしたことが明らかになった。
中国は北京をはじめ70%の都市で大気が環境基準を満たしていない。経済発展を最優先させてきたことで、長期にわたって蓄積してきた環境の矛盾が集中して現れたのだ。
健康よりも生活費を稼ぐことを重視してきたツケが国民に跳ね返ってきたということだ。

中国での経済発展にブレーキがかかる事だろう。もし、習近平指導部が掲げる「20年までの所得倍増」を強引に達成しようとすると、想像以上の環境リスクを背負う事になる。多くの日本人駐在員家族も、1日や2日だったらともかく、1ヶ月2ヶ月と続き、今後も度々大気汚染が発生すると、健康被害にも少なからず影響を受ける。

まあ、日本人は市販のペットボトルの水を飲んでいると思うが、中国の一般市民生活に欠かせない飲用水にも汚染が広がっているという。

ここ車社会のロサンゼルスも60年代、70年代はスモッグの本場と言われたほど酷かった。特に9月頃の1ヶ月間は、現在の中国並とは言わないが、目がチクチクと痛かったり、ノドが痛くなったことを思い出した。

このままでは環境に良くないと言う事で、1970年にマスキー法という大気浄化法改正法が制定された。
1975年以降に製造する自動車の排気ガス中の一酸化炭素、炭化水素の排出量を1970年型の10分の1以下にすることを義務づけたのだ。

そして、1972年に、1976年以降に製造する自動車の排気ガス中の窒素酸化物の排出量を1970年型の10分の1以下にする事を義務づけた厳しい基準が定まった。当時は自動車の排気ガス規制法として世界一厳しいと言われ、クリアするのは不可能と言われていた。

ここでバイクでは名前が知れ渡っていたが、乗用車では世界的に無名だったホンダが1972年にCVCCエンジンを開発し、基準をクリアし、1973年にはマツダのロータリーエンジンもクリアした。アメリカの大手メーカーの何百分の一の研究開発費でクリアした日本メーカーに世界中が注目し始めたのだ。

しかし、当時のアメリカのフォード、GM、クライスラーなどビッグ・スリーはどんなに研究開発に金をつぎ込んでもクリア出来ない焦りから、アメリカ車を中心とする自動車メーカーの反発が激しくなり、実施期限を待たずして74年にこのマスキー法は廃案となってしまった。結局、アメリカ車がこのマスキー法で定められた基準に達したのはホンダのクリアから23年後の1995年だったのだ。その頃には日本車も改良に改良を重ね、信用とシェアーを伸ばした。1990年に入ってからはスモッグはあまり発生しなくなった。
今はどうか知らないが、当時はカリフォルニア州以外はスモッグチェック制度(毎年義務づける)を実施している州はほとんどなかった。
しかしながら排気ガス規制自体は徐々に進み、カリフォルニアは日本車が徐々に増えたことによって、大気も安定してきたように思う。
ロサンゼルスは日本車に救われたと言っても過言ではない。

そんな中国が、日本製品を国を挙げてボイコットしている。そして、国産車を増やそうとしている。これこそ無謀と言わざるを得ない。これでは大気汚染が将来的に改善されるとは思えない。

どんなに今頃になって大気汚染防止条例を審議し、世界中に改善努力をアピールしても、ポーズにしか映らない。
そもそもルールを守らないシナ人が多すぎるうちは、改善されるわけがない。目先の金儲けのためなら、食品に毒物を入れても気にしない人間が多い中国だ。

尖閣諸島問題に限らず、歴史の捏造など、こいつらは身勝手で、子供の頃から「騙されるな」と教育されているのだ。要するに騙されなければ、他人を騙しても、ウソをついても許されるのが中国なのだ。

ロサンゼルスのスモッグが内陸部の台地にこもる事が良くあった。今では第二のチャイナタウンと言われているモントレーパーク辺りだ。皮肉なものだが、シナ人はスモッグとは切っても切れない環境に集まるのか?とつい思ってしまう。


アメリカでは州によって法律が異なる。ニューヨークではふぐ料理が食べられると言うが、カリフォルニアでは食べられない。

そんなアメリカで可哀想な事件の判決が下った。サンタモニカ空港の高級日本食レストランが違法なクジラ肉を客に提供したことで、日本人料理人を含む3人が2010年に起訴された。

和歌山でイルカ漁を隠し撮りしたアカデミー賞受賞作のドキュメンタリー映画「The Cove」のプロデューサーが、クジラ肉を提供していると情報を聞きつけ、話題作りにこの店を訴えた。まるで捕鯨国の日本叩きで、日本人イジメである。
裁判で12人の陪審員がこの店の日本人チーフ料理人(48)に最高67年の刑を申し渡した。もう一人の日本人料理人には最高10年の刑を申し渡した。どうも反日、捕鯨反対、動物愛護団体、日本人に理解がない陪審員を選んでいるとしか思えない。こういった陪審員に人生を決められるのは無念であろう。

事情は詳しくは知らないが、メニューにもあったと言うから、レストランを経営していた親会社には1.2Million(約1億円)の罰金が課せられると言う。

何とスッキリしない判決だろうか?可哀想に、この48歳の日本人は会社に従っただけだろうが、訴訟国家のアメリカでは、どんな些細なことでもイエスとノーをハッキリ示さないと、自己責任と言う重い罪が待っているのだ。単純計算すると、もう一生シャバでの生活は期待出来ないと言う判決だ。まだ御両親もご健在の年齢だ。きっと今さらながら、会社に従ってクジラ料理を作ったこと、甘く見ていたアメリカ生活、アメリカに来た事を後悔しているのだろうか?
今後、彼らを何らかの形で、減刑出来るように、出来る範囲で活動をしようと思う。

私は幼少の頃、食糧難の時代に、日本でクジラの缶詰を食べて育ったから、複雑な気持ちでいっぱいだ。
今やアメリカ、オーストラリアを中心に、彼らの捕鯨反対という価値観を押し付けられて、ミンク・クジラの数が激増している。そのため海洋資源である大量の魚がクジラに食べられ減少しているのが現実だ。
もし、本格的な食糧難になった時、カンガルーやワニまで食べるオーストラリア人、牛、豚、鶏、うさぎなどを食べるアメリカ人は自らの首を絞める事になる。

中国、韓国、ロシア、イズラム社会、アメリカなど今でも不可解なことをする。特にこの陪審員たちは、殺人を犯した訳ではない人間を無責任に裁けるものだ!

馬刺し、鹿肉鍋、クジラ、ふぐ料理など日本の食材は世界一だ。日本で生活して皆さんは、何と幸せな事か。日本に居ると気付かないと思うが、食生活に関しては恵まれているのです。野菜などの食材も、卵も味がアメリカとは全然差がある。アメリカに長く居ると、そういったバラエティーに富んだ日本の料理が懐かしくなってしょうがない。

御願いです! コメントに鍵をかけて送信される方へ。返事を書いて送信するのだが、うまく送信されない。
今後は yumemakuraclub@yahoo.co.jpまでメールをください。
時間を作って御返事するようにします。よろしく!

また、一般公開コメントをくださる方にはコメントバックしたいが、遅くなったり、出さなかったりで御迷惑をかけています。なるべく頑張ってコメントバックします。よろしく!


勇気と覚悟を持って「河野談話」見直しに向けたタイミングと戦略とは?
米ニューヨーク州上院は29日、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、「人道に対する罪」との表現を使って事実上、これを非難する決議案を採択した。

NY州議会上院と下院のトニー・アベラ(イタリア系)議員とチャールズ・ラヴィン(ユダヤ系)議員などが決議案を主導している。

現在、数百通の抗議メールがこれらの議員に送りつけられている。その中でも2ヶ月前にNY州下院で初の韓国系議員として当選したロン・キム議員に一番多い300通余りの抗議メールが送信されたらしい。

韓国人の慰安婦に関する情報も歴史認識も、知識さえない議員たちが決議案を採択したことは、いかにアメリカの議員たちが勉強不足で無責任かを物語っている。

ニューヨークには日系人の3倍から4倍の韓国系が住んでいる。政治にはあまり関心がない日本人や日系と比べ、韓国系は強請り文化が染み付いているせいか、生活保護や日本人イジメを勝ち取るために献金活動が盛んだ。どうも韓国系は日本人に対するコンプレックスの裏返しで、日本人に対する中傷や歴史の捏造は彼らの生き甲斐のようだ。それをやることが韓国人としての証と誇りのようだ。何と悲しい民度が低い国民だこと。

ニューヨーク州の隣の州、ニュージャージーのパリセードパークに建立された慰安婦碑にしろ、最近の韓国系の焦りが見え隠れする。安倍政権が「河野談話を見直す」と宣言してから、韓国系は反発を強めている。

ニューヨーク州の上院での慰安婦決議案の採択も、国際問題は取り扱わないという州政府の規定を無視して通過させた。近々、下院でも採択されると言われているが、これでは韓国やシナ系の影響でアメリカの州議会のレベルの低さが露呈された。
今や日本政府はどの州であれ、無責任な日本叩きに対して経済制裁を含めた報復措置を臭わす発言をするぐらいの展開が必要かもしれない。州であれ国であれ、その根拠を示させ、徹底的に弾圧するという気迫と圧力を与えた方がいい。
何の調査もせず、韓国人の言うがままに決議案を採択した事が、ニューヨーク州の利益にならない事を訴えなくてはいけない。
韓国人のこういった動きは、焦りから来る最後の悪あがきに映ってしょうがない。

NHK衛星放送(英語)でニューヨーク州上院が慰安婦非難決議を採択したと報道した。しかし、キャスターが、いかにも慰安婦が存在していたと肯定し、その非難決議が採択されたような表現が気になった。NHKを含めたメディアなど、日本を貶める元凶は日本人自身にある。

なぜか、NHKの海外衛星英語版ニュースでインタビューを受ける議員の後ろに、5、6人の韓国人が陣取っている。一体全体、こいつらは何ものなんだ?
韓国系は、考える能力が無いのか、誤った歴史認識であろうが、日本人を貶められれば嬉しいようだ。

今後は、安倍政権の覚悟を示す行動を期待するしかない。あと2週間で安倍首相が訪米してオバマ大統領と会談する予定だ。今回はTPP、河野談話、尖閣諸島、普天間基地問題など、何一つアメリカへの手土産はない。しかし、日米が連携強化、日米安全保障の確認と詰めの作業を話し合う事だろう。
残念だが、慰安婦問題に関する河野談話の見直しは、参議院選まで先送りするだろう。

アメリカには以前から、アメリカにとって何の国益にもならない決議をシナ人や韓国系主導で採択されるケースが目立つ。

日本側は変に感情的にならず、今、国内でやるべき事を一つずつクリアしていく事だ。海外での広報や発言は参院選後に期待し、まず、河野談話を発表した河野洋平を国会に呼んで、河野談話への見直しに向けた検証を行うべきだ。元自民党総裁だからといって容赦ない検証を実施してもらいたい。忘れてならないのは河野洋平は国賊だと言う事だ。彼の談話によってどれだけ日本が迷惑と損害を被ったか、自民党議員は再認識する事だ。これによって自民党の反省が問われ、生まれ変わったかどうかがハッキリする。

そして、現在もまだ生存している、デマを広げた国賊で元日本共産党員の吉田清治を国会に招集し、彼が書いた創作著作「朝鮮人慰安婦と日本人」「私の戦争犯罪ー朝鮮人強制連行」を今一度検証し、河野談話の誤りを見直すきっかけにしてもらいたい。

そして、嘘とデマ情報を長年に渡り調査も検証もせず、全国版で日本全国に広めた朝日新聞の、当時の植村記者や編集者を招集し、まず、事の次第をハッキリさせて、調査資料(裏付け資料)を持ってアメリカやヨーロッパで安倍氏に覚悟を持った発言をしてもらいたい。

安倍氏が「河野談話」の見直し発言の後、韓国が抗議したら、抗議の根拠を示してもらおう。日本側は準備した調査資料を提出すればいい。それでも韓国が食い下がれば、韓国に対しても経済制裁及び経済援助を凍結する準備があると、臭わせればいい。日本政府には日韓関係をリセットする覚悟も必要だ。実行する事が前提だが、匂わせるだけでも十分効果がある。

同時に以前もブログで紹介したが、歴史の真実の広報活動を強化すること。 全米、ヨーロッパの50万都市以上のローカル新聞、インターネット新聞で一斉に「歴史の真実」を拡散してもらおう。文面は官僚主導ではなく、アメリカやヨーロッパのコピーライターかシナリオライターに書いてもらうことだ。今までの広報文は長過ぎて誰も読まないぞ。今やツイターやフェースブックの時代だ。短く、わかりやすく、関心を引くレイアウトやデザインで構成してもらいたい。

それに合わせて、我々民間も一斉にバックアップして声を上げる。その時は皆さんにも拡散の協力を求めます。

これらすべてを参院選後の訪米に合わせて同時に展開しないと効果がない。中途半端や尻すぼみはしないことだ。

一番重要なのは、安倍首相が参院選後、憲法改正直後の訪米の際、アメリカにどんな圧力をかけられようが、制裁や抗議や圧力を覚悟で河野談話の見直しを宣言する事だ。 一時的にアメリカやヨーロッパの人権団体からの抗議もあるだろうが、調査結果を示すことと広報活動を継続して行えば、いずれ理解者も増え、神が味方してくれる。やるからには中途半端な態度はタブーである。世界中に無責任で理不尽な日本イジメをすると、日本は徹底して反撃をすると言うメッセージを発信する事が重要なのだ。

未来の日本人が、中国や韓国の嘘やデタラメを背負って生きていく事を許してはいけない。忘れてならないのは日本を支持する国も数多いということだ。日本国民も各方面からの制裁や雑音を覚悟しないといけない。

韓国は相当焦っている。ミャンマーに韓国の首脳が訪問して、アウンサンスーチーに日本が「慰安婦問題」を認めないと訴え、彼女に「人道に対する罪」と発言させた。彼女は英語が堪能だから、発信力がある。それにしてもデタラメを押し付けて発言させるとは敵ながら見事に汚い手を使う。中国と韓国はだんだん似てくるなあ。
今後、外務省や日本政府は調査資料をちゃんと彼女に渡して読まさせなくてはいけない。ちゃんと読んで理解してもらわねば、経済支援しても足を引っ張られるだけだ。

河野談話の見直しは、一日も早くやってもらいたいが、タイミングが重要である。このタイミングを誤ると、予想以上の波紋が広がり、またもや政局が乱れる可能性がある。
オバマも安倍首相には今さら慰安婦問題を見直されたくはないだろう。しかし、未来の日本人に、こんな嘘とデタラメのツケを背負わせてはいけない。

日本政府及び日本国民は、世界中の人権団体から叩かれようが、ハッキリさせるべきものはハッキリさせる勇気と覚悟を持たなくてはいけない。
オバマ大統領やアメリカの議会からも安倍首相に圧力がかかると予測される。タイミング的に2週間後の訪米では、発言を控え、参議院選後の憲法改正直後が日本の自立を証明するベスト・タイミングだ。

河野洋平を含めた日本の政治家に大きな責任があるが、国民に真実を伝えないで自虐史観を植え付けさせたマスコミ、日教組なども責任は重い。しかし一番そうさせたのは日本国民自身である。歴史の真実に無関心だった国民が、今まで知ろうとしなかったがために複雑化し、今まで経過した時間のロスは大きい。

私は昨日や今日、この慰安婦問題に接している訳ではない。密に15年間は関わっている。日本人が先送りし、くだらない談話を発表した事で今まで何万回以上のため息を連発してきたのだ。

今すぐとは言わない。良いタイミングと戦略を持って韓国に逆襲してもらいたい。

もし、1年以内で何らかのアクションがない場合、日本政府は慰安婦問題を肯定したと 判断し、私はこの問題から手を引く覚悟でいる。そんな情けない政府に期待し、ストレス、悔しさ、時間、エネルギー、お金を費やす余裕は私には無い。

もっと世のため人のになる、私に出来る貢献の仕方を、人生が終わるまでに実行する方が私にとって有意義と思うのである。

だから、日本政府には勇気と覚悟を持って、良きタイミングが来たら決断し、行動に移してもらいたい!
今、これを実行しなければ、二度と再び、「河野談話見直し」も「慰安婦問題」も反論するチャンスが訪れることはないだろう!



今後の中国は益々危険度が増え、ビジネスをする上で、テロ国家、紛争地域並の覚悟を持たなくてはならない時代がやってきた!
アルジェリアでの人質事件で、残念だが予想通りの展開となった。結果的に10名の日本人が犠牲となった。今回の事件では数多くの遺体の損傷が酷いので、確認が難しかったと推測する。

日揮も政府も家族に配慮し、死亡者名を公表しないとしていたが、どこからリークしたのか、マスコミの圧力によって方針を変えたのか、予定よりも早めに10名の氏名が報道された。
今後、日本のマスコミが被害者家族の迷惑も考えない報道攻撃が展開されると思うと悲しくなる。こういったサラリーマン記者たちは危険地域には出向かわず、下請けのフリー・ジャーナリストに無理難題を押し付け、ジャーナリストは名だけの、無礼なワイドショー・レポーターに成り下がる。

もっとジャーナリスティックな視点で事件を追ってもらいたいが、もともとそういう信念を持って追跡取材する記者はごく一部だ。まじめにやろうとすると左遷が待っているという狂ったマスコミ(ワイドショー班)になってしまった。内容より、注目されればそれで勝利したと勘違いする現在のマスコミは非常に危険水域に達している。
そんな番組や報道に影響された国民は、気付かないうちに、少しずつモノの本質が見えない、無機質な国民に成り下がっていくのだ。

何はともあれ、発展途上国が必要とする即戦力の優秀な技術者たちを失ってしまった。亡くなった方々はさぞかし無念であっただろう。
今後、紛争地帯などのプラント建設にも大きな影響を与え、セキュリティーの問題などを含め、真剣に議論されていく事を願う。

異国の地で非業の死を遂げた日本人及び海外の技術者らの御冥福を祈り、哀悼の意を表します。また悲しみのどん底の御家族をそっと見守って、二度と再び、こういった事件がくり返されないよう関係者には議論を重ねていただきたい。
マスコミは決して、ご家族に無神経な質問を浴びせて精神的な疲労を与えてはならない。
毎日新聞記者が「実名報道には、悲しみをみんなで共有し、悲しみを癒す力があると信じます」だ?こいつらはここで実名報道出来なくなれば、今後、悲惨な事故が起きた時、実名報道が出来なくなる事を恐れているに過ぎない。家族の事より、いかに読者や視聴者に受けるかと言う事しか基本的に考えていない。マスコミに限らず、そういった日本人が増えてきた事はただただ残念でならない。

東北の地震と津波で家を失った仮設住宅で、もうすぐ還暦と言う息子を待っていた母親の「何が起こるかわからないのが人生ですね」の言葉はジーンと来た。同窓会に出席する予定だったとかで、私も同じような同窓会を体験したばかりだったから、彼も私と同じように、きっとみんなと会えるのを楽しみにしていた事だろう。
だからと言って、毎日新聞記者のように、1人暮らしで悲しみと疲れで「私も死にそうです」という82歳の母親の体調を無視して、寒い中30分程取材したこの記者の無神経さには呆れてしまう。この母親は結局寝込んでしまったそうだ。

この人質事件で、在外邦人救出は現行法制下では不可能だった。また、アルジェリア政府との話し合いもスムーズに行かなかったようだ。どの国にもそれなりの事情があるのだろう。世界各地で醜い争いが展開されて、巻き込まれてしまう事がある。誰のせいでも、誰かに非があった訳ではない。酷で認めたくはないが、ただただ不運だった人が犠牲になったと言わざるを得ない。

多くの皆さんは忘れただろうが、1985年のイラン・イラク戦争時のことを思い出す。私が福岡で生活を始めた頃だった。私は鮮明に覚えている。
日本人215名を脱出する方法が見つからず、トルコ航空がその任務を命懸けで行った。機長を含めてスタッフが率先して参加したそうだ。

当時、故サダム・フセイン元イラク大統領が「48時間後、イラン上空を飛ぶすべての航空機を撃墜する」と突如宣言し、そのタイムリミット直前に日本航空ではなくトルコ航空がやってきた。彼らは今でも1890年9月、エルトゥールル号が台風に遭遇し、遭難した時、和歌山県人が救出し、献身的にトルコの使節団を治療、看病し、その上、貧しい漁民が献身的に食料まで与えて、助けてくれた日本人の事を覚えていたのだ。そのことをトルコ政府は教科書でトルコ国民に教えていたのだ。先人たちのお陰でトルコ航空のスタッフが命懸けで95年後の恩返しをした救出劇だった。

もし215名のトルコ人が同じ状況下になれば、はたして何人の日本人航空スタッフが手を挙げて救出に向かうだろうか?日本政府はトルコ政府のような勇気と覚悟ある行動を日本人には求めないだろうし、求められないだろう。そんな勇気と覚悟があれば、領土問題を先送りし、アメリカの意のまま操られ、複雑にする事もなかったし、法の整備の重要さを認識出来た筈だ。

2020年の夏季オリンピックは東京がその親日国トルコのイスタンブールと競うのだ。しかし、日本が2020年を勝ち取る事が出来、もし2024年もイスタンブールが再チャレンジすることになれば、日本はイラン・イラク戦争時のトルコ航空への恩返しで、支持をいち早く出してもらいたい。

平和ボケの日本政府は、イラン・イラク戦争後、テロが叫ばれる中、23年間何を議論して来たのか?何の法の整備も行われないままイタズラに時が経ち、今回の事件が勃発した。

安倍首相よ、今度は待ったは許されないぞ。今後、こういう事件が多発する事を想定し、法の整備を急がなくてはならない。

これで多くの日本人は海外赴任のリスクを改めて思い知ったと思う。何しろ日本以外の国々は大なり小なり危険が伴うのだ。
その中でも、日本の身近な存在になっている中国は、危険国として取り扱わなくては行けない時期に入っている。
中国では100名以上が参加したデモや騒動が年間、13万件以上あると言う。格差が原因だったり、共産党幹部の汚職であったり、給料未払いだったり、食品安全問題だったり、言論統制であったり様々である。
特に中国内の労働争議が152万件とは、想像以上だ。毎年、20%以上の賃金アップに、外国企業は撤退を含めて大きな転換期に来ているようだ。

今日、中共政府がチベットでやっていることは一種のテロ行為そのものである。地方に行くと今でも人さらいが頻繁に起こり、不法な侵略行為をくり返す中国の危険度に、日本人、日本企業はもっと気付くべきである。

今後、中国内で反日暴動、貧富の差から政府に向けた暴動、内乱がまた必ず起こる可能性が高い。そんな国に日本人が、緊張感の無い入国を続けるのが不思議でしょうがない。
また、そんな反日国家であり、危険な存在の中国人を無制限に受け入れる現在の日本の入国管理法を、見直すべき時が来ている。安心安全を少しでも求めるのであれば、シナ人、韓国人の増え過ぎはバランスを失う危険性を秘めている。是非、移民法改革を推進してもらいたいものだ。

これは私の人種差別的な意見ではない。長年の経験、調査、分析と知恵によって提言しているに過ぎない。

今、L.Aは風邪が流行っている。今回の風邪の多くは私同様、2度目という人が多い。風邪の完治に時間がかかり、その内、もう一度風邪を引く。気温差20℃あり、体調管理が難しい。

私も1ヶ月で2度の風邪を引き、2度目は高熱で2日間、ベッドの中だった。最近、私だけが異常かと思いきや、多くの人が同じ状況と聞いて、何やらひと安心?したりする自分がいる。3ヶ月前にFluショット(予防注射)を射ったばかりなのになあ。


やっと国際政治学者の藤井厳喜氏が昨年末にL.Aに立ち寄った際に収録した動画がアップしました。風邪で私の声はガラガラですが、時間を見つけて御覧ください。藤井氏に時差ボケ状態の中、御協力頂きました。
今後、定期的に番組を収録していく予定ですのでよろしくお願いします。何しろ日本語が理解出来ない台湾系のスタジオですので、編集を含めて課題が山積みですが、少しずつ私を含めて進化していく所存です。

日本総選挙の結果をどう見るか




2013年の日本政治はどう動くか




尖閣諸島を狙う中国帝国主義







プロフィール

Chris Ryouan三宅

Author:Chris Ryouan三宅
FC2ブログへようこそ!
在米通算35年以上。我が祖国・日本大好き人間です。日本文化や先人たちが築いた功績を最大限に評価している。北米日台同盟会長、L.A・日本をよみがえらせる会代表。柔道2段、合気道、居合道、相撲初段。
日本に帰国する度、生活様式、行動様式がシナ人、朝鮮人化する日本人を見て危惧している。
外国人参政権には絶対反対。どこの国がそれを実施しているというのだ?在日特権廃止、パチンコ撲滅を願っている。
TPPにも基本的には反対。受け入れると日本の国柄を失い、日本人らしさを失い、2万5千社以上ある100年以上続いた老舗企業がほとんど数年のうちに姿を消す事になる。日本文化が失われ、金に心を奪われた自分勝手な人間社会が出来上がるのだ。
国民が知らないうちにシナ人、朝鮮人、不良外国人が繁殖した日本。世界中でダントツに治安がいい国と評価されていた日本が、このままだとトップの座から転落する。
気がつかないうちに日教組教育に染まった日本人。
今でも旧「たちあがれ日本」のメンバーを支援する。安部政権、真正保守の政治家には大いに期待している。
それにしても3年3ヶ月の詐欺師、嘘つき、素人、売国奴の民主党政権が残したツケは大きい。
日本の国益を損ね、在外邦人の名誉を傷つけた国賊の河野洋平は許せない。そして息子の太郎もキライだ。
鳩山由紀夫、菅直人、民主党、社民党は大嫌いで目障りだ!
このままだと、私が笑顔で過ごせる祖国がなくなってしまう。
日本人が一日も早く気づかないと取り返しがつかなくなる。そのため、遠くロサンゼルスから声を張り上げる。

柔道2段、合気道初段、居合道初段、アマチュア相撲初段。

ブログ「L.Aからよもやま話で目からウロコ!」
http://chrisyoshimiyake.blog.fc2.com/にも立ち寄って下さい!
https://twitter.com/ryouansensei
http://www.youtube.com/user/ryouansensei

メールアドレス yumemakuraclub@yahoo.co.jp

訪問者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!

ななころぐ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。